女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

野球でヘッドスライディングってありますよね?
一塁へのヘッドスライディングは
「ベースへ走り込むよりも遅くなる」と
友人が主張しているのですが、
物理学的な考察からはどうなんでしょう?

また、セカンドベースへ進む場合は
塁上で止まる必要があるので、
走りながら徐々にスピードダウンするよりは、
スライディングのほうが早いと思うのですが、
足からと頭からではどちらからの方が早いのでしょうか?

物理学的に考察しているようなサイトがあれば教えてください。

A 回答 (3件)

1塁へのスライディングは走りこむ方が早いと思います。


スライディングする地面の摩擦係数が限りなく0に近く無い限り減速するからです、身長分が有利に感じるかも知れませんが日本人の身長170cm前後腕の長さ含めても250cm程度として倒れる速度よりも3~4歩走る方が確実に早いからです。

セカンドベースでスライディングする必要があるのは、塁上に体の一部が触れている必要があり、走りこむと減速に時間を必要とする為と、1塁が詰って居ない限りタッチされないとアウトにならないのでタッチされにくい出来るだけ低い姿勢が望ましいからです。

足からと頭からのどちらが早いかと言われますと、同時にスライディングを始めるとするならば、身長+腕の長さから頭からの方が早いと思いますが、倒れる時間よりも走りこむ方が早いことから足からの方がよりベースに近い所からのスライディングが可能ですので足からの方が早いのではないでしょうか。
ではなぜヘッドスライディングがあるかといえば体はタッチされにくい位置にあっても腕は自由度がありますのでタッチをかわしながらのスライディングが可能だからではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/01 22:20

 当然ヘッドスライディングの方が遅くなります。



 1塁ベースにはタッチしている必要はないのですから、走って行ってそのまま走り抜けた方が速いです。

 一見ヘッドスライディングの方が、飛ぶのだから早く思われるかの知れませんが、実際には地面に着地した時点から急激に速度が落ちるからです。

 飛んでいる最中は全く加速状態になく、等速運動でもなく、空気抵抗を受け減速している状態です、まして、着地後のスライディング中なんかは急ブレーキを掛けているような物ですね。

 結果として、「ヘッドスライディングするより、走り抜けたほうが速い」となるわけです。

 参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/01 22:20

物理学ではありませんがギリギリの場合審判の心証が変わる可能性があるのでヘッドスライディングをしたほうがセーフになりやすいとドカベンではいっていました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/01 22:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘッドスライディングは本当に遅いの?

前々から疑問に思ってることがあります。
一般的に1塁へはヘッドスライディングより駆け抜けた方が早いといわれてます。

もちろん高校野球の最後のバッターのように、土煙をもうもうと上げるようなすべり方であれば、スピードが失われ明らかに遅いと思います。

一方でTV番組の筋肉番付のなかで、高いところからバレーボールが落ちてきて、それを触れば成功!って競技がありますよね。
あの競技では、みんな頭から飛び込んで手を伸ばしてボールタッチしに行きます。
駆け抜けた方が早ければ、何でそのまま走り抜けて足でタッチしに行かないんでしょう?

やっぱ、スピードを殺さずにダイブすることができたら、リーチの分だけ頭からいったほうが早いんじゃないの? と思ってしまいます。
皆さんはどう思われますか?

Aベストアンサー

どうも今晩は!

このヘッドスライディングについての話は結構、耳にする話題ですね。

Wikipediaにも「当然ながらスライディングよりも走りぬけたほうが速い…」と記述されて
いて、一般論としては、駆け抜けた方が速いというのが正論のようになっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

しかし、実際問題として本当に駆け抜けた方が速いとは限らないようです。

下記のサイトに少年野球の指導をされている方のご意見が載っていますが、実際に計
測してみたところ、「スライディングの上手い子に限ってならば、単にベースまでの到達
時間は確実に速い」と結論付けられています。

但し、ヘッドスライディングに伴う怪我などの危険性を考慮すると推奨は出来ない、と
仰っています。

また、ショットガンタッチや陸上競技についても触れられていて、分りやすく説明されて
います。
http://sidenkai.blog.ocn.ne.jp/issyoukenmei/2006/03/post_3d35.html
http://sidenkai.blog.ocn.ne.jp/issyoukenmei/2006/08/post_e9ef.html
http://d.hatena.ne.jp/zxcvdayo/20060826/p1

ご参考まで

どうも今晩は!

このヘッドスライディングについての話は結構、耳にする話題ですね。

Wikipediaにも「当然ながらスライディングよりも走りぬけたほうが速い…」と記述されて
いて、一般論としては、駆け抜けた方が速いというのが正論のようになっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

しかし、実際問題として本当に駆け抜けた方が速いとは限らないようです。

下記のサイトに少年野球の指導をされて...続きを読む

Q高校野球児は、何故あんなに一塁へヘッドスライディングしたがるんでしょう

高校野球児は、何故あんなに一塁へヘッドスライディングしたがるんでしょうか。


一塁ヘッドスライディングは、走り抜けるより速くベースに辿り着けるという根拠はないと聞きました。
むしろ、手首や指、顔面などを怪我する可能性が高いと聞きました。

実際、プロ野球では一塁ヘッドスライディングはめったに見られませんし、以前、あるプロ野球選手が一塁ヘッドスライディングをし、そのVTRをイチローが見て、「アマチュアじゃあるまいし、やめろ」と言っていたことがありました。

なぜ高校球児はあんなに一塁ヘッドスライディングをしたがるんでしょうか。

Aベストアンサー

皆さんが言っているように、
野球をやっている人であれば、走りぬけた方が早いと言う事は、
皆さん知っている事だと思います。

しかし、高校野球は気持が先にプレーしてしまう事が多いです。
一塁のヘッドスライディングもその一つだと思います。

高校野球はメンタル面で大きく試合の流れが変わってしまう事が多いです。
2アウトからの大逆転、よく甲子園には魔物が住んでいると言われますが、
まさにこれが、一つのプレーでメンタル面が大きく変わることだと思いますし、
高校野球の面白さはそこにあるのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報