人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

直流回路の問題で
https://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon …

キルヒホッフ等の計算での方法は理解できますがこれをミルマンの定理で解くとわからない所があります



これは解説動画ですが、

質問1
「ミルマンの定理の計算結果」から考えますと電位の高さがなぜ4Ωの抵抗の左が+、右側が-で、2Vの電源の下側が-2Vになるのでしょうか

質問2
画像のb点の電位が0、a点の電位が-2Vならば2Ωに掛かる電圧は-2V掛かる事になりませんか?
-2Vというのがよくわかりません。自分で考えて画像下に書いた電源の向きの定義に関係ある気がするのですがわかりません。

質問3
動画のようにa点の電位が0V、b点の電位が-2V
となると電位差があるので5Ωの抵抗に電流が流れると思うのですがなぜ流れないのでしょうか

「直流回路の問題で https://www」の質問画像

A 回答 (2件)

>「ミルマンの定理の計算結果」から考えますと


>電位の高さがなぜ4Ωの抵抗の左が+、右側が-で、
>2Vの電源の下側が-2Vになるのでしょうか

aが0Vと書いてあるのはbに対する電位。
―2は右の電池の上の端子のbに対する電圧。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。bを基準にした電圧が計算結果ですね。よくわかりました!

お礼日時:2017/07/04 11:23

あなたは電圧を考える時に、どこを基準にするか考えていませんね。


電圧は必ず2点間の電圧で示されます。「電圧差」というべきかもわかりません。
「a点の電圧」というのはあり得ません。「b点から見たa点の電圧」ならOK。
基準点をはっきりさせないからダメなんです。
b点の-2Vはどこを基準にしていますか? b点と”どこ”に電圧計を接続したら-2Vを示したのですか?
a点の0Vはどこから見て0Vと考えたのですか?
これを明確にすれば解けるはず。自分がどこでつまづいているかもわかるはず。

ついでに余計なことを言えば、どんな定理を使ってもよいからともかく解く。
抵抗値、電流、電圧を全部求める。
これらの値を回路図に当てはめて成り立つがどうか確認するのです。数学でいう 検算 をするのです。
検算がOKになれば正解が出ています。ならば自信が持てるでしょ。
問題集の回答を見なくても正解がわかります。検算をしないからダメなんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかにそうですよね。どうもありがとうございました。よくわかりました!

お礼日時:2017/07/04 11:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング