日々クルマに乗っていて,ずっと疑問に思っていることがあります.

それは信号待ちで,隣り合ったクルマ同士が,なかなか真横に並ばない現象の
ことです.
私の経験では,それは,ここ数年の傾向であると認識しています.

具体的には,片側二車線以上(または右折帯のある片側一車線)での赤信号
停止の場面で,先頭車両から次々に,前車にならって縦列に停車していくときに,
まるで他のドライバーの視線を避けるかのように,後から来るクルマが,隣り
合いそうになるクルマの真横に止まらないのが,当たり前になってきています.

ひどいときは,ある右折車は,隣りあう車両のほぼ一馬身ならぬ”一車身”ほど
間合いを空けて,(停止線から4mくらい後ろに)止まることさえあります.
また逆に,先に停まっている直進車両の方が,あらかじめ,停止線より,
はるか後方に停まっていることもザラです.

プライバシーガラスも普及してきている昨今,特に他人の目を気にする要素は
ないように思うのですが,何か,社会現象のように,頻繁に体験するので少々
無気味です.

私は主に愛知県で走っていますが,みなさんのお住まいの地域では,そういった
現象はありますでしょうか?

またもしも,実際にそれをやっている方がお見えになりましたら,ぜひとも
その動機,きっかけなどをお教えいただきたいのです.

自らのアイデンティティに自信を持てない人が多くなったのでしょうか?,
それとも自意識過剰な人が増えているせいなのか?,いろんな思いが巡りますが
私には,そういう行動が,さっぱり理解できません.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

隣のドライバーや、助手席の人と、目が合っただけで、キレられて、トラブルになることが新聞などで報道されているので、トラブル回避のため

やないですか?わけのわからんやつがいますから、できるだけトラブルに巻き込まれたくないですし・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば私も,以前,そういうトラブルにはきをつけましょうという回答を
した覚えがあります.

世間を騒がせるニュースなどで,それが引き金になったという事件も,確かに
よく耳にします.
これが最も直接的な原因としてふさわしいような気がしてきました.
ありがとうございました.

お礼日時:2001/07/02 07:04

私は、車保有率全国ナンバーワンの群馬に住んでいるので


(一家族に車2台、3台は当たり前!)、
車の数は相当多いはずですが、丸1台分空けて停止している光景には
出合ったことないですねえ。
私自身も停止線からはるか離れて停止することもありますが、違った理由からです。

理由:停止線まで行くと日なたになるから。

先頭の車1台分日なたで、2台目から日陰になっている場合は涙をのんで
ちゃんと停止線まで行きますが、車半台分くらいなら平気で空けて日陰を死守します。
(冬でも。)だって暑いし、日焼けしたくない…

また、女性の場合、特に朝、車の中で信号待ち時に化粧する人も多いので(群馬だけ?)
それを見られたくないためにずらして停めることはありそうですね。
見られるのが嫌なら早起きして家ですればいいのに…って感じですが。(危ないし。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答,ありがとうございます.
あと,停止線を無視して停まる理由としては,大型車が曲がりこんでくる
ことが予めわかっているときの配慮として行う場合も定着していること
でしょう.
ご予算があれば,UVカット機能のあるウィンドウフィルムを施工すると
エアコンの効きも違ってきますよ.クリアタイプもあります.

私は,走り出しても化粧しているツワモノを背後から見たことがあります.
いまや,ドライバーがテレビを見ながら走行するのも横行していますし,
そういうのは,たとえば事故を体験するまで,一旦やり始めた習慣はやめない
でしょう.

お礼日時:2001/07/03 07:29

愛知県在住、普段は西三河~名古屋東部を通勤しています(往復約100km)。


ご質問の現象は、言われてみて初めて気付きました。
いままで全くそのような意識をしたことがないのですが、多少思い当たる節はあります。

私はけっこう無頓着に前の車との間隔だけで停止しますが、
こうするとやっぱり隣の車との運転席と隣り合うことがあります。
こうなった場合、隣のドライバーには次のようなパターンがあったように記憶しています。
1. 隣り合ったことすら気付いていない
2. こっちの運転席をのぞき込む
3. 避けて前に出る
傾向としては、2は男性が多く年齢層は幅広い、
3はごく稀だが若い男性に多い、ようです。
女性は他のことをしていて気付かないことが多いようです。
いい加減な記憶をもとに書いているので、
必ずしも当たっていないかもしれません。
なお、かくいう私も、この観察記録が物語っているように、
停車したときに隣の運転席をほぼ無意識に見ているようですね(汗

ただ、これが「並列恐怖症」に直接関係あるかどうかはわかりませんけど(笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
お近くの方ですね.もしかしてどこかですれ違っていたりするかもしれませんね.
さて,詳しいご説明,ありがとうございました.

片側二車線ですと,23か153あたりを利用されているのでしょうか.
朝晩となると,車間のスキマも少なく,みんな”我れ先に”状態で,いったい
どちらの車線の流れが早いのかを絶えず考えて,ピリピリしながら走っている
クルマばかりというイメージがあります.
急いでいるときは,あまり隣り合うクルマのことは意識していない場合が多い
ような気がしますので,そういった現象が見られることも納得できます.

それゆえ,ここでいう1も2も3も,赤信号で停止する以前の段階においては,
並列になることに対して,まったく無頓着である人ばかりと言えるように
思います.
なぜなら,どれも,運転席同士が真横に位置した後での挙動だからです.

私が注目していますのは,減速にかかった段階で,隣り同士になるクルマと
”はす”位置に停車するように,かなり意識して減速している挙動について
なのです.

お礼日時:2001/07/02 20:57

「停止線の随分後ろで止まる」という件については、私自身運転が慣れない頃は、自分の車の先端がどこか分かりにくく、だいぶ離れて止まっていました。

「飛び出るよりは、引っ込む方がいいかな・・・」というような心理状況だったような気がします(^ ^;
今は「大体このぐらいかな」という「自分の感覚」で停止していますが、人によって「感覚」が違うこともあるんじゃないでしょうか?
別に「隣の車と並びたくない!」と思ったことはないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見です.ありがとうございます.

しかし,細かいことですが,あえて注釈をさせてください.
確かに,停止線位置に,何も目印がないときは,運転に慣れない方は,そのような
行動になるでしょう.
しかし,ここで想定しているシチュエーションでは,別のレーンに,既に停止線
の直前ないしは,後方で停まっているクルマがいるわけです.

その場合は,たとえ自分からは,ボンネットの陰で停止線が見えなくなって
しまっても,斜め前にクルマがいれば,そのクルマと停止線の位置関係を事前に
捉えることで,停車中のクルマが目印となり,意識して,停止線直前で止まる
ことは,慣れない人でもじゅうぶん可能だと思うのです.
ただし,それも難しいテクニックの部類に入るのであれば,いたしかたありませんが.

お礼日時:2001/07/02 13:39

私はその様な事を気にした事も無く、平然と隣の車に並びますよ。


只、私の車は加速が鈍いので、わざと後ろの方に止まり、青信号に変わる直前(本当はいけない見切り発車になるけど)に猛ダッシュ!!する事もありま~す。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
ああ,ちょうど私も,それを意識するあまり,他車を覗いているヒマなんか
ないって感じで乗っていますよ.

はるか昔,頻繁にシグナルグランプリをやっていた頃は,先頭に停まることが
ある意味プレッシャーになっていたものでした.(^^;
(年がバレますが,AE86に新車で乗れた時代の話です.)

お礼日時:2001/07/02 07:16

 electricdreamさん、こんばんは。



 私は東京ですが、rallyさん、toushikaさんすべての意見と同様です。車の中ではどうしてもカラオケボックス化してしまいますから、そういうところをあまり人に見られるのは恥ずかしいという気持ちがあります。また、目が合った合わないなどの些細なことでトラブルに巻き込まれる例は東京などでも後を断ちません。そういったことが積み重なって自然に並列を避けるようになったのかも知れませんね。私も言われてみれば隣の車の運転席と並列にならないようにしているような気がしますが、それは別にアイデンティティとか自意識過剰ということとは関係ないと思います。
 
 では、失礼いたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説,ありがとうございます.
目線が合わない程度のズレならいいのですが,極端に前車との車間を空ける
クルマが多くて多くて.

東京では,渋滞が頻発しているはずですから,さすがに停止線のはるか後方で
待機するような現象は起こっていないようですね.

お礼日時:2001/07/02 07:08

electricdreamさんは、通勤などで車を使ってますか?



俺の場合は通勤で使ってるんですが、毎日渋滞にはまります。
けっこう長い間車に乗ってると、やっぱりCDに合わせて歌を歌ったりします。
そんなときに隣の車の人と目があったりすると、ちょっと気になります。
それで少しずつずらしてしまうのかも知れません。

その癖がついてしまって、特に渋滞にはまってなくても並ばなくなってしまうのかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回もご回答くださり,ありがとうございました.

私は,日に50~100キロくらい走行していますが,幸運にも,通勤時間帯
など,あまり渋滞道を走る機会はありません.
ですから,なるほど,と思いました.
但し,10年程前までは,そういう毎日を送っていました.当時は,あまり
カラオケを車内で歌う風潮を見受けることは少なかったように思います.

もちろん,私も好きな歌を運転中に歌いたくなるときはありますけど,
さすがに停まっているときに,大きな口を開けているのは見られたくない
という心理は働いてたなあって.確かに思い当たりますね.
(そういえば,対向車なんかで,一人乗車なのに,やたら笑いながら運転して
いる人とか,口をパクパクさせている人,いたなぁ.)

ちなみに私は,停車中,隣りのクルマに目線が行っても,まず車中を注視する
ことはありません.これが私特有のクセなのかどうかはわかりませんが.

例外としては,前方がもし,ウホホな感じの女性だった場合は,バックミラーに
向かって無意識に視線ビームを送っている自分がいますね.(^^;

お礼日時:2001/07/02 06:55

俺はその口です。

ちなみに沖縄。
あまり他の車の真横には並びたくないです。

アイデンティティとかは全く気にしてないんだけどな~。
ただ、車の中で歌を歌うことも多いので、あまり見られたくないんだはず。
隣に並ぶとジロジロ見る人いますからね~。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあなたの「恐怖症」はなんですか?

世の中高所恐怖症や閉所恐怖症など
さまざまな恐怖症がありますが
自分はこんな恐怖症であると言う
ものをご回答下さい。

Aベストアンサー

「高所恐怖症」です。

何かで読んだのですが、ビルの屋上とか橋の上、飛行機等の乗り物に乗って
高いところが怖いというのは、人間の本能的なものなので高所恐怖症とは
言わないそうです。落ちたら確実に死にますからね。
で、本当の高所恐怖症というのは、駅のホームとか中途半端?な高さが
怖いことをいうらしいです。
落ちても死ぬことはないし、上手く落ちれば怪我もしなさそうな高さですよね。

私はそういう意味での「高所恐怖症」です。
ホームの端が怖くて歩けません。
椅子とか3段ほどの梯子の上に立つと、足がすくんで動けなくなります。
学生の頃、学校のプールの飛び込み台にすら立てませんでした。


あとはどなたかも回答されてましたが、「つぶつぶ恐怖症」です。
つぶつぶ状のものが密集してると、背筋がゾクゾクしてきます(><)

金属同士が擦れあう音も嫌です。やはり背筋がゾクゾクです;;
ステンレスのお玉で、同じくステンレスやアルミのお鍋をかき回すときなんか
エライ神経つかいますよ(笑)

