痔になりやすい生活習慣とは?

厚生年金を受給している夫が死亡した時死亡後の妻の受給年金の選択肢は??

A 回答 (3件)

老齢国民年金…?老齢基礎年金のことかな。



妻が65歳以上で自身の老齢厚生年金があった場合で、遺族厚生年金の方が妻の老齢厚生年金より高かった場合は、自身の老齢厚生年金全額+差額を遺族厚生年金で埋めることになります。

決して自身の老齢厚生年金を放棄することにはなりません。

もちろん、妻の老齢厚生年金が高かった場合は遺族厚生年金は支給されませんが、支給が停止になっているだけで権利がなくなっているわけではありません。
    • good
    • 0

遺族厚生年金(本人の厚生年金の放棄)+老齢国民年金、老齢厚生年金(遺族厚生年金の放棄)+老齢国民年金

    • good
    • 1

自分の年金*遺族年金だけでは?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(定年)退職後の年金生活

こんにちは。53歳♂です。年金について、見込額通知が届き、約65,000円/月となっています。この金額で衣食住全てを賄うという事でしょうか?それとも死ぬまで働けって事でしょうか?日本には社会保障制度はないのでしょうか?海外帰国者で無知の為、ご教示何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。
老後の備えができていないなら、それは国や人のせいにはできません。
今まで どうやってきましたか?
53歳なんですね、
通常はいろいろ備えをしているものです。
なんらかの備えはしてるのですよね?

年金だけで暮らせるとは限りません、
また、そういった約束なんて聞いたことがありません。
みんなは年金だけでは心配だから、大抵はなんらかの備えをしています、
たとえば 住むところは確保しているとか貯蓄はしているとか、長く働くとかでしょう。
あるいは 生活費を少なくするのも一方法です。

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。

Q年収300万程の場合、 個人で国民健康保険料、所得税、市府民税、厚生年金、等を払うのと、福利厚生のあ

年収300万程の場合、
個人で国民健康保険料、所得税、市府民税、厚生年金、等を払うのと、福利厚生のある会社で同じ年収を稼ぐ場合どちらが損している等はありますか?

Aベストアンサー

厚生年金加入なら健康保険も国保でなく健保に加入でしょう。

払った保険料と将来の年金受け取り額考えたら国民年金より厚生年金加入が断然有利ですよ。

Q年度末の医療費の100,000円を超えるものについて税務署への申告ですが確か3月の30日までにしたら

年度末の医療費の100,000円を超えるものについて税務署への申告ですが確か3月の30日までにしたらいいと聞いたのですが例えば2月の終わりに申告をしたとするとそれ以降の3月末までにかかった医療費はどうなりますか?
何か月前からの申告ができますか?

Aベストアンサー

医療費10万円超による所得控除を受ける場合の対象期間は、
当年1/1~12/31の一年間です。
それを翌2/15~3/15の間に、前1年間の確定申告で、所得控除が受けられます。
但し、高額医療費制度による支給(医療保険から)がある場合は、その分は減額されます。
年度ではないので、ご注意ください。

Q自営業などのしてた年金生活者は安い年金で どのようにして生活してるのでしょうか?

自営業などのしてた年金生活者は安い年金で
どのようにして生活してるのでしょうか?

Aベストアンサー

ちょうどよいので、こちらに回答します。

会社での社会保険の保険料は、
厚生年金保険料も健康保険料も
個人と会社の折半となっています。

健康保険料10,770
厚生年金保険料17,936
となっていれば、
会社も同じ金額、つまり合計2倍の
保険料を
健康保険料は健康保険組合へ
厚生年金保険料は年金機構へ
納めているのです。

ですから、厚生年金は、
①国民年金にあたる老齢基礎年金に加え
②老齢基礎年金が受給でき、そのうえ、
③配偶者分の国民年金までも受給できる
ようになっているのです。

それに対して、自営業は②も③もありません。

ですから、国民年金基金、確定拠出年金、
個人年金などに加入して老後対策として
いるのです。
サラリーマンはそのあたりの意識が低い
ために、こうなった時に問題が露呈する
のです。
とか、偉そうに言ってますが、私も早期
退職したのをきっかけに知ることになり
ました。あなたと年齢はいっしょです。

国民年金は保険料が全額免除となっても、
年金は1/2支給されるのです。
保険料を払わなくても年金額が増え、
かつ遺族年金、障害年金という生命保険
の機能まであり、非常に有用性の高い
年金となっています。
他にこんな保険商品はありません。

このあたり誤解している人が多過ぎます。

問題は老齢基礎年金の受給額です。
これは老齢厚生年金を受給する人も、
実は年金だけで生活を維持できるほど
受給額がないことを認識するべきです。
といまさら言ってもしょうがないですが…

ですから、自営業も会社員も老後に向けて
生活費が足りなかったら、働くしかないの
です。

いかがでしょうか?

ちょうどよいので、こちらに回答します。

会社での社会保険の保険料は、
厚生年金保険料も健康保険料も
個人と会社の折半となっています。

健康保険料10,770
厚生年金保険料17,936
となっていれば、
会社も同じ金額、つまり合計2倍の
保険料を
健康保険料は健康保険組合へ
厚生年金保険料は年金機構へ
納めているのです。

ですから、厚生年金は、
①国民年金にあたる老齢基礎年金に加え
②老齢基礎年金が受給でき、そのうえ、
③配偶者分の国民年金までも受給できる
ようになっているのです。

それに対して、自営...続きを読む

Q年金事務所から、年金の保険料を払えと言って来ましたが、北朝鮮問題が解決するまで払わない方が良いですよ

年金事務所から、年金の保険料を払えと言って来ましたが、北朝鮮問題が解決するまで払わない方が良いですよね?

北朝鮮から核ミサイルが飛んで来たら、年金なんか吹っ飛んでしまって、もらえなくなる事は確実ですからね?

Aベストアンサー

君が何歳かは知らないけど、若いのなら、北朝鮮を心配しなくても、あなたがおじいさんになる頃には、まず「物理的に」まともに生活できる額の年金は受け取れないですよ。

日本の年金制度は、若い世代の納税で、年金が出るシステムです。
10年前の水準では今は受け取れませんし、10年後は今より遙かに受取額が少なくなります。
超高齢化の影響ってヤツですね。

年金システムは(公務員の年金以外は)確実に破綻する欠陥品なのですが、





安倍政権になって財産の差し押さえが始まった





ので、誰かがおっしゃられているように、物品や金品を強制的に差し押さえられますけどね。

実際差し押さえられたニュースもありましたし、特に低所得者だから差し押さえがないと言うこともないようです。

まあ、実際はほとんど返ってくることはないので、「税金」ですね。単なる。
実質、実情は、我々若い世代にとっては、「年金」ではなく、「税金」です。


日本の国民が国に「年金と言ってごまかされたのも含め」「実質的に」納税する額は、北欧に迫る勢い、ヨーロッパの比較的税金が高く福祉が充実している国と同じぐらいは払っていると思うのですけどね。

どこに消えるんでしょうね?

君が何歳かは知らないけど、若いのなら、北朝鮮を心配しなくても、あなたがおじいさんになる頃には、まず「物理的に」まともに生活できる額の年金は受け取れないですよ。

日本の年金制度は、若い世代の納税で、年金が出るシステムです。
10年前の水準では今は受け取れませんし、10年後は今より遙かに受取額が少なくなります。
超高齢化の影響ってヤツですね。

年金システムは(公務員の年金以外は)確実に破綻する欠陥品なのですが、





安倍政権になって財産の差し押さえが始まった





ので、誰かがおっし...続きを読む

Q公的年金の繰り下げ受給について

65歳からもらえる国民年金・厚生年金を例えば68歳から繰り下げるとした場合、よく損得として、繰り下げしなかったらもらえた3年間の年金を考慮して、○歳以降生きていないと損となると言われていますね。じゃあ、繰り下げする3年間はどうやって暮らすのか。貯金を取り崩して暮らすとした場合、取り崩した貯金の額まで考慮して、さらに長生きしないとペイしない(★)となるわけですよね、当然に。とすると繰り下げるする3年間は、働けて、その給料で暮らせる場合のようなときに繰り下げを考えるものなのでしょうか。これだって繰り下げしないで年金もらえば、給料分手元に残ったはずだから残ったであろう給料分も考量してさらに長生きしないとペイしないと言えるわけだけど、まあ、そこまで考えないということでしょうか。
 私は、のちのち、ホームに入ったりしたとき月々の管理費等を考え、もう少し月額年金額を増やしたいとという気持ちが強く、65歳からは働かないので、貯金崩してでも繰り下げしたいという気が強いのです。こういう場合は、上記の★にあるとおり、自分は、そこまで生きるんだということを信じてそのときに安心したいなら、そういう選択をして、貯金取り崩して繰り下げするだけということでしょうか(貯金取り崩して、いくら残るか等ももちん踏まえるのでしょうが)。
 いかがでしょうか。ご意見お聞かせください。よろしくお願いいたします。

65歳からもらえる国民年金・厚生年金を例えば68歳から繰り下げるとした場合、よく損得として、繰り下げしなかったらもらえた3年間の年金を考慮して、○歳以降生きていないと損となると言われていますね。じゃあ、繰り下げする3年間はどうやって暮らすのか。貯金を取り崩して暮らすとした場合、取り崩した貯金の額まで考慮して、さらに長生きしないとペイしない(★)となるわけですよね、当然に。とすると繰り下げるする3年間は、働けて、その給料で暮らせる場合のようなときに繰り下げを考えるものなのでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

こちらで繰下げ受給を考える方には、
初めて出会いました。A^^;)

私も興味があり、シミュレーションして
みましたが、ある意味非常に割りの良い
かつ安定運用できる投資となります。
年8.4%もの安定運用できる投資は
ありません。

理想論としては、70歳になるまで、
厚生年金に加入し、後述の在職老齢年金
を考慮して、月収47万以下で仕事を続け
られれば70歳改定でさらに高い年金を
受給できるでしょう。

47万以下というのは、厚生年金と給料で、
月額47万を超えると、年金が減額となって
しまうのが、在職老齢年金制度であり、
本末転倒となるからです。

これは繰下げ受給をしても、通常受給する
年金額での制約を受けることになります。

あなたの想いからすると、老後生きている
間の生活基盤の確保なので、総額でいくら
とか、何歳までならペイするとかでなく、
その時々での収支になるべく悩まないよう
にするという点では、繰下げ受給は効果的
だと思います。

年金を受給しながら働き、余裕資金で
運用をして老後の準備金を確保する考え方
もありますが、繰下げ受給による年8.4%の
運用率は、はっきり言って投資では無理です。

なかなか興味深い考え方だと思いました。

添付は年金受給額200万の場合、
68歳繰下げで79歳でトントン
70歳繰下げで81歳でトントン
といった例です。

いかがでしょう?

こちらで繰下げ受給を考える方には、
初めて出会いました。A^^;)

私も興味があり、シミュレーションして
みましたが、ある意味非常に割りの良い
かつ安定運用できる投資となります。
年8.4%もの安定運用できる投資は
ありません。

理想論としては、70歳になるまで、
厚生年金に加入し、後述の在職老齢年金
を考慮して、月収47万以下で仕事を続け
られれば70歳改定でさらに高い年金を
受給できるでしょう。

47万以下というのは、厚生年金と給料で、
月額47万を超えると、年金が減額となって
しまうのが、在職老...続きを読む

Q高齢者の年金について

70歳の男性(厚生年金受給者)と66歳の女性(遺族年金受給者)が再婚する場合の年金について教えてください。この場合、女性側の遺族年金は消滅するというのは調べて解りました。と言うことは、2人で暮らしていく生活費は男性側の年金額のみということでしょうか?再婚することで男性側の年金に加給の様なものはないのですか?加給がないのであれば籍を入れず、各々年金を貰ってた方がお得ということでしょうか?

Aベストアンサー

>遺族年金の部分は消滅しても国民年金の方は残るので減額にはなっても多少はもらえるという事ですか?

そういうことです。

Q年金の事ですが

前にも年金の事で出した事があります。
内容は娘が国民年金を納めてないので 年金事務所に連絡して納付書が届きましたので
収めたいと思いますが
最近テレビでやっています 年金が25年から10年に短縮されたのですが
10年だと毎月14000円しか貰う事が出来ないようですが?本当でしょうか
前の25年は毎月40000円貰えるようですが

Aベストアンサー

>10年だと毎月14000円しか貰う事が出来ないようですが?本当でしょうか
前の25年は毎月40000円貰えるようですが

そのようですね。国民年金は40年払って、月7万少しです。

Q国民年金に強制加入。過去2年分の納付は義務?任意?

ご回答いただければ幸いです。

数年前に会社員をやめて以降、フリーランスで働いています。
会社員時代は厚生年金でしたが、フリーになってからは国民年金に未加入のままでした。

先日、年金事務所から「国民年金第1号被保険者に該当するものとして資格取得処理を行った」
という手紙があり、納付書と年金手帳が届きました。
(今までの加入歴は把握していなかったらしく、20歳から一切の年金に入ったことがないものとされていました)

納付書は、今年度分と過去2年分があります。

以下2点、ご存じのものだけでも教えていただけると幸いです。

◆年金事務所に行き、「過去2年分の納付は、任意ではなく義務ですか?」と聞いたところ、
そうだ義務だと言われました。これは本当ですか?
(ネットで色々調べると、多くのサイトで「過去2年分までなら遡って支払える」と、
あくまでも被保険者の“恩恵(救済措置)”のように書かれていますが…)

◆ひとまず会社員時代の年金番号と統合し、さらに減免できるか調べていただくことにしたのですが、統合が完了するまで2.3カ月かかるそうです。それまで納付は待つよう言われました。

しかしその間に、古い月の納付分から順次2年が過ぎ「時候」を迎えていくと思いますが、
そうなった分は支払わなくてもよいのでしょうか?
(ちなみに、資格取得の通知は7月下旬付けで来たのに、
過去の納付書は2年前の6月分(=2年1か月前)から始まっています)

ご回答いただければ幸いです。

数年前に会社員をやめて以降、フリーランスで働いています。
会社員時代は厚生年金でしたが、フリーになってからは国民年金に未加入のままでした。

先日、年金事務所から「国民年金第1号被保険者に該当するものとして資格取得処理を行った」
という手紙があり、納付書と年金手帳が届きました。
(今までの加入歴は把握していなかったらしく、20歳から一切の年金に入ったことがないものとされていました)

納付書は、今年度分と過去2年分があります。

以下2点、ご存じ...続きを読む

Aベストアンサー

> ◆年金事務所に行き、「過去2年分の納付は、任意ではなく義務ですか?」と
> 聞いたところ、そうだ義務だと言われました。これは本当ですか?
本当です。
国民年金法により、「第2号被保険者(厚生年金等に加入)」「第3号被保険者」「適用除外に該当する者」に該当しない『20歳以上60歳未満の日本居住者』は強制加入なのです。
これは当人が手続きを取ったかどうかは関係ありません。
 ⇒手続きを取ると、年金側は「この人は国民年金保険料を請求して良い人だ」と確認できるだけ。


> (ネットで色々調べると、多くのサイトで「過去2年分までなら遡って支払える」と、
> あくまでも被保険者の“恩恵(救済措置)”のように書かれていますが…)
はい、確かにそれは救済制度ですね。
法の本来の規定では保険料は「2年で時効」となっておりますので、滞納(免除されていたのとは違う)文は最大で2年前までしか納める事が出来ません。
しかし、其れでは色々と不都合な状態になってきたので、期限付きで『後納制度』が施行されております。
 ⇒当初は10年遡及でしたが、現時点では5年遡及です。
  https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150520.html


> しかしその間に、古い月の納付分から順次2年が過ぎ「時候」を迎えていくと思いますが、
> そうなった分は支払わなくてもよいのでしょうか?
上に書きました「後納制度」を利用することで2年の時効にかかった分も納めることは可能です。

> ◆年金事務所に行き、「過去2年分の納付は、任意ではなく義務ですか?」と
> 聞いたところ、そうだ義務だと言われました。これは本当ですか?
本当です。
国民年金法により、「第2号被保険者(厚生年金等に加入)」「第3号被保険者」「適用除外に該当する者」に該当しない『20歳以上60歳未満の日本居住者』は強制加入なのです。
これは当人が手続きを取ったかどうかは関係ありません。
 ⇒手続きを取ると、年金側は「この人は国民年金保険料を請求して良い人だ」と確認できるだけ。


> (ネットで色々調べると、多...続きを読む

Q何で、国民年金保険料を導入したの。払うのが、ばかばかしい。高すぎる!将来、もらえるかが気になる。皆さ

何で、国民年金保険料を導入したの。払うのが、ばかばかしい。高すぎる!将来、もらえるかが気になる。皆さんは、どう思いますか?

Aベストアンサー

高すぎる。お金持ちだから払わなくていいわけではないからね。必ず清算して送ってくる。払わなかったら財産差し押さえだとかいってるし いつまで生存しているかわからないのに。でも払わない人ってなるのも嫌ではないですか?


人気Q&Aランキング