出産前後の痔にはご注意!

現在あにめ(ガンダムなど)でよく2足歩行ロボットが戦闘をおこなったりしていますが2足歩行ロボットが現実に実現した場合(パイロットへの負担などを無視するものとすす)はたして威力を発揮するのでしょうか・・・おしえてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず欠点はコストパフォーマンスの問題。


関節が多いため、激しく動けばそれだけ磨耗し、維持費は馬鹿にならないと思われます。
二脚歩行である場合、バランスが悪いため、格闘を行なうにも、射撃戦を行なうにも不便でしょう。
格闘戦では、手で相手を殴ったら(材質は同じはずですから)同じ衝撃が攻撃側の腕にも伝わるので、指のように細く、関節の多い器官は一発で壊れるでしょう(バンテージを巻かずにボクサーが人を殴ったら、指や手首が壊れるのと同じ)。武器を持って殴っても、付加は指や肘の関節に伝わるので、ロボットの格闘戦はナンセンスです(ビームサーベルはありだが、何故剣の形にする必要があるのか?)。
利点はキャタピラでも進入できない悪路に入れる事。山岳戦闘などには有利かもしれませんが、その場合は小型の方が有利になるので、大きくて数メートル。
さらに小型化すればビルに張り付いて登坂する事ができれば、高い場所からの戦車への攻撃などが可能で有利かも。
でも、それなら歩兵に重武装させれば良いんだよねw
歩兵重武装に比較した利点は、人力より多くの兵装を携帯可能な事。つまり、大掛かりなセンサーを搭載して精密射撃が可能。
パワードスーツの方が現実的か?
今は医療用パワーアシストスーツの市販に向けた動きが(日本で)現実化しているし。
それでも着たまま戦うのではなく、武装や砲弾の運搬作業なんかが向いてると思う。
    • good
    • 0

二足歩行ではありませんが、


実用化に向けて現在開発中です。

テムザック、大型レスキューロボット「T-52 援竜」公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0325/tms …

TMSUK:T-52援竜ホームページ
http://www.enryu.jp/

参考URL:http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0325/tms …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング