人気雑誌が読み放題♪

朝日新聞、朝鮮に威力あり!
朴槿恵元大統領が金正恩氏を指導者の地位から追い落とす工作を企画していたと報じた26日付の朝日新聞の影響で暗殺指令か?
本当だと思いますか?
ネットで見たが、思わず…恐るべし!

質問者からの補足コメント

  • 老いぼれ魔女への死刑宣告

      補足日時:2017/06/30 13:19

A 回答 (4件)

海外でのニュースでは、北朝鮮が韓国の前大統領に死刑判決が出たので、韓国政府に引き渡すようにと要求が出たとのことです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

兎に角、どっちもどっちだと思いますが本当に暗殺しそうですからね。
韓国では朝日新聞の報道を否定しているそうです。

お礼日時:2017/07/01 04:16

本当かもね。

占い師が助言したんじゃね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

占い師か。
誰にでも付いているんですねぇ。
小判鮫はね。

お礼日時:2017/07/01 14:08

政治ゲームの一種、でしょう。



http://wadaphoto.jp/maturi/images/wara37.jpg
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、それもあるね。

お礼日時:2017/07/01 14:07

そのネットのURL教えてください。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20170630

お礼日時:2017/06/30 13:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蓮舫の戸籍謄本公開に山郡司次郎が怒る!

なんで怒ってるのでしょうか?

むしろ良いことでは?

Aベストアンサー

No.4 です。

回答が分かりにくかったみたいで、すいません。

私の意見としては今回の件で怒っている人は外国人の血が混じってる人だけが戸籍を公開させられるので、特定の人種に対する人種差別として怒っているんだろうけれど、国会議員の全員の戸籍を公開すれば公平ですよと言いたかったのです。

それと人権問題だとして怒ってる人に対しては、国会議員は国防をあずかる立場なので国籍などを開示するのが望ましいと思うのです。一般人がプライバシー権として守られる権利であっても、政治家などは職務の公共性の方が優先されるべきなので開示すべきだと思っています。

多重国籍を認めない国家は、職務怠慢だと思っています。国際結婚などが増えている背景があるのに、どちらか一方の国の国籍を捨てさせる方式は時代遅れだとおもうからです。

あと、多重国籍の議員、海外に沢山いますよ。ペルーのフジモリ大統領は日本とペルーの。アーノルド・シュワルツェネッガーはアメリカとオーストリア国籍持ってます。2016年に大統領選に出馬したテッド・クルーズはアメリカとカナダの。2重国籍を認めてる国は沢山あるので、当然に議員にもなれます。国際化が進んでいるので、むしろ2重国籍を認めない国の方が少数派になりつつあります。

No.4 です。

回答が分かりにくかったみたいで、すいません。

私の意見としては今回の件で怒っている人は外国人の血が混じってる人だけが戸籍を公開させられるので、特定の人種に対する人種差別として怒っているんだろうけれど、国会議員の全員の戸籍を公開すれば公平ですよと言いたかったのです。

それと人権問題だとして怒ってる人に対しては、国会議員は国防をあずかる立場なので国籍などを開示するのが望ましいと思うのです。一般人がプライバシー権として守られる権利であっても、政治家などは職務の公共性...続きを読む

Q9条教の人の思考が分かりません

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」
という感じでした。

議論の中でその人が
「今の改憲の動きはアメリカが自民党に圧力をかけてきたからだ。アメリカは日本に戦争させたいんだ」
と言うので
「だとしたら改憲したほうが良くないですか?あなたは軍事同盟などの信頼が大事だと言いました。
ということは改憲に反対してアメリカの意に沿わなかった場合、その信頼は揺らぐ事にならないか?」
と聞いてみました。

するとその人は
「いや安倍総理がトランプタワーに行ってアメリカ様に媚を売ってるから大丈夫だ」
と言ってきました。
私はその発言の前に
「『日本のために死んでくれ。まぁお前がピンチの時は金だけ出すからさ』自分がアメリカだったら、こんな国を自国の兵士を危険に晒してまで守ろうとは思いません」
と突っ込んでいたのですが、見事にスルー。
媚を売るだけでアメリカ軍が本気で安全を担保してくれると考えているようでした。

とにかくその人は
「自衛隊がある」「安保がある」「米軍がある」「9条がある」
だから日本は今のままで平和だという考えでした。

他にも会話の中身として
私「既に日本人がテロで死んでいる」
彼「ほっとけばいいんじゃない?身内が殺されたわけでもないし、自分には関係ない」

私「攻めなければ攻められないというのはあまりにも楽観的かと」
彼「いや自衛隊はイスラム教徒を殺していない。だから今の日本はテロ攻撃を受けてないんだ!手を出さない限り、向こうも手を出してこない!」

私「拉致問題や竹島、海洋資源が略取されているが、これで本当に守れていると言えるのか?あと何があれば反撃していいと考えられるようになるのか?」
彼「当然ながら、日本の領土が攻撃された時」

私「北朝鮮がミサイルを飛ばしているが、あれは現状が危険である事にはならないか」
彼「騒ぎすぎ。子犬がちょっとじゃれて噛み付いただけで大騒ぎ。冷静に判断する能力があなたには無い」

私「それでは日本人が殺されてからでしか動けないじゃないか」
彼「防衛システムやイージス艦があるから、日本人は殺されない。防衛後動けばいい」
(ミサイルの事しか頭に無く、無差別テロが起きた場合についてはスルー)
と、全く議論にならず。

最終的に私が
「日本の国債貢献度が世界最下位。そんな国を本当に他国が守ってくれるのか」
「仮に韓国の原発が攻撃されたらどうするか。そうなったら手遅れ」
「改憲しなければ自衛隊が『違憲』という議論を残してしまう」
「日本人が殺されている時点で、既に我慢の最終ラインは越えている」
「日本は今でもISの標的国になっている」
「日本を守っているのは憲法9条ではなく自衛隊と米軍だ」
「抑止力と言うなら『やる時はやる』と示したほうが、より効果的じゃないか」
「すでに多くの日本人が殺されている」

と突っ込んでも、

「安倍政権は国防軍を作って戦争をしようとしている!」
「イスラム教徒を殺せば日本のショッピングモールが爆発するかもしれない!」
「日本は自立する必要は無い!アメリカは世界最強の軍隊なんだから守ってもらえばいい!」
「改憲すれば自衛隊は殺人集団になる!」
「テロリストの要求なんか全部呑めばいい!それが平和だ!」
「お前は何も理解できていない!単にTVの影響を受けた愚か者だ!」
「そんなに言うならお前が北朝鮮に乗り込んで来い!ネットで爆弾の作りかたでも調べて行ってこい!」
「日本人が殺されたから報復しようとするのは幕末の過激思想に取り付かれた志士と同じ!冷静さは無い!」
「お前はネットで吼えるだけ。実際に自分がISと戦う気も無いだろ!」
「お前の意見は的外れで論理破綻してるし矛盾してるし、発言に一貫性がない!」
「お前と僕はレベルが違う!ただ反論ばかりして議論にならん!」
「改憲はさせない!でもテロが起きたら政府のせいだ!」
「9条で日本は守られている!それがわからないお前はただのバカ!」

と切れる始末。

とても長くなってしまいましたが、
やはり私は彼の主張が納得できません。

平和平和と念仏を唱えても、平和にはならないと思うのです。

他国を攻撃しないから自国が攻撃されないという保障はありません。
「やる時はやる」という姿勢を見せなければ、日本は永遠に舐められたままです。

普通に世界を見ていれば、今の日本が平和とは言えないと思います。
北朝鮮のミサイル、中国の領海・領空侵犯、ISのリストとアジアへの浸出などなど。
どう考えても、まともな状態ではありません。

そこで質問です。

『どうして9条教の人はあそこまで楽観的平和思想になってしまうのでしょうか?』

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込まれたり、逆に自国が相手の弱みに付け込んで占領したりした歴史をもっているから」です。

つまり、日本人以外は自国の歴史と実際に存在する国境線を意識しているので「私の国がどれほど平和を願っても、隣国が攻めて来たら意味がない」ということを肌で感じているからです。さらに言えば「今の政府だって、隣国に協力して国民をうらぎるかもしれないし、特に少数民族は迫害されるかもしれない。また隣国がうちの国を乗っ取れば、土地も財産も奪われてしまう」という意識もあります。ですから「政府そのものを信用できるかどうか」も問題になるわけです。

日本は逆です。日本は太平洋戦争敗戦後のGHQの占領期を除けば
・外国と本当の意味で戦ったことはない
・日本の政府の根本が変化したことはない
といえるでしょう。

つまり、普通に日本に住んで居て、日本人として経験できる「リアル」から言えば「政府はどの国の政府でも信頼できるはずだし、政府が『戦争を望まない』といえば、他国もそれを尊重してくれるはずだ」ということになりえる、といえます。

ここが9条教の深層心理としての「原点」です。

また、面白いことに日本は「武装解除の国」なんですね。実際に何度も武装解除を行っているのは日本だけ、じゃないでしょうか。

たとえば刀狩、戦国時代は兵農未分離で農民も武装していました。日本の農家は自前の土地や財産を持っていましたので、他人に土地などを奪われないように、そして戦国時代は行政も機能不全でしたので、農家も武装している必要があったわけです。ところが、秀吉が天下統一をすると、農民は刀を放棄します。それは「天下人がちゃんと庶民の暮らしまで、安心安全を担保してくれる」という信頼があったからです。

お分かりだと思いますが、諸外国では「政府すら信用できない」わけですから、可能な限り武装を解くことはしませんし、武装できないなら、いつでも逃げれるように財産を身に着けている、ことになります。インドなどで女性が金の腕輪をたくさんつけているのは「いつでもすぐに財産を持って逃げられる」ようにしているからです。

日本は違いますよね。財産は奪われないし、土地だって理不尽に奪われたことがありません。それは時代時代の政府が天皇の勅許を必要とし、あくまでも「天皇の土地に政府を運営するだけの立場」だったからです。

ですから、たとえば「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」なんてことを本気で言い出すわけです。「他国の政府も日本同様に信頼できる。少なくとも米国は信頼に値するだろう」ということと「私たちを守ってくれる『政府』は日本政府じゃなくても信頼がおけるならいいだろう」と考えてしまうわけで素。

 日本人にはそもそも「外国と戦争する」と言う言葉の意味が理解できていないし「自分の同胞が血を流して、やっと自分たちの国を守ってきた。これからも守る」という価値観はまったく考えもつかないのです。

それでも、これだけネットなどが発達し、外国の情報も入るようになってきているわけですから、危機感を持つ人も出てきます。右翼の方に厳しい言い方をすれば「やはり日本人なので、ピントがずれた危機感の方も多い」とはいえます。

いずれにしても9条教の人は「そもそも外国がなぜ戦争をするのか理解できない。そのような価値観を経験していない」ということです。日本の歴史的な価値観からすれば、9条教の言っていることも理解はできます(理解はできますが、正しいとは思いませんよ。念のため)

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込...続きを読む

Qテレビ朝日が遂に謝罪! 加計問題は田原総一朗の妄想

■テレビ朝日が謝罪「加計学園問題・萩生田主犯説は田原総一朗とかいうジジイの妄想でした」
http://netgeek.biz/archives/100838
 ↑
今更誤って済む話なんですか?

しかも、番組でちょこっと訂正して終わり?

それこそ半年くらい田原総一朗を叩かないと話にならないのでは?

Aベストアンサー

テレビ朝日免許の停止
放送法第4条には、「政治的に公平」「事実を曲げ ない」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかに すること」
コメンテーターの意見で誘導が激しすぎる。

各局○○党 賛同すればイイが噓の報道はTV局が責任を負わなければならない。

Q許す国民は何なのでしょう?

お友達に便宜を図ったとして大統領を首にし、裁判の被告にまでしてしまっている国が近くにありますよね。
妻のお友達が理事長の学園にあたかも優遇したかに見える事を行い、今度は自分がお友達であった理事長の学園が優遇されたかに見えることが、まったく何の問題でもないと平然と答弁する首相を戴くこの国は何なんでしょうね。「李下に冠を正さず」といいますよね。お友達に対してであれば、なお更いっそう疑われないように厳しく対処するのが職にある人の道なのではないですか?

Aベストアンサー

「職にある人の道」であるのは確かに正論なんですよね。
ですが、総理の人格によっては、身内を優遇したいという誘惑に負けることもあるでしょう。
或いは、政治の世界ですから、特定の業者・支持者を優遇してしまうこともありますよね。
これがないのが理想ですが、そんなにきれいに政治が動くわけがありません。

「陳情に心打たれて、ろくな審議もせず、陳情を受け入れるように、いろいろと采配(工作)する」という、情に動かされることもあるでしょうし、或いは今回の疑惑のように、「身内を優遇したいので」と言う理由もあるかも知れません。

政治家の世界では大なり小なり特定の人を優遇してしまうことがあるのは、いわば「珍しくない」ことと言えるのかも知れません。


ですから、問題が浮上したとき、安倍総理が権力を駆使してでも隠そう、無かったことにしよう、問題が無いこととしようと動くのはとても理解できる行動なんですよね。
これが証明されてしまうと、自分が(他の不正を行った無数の政治家は逃げおおせ、自分だけが)破滅するのですから、何が何でも証明されるのを阻止しようとする心理。

非常に分かりやすい。誰でも共感できます。

同じく自民党の高官が「何も問題ない」ように口裏を合わせる(仮定ですが)心理も、理解にたやすい。
自民党のトップが疑われると、そこに所属する自分の票数に影響するので、何が何でも何も問題が無かったことにしたい。
こういう心理ですね。




理解できないのはやはり

「安倍総理が、友人に国家のお金、国民から『預かったお金』を、友人のために優遇した」

ようにしか見えない状況を、証拠無く、納得が出来る理由もなく、しきりに正当化する輩です。
これは、一般的な人には理解しがたい心理です。
「許す国民の心理」ですね。
これは、なかなか問題になっている誰とも中立(総理や加計氏に特別な感情を持たない)な、一般的な大多数、大衆には共感されない行動です。


「特定の人間を庇っている行為」
と言うことは分かりますよね。
だとしたら「庇う理由は何なのか?」
これが問題になってきます。


この、安部氏を許すというか、正当化する一部の国民は、やはり「宗教的な心理」に近いのではないかと思います。
崇拝するアイドルが、不正を起こしても、ファンは最後まで信じたりしますよね。
それどころか、アイドルを批判する人間を敵視し、「電凸」を一斉に行って、批判者の方を潰そうとしたりすることまであります。

この心理に近いのかと思いますね。



もう一つ考えられるのが、世界が、「正義の陣営」「悪の陣営」等という、アニメの二元論のような単純なものとしか認識出来ない人。
これが考えられます。

人間の住む社会では「この人は完全な悪だ」「この人は一切の悪事を行わない」「ありんこ一匹でさえ殺したことがない人格者」なんてモノは存在しません。「新生児で死んでしまう不幸な赤ちゃん以外」はね。

同じく、与党も野党も、汚いことも不正も一切無いなんてあり得ません。
逆に、野党は一切真実を言わない、すべての言葉が嘘ということもあり得ません。

ですが、世界が「善と悪」程度でしか認識できない単純な人は、「野党は悪」「与党は善」という極単純な認識を持つ可能性があるわけです。

そういう人は



「安部氏がどういういきさつで、自分の何十年もの友人を、政府が非常に好待遇で優遇してしまう状況を黙ってみていたのか」

(疑われるのが当たり前の状況を、なぜそのまま黙って、許してしまったのか。一言「私の親友が政府に超優遇されると国民に誤解されるだろう、特別な理由がないのであれば辞退させてくれ。」と言えば済む話。)



と言う「深い部分での真相」などの状況などには、とても考えが及ばす・・・
「野党は悪」「与党は善」という極単純な認識だけで、判断してしまう。
そして、「こっちは善なんだからという前提で」摂理をねじ曲げて、話をそらしてでも、庇う・正当化する心理。というのが、理屈としては考えられるんですけどね。


深い真相にまで考えが及ばず、極安易に、1+1=2を、強引に1+1=1なんだ!、という風に、根拠をねじ曲げてしまうわけです。
真相を推理するより、「根拠をねじ曲げたり」「話をそらす」「それらをゴリ押しする」ほうが、お手軽ですからね。頭を使わなくて良い。

「職にある人の道」であるのは確かに正論なんですよね。
ですが、総理の人格によっては、身内を優遇したいという誘惑に負けることもあるでしょう。
或いは、政治の世界ですから、特定の業者・支持者を優遇してしまうこともありますよね。
これがないのが理想ですが、そんなにきれいに政治が動くわけがありません。

「陳情に心打たれて、ろくな審議もせず、陳情を受け入れるように、いろいろと采配(工作)する」という、情に動かされることもあるでしょうし、或いは今回の疑惑のように、「身内を優遇したいので」...続きを読む

Q「あれ女性ですよ」って何が問題なんですか?

豊田真由子議員の「このハゲー」という絶叫暴言に関して麻生氏が「あれ女性ですよ」と言った
発言に対して”女性差別だ”として問題視されているようですが、麻生氏のこの発言が何の問題が
あるのでしょうか?

私も男性なら許されるとは思いませんが、女性の発言であれば尚更インパクトが大きいと思います。
特に豊田議員は国会での発言の際には非常に落ち着いて静かに話されているのに、裏では秘書に
対して大声で暴言を吐いていたという裏表の状況に驚きました。

多くの人が麻生氏と同じ感想だったのではないかと思いますが、、、、。

Aベストアンサー

> 私も男性なら許されるとは思いませんが、

それだけです。
すなわち、「じゃあ、男性だったら良いのかよ!」的な、ツッコミ程度の、野党側のイチャモンです。
またメディアも、もう少し「豊田議員ネタ」で稼ぎたいところですから、それを拾ってるだけかと。

巷間で、おっさん同士の会話なら、何の問題もありません。
「大震災、ぶっちゃけ東京じゃなく、東北で良かったよな?」
「居酒屋でタバコは仕方ないんじゃない?無理にガン患者が居酒屋で働かなくて良いと言うか・・」

しかし著名人や、特に政治家がそう言う発言をすると、文脈ではなく文節で拾われて、炎上してしまいます。
いわゆる「有名税」ってヤツです。

麻生さんは、面白おかしく話をしたり、あるいは判り易く端的な物言いをするキャラはウケているのですが。
そう言う人物の傾向として、「失言王」のレッテルも貼られてしまいますね。
でも個人的には、麻生さんの失言と言われるものは、概ね「好き」です。

Q米軍は何故、沖縄にこだわるのですか?

7月以降、艦載機61機が段階的に移り、岩国基地は極東最大級の基地となる。との報道です。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062301137&g=prk
岩国基地は市街地から離れているのでとてもいいと思います。そこで不思議なのは米軍が沖縄にこだわる理由です。朝鮮半島の戦争なら岩国や佐賀、対中戦争なら台湾、フィリッピン、ベトナムが遙かに便利です。無論米軍にはこれからも日本にいて欲しいのですが沖縄のような人工密集地帯にカデナや普天間基地を置く意味がわかりません。

Aベストアンサー

沖縄とアメリカ軍基地とのかかわりは第二次世界大戦で日本が敗れたことから始まります。 その後、沖縄を占領したアメリカ軍は、住民を収容所に押し込め、住民に無断で集落や畑をつぶして基地を建設しました。
日本独立後も、アメリカによる沖縄占領は22年間も続きました。 第二次世界大戦が終わると、世界はアメリカとソ連の対立の時代に入りました。 アジアにも、中国、北朝鮮といったソ連のグループ、いわゆる社会主義国が生まれました。  冷戦の下、沖縄はアメリカ軍の重要な拠点となり、いざという時のために、占領している沖縄にアメリカ軍の基地を作ろうと考えたのです。 沖縄にわざわざ基地を集中させたというよりは、元々沖縄にいたアメリカ軍がそのまま日本に返還された後も居座ったと言うことです。
アメリカは、自国以外に35ヵ国に基地を置いていますが、冷戦時代、ソ連・中国の共産主義ににらみをきかせるため、アメリカにとって沖縄は重要でした。 沖縄の基地は、太平洋から中東・東ヨーロッパまで支えています。 朝鮮戦争やベトナム戦争の時、アメリカは沖縄の基地を役立てようとしました。 また、台湾に近く、中国と台湾が対立している時は中国ににらみをきかせるアメリカ軍をサポートしています。 湾岸戦争の時は沖縄から多くの戦闘機が出動しました。 沖縄は、多くの方面に出撃しやすい場所で、アメリカにとって“太平洋上の要石”となっています。 
沖縄の在日米軍がなくなると、この範囲のアメリカの指導力は大きく低下することになります。 そのため、アメリカは基地をなかなか手放せません。 また、仮に基地を移転するとしても莫大な費用が掛かります。 更に、冷戦が終了した現在でも、アジアではいろんな紛争が起きる可能性があり、沖縄にある基地は今でも重要だと米国は考えています。
因みに、沖縄の人口密集地帯に米軍が基地を作ったのではありません。 上述の通り、米国はもともとの住民を排除して米軍基地を作りました。 そして基地ができた後に、基地で働く人や米軍を相手に商売をする人たちが基地の周りに集まって住むようになったものです。

沖縄とアメリカ軍基地とのかかわりは第二次世界大戦で日本が敗れたことから始まります。 その後、沖縄を占領したアメリカ軍は、住民を収容所に押し込め、住民に無断で集落や畑をつぶして基地を建設しました。
日本独立後も、アメリカによる沖縄占領は22年間も続きました。 第二次世界大戦が終わると、世界はアメリカとソ連の対立の時代に入りました。 アジアにも、中国、北朝鮮といったソ連のグループ、いわゆる社会主義国が生まれました。  冷戦の下、沖縄はアメリカ軍の重要な拠点となり、いざという時のた...続きを読む

Q日本には、どうして、二大政党制が定着しないのですか?野党がだらしないから、と言う単純な答え以外でお願

日本には、どうして、二大政党制が定着しないのですか?野党がだらしないから、と言う単純な答え以外でお願いします。今のままだと政権交代が次いつになるか先が見えません。アメリカやイギリス、皆が嫌いな韓国でさえ政権交代があるのに日本には民主主義がねずいてないのでしょうか。アメリカなどでは、小学校でも、ディベートで反対意見を考えるように教育されるようです。日本では協調性が重要視されます。もちろんそれも大事ですが。執行部一任や全会一致などやってるようでは民主主義とはいえないと思います。

Aベストアンサー

あなたが「二大政党制は『善』」と考えておられるようで、気になりました。「今の日本」では、二大政党が互いに政権を争う事態は、かえって危険だと思います。

戦前、(いろいろな曲折があり党名も変遷しましたが)二大政党とも言うべき「政友会と民政党で政権交代」が何度かありました。しかし、結局ナショナリズムの高揚・軍部の暴走&大東亜戦争開始となり、その直後(昭和17年)に、これら二大政党が吸収合併したような・国策政党ともいうべき大政翼賛会が発足。この翼賛選挙では「『普通選挙にもかかわらず』有権者の8割以上に及ぶ圧倒的支持=(圧倒的民意)」を得ました。
でも、それが、悲惨な結果をもたらした事はご存知の通りです。

政友会はどちらかと言うと地主・資本家層が支持し、民政党はリベラル政党と言ってよいでしょうが、この時の二大政党制を評価できるでしょうか? 二大政党制であっても、信頼に足る政治家・政党が政権を担わなかった故に、軍部の暴走を許したのかもしれません。

2009年の民主圧勝による政権交代の結果が、ただ混乱をもたらしただけだったように、二大政党制は「善」とは言えません。善か否かは、政治家個人個人の資質(知識・経験・見識…などの人間力)と、各議員を選ぶ有権者のレベル次第だと思います。

私も、二大政党が牽制しあう体制が望ましいと思う事もありますが、「今の日本では」それが良いとは思えません。
その前に、政党所属の各議員が、安全保障・軍事学・国際関係と外交、経済・財政…等々の基本をしっかり学び、政治家としての実力を備える事が何より大事です。(今の議員達の多くは、学ぶべきことを学ばずに、ただ自分の熱い思いを優先するだけの、浅はかで独善的な人物が目立ちます)

二大政党とも、それぞれが「実力を備えた議員の集合体としての政党」にならなければ、二大政党の意味はありません。そうならなければ、政権交代は、国家・国民に危険をもたらすだけだと思います。

*なお、あなたの補足コメントにあった「戦前の政局」については、それを調べるコンパクトな本として、ちくま新書の「昭和史」古川隆久著 をお勧めします。
(この著者はリベラルな考え方で、戦後評価の部分は、私と立場が異なりますが)

あなたが「二大政党制は『善』」と考えておられるようで、気になりました。「今の日本」では、二大政党が互いに政権を争う事態は、かえって危険だと思います。

戦前、(いろいろな曲折があり党名も変遷しましたが)二大政党とも言うべき「政友会と民政党で政権交代」が何度かありました。しかし、結局ナショナリズムの高揚・軍部の暴走&大東亜戦争開始となり、その直後(昭和17年)に、これら二大政党が吸収合併したような・国策政党ともいうべき大政翼賛会が発足。この翼賛選挙では「『普通選挙にもかかわらず...続きを読む

Q民進党衆議院議員あべともこ「前川さんに党首になって欲しい」

あべとこも議員の願い通りになったら

民進党はどう変わりますか?

またどんな政策を打ち出すと思いますか?

1.援交女性の所得を週5万円支給
2.国営の出会いバーを全自治体に設置(文部省所管)
3.天下りの合法化
4.官僚主導政治への移行
5.許認可を告示で禁止

後なんですかね?

民進党あべともこ※笑ってはいけません!

Aベストアンサー

この人社会党じゃなかたっけ
政治バカ
医者に専念してほしい

Q日本の自動車を輸出しようとすると、韓国の自動車よりも高い関税が掛けられます。日本は韓国よりも農業を保

日本の自動車を輸出しようとすると、韓国の自動車よりも高い関税が掛けられます。日本は韓国よりも農業を保護しているので、仕返しされているのです。

韓国は農業を保護するのを止めたから、自動車を安く輸出できるのです。その結果、日本の自動車産業は、韓国との競争で不利な立場に立たされています。

日本の農家は韓国の農家よりも、甘やかされているのです。韓国の農家は甘やかされなくても、やっていけるのに、なぜ、日本の農家は甘やかされなければ、やっていけないのでしょうか?

Aベストアンサー

多数決派でしたか。

>日本の自動車に対する関税が撤廃されて、誰か損する人が居るのですか?まあ、韓国の自動車産業は嫌かもしれませんが、日本人で困る人は居ないのでは?
>それに対して、日本の乳製品の関税が撤廃されたら、日本の消費者は得をするが、生産者は損をする。だから利益が相反する。しかし、数の上では乳牛農家は極少数。消費者は絶対多数。だから乳製品の関税は撤廃すべき。これは理の当然。

では、大多数を占め、かつ投票率も高い中年、老年が票を投じ、「若い奴からもっと絞りとれ。年金をもっと支給しろ」というのは主張、成立されても、「数の上では若者は極少数。老人は絶対多数。だから若者は搾取されるべき。これは理の当然」で納得しますよね。

何で守るのかというと農水省の言葉を使うと、食料安全保障というやつです。食料に限らず、大体のことは安全保障がベースなんですけどね。

Q安倍内閣は支持率が10%になっても安心ですよね!

どれだけ安倍の内閣支持率が低くなっても次の総理を受け継げる政治家や野党がいないのだから

対抗馬がいないならどれだけタイムが遅くても一着ですものね。

これって日本の政治家 政党がどれだけ情けない存在かをまざまさまと知らしめてるとお考えになりませんか?

Aベストアンサー

安心とかと言う域では無く意に関せずでしょう、安倍Dictator晋三は。
例え内閣支持率が一桁になっても辞めないでしょうね。
自民党支持率があまり変わっても居ませんし。
次の総理を受け継げる云々って、自分が独裁体制を敷きたいから周りを潰しに掛かっただけであって、表立って動いては
居ませんが人材は居ます。
野党には居ませんがね。(笑)
このまま安倍Dictator晋三が政権を握るようなら富裕層にとっては良いかも知れないが、低階層に取っては悲劇でしかない。


人気Q&Aランキング