Q片側二車線道路の中央で右折待ち

片側2車線の道路の中央よりの車線をたまたま軽自動車で走っていたらセンターライン上で50の原付バイクが右側にある店に入るべくそこで停まって右ウインカー出しながら直進車が途絶えるのを待って右折待ちしてたのですが、それは違反にはならないのですか。
交差点ではなくて道路上です。

両方の車線共かなりの速度でクルマが流れています。
凄く危険さを感じました。
自分なら絶対にそんなことはしませんが法規的にはどうなのでしょうか。

原付一種がダメなら二種の場合はどうなのですか。
まぁ、違反にならなくても自分はやりませんけどね。

Aベストアンサー

>それは違反にはならないのですか。交差点ではなくて道路上です。

道交法上は、違反になりません。
例えば、交差点で無い反対側(走行方向に向かって右側)に「自宅」があれば、その人は「次の交差点まで進行してから右折」する必要がありますよね。
自宅でなくても、ガソリンスタンド・ファミレス・市役所などの場合も同じです。
確かに、原付には「第一通行帯通行義務」があります。
つまり、一番路肩側の車線ですね。
が、これには「原付バイクは小回り右折をする以外を除いて」という例外条項があります。
交差点で無い場所での右折は、中央分離帯・センターライン側車線を通行する事が出来ます。
交差点での右折では、「3車線以上の道路では、原則的に二段階右折」です。
交通標識が優先します。

>原付一種がダメなら二種の場合はどうなのですか。

原付二種は、道交法上は自動二輪に分類されます。
交差点で無い道路で右折する場合は、原付と同じです。
交差点では、原付一種(50cc)のような二段階右折義務はありません。

>まぁ、違反にならなくても自分はやりませんけどね。

まぁ、対向車が多い場合は危険ですよね。
合法と言っても、私も(若干遠回りになっても)交差点で曲がってから目的地に向かいます。^^;
近頃は寒いので、原付もバイクも冬眠中ですがね。

>それは違反にはならないのですか。交差点ではなくて道路上です。

道交法上は、違反になりません。
例えば、交差点で無い反対側(走行方向に向かって右側)に「自宅」があれば、その人は「次の交差点まで進行してから右折」する必要がありますよね。
自宅でなくても、ガソリンスタンド・ファミレス・市役所などの場合も同じです。
確かに、原付には「第一通行帯通行義務」があります。
つまり、一番路肩側の車線ですね。
が、これには「原付バイクは小回り右折をする以外を除いて」という例外条項があります。
...続きを読む

Q(男女別)どんな恐怖症を持っていますか?

過去に似たような質問も出ているのですが、今回は性差を見たいと考えているので新しくトピックを立てさせて頂きました。

(1)どんな恐怖症があるか。
(恐怖症は、その対象への恐怖心が他人には一概に理解されがたいという点が、ただの怖いとの違いだそうです)
(2)その恐怖症を克服したいと思うか、あきらめているか。
(3)男性か女性か(できれば年代も)
以上の3点について、お聞きしたいです。

典型的な恐怖症として、高所恐怖症、閉所恐怖症、暗所恐怖症、特定の動物への恐怖症、男性(女性)恐怖症などがあるそうです。
もちろん典型的ではないものを回答してくださってかまいません。
ちなみに私は犬恐怖症です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)粒々恐怖症。
昆虫が苦手だからと思います。
それを連想させるような、小豆の粒々たっぷりの和菓子を見た時、鳥肌が立ちました。
 昆虫恐怖症。
たまに海老とか蟹を見てもぞっとする時があります。
(2)生理的に受け付けないものなので、諦めています。
(3)女性。40代前半。

Q片側2車線と3車線の高速道路の容量

片側2車線と3車線の高速道路は一日何万台くらいの車をさばけるのでしょうか?
カーブが多い、アップダウンが激しい、見通しが良い等の道路条件や
集中率が高い等の要因で変わってくると思いますが
ざっくりで良いので、わかりませんでしょうか?

Aベストアンサー

道路公団の発表している数字は延べであり、車線当たりの数値ではありません。その道路を少しでも利用した自動車の総数がカウントされています。ですから、A-Bまで利用した車とB-C、C-D利用した車もすべて一台と計上されています。

運輸経済学などでは、一般に高速道路の交通容量は車線当たり24時間で35000~40000台/日とされています。簡単な計算志木としては、時速(メートル換算)を、平均車間距離と平均車長の和で割った数字です。仮に平均車間距離を速度値の半分(100Km/hで50m)、平均車長を7mとすると以下の数字になります

100Km/h
100000/(100/2+7)*24=42105(台/日)

80Km/h
80000/(80/2+7)*24=40851(台/日)

で、実際には夜間は車間距離が伸びること、最内側車線は追い越し車線で走行車線より容量が小さくなることなどを考えると流れている道路では、車線当たり35000~40000台/日というのが妥当な数字になるわけです。なお、渋滞時には以下のように交通容量は小さくなってしまいます。

速度20Km/hと10Km/hの場合
20000/(20/2+7)*24=28235
10000/(10/2+7)*24=20000

道路公団の発表している数字は延べであり、車線当たりの数値ではありません。その道路を少しでも利用した自動車の総数がカウントされています。ですから、A-Bまで利用した車とB-C、C-D利用した車もすべて一台と計上されています。

運輸経済学などでは、一般に高速道路の交通容量は車線当たり24時間で35000~40000台/日とされています。簡単な計算志木としては、時速(メートル換算)を、平均車間距離と平均車長の和で割った数字です。仮に平均車間距離を速度値の半分(100Km/hで50m)、平均車長を7mとすると以下の...続きを読む

Q~恐怖症

恐怖症はphobiaとありますが

space alcで検索すると
ドイツ恐怖症Germanophobia
アメリカ恐怖症Americanophobia
高所恐怖症altophobia
犬恐怖症cynophobia

などとありまして

たとえば猫恐怖症といった造語(?)を作りたい場合
どのように作ったらいいでしょうか?
phobiaの前に付く単語はラテン語なんですかね?

Aベストアンサー

-phobia はギリシャ語由来(φοβοs = phobos = 恐怖)なので、造語する場合は前半部分もギリシャ語源にした方が「それらしく」なるでしょうね(他の語源ではいけないという意味では、もちろんありません)。

例えば、例として挙げてくださっている altophobia(高所恐怖症)では、前半の alto- はラテン語源ですが、同じ意味でもギリシャ語源である acro- を用いた acrophobia の方が一般的です。cynophobia(犬恐怖症)の cyno- もギリシャ語源。「アラクノフォビア」という映画がありましたが、これは arachnophobia と綴り、前半の arachno- はやはりギリシャ語源で「クモ」、すなわち全体で「クモ恐怖症」ということ。

…という訳で、ギリシャ語源でまとめた「猫恐怖症」を調べてみますと、他の方の回答にもある ailurophobia または aelurophobia というのがそれに当たるようです。読みにくいですが、各々「アイルロフォビア」「イールロフォビア」のように発音。前半の ailuro-/aeluro- がギリシャ語源で「猫」の意です。

余談ながら、後半部分の -phobia を -philia(由来はギリシャ語φιλια = philia = 友情)に変えると、「その対象物を(しばしば病的なまでに)好きであること」の意味になります。ご参考まで。

-phobia はギリシャ語由来(φοβοs = phobos = 恐怖)なので、造語する場合は前半部分もギリシャ語源にした方が「それらしく」なるでしょうね(他の語源ではいけないという意味では、もちろんありません)。

例えば、例として挙げてくださっている altophobia(高所恐怖症)では、前半の alto- はラテン語源ですが、同じ意味でもギリシャ語源である acro- を用いた acrophobia の方が一般的です。cynophobia(犬恐怖症)の cyno- もギリシャ語源。「アラクノフォビア」という映画がありましたが、これは arachn...続きを読む

Q2車線 - 1車線 - 2車線・・・なぜ?

初めての道を走っていました。遠からず右折するのがわかっていたので,2車線の右側の車線を軽快に運転…そこへ「左へ寄れ」の矢印の群れが出てきたので,あれあれ?と思いながらも左車線に入りました。道が狭くなったわけではなく,右車線のところには斜線部分が現れました。

ちょこっと走ったらもう交差点近く。斜線部分は右折車用の車線に変わったので,そこに入って無事交差点を右折しました。

この日は初めての道でしたが,実は自宅の近くにもこんなところがあります。1車線の部分は距離にしてほんの数十メートルだと思うのですが,一旦右車線を閉鎖して,また右折用に開けるのはなぜでしょうか。あのままずっと交差点まで右側を走り,右折してもいいような気がするのですが。

道幅が狭くなっていたり,工事中だったというわけではありません。理由をご存知の方がいらっしゃったら,よろしくお願いいたします。言葉だけで説明するのは難しいですね。解りにくくて申し訳ありません。

Aベストアンサー

交通量にも寄りますが・・・・・・
二車線のまま交差点にさしかかった場合、先頭に右折車両がいた場合に、後続の直進車が進めなくなり、左側の車線に移ろうとする際の混乱を防ぐためです。
右折の車の合図が遅かったり、後続車が見落としていた場合など、それを避けるために急に左へハンドルを切ることになります。
左後方の確認が充分でないと接触などの危険があります。
そのために、まだ交差点まで余裕があるうちに一旦左車線に車列をそろえてから、右折車だけを右側車線に出すようにしています。
交差点の規模や交通量等をイロイロと加味して決められているようなので、必ずしも右折車線のある交差点が同じような方式とは限らないようです。

Q男性恐怖症、女性恐怖症。

題名通り、男性恐怖症と女性恐怖症についてなのですが。


男性恐怖症と男嫌い、女性恐怖症と女性嫌いはどのような違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

恐怖症は体が拒否して受け付けない
嫌いは自分の意思で受け付けない

Q右折専用車線進入時のウィンカー

2車線だったのが交差点の直前で右折専用車線が出てくるようなところ、右折するためにその車線に入る場合、車線変更なので当然ウィンカーを出しますが、これをしない車をよくみます。

たぶん、車線がなだらかに分かれるような感じになっているので、車線変更といった感じをしないからなのかもしれませんが、車線変更は車線変更です。 それとも、最近法律が変わったのでしょうか?

| | | |
| | | |
| | |/
| | |

Aベストアンサー

たとえ、途中から出現した車線に移る場合でも、通常の車線変更と同じように合図は必要です。
車線を走っている限り、何も合図をしなければ、そのまま真直ぐ走り続けるという事になります。
例題の場所では、走行してきた車線から外れるので合図は必須です。
また、(滅多にないかもしれないけど)後から追い越しを掛けてきた車両があったり、対向車線で障害物をよけてはみ出してくる車両が有るかもしれません。
そんな時に、これから右の車線に移るという意思表示をしないと。事故の元になります。
例題のような場所だけではなく、必要な合図をしないで通行している車両は、たしかに見かけます。
誰も見ていないだろうから・・・・
他に車両が走っていないだろうから・・・・
こんな風ににでも思っているのでしょうかねぇ。。。。
小さなことでも、思い込みで運転していると、何処かでトラブルに遭遇するかもしれません。
合図もきちんとして、走りたいものです。

Q自己臭恐怖症、醜形恐怖症についてです。 お忙し中に閲覧していただきありがとうございます。 僕は広汎性

自己臭恐怖症、醜形恐怖症についてです。
お忙し中に閲覧していただきありがとうございます。
僕は広汎性発達障害で自己臭恐怖症と醜形恐怖症で選定医療費まで払い認知行動療法をしています。1年フラワーエッセンスを飲み認知行動療法などなどを行っていますが一向に完治しません。
自己臭恐怖症と醜形恐怖症、どちらか片方或いは両方完治された方がいらしたら、どういう考え方やふとした気付き、自分の中の無意識領域の問題解消やトラウマ解消や自動思考解消などがあったか簡単な経緯を僕を助けると思って教えてください。ひとつの参考にさせていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

自己臭恐怖症と醜形恐怖症となると…精神的な面での問題が大きいか
何かしら原因になった出来事があったと思うのでまずはそこを探って、克服するのが一番かと思います。

まず、どちらか一方でも自分でお気づきの原因とかはあるのでしょうか??
何が原因で自己臭恐怖症や醜形恐怖症になったのかが分からなければ、
今行ってる治療法もあまり効果を発揮しないと思います。

原因が分かっているのであれば、まずその原因となる過去の出来事などが有れば、
その記憶を払しょくするような取り組みが必要ですし、分からないのであればそこを探る事から始めるのが大切かと。

とは言え広汎性発達障害をお持ちとの事なので原因が分かっていても
中々自分では払しょくも難しいとか有るかもしれませんよね…病院によっては催眠療法とかも行ってますし、
抵抗が無ければ試してみるのもありかなと思いますよ。

Q片側3車線の高速道路の走り方について

いつもこの掲示板を拝見させて頂いております。

ここ最近立て続けに高速道路を利用する機会があったのですが、
とても気になる事がありました。

片側3車線ある高速道路において、
第一車線が空いているにもかかわらず、
中央の第二車線を走る車が多い事です。

3車線の場合第一(左)と第二(中央)が走行車線で、
第三(右)が追い越し車線と決まっているので、
法的には違反ではない



ハズなのですが、
何かすごく異様に感じます。
追い越し車線に平然と居座る車よりはマシですが。

皆様はどう思われますでしょうか?
因みに自分の場合は極力第一車線を走ります。

Aベストアンサー

>皆様はどう思われますでしょうか?

これは仕方がないですね。
3車線ある場合は、大抵制限速度が100キロに
なっているところが多いと思いますが、

トラックでも積載量の多いものや、特大のトレーラーなど
速度を出せない車は80-90キロくらいで
第一車線を走行しています。

で、乗用車が100キロでこういう車に出くわすと、
第二車線に車線変更して追い抜かないといけないわけですが、
意外と走り慣れていない人がこの動作に不安を覚えて
嫌がるわけです。たらたら走るなら第二車線をずっと
走っていたほうが気楽ですしね。
車が多いとレーンチェンジしたい時にできない。
目前には大型トレーラーがかなりゆっくり走っている
そういう状況が随時出てくるわけですから。

で、第三車線は150キロ以上に抜いて行く車も
要るわけで、下手にこちらには入れませんが、
かなり第二車線が詰まってくると、
第三車線にも車が溢れてきます。
だいたい110-120キロくらいでしょうか。

すると今まで150キロで第三車線を走っていた車は
第一車線側から追い抜きをかけはじめるわけです。
加減速の速い車はそれでも強引に第二車線に
割り込めるのでこういう走り方も苦にならないわけです。

というわけで、自分も普段は第二車線を走ることが多いです。
で、昨日は慣れないトラックに重量物を積んでましたので、
三車線の伊勢湾岸道を80キロくらいで第一車線を
占拠してずっとゆっくり走ってましたね。
すると、遅すぎるせいか大型トラックが90キロくらいで
第二車線を抜いて行くわけです。たぶん、迷惑な奴だと
思われていたことでしょう。

>皆様はどう思われますでしょうか?

これは仕方がないですね。
3車線ある場合は、大抵制限速度が100キロに
なっているところが多いと思いますが、

トラックでも積載量の多いものや、特大のトレーラーなど
速度を出せない車は80-90キロくらいで
第一車線を走行しています。

で、乗用車が100キロでこういう車に出くわすと、
第二車線に車線変更して追い抜かないといけないわけですが、
意外と走り慣れていない人がこの動作に不安を覚えて
嫌がるわけです。たらたら走るなら第二車線をずっと
走ってい...続きを読む


人気Q&Aランキング