痔になりやすい生活習慣とは?

お世話になります。
労働安全衛生法について調べていますが、MSDSについてどなたか教えていただけないでしょうか。

労働安全衛生法のなかに化学物質等はMSDSを提供しなくてはならない、
などという一説があるかと思います。
これは「名称等表示物質(施行令別表9)」にあたるのでしょうか?
それとも「化学物質等の危険有害性当の表示に関する指針に規定される物質」
にあたるのでしょうか??
もしかして両方ともそれにあたり、該当する化学物質が違ったりするのでしょうか???

何をしたいかといいますと、現在弊社で使用しています化学薬品が
労働安全衛生法のそれぞれどこの項目にあたるのかを調べたいと思っています。
ISO取得の為、それぞれの薬品がどのような法規にかかるのかを明確に
抑えなければいけないためなのですが・・・

混乱している為、支離滅裂な文章ですがどうぞよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本でMSDSを規制する法規は、次の3法です。


1.特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(略称:化学物質管理促進法)(MSDSは平成13年1月1日施行)
2.労働安全衛生法(略称:安衛法)(MSDSは平成12年4月1日施行)
3.毒物及び劇物取締法(略称:毒劇法)(MSDSは平成13年1月1日施行)
以上の他に、化学物質の安全性に係わる情報提供に関する指針(厚生労働省/経済産業省告示第1号、平成5年3月26日、平成13年3月30日改正)と化学物質等の危険有害性等の表示に関する指針(労働省告示第60号、平成4年7月1日)があります。
それぞれの法規の問合せ官庁は以下のとおりです。
1.化学物質管理促進法(略称)「問合せ先」経済産業省製造産業局化学物質管理課
電話番号:03-3501-0080ホームページ:http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management …
2.労働安全衛生法「問合せ先」厚生労働省 労働基準局安全衛生部 化学物質調査課
電話番号:03-3502-6756ホームページ: http://www.mhlw.go.jp/
3.毒物及び劇物取締法「問合せ先」 厚生労働省医薬局審査管理課化学物質安全対策室
電話番号:03-3595-2298ホームページ:http://www.mhlw.go.jp/
○MSDSの詳しい解説は下記URLにあります。
経済産業省製造産業局化学物質管理課
化学物質排出把握管理促進法
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management …

参考URL:http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なアドバイスを本当にありがとうございます。
早速教えていただいたURLを拝見し、問い合わせもしてみました。
とてもすっきり解決する事ができました!
ありがとうございます、また何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2004/08/31 15:46

> 労働安全衛生法のなかに化学物質等はMSDSを提供しなくてはならない、などという一説があるかと思います。



 「労働安全衛生法」の「第五章 機械等及び有害物に関する規制 第二節 有害物に関する規制(第五十五条−第五十八条)」の「第57条の2」を御覧下さい。

 ・http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-1/h …

***********************
(文書の交付等)
第五十七条の二 労働者に健康障害を生ずるおそれのある物で政令で定めるもの又は第五十六条第一項の物(以下この条において「通知対象物」という。)を譲渡し、又は提供する者は、文書の交付その他厚生労働省令で定める方法により通知対象物に関する次の事項(前条第二項に規定する者にあっては、同項に規定する事項を除く。)を、譲渡し、又は提供する相手方に通知しなければならない。ただし、主として一般消費者の生活の用に供される製品として通知対象物を譲渡し、又は提供する場合については、この限りでない。
***********************

 『政令で定めるもの又は第五十六条第一項の物』が対象です。具体的には「労働安全衛生法施行令」で「(名称等を通知すべき有害物)第十八条の二」に『法第五十七条の二第一項の政令で定める物は、別表第九に掲げる物とする。』とあります。

 ・http://www.jaish.gr.jp/hor_s_shsi/hor_s_shsi/21
 ・http://www.jaish.gr.jp/hor_s_shsi/hor_s_shsi/70

> 何をしたいかといいますと、現在弊社で使用しています化学薬品が

 上記「第57条の2」が該当するのは『譲渡し、又は提供する者』ですね。使用する側に関係するのは「(法令等の周知)第百一条」の「第2項」の『事業者は、第五十七条の二第一項又は第二項の規定により通知された事項を、化学物質、化学物質を含有する製剤その他の物で当該通知された事項に係るものを取り扱う各作業場の見やすい場所に常時掲示し、又は備え付けることその他の厚生労働省令で定める方法により、当該物を取り扱う労働者に周知させなければならない。」でしょう。

> それぞれの薬品がどのような法規にかかるのか

 「安全衛生情報センター」の「化学物質」の「モデルMSDS情報」に労働安全衛生法に規定されている「化学物質一覧」があります。

 ・http://www.jaish.gr.jp/menu.html

 また,使えるかどうか不明ですが,こんなサイトもあります。

 ・http://www.chemlaw.co.jp/Main_Index.htm
  化学物質と法規制
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼を申し上げるのが遅くなり大変申し訳ありませんでした。
色々な法規を見ていますが、施行令や施行規則、都道府県の条例にまで
発展してしまい、なかなか整理するのが難しいものですね。
途中段階でわかりやすいよう整理していただいてありがとうございました。
参考URLも是非活用させていただきたいと思います。

お礼日時:2004/09/02 10:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMSDS(製品安全データシート)の作り方。

仕事で品質管理をしています。PRTR法の絡みでMSDS(製品安全データシート)を準備しないといけません。作成マニュアルを紹介してください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

MSDSは、JIS Z7250で決まっています。
(http://www.jisc.go.jp/index.html)
経済産業省製造産業局化学物質管理に解説があります。

参考URL:http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/

Q有機溶剤の保管許容容量はどのくらい

有機溶剤を使用して鋼鈑の塗装を剥がしています。
その際、塗装の剥がしたものを回収してドラム缶に保管しています。屋外に保管していますが保管すべき規制量とかはあるのでしょうか。使用前の有機溶剤は一斗缶にて保管しています。廃棄物となる回収した溶剤はドラム缶の中にいれています。

Aベストアンサー

有機溶剤中毒予防規則に関しては、管理者の講習を受けたこともなく、参考にならないかもしれませんが。

指定数量という規制でいえば、消防法の危険物に該当するか否か、がまず問われるのではないでしょうか?

シンナーなら第1石油類ですから指定数量は200Lです。少量危険物とならない40L未満までは規制対象とはなりません。それ以上保管する場合は、不燃(防爆が好ましい)材料できた貯蔵庫に保管しておく必要性があります。廃棄物となった後も、屋外なら柵で囲まれた貯蔵スペースに保管しておかなければなりません。(もちろん管理者以外持ち出せないよう施錠必要)

次に毒劇物かどうかという点です。
メチルエチルケトンなら劇物なので、毒劇物のみをあつめた施錠された保管庫に貯蔵しておく必要があります。
毒劇の場合は指定数量の概念はありません。

危険物・毒劇物に該当しない限り、放射性物質が混ざってなければ、指定数量・保管の規制などはないと思いますが。(例えばアルカリ洗浄剤など)

今回とは関係ありませんが、アルカリ洗浄剤など規制法にふれないものであってもPRTR法に該当するものもあるので、その辺は別の意味でチェック必要。

有機溶剤中毒予防規則に関しては、管理者の講習を受けたこともなく、参考にならないかもしれませんが。

指定数量という規制でいえば、消防法の危険物に該当するか否か、がまず問われるのではないでしょうか?

シンナーなら第1石油類ですから指定数量は200Lです。少量危険物とならない40L未満までは規制対象とはなりません。それ以上保管する場合は、不燃(防爆が好ましい)材料できた貯蔵庫に保管しておく必要性があります。廃棄物となった後も、屋外なら柵で囲まれた貯蔵スペースに保管しておかなけ...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q工業製品の抜き取り検査のN数の決め方

実際に今起きている話ですが、例えばあるロットの一部を1箇所切り出して測定し、規格10以下に対して9であったため合格として納入したところ、客先で同じロットの別の場所からサンプリングし、検査した所、11であったらしく、このロットはNG扱いとなってしまいました。流出防止策として、安易な考えで”ロットの一部を1箇所切り出して測定し、8以上の場合は再サンプリングして判定する”としましたが、統計的に、再度サンプリングするための閾値の決め方やN数の決め方はどのようにすべきでしょうか?検査の工数増をできるだけ避けたいので、むやみやたらとN増しは行いたくなく、かといって仮に数十箇所測定して1箇所だけ規格外があっても、工場としては納品したいのが本音です。工場、客先双方が納得できる落としどころがあればよいのですが。

Aベストアンサー

今回の質問の前提条件を確認したいです.

抜き取り検査が許されているということは,普通は工程能力が十分あることが
確認されていると思います.そうでなければ抜き取り検査ではなく,全数検査する必要が
あるはずです.

今回の結果は「11」とは,規格上限に対して外れていたということでしょうか.
それとも規格上限には余裕があった上で,取り決めた数値に対して外れていたということ
でしょうか.(そうでなければ品質管理としては理屈がなっていないですが)

先ずはこの製品の工程能力がどんなものかそれがスタートです.



>仮に数十箇所測定して1箇所だけ規格外があっても、工場としては納品したいのが本音です

気持ち的には分かるところもありますが,こんなことを了解していては品質管理が分かっていない,
もしくは無視していることにしかならないと思いますが.

Q指針番号について(緊急時応急措置)

有害性のある物質を輸送する際に、イエローカードを添付しますが、その際に「指針番号」というものが記載されています。しかしながら、どんな物質が何番になるのか、分かりません。HPアドレスでも構いませんので、詳細を知っている方は教えて頂きたいのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

緊急時応急措置指針(改訂版)という本が日本化学工業協会から出版されています。これに書いてあるようです。
(http://www.webstore.jsa.or.jp/lib/lib.asp?fn=/general/grl01_16.htm)

また、少しならHPでも公開されていますね。
(http://www.st.rim.or.jp/~shw/unyc.html)

参考URL:http://www.st.rim.or.jp/~shw/unyc.html

Qエクセルで重複しているデータの抽出のしかたを教えてください。

エクセルで重複しているデータを抽出したいのですが・・。なにぶん初心者なもので簡単な方法があればよいのですが・・。
A列に日付 B列に企業名このデータが300件ほどあります。

 Å列      B列
1月 1日    AAAA社
1月 4日   BBBB社
1月 8日   CCCC社
2月 1日   BBBB社
2月20日    DDDD社
3月 2日   AAAA社

と、あるとしてB列の企業名が重複しているものを抽出したいのですが・・・。この場合 AAAA社とBBBB社ですが。
これを簡単に抽出する方法はないでしょうか?
教えてください お願いいたします。

Aベストアンサー

企業名がセルB2からセルB300まで入力されていると仮定します。
セルC2に IF(COUNTIF($B$2:B2,B2)>1,"*","") を入力し、セルC300までコピーして下さい。すると重複したデータの二番目以降に "*" のマークが付きます。
(注) 数式を下のセルまでコピーするため、COUNTIF($B$2 は絶対参照にして下さい。

Q有機溶剤の管理濃度と許容濃度の違い

教えて下さい。
有機溶剤の管理濃度と許容濃度の違いを知りたいのと、それらを測定する測定器を入手したいのですが、管理濃度って何ですか?許容濃度って何ですか?また、それらを測定する測定器はどこで購入又はレンタルできますか?有機溶剤の種類は、MEK、トルエン、酢酸エチル、イソプロピルアルコール等です。
ご回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 管理濃度:国で独自に設定された、作業場所の空気中に含まれている有害物質の濃度を一定のレベル以下に保つための基準

 許容濃度:作業者個人が吸収する有害物質の量をあるレベル以下に保つための基準(1日8時間、週5日間程度の作業時間であらゆる場所で作業しても、有害物質に暴露される濃度がそれ以下であれば、ほとんどの作業者から疾病は発生しないであろうという濃度)

 管理濃度は、個々の作業場所の濃度低減を行う目的で設定されており、対象は作業場所、時間は関係ありません。
 許容濃度は、作業者の積算暴露量の低減を目的としており、対象は個々の作業者としています。時間は一日8時間暴露していると考えて計算されます。

 私たちが管理濃度を測定する際がガス式の検知管を使用しています。
 レンタルできる場所は分からないですが、購入はアズワン等の研究室向けのカタログでできると思います。

 ちなみに検知管は、採取するガスによって違います。
 あと吸入器も一緒に購入しないと使えないものが多いです。

Q有機溶剤の意味を教えてください。

会社の方に9月に有機溶剤作業主任者の資格を取るように言われ勉強を始めました。調べてみると有機溶剤は水に溶けないものを溶かす有機化合物とありますが有機化合物って何なのかよくわかりません。また石油や灯油、シンナー、接着剤などが有機溶剤とありますがそれらの中に有機溶剤の成分が含まれているということでしょうか?例えば接着剤には○○○と△△△と×××で出来ていて△△△が有機溶剤成分だから接着剤は有機溶剤といった意味なのでしょうか?宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

有機溶剤の教科書は、多分有機物とは何かとか、溶剤とは何かということについては既に読者が知っているものとして書かれているので、基礎知識のない人は戸惑うかもしれませんが、そんなに難しいことを言っているわけではありません。
溶剤とは物を溶かすことを目的として用いられる液体のことです。例えば、砂糖は水に溶けますが、このときは水が溶剤ということになります。いろいろな種類の溶剤がありますが、このうち、有機物であるものが有機溶剤です。必ずしも水に溶けないものを溶かすものとは限りません。物を溶かすことを目的に用いられる液体の有機物は全て有機溶剤です。
有機物とは何かという質問については、既に#1の方が答えておられますが、炭素を含む化合物を言います。といっても炭素が目に見えるわけではありませんので分かりづらいと思います。ガソリンのように火を付けると燃える液体は大体有機物だと思ってください。(例外もありますが、有機物は、一般に火をつけると燃えます。)具体的にいうと、ガソリン、シンナー、アルコール、トルエン、ヘキサン、アセトンなどがよく用いられ、水のように透明で、さらさらしており、特有のにおいがします。(ただし、これは一例で、すべての有機溶剤が透明でにおいがあるとは限りません。)
ガソリンや消毒用アルコールを思い浮かべてもらえば分かりやすいと思います。

アセトンやシンナーは、物を溶解する目的に使われる物質で、それ自体が有機溶剤です。
接着剤については、それ自体で溶剤ではありません。接着剤は石油系樹脂(プラスチック)や合成ゴムなどが原料ですが、固体なので使いづらいのです。それでヘキサンやアセトンなどの有機溶剤に溶かして売られています。この場合、ヘキサンやアセトンが有機溶剤であって、接着剤は接着することを目的に使われ、物を溶かすのが目的ではないので溶剤ではありません。ただし、有機溶剤を含む物質なので、有機溶剤と同じように人体に有害です。そのため、法令上は有機溶剤と同じような取り扱いを受けます。

私はずいぶん前に有機溶剤作業主任者の資格を取りましたが、超楽勝でした。ただし、専門外の人には難しく感じられることがあるかもしれませんので準備しておくに越したことはありません。がんばってください。

有機溶剤の教科書は、多分有機物とは何かとか、溶剤とは何かということについては既に読者が知っているものとして書かれているので、基礎知識のない人は戸惑うかもしれませんが、そんなに難しいことを言っているわけではありません。
溶剤とは物を溶かすことを目的として用いられる液体のことです。例えば、砂糖は水に溶けますが、このときは水が溶剤ということになります。いろいろな種類の溶剤がありますが、このうち、有機物であるものが有機溶剤です。必ずしも水に溶けないものを溶かすものとは限りません。...続きを読む

Q既存化学物質番号

既存化学物質番号とは化審法既存物質、安衛法既存物質にそれぞれ与えられる官報番号でしょうか?
たいていMSDSには一物質には一つしか番号が記載されていませんが、これは化審と安衛で番号が同一であるからでしょうか?
同一出ない場合はそれぞれが、既存物質番号として書かれていますか?

Aベストアンサー

 こちらによると,「既存化学物質番号」は『既存化学物質名簿(化学物質審査規制法の公布の時点で既に製造・輸入されていた物質として官報に掲載された、化学物質の名称を記載したリスト)に掲載された整理番号』の事です。ですので,1化合物について1つの筈です。

 ・http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=602
  EICネット「既存化学物質名簿」

 なお,新規化学物質については,予備審査は「厚生労働省 医薬食品局 審査管理課 化学物質安全対策室」「経済産業省 製造産業局 化学物質管理課 化学物質安全室」「環境省 総合環境政策局 環境保健部 企画課 化学物質審査室」の3ヶ所で行われるようですが,届出は「経済産業省」1ヶ所だけのようです。これだと,1つの化合物には1つの番号しか付かないのではないでしょうか。

 ・http://www.jetoc.or.jp/existinfo.html
  日本および海外における新規化学物質の届出制度の概要

参考URL:http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=602, http://www.jetoc.or.jp/existinfo.html

 こちらによると,「既存化学物質番号」は『既存化学物質名簿(化学物質審査規制法の公布の時点で既に製造・輸入されていた物質として官報に掲載された、化学物質の名称を記載したリスト)に掲載された整理番号』の事です。ですので,1化合物について1つの筈です。

 ・http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=602
  EICネット「既存化学物質名簿」

 なお,新規化学物質については,予備審査は「厚生労働省 医薬食品局 審査管理課 化学物質安全対策室」「経済産業省 製造産業局 化学物...続きを読む

Qppmとwt/%の違い

質問なのですが、100ppm=0.1wt/% この式は成り立ちますか?

Aベストアンサー

とりあえず、計算違いがあります。
一応参考程度に、
※途中で単位が消える点に注意して下さい。
0.0001wt% = 1mg/1kg → 10^-6 = 1ppm
0.0001vol% = 1mL/1000L → 10^-6 = 1ppm

つまり、
wt% → ppm
は、一義的に換算可能ですが、逆方法は条件によって異なる場合が有ります。 


人気Q&Aランキング