歯医者さんの方、もしご自身やご家族がこの状況だったら、ぶっちゃけどれを選びますか!?

最終的な質問は、『虫歯で神経を抜いた後の詰め物は保険診療内の物か、自費診療の物かどちらを選びますか?』です。

経緯:4年前に虫歯で上右側の前歯を含めて4番目の歯を治療し、その時は神経を抜かずに済み、自費の5万の詰め物をする。
4年後の現在、爪楊枝を使っただけでその詰め物が取れ、また虫歯になっているので取れ易くなっていたとのこと。
今回は神経まで抜かないといけなくなり、神経を抜き、現在型どりをした段階。次回までに保険(3000円の物か、5000円の物)の詰め物か、自費(8万)の詰め物かを決めないといけない。自費が4年前より高いのは、今回の治療で範囲が広くなったため。

歯科医からの説明:
①保険の詰め物は、基本銀歯(銀歯は考えてません)かプラスチック(プラスチック+名前を忘れましたが強度が増す素材の物もある)で、自費よりも強度が劣る。着色し易い。治療で空いた穴を埋める詰め物だが、自歯は神経を抜いているので弱くなっていて欠け易く、そうなるとまた治療になる。また茶色っぽく変色し易い。第4歯なので見た目少しは見える。
②自費の詰め物は、セラミックで強く、白く綺麗で変色しにくい。表面を削って被せるので、自歯が欠けることはない。持ちは歯磨きでの予防次第。

私が優先、重視したい点:
・今後、歯や歯茎、身体に出来る限り良い物で、白さなど審美性
・出来る限りこれ以上自分の歯を削りたくない

迷う点:
・自費のセラミックが総合的に良さそうだが、自分の歯を削ってまでする必要があるのか?(削るところは虫歯でもないのに)
・保険の詰め物は歯や歯茎、身体に悪いことはないのか?これ以上削らずに穴が空いたところだけに詰めるのでは、やはり神経を抜いているので、今後欠け易くなり、結局やり直す可能性があるなら、最初から自費にしておいた方がいいのか?
・第4歯なので口を広げると見えるが、虫歯は内側なので外からは見えない。それでも歯を削って自費のセラミックにする利点はあるのか?


値段も全く違うので、安い保険の物でもそこまで差し支えなければそちらがいいに超したことはないですが、費用よりも上記の優先、重視したい点を一番に考えて選びたいです。

明日どちらかに決める前にもう一度主治医と相談してから最終的決断になりますが、削ってからでは元に戻せないので、いろいろな歯医者さんの意見をお聞きしたいです‼
遅い時間で申し訳ございませんが、宜しくお願い致します‼(>_<)
今日の主治医からの説明を出来る限り書きましたが、分かりづらいところもあると思います(>_<)
出来る限り自分の歯は残したく、歯や歯茎や身体に良く、審美性の良い物を選びたいので真剣に悩んでいるので、何卒宜しくお願い致します‼

A 回答 (3件)

歯科医ではありませんし、あまり参考にならないかもしれませんが、


とりあえず指針だけ書いておきます。



主な治療方法の利点・欠点を挙げます。

〈保険診療〉
・CRレジン充填
  利点 最も削る量が少なくできる
     色が白い
     即日処置ができるので早く終わる
     費用が最も安い
  欠点 耐摩耗性が低いので削れやすい
     吸水性があるので変色しやすい
     
・メタルインレー修復
  利点 耐摩耗性に優れる
     脱離しても再着で終わることがある
  欠点 色が銀色

・CRインレー
  利点 色が白い
  欠点 壊れることがそれなりにある
     対応する医院が少ない

〈自費診療〉
・セラミックインレー
  利点 審美性に優れる
  欠点 壊れることがある
     (よく、歯科医は壊れにくいと説明されますが、
      耐摩耗性はその通りでも耐衝撃性に劣るため
      かみ合わせによってそれなりに壊れます)
     費用が高価
     もっとも多く歯を削る(注 詰め物で比較した場合)


・金合金インレー
  利点 (おそらく)もっとも生体親和性がよい
     (ただし、ものすごい差があるわけではありません)
  欠点 色が金色(もしくは銀色)
     費用が高価

他にもセメントや材料の違いがありますが、
これらが代表的なものです。

ちなみに、詰め物の強度は各々違いますが、
自分の歯への補強効果は大差無いので、
セラミックでも金属でも自分の歯が欠けることはあります。
むしろ、型どりしないでそのまま詰めるCRレジンが
削る量が少なくなって折れにくくなることもあります。
特に、セラミックは発色のためにある程度の厚みが必要で、
詰めるためにアンダーカット(食い込み)や強度の弱い部分を
余分に削る必要があります。
ただし、CRレジンはかみ合わせですり減ります。
しっかりケアしないと不均一な減り方をするので、
よく噛む人にはすり減りにくい金属修復を勧めます。



余談ですけど、他の質問でC1の詰め物として
アマルガムを挙げておられる方がおられましたが、
現在は保険診療ではできません。
(歯科医の責任で自費の充填材としての使用は可能ですが
 現在、リスクが多いので使用されることはほぼありません)
歯科医師会から通達が出て、材料の回収を推奨されています。
未入会でご存じなければ年一回の詳細な報告義務が生じますので
お早めに対応してね。

少し専門的だけど、「Dental Diamond 6月号」の特集は
レジン修復とインレー修復でした。
ttps://www.dental-diamond.co.jp/item/730
そのまとめでは
「インレー修復とCRレジン修復を比較すると、データ的には
 生存率に有意差はないものの、二次う蝕のことを考慮すると
 CRレジン修復の方が推奨できる」(同書 P38)
つまり、耐摩耗性に関係ない場合はCRレジン修復も
それなりに機能するという結論でした。 



個人的には何を重視するかで違いますが、
 歯のため費用をかけられるなら 金合金インレー
 審美が最優先なら、セラミックインレー
 それ以外で、かみ合わせに関与しないなら、CRレジン充填
 よく噛むところなら、メタルインレー
です。
うちは材料料+技工料でしてもらえるので、
私の場合は、咬合面をある程度含むなら金合金、
それ以外はCRレジンです。
(セラミックは選択しません)

参考の一助になれば幸いです。
おだいじになさってください。
    • good
    • 0

正直な話し そりゃ歯医者としては儲けの大きい自費の方がありがたいですが・・・・・もしも自分自身が同じ立場なら 保険を選びます。

銀歯の詰め物・CRと呼ばれる白いプラスチックのどちらか。
もしも自費ならば 金合金の詰め物か 被せるとしたらセラミックできはなく金合金の被せ物に表面だけ白いプラスチックを接着した物を選びます。それだけ セラミックの欠点も熟知していますし・・・・・・

ご質問のケースで どうもはっきりとわからないのは、結局 詰め物にするのか被せ物にするのかという部分です。セラミックの詰め物の場合 確かに見た目は良いですが、むしろ保険の物の方がはるかに優れている部分も多いのです。まず セラミックは適合性が劣り外れやすいです。材質は硬いのですが硬すぎます。噛み合わせの歯が摩耗してしまう可能性も有り 歯と同程度の柔らかさである保険のプラスチックの方が良い場合もあります。さらに 保険のプラスチックは何度でも廉価でやり替えが出来ます・・・・変色しても元に戻しやすいのです。
さらにセラミックの場合 強度を上げるために歯を大きく削る必要があります。特に被せ物の場合、金属に貼り付けるタイプのセラミックは 金属+セラミック分の厚さが必要になりますから、その分 歯を大きく削ります。つまり 残った自分の歯は細くなりますから 歯自体の持ちには疑問が残ります。

結局 何を最も重要視するかで選択肢も変わるのです。見た目だけをかんがえればセラミックの被せ物が断トツですが、歯の持ち・耐用年数を考えれば金合金がベストなんですよ~
保険の物は悪いと言うことは決してありませんが、まぁ 歯医者のやる気は変わりますねぇ~(^o^;...
それに 神経の治療の適否は 被せ物や見た目・自費とは全くの無関係です。例えセラミックにしたとしても その歯が再び痛み出すことも充分にあり得ることです。
もしも再治療になった時 最も利便性があるのが保険のプラチチックの詰め物でしょう・・・・ちょっと削れば簡単に再治療が可能です。逆に被せ物の場合 除去しないと再治療は不可能ですし、そのためにより多くの歯を削らねばなりません。つまり 保険のプラスチックの詰め物は汎用性が高く 将来 如何様な事になっても対応できると言う強みがあるんです。
早い話・・・・・セラミックにするのは何時でも可能。何年か経過して その歯に問題が無かったとして それからセラミックにする安全策もあり得る話しです。

歯茎の事を考えれば 被せ物よりも詰め物の方がはるかに優れます。被せ物は 歯と歯茎の境目にマージンと呼ばれる被せ物の縁が接触しますから どうしてもそこから炎症が波及する可能性が高いのです。対して詰め物の場合、マージンは歯茎までは及びません。歯と歯茎の境目は今まで通りの自分自身の自然な状態その物です。
また、材質的な身体的影響は・・・・どれもあまり差は有りませんねぇ~ 確かにセラミックは不活性で なんら生体に影響を与えませんが、接着には他の物と同じようにセメントを使いますし、全ての物は結局同じ材料で歯に接着するしかないわけです。

そういうわけで 私ならばセラミッは選びません・・・・
    • good
    • 0

自分が歯医者なら、材料も安く手に入るわけですから、全部しますよ

    • good
    • 0
  • むし歯・う蝕のまとめページ

    むし歯(う蝕)とはどんな病気か  むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。  6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における乳歯のむし歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(ゆうびょうしりつ)(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯科医院の料金について

先日、ハイブリッドセラミックインレーを入れました。高さが高いように感じ、その場で伝えると、次回まで様子を見ましょうといわれました。次の時にやはり高いのと、側面に段差や穴のようなものがあったので高さ調整をして頂き残っていたセメントも除去し、磨いてもらいました。他にむし歯がある歯や被せものを変えた方が良いものの説明を受けましたが、様子を見ることになり、次回は歯の掃除をしましょうということになりました。
料金はこの歯科医院で入れたインレーの高さ調整だったので無料だと思っていたのですが、再診料50点、医学管理等450点、処置10点、がかかりました。
これは正当な点数なのでしょうか?

Aベストアンサー

始めて行った歯医者さんでは無いですよねぇ~ 何度か・以前から何度か通院している歯医者さんだと思われます。
そういう場合 非常に複雑な料金体系になり、正直な所 我々歯科医師にも実際に口の中を見ないと判断できない部分があります。
>次回 歯の掃除・・・・・とありますから、今までに何度か歯の掃除・歯石取り・歯周病の治療等を受けてきたのではないでしょうか?
そういう場合は 医学管理料と言いまして、何ヶ月間毎に 指導や汚れ取り。研磨調整などを総合的に管理する料金が発生します。それが医学管理等に含まれる事になるでしょう。ただ その内訳は・・・・残っている歯の本数や歯茎の状態 前回からの診療間隔などで 細かい規定があり、どういう組み合わせでその点数になったかは 私にはわかりませんm(_ _)m もっと 詳しい人が書いてくれれば助かるのですが・・・・
処置料10点は 歯周病の基本処置の料金だと思います。再診料は当然とすれば、ハイブリットの高さの調整に関しては全くの無料の設定でしょう。
まぁ ハイブリットは保険外・・・・・つまり高さの調整も自費扱いですから(^o^;...

始めて行った歯医者さんでは無いですよねぇ~ 何度か・以前から何度か通院している歯医者さんだと思われます。
そういう場合 非常に複雑な料金体系になり、正直な所 我々歯科医師にも実際に口の中を見ないと判断できない部分があります。
>次回 歯の掃除・・・・・とありますから、今までに何度か歯の掃除・歯石取り・歯周病の治療等を受けてきたのではないでしょうか?
そういう場合は 医学管理料と言いまして、何ヶ月間毎に 指導や汚れ取り。研磨調整などを総合的に管理する料金が発生します。それが医学...続きを読む

Q歯医者が怖い(歯科医師の回答を希望します)一般の方の回答もお待ちしてます

歯医者が怖くて、通院出来ていません。

箇条書きにします。

匂い&治療の際の音等々が心拍数を上げてしまう(緊張度MAX)になってしまう。

嘔吐反射が強く機械や衛生士や先生の手が口腔内に入るだけで汚い話ですが「オエッ」となり気持ち悪くなる。

歯科医院の前を通るだけで動悸&冷や汗がでる

このような状態ですが、歯磨きは夜は時間があるので歯磨き粉を歯ブラシの毛先に少しつけて、10分程磨いています。「オエッ」とならないように、少しづつ磨いています。

15年前に虫歯治療をして穴を塞ぐ様に金の詰め物をしました。

歯医者恐怖症どうしたら克服できのか、教えてください。

Aベストアンサー

NO2の方のアドバイスが良いかと思います、用があって歯科大に行ったとき患者さんの話を聞きました(偶然)、その人は寝ている間に治療してくれと言っていました、入院施設もあるので対応してくれますよ。ただ貴方の質問には答えていませんよね。

Qブリッジの破損に関して

上の前歯4本を抜歯して、その両隣の歯を削って、合計6本でブリッジにしてもらいました。
最初の治療の日が、H27年1月24日です。
計7回通院し、合計でかかった費用が72,400円。最終治療日は、3月28日です。
特にかみ合わせ等が悪いということもなかったのですが、H29年の1月に歯がかなり欠けてしまって、金属がむき出しになってしまいました。
2年以内であれば、無料で治してもらえるとネットで見たので、慌てて、治療した医院に行って、その旨伝えました。
私としては、きちんとかぶせたものを外して、新品の状態にしてもらえると思っていったのですが、その際、医院でしてくれた処置は、ブリッジを外すこともなく、粘土状のものをべたべたとくっつけて、2,500円請求されてお終いでした。
子供の粘土遊びの接ぎ木のような処置で、見た目も悪く、これが、2年以内であれば無料の処置方法なのかと不審に思いましたが、本日、H29年7月4日に、べたべたと固めた粘土状の物が綺麗に剥がれ落ちて、半年前の欠損状態になってしまいました。
こちらの歯医者さんは、平日が17時までであり、私は働いているため、土曜日で予約が取れる時しか行くことが出来ません。
かなりしつこく保険外診療を勧められたことと、保険診療の処置が随分すぐにダメになったこともあり、今回、料金が同じくらいかかるのであれば他の医院に変更したいのですが、他の医院に行くと、また8万くらいかかるのでしょうか?
同じ医院に行っても、今回は、新規でやり直すので、同じだけ費用が掛かるのでしょうか?
ネットで調べたよりも高額であったこと、見た目が大事だと保険外診療をしつこく勧めた割に、2年以内で欠損した場合は、かなり見た目の悪い粘土状のものをべたべた貼り付けるだけの処置しかしてくれず、しかも半年後には、それがはがれたことで、この医院にはかなり不信感を抱いています。
これは、特に不誠実な処理ではなく、一般的な対応なのでしょうか?
こういった件に、お詳しい方、お教えいただけませんか?

上の前歯4本を抜歯して、その両隣の歯を削って、合計6本でブリッジにしてもらいました。
最初の治療の日が、H27年1月24日です。
計7回通院し、合計でかかった費用が72,400円。最終治療日は、3月28日です。
特にかみ合わせ等が悪いということもなかったのですが、H29年の1月に歯がかなり欠けてしまって、金属がむき出しになってしまいました。
2年以内であれば、無料で治してもらえるとネットで見たので、慌てて、治療した医院に行って、その旨伝えました。
私としては、きちんとかぶせたものを外して、新品の...続きを読む

Aベストアンサー

お礼、ありがとうございました。
補足コメント拝見しました。
あくまでもお話を伺ううえでの推測で申し訳ありませんが、
その歯科医は保険診療についてかなり誤って解釈しています。
できるだけの説明をしますので、長文になります。



・ブリッジの設計について

保険ではブリッジの設計について基準になる計算式があります。
一般の方には非常に難しいのですが、例示しておきます。

https://www.ha-channel-88.com/bridge/bridge-hokenn-keisann.html
(歯チャンネル88 ブリッジの保険適応の計算式)

上顎③2112③の場合、
   R =5+5
   F =1+2+2+1
   FS=1+2+2+1
  (r)=R-(F+FS)
     =-2
この様に(r)が0以下なので保険適用外になります。
下顎の場合、R=10 F=4 FS=6で(r)=0となり
保険適用になります。

この4歯欠損を補綴する方法として以下のものがあります。

 ・4歯欠損3歯補綴にする
   指数では満たされますが、適用外の歯式なので
   厚生局に資料を提出して承認を受ける必要があります。
 ・支台歯を増やす
   ③2112③④のように、1歯増やすと適応可能です。
   一般的な対応ですが、今回は違うようです。
   転院された場合はおそらくこの対応です。
 ・説明スミブリッジ
   これも難しいですが、ブリッジの計算式が導入された時、
   それまで可能であったブリッジが保険でできなくなり、
   患者様に多大な不利益となるため、このような
   ブリッジを事前に入れていた方や説明されていた方には
   「説明スミ」として保険で算定することが可能でした。
   ③2112③もその一つで、「支台歯と骨に問題なければ
   算定可能」という条件付きですが移行期間中は可能でした。
   ただし、すでに導入されて長期が経過しており、
   今回のような抜歯による新規の場合は困難です。
   (地域によって異なり、うちは移行期間が終了しました)
 ・実は4歯抜歯の1本は過剰歯でした
   この場合は患者様への説明不足ですがありえます。
   この場合も、支台歯は両犬歯を含め3本必要です。
 ・抜歯は錯誤で何本か残っていました
   これも説明不足です。
   (質問者様を疑う回答で申し訳ありません)

これらの対応以外はおそらく不正請求か説明不備です。
転院した場合も、そのままでは保険では無理で、
上記のいずれかの対応になります。 



・仮の歯について

これは非常に説明しづらいのですが、
現在の保険診療では、ブリッジの場合はリテイナー、
前歯の単冠はTeCという仮の歯が保険で算定できます。

http://shirobon.net/28/shika_2_12_1_1/shika_m004.html
(しろぼんねっと 初回に職業を問われます)

M004 リテイナー
1 支台歯とポンティックの数の合計が5歯以下の場合100点
2 支台歯とポンティックの数の合計が6歯以上の場合300点

患者様には判りにくいのですが、通常はそれなりのもので、
審美性や治療中の一部分だけ先行で行う仮の歯などを理由に、
歯科医の説明による患者様の意向で自費の仮の歯を造ることも
あります。(保険の解釈ではグレーゾーンです)
説明なしでの自費の仮の歯は非常に悪質な対応です。



・費用(一部負担金)について

よく患者様に不審を抱かせますが、歯を削ってみると深くて
歯髄保護が必要などの理由で次回の請求金額の予定が変わったり、
記載もれで前回未請求分を違う次回に請求することはあります。
あまり望ましいことではありませんが、ご理解ください。



・前装部の修理について

白い部分の破損の場合、補綴物をやり変える時間と歯への負担を
考慮して補修で対応することがあります。
ただし、口腔内での限定された手技なので限界があるので、
審美や短期間での破損はありえることです。
うちの先生は、オペーカーで金属部をマスキングして
最低でも2層で歯冠部と歯頚部の色を調整しますが、
それでも強度はあまりよくありません。
(手前みそですが、審美で不満をいわれたことはありません)
短期の破損は不審を抱く要因ですが、この点はしかたのないことで
保険での手技としては問題ありませんのでご理解ください。
ただし、それらを含めて補管期間中の破損時に
説明がされるべきことです。

ちなみに、保険算定では以下のようになります。
 形成  60点
 充填 102点
 材料料 11点  (大きさにかかわらず、1歯につき)
何か所(何歯相当分)が壊れたのか判りませんが、
以前にも述べたように補管算定中は保険請求できません。
ただし、初診料や他の処置、一部の検査などは算定できます。



・補管について

よく、歯科医の説明で歯科医院が不利にならないように
補管を誤って説明することがあります。
前装部の破損は比較的頻繁に見られることですが、
「歯科医側にはなんの責任も無い」から「患者様の責任」
というのは非常に自己中心的な解釈です。
前装部に限らず、補綴物の破損は
 技工上のミス
 歯科医の設計や施術のミス、調整不足など
 患者様による故意
このいずれに責があるか、患者様に立証することは困難です。
これを全て患者様に押し付けるのは歯科医の傲慢です。

ちなみに、私が説明で聞いた制度の経緯は
短期間で補綴物の再製を行う保険の支払いが後を絶たず、
2年間という期限で再製に制約をかけることになり、
その代償として補管を導入しました。
しかし、導入当初は「脱離補綴物紛失のため」という理由でも
ある程度は認められました(地域で解釈が異なります)が、
現在は理由の如何を問わずに2年間の制約になりました。
前述のように、やり変える費用の前払いも含まれるので、
単純に管理するための費用というものではありません。

余談ですが、補管は届け出制のため算定していない医院も
確かにあります。(届け出が無くても初診期間の再製はだめです)
しかし、補管を算定しないと加圧根充などの制約があるので、
うちの地域では99%が届け出ているそうです。

補管中の破損については、本来ならば以下の対応です。
 ・歯科医院の負担で再製する(歯への負担があります)
 ・修理で対応する(修理なのでそれなりの歯になります)
 ・自費で再製する(患者様の理解と承認が必要)
いずれも利点・欠点がありますが、患者様が選択するもので
歯科医が決めるものではありません。
ちなみに、ブリッジは負担がありませんが初・再診料や
歯の根の処置などで負担が必要になるものもあります。



かなり長くなりましたが、お話を伺う範囲で
その歯科医院は保険ではあまりよい対応と言えません。
しかし、上記の理由を説明しても反発するだけです。
個人的には、負担が増えますが転院を強く推奨します。
おだいじになさってください。

お礼、ありがとうございました。
補足コメント拝見しました。
あくまでもお話を伺ううえでの推測で申し訳ありませんが、
その歯科医は保険診療についてかなり誤って解釈しています。
できるだけの説明をしますので、長文になります。



・ブリッジの設計について

保険ではブリッジの設計について基準になる計算式があります。
一般の方には非常に難しいのですが、例示しておきます。

https://www.ha-channel-88.com/bridge/bridge-hokenn-keisann.html
(歯チャンネル88 ブリッジの保険適応の計算式)

上顎③...続きを読む

Qバック出来ません!と言ったら結果的に警察沙汰のトラブルになって俺が謝罪する事になり不満

祭り会場の両脇に路上駐車の状態で対向車が来て私が停車すると相手はグングン迫ってきて、バックしろ圧力をかけてきました、私はバックが苦手で事故を起こしたくないので相手に対して「バック出来ないんで下がってもらえませんか」と言いハザードをつけてエンジンを切って待つ事3分、状況が変わらないので前進をしてハイビームをつけると相手もハイビームをつけて、私がクラクションを鳴らすと相手もクラクションをならし、パッシングとクラクションの応酬の末相手が降りてきて私の命の次に大切な車の上に手をついたので払いのけると暴力だと言い車から降りようとするとドアを押されてドアに傷が付きました110番通報され、ドアに傷がついた器物損壊罪を訴え修理代を要求するも相手の言い分を一方的に聞いた警察に私は謝罪を強要されました、その日の花火大会は全く楽しくありませんでした。不満で不満でいっぱいです。相手の顔やナンバーをネットに数百か所書き込みましたが気が済みません、どうすればいいですか

Aベストアンサー

運転が下手とか苦手とかバックできないのは言い訳にならないと思います。
命の次に大切な車に乗ってるのなら運転技術の上達は必須のように思いますよ。
でもどちらが優先の道路とか決まりがある道路だったのですか?
後相手がバックしなければならない距離と貴方がバックする距離は違いありましたか?
譲り合いって車乗る人の心掛けでとても大切です。
貴方がバックできないのは向こうには関係ない話。
だから向こうをバックさせるには貴方が謙虚にお願いして受け入れてもらわないと実現できないと思います。
貴方が向こうがバックして当然という態度なら向こうも同じ態度になる。

警察の不手際もあるかもしれません。
その辺りはしかるべきところにきっちり訴えるべきだと思いますよ。

Q子ども(6歳)の虫歯治療について。 虫歯治療をして一通り終わったのですが、詰め物のせいか痛みが出てき

子ども(6歳)の虫歯治療について。

虫歯治療をして一通り終わったのですが、詰め物のせいか痛みが出てきたようで歯医者に連れていきました。

レントゲンを撮るもこれといった原因はわからず…そんなに虫歯も深くはないようでした。
歯茎をトントンして痛みの場所を診たりしていました。たぶん虫歯の歯が痛むのだろうと、麻酔をして歯を少し削ってまた詰め物をしてくれてその日は終わりました。

麻酔が切れた頃に、
『痛いよ〜』とずっと泣いていました。
痛みは仕方ないんだろうと思い我慢してねと言ってその日は眠りにつき、朝起きるとほっぺがパンパンに腫れ上がっていました。
歯医者へ電話し、診てもらうことになり先ほど連れていくと
『すいませんでした』と謝られました。詳しい説明はしてくれなかったのですが恐らく何らかのミスでそうなってしまったようです…歯茎をトントンしてしまったのが悪かったのか…?

そして膿があるからと、膿をだす治療をしてもらいました。
麻酔をしても痛いと泣き叫ぶ子どもを見ているのが辛かったです。口をゆすいで血が出ていることに子どもも怖がってるうえに、相当痛かったみたいです。

その後も痛いよ〜吐きそう〜と泣いているのですごく心配しています。
いま自分がやれること、やるべき事はなんでしょう。様子を見るしかないのでしょうか。

子ども(6歳)の虫歯治療について。

虫歯治療をして一通り終わったのですが、詰め物のせいか痛みが出てきたようで歯医者に連れていきました。

レントゲンを撮るもこれといった原因はわからず…そんなに虫歯も深くはないようでした。
歯茎をトントンして痛みの場所を診たりしていました。たぶん虫歯の歯が痛むのだろうと、麻酔をして歯を少し削ってまた詰め物をしてくれてその日は終わりました。

麻酔が切れた頃に、
『痛いよ〜』とずっと泣いていました。
痛みは仕方ないんだろうと思い我慢してねと言ってその日は...続きを読む

Aベストアンサー

そんなんなでいちいち歯科医院を変えていたら 何処の歯医者でも嫌がられますよ(ーー;) なぁ~にが大学病院だか┓( ̄□ ̄||)┏ ・・・ アホくさ・・・・・・

まず最初に言っておきますが 歯科医師のミスとも言え無い場合があります。6歳児の乳歯の場合は直下にすでに永久歯が出来ています。その永久歯が乳歯の根を溶かしていく過程で、虫歯が無いにも関わらず痛みが出て腫れてくる場合が 結構な確率であるのです。歯科医師がレントゲンまで撮ってそういう状態になったとしたら その可能性はかなり高いと思われます。
万が一 虫歯だったとしても、すでに神経は腐っていて根の先端から周囲の骨にまで感染が波及していたのでしょう。もしも神経が痛んでいた・つまり神経がまだ生きていたとしたら、翌朝にそこまで腫れてくるのは かなり早すぎます。歯科医師としても予想外のはず・・・・まぁ ミスがあっとたしたら そうなる事もあると説明をしなかった点と 腫れた場合の処方・特に抗生物質を出さなかった事でしょう。普通 そこまでわからないと言う事は無いのですがねぇ~~こういう場合 多くは詰め物を外して虫歯の状態を確かめて 小さい・神経まで到達していない・神経まで感染していたとしても軽微ならば、再度詰め物をする事は少なく、神経が生きている場合は穴を空けてそこから膿を出すような処置をして 薬を入れてしばらく様子を見ます。明らかな虫歯が見つかれば 麻酔を打ってすぐに神経を取る治療を開始するでしょう。いずれにしても 鎮痛剤等の投与は必ずしますから、そのどちらでもなかったとすると やはり虫歯が原因とは言いにくいですねぇ~ 

さて 膿を出す処置は 専門的には「切開」の場合と「根管口からの排膿」に別れます。残念ながら どちらも麻酔が効きにくいのです。特に 切開の場合は 膿が乳歯の根の先端に溜まっているわけですから そこに直接麻酔を打てないのです。麻酔薬が感染源の細菌を 周囲にばらまいてしまいますからねぇ~。根管口からの排膿の場合は 普通 麻酔は使いませんし。
まぁ、歯科の治療の中でも かなり痛い方の部類になりますし 麻酔も効きにくいので お子様には辛い治療です。
とは言え 膿さえ出してしまえば もう安心です。膿を外部に出すことが 歯科医療最大の課題でして それさえできれば まず心配はありません。質問の文章には書かれておりませんが、歯科医師からその説明があったでしょうか?明日の来院で 歯科医師に聞いてみて下さい。もちろん 痛みが無く腫れも引くようでしたらそれも必要ないかも・・・・・・
それがわかっているから、転院を安易にしてはいけません!今までの状況が 新しい歯科医師にはまるでわからないんです。それに 何よりも お子様自身が不安になります。まず お子様の気持ちを安心させる事が第一と考えて下さい。勝手に転院してしまっては お子様が歯科治療に対して不安感を覚えやすくなり 治療を拒否する非協力児になる事が多いのです。6歳児で麻酔を使って一連の処置ができたとは 実はなかなか素晴らしい事なんですよ。こういう場合は、お子様を誉めて上げて下さい。ちょっと無神経な親御さんは 「痛かったねぇ~もう 大丈夫」と・・・・(ーー;)これが実に良くない。お子様に 歯科治療は痛いと言う固定観念を与えてしまいます。歯科医院を変えたとしても 同じ不安感を次の歯科医師に持ってしまいます。逆に 「良く頑張ったねぇ~ 先生(歯科医師)も頑張ってくれたから また頑張ろうね」と言えば お子様に大きな安心感を与え 今後の治療に大きく役に立ちます。要は お子様の自覚を促す事が大切なんです。最悪 なんらかの理由で転院しなければならないとしても それをお子様自身に選ばせる事ですね。親の都合なんてどうでも良い事なんですよ お子様にとっては。せっかく慣れてきて そこまで辛い治療ができたのに・・・・・それを周囲の判断で元の木阿弥にするのは いかがなもんでしょうか?お子様の一生の問題にもなりかねませんし・・・・・ぜひ この事だけは ご理解下さいm(_ _)m

さて、別の話をすれば、まずは絶対安静(^o^;... お風呂も運動も控えた方が良いでしょう。抗生物質は処方されていれば きちんと飲ませて下さい。鎮痛剤は 痛まなければ飲ませないでも結構です。
予防として 夜就寝前に飲むと良いでしょう。食事は 好物でかつ栄養価の高い物を できれば食べやすく柔らかい物を・・・・いくら好物でも刺激物はNGです。
それから 発熱には注意して、下痢や嘔吐も・・・・あまりひどいようでしたら 歯科よりも小児科・内科に行った方が良いでしょう。
もちろん 今日はできるだけお子様の側にいてやって下さい。何より お子様の不安を解消してあげるように務めて下さい。せっかくの連休だから ゆっくりとTVでも・・・・お出かけは無理でしょうし。明日 腫れが引いて問題が生なれば 少しならば出かける事もできますから、お子様には絶対にダメと言ってはいけませんよ~

そんなんなでいちいち歯科医院を変えていたら 何処の歯医者でも嫌がられますよ(ーー;) なぁ~にが大学病院だか┓( ̄□ ̄||)┏ ・・・ アホくさ・・・・・・

まず最初に言っておきますが 歯科医師のミスとも言え無い場合があります。6歳児の乳歯の場合は直下にすでに永久歯が出来ています。その永久歯が乳歯の根を溶かしていく過程で、虫歯が無いにも関わらず痛みが出て腫れてくる場合が 結構な確率であるのです。歯科医師がレントゲンまで撮ってそういう状態になったとしたら その可能性はかなり高いと思われます...続きを読む

Q歯が痛いのに歯医者に行きたくないです どうすればよいでしょう

歯が痛いのに歯医者に行きたくないです
どうすればよいでしょう

Aベストアンサー

別に無理に歯科に行く必要はない

痛みもそのうち止むから頑張れ

Q歯石を取るために通院する日数

健康人が歯石を取るために通院する日数は、普通1日位と思います。歯の治療をこわがる障がい者が、
その治療の専門の歯医者から全部の歯石をとるために通院しなければいけない平均的な日数は何日ぐらいでしょうか?歯の専門家の方、教えてください。

Aベストアンサー

うちの場合、障がいがある方の歯石とりは平均で3回くらい。
ただし、患者様の状態などの様々な状況で大きく異なりますので、
日数としては1(2)日~数か月です。
(保険診療では地域によって1日では認められない場合があるので、
 最低日数で2日を要する場合があります)



・歯石取りについて

通常でも歯周病は部位特異性という場所による差が大きいので、
健常者でも歯石取りの日数は個別の状況で大きく異なります。
例えば、歯石沈着の好発部位である下顎前歯舌側だけ付着して
他の付着がほとんどない場合、あえて歯石の無い部分の除石はせずに
付着部分だけ除去して他は経過観察をすることもあります。

全ての症例で全顎除石が必要とか、1回ではいい加減とかではなく、
除石は歯科医の判断で必要が無ければ実施する必要すらありません。
むしろ、軽症も含め全ての症例で6回以上の通院を要するのは
明らかに過剰診療です。




・障がい者歯科について

障害を持たれる方の治療には通常と異なる対応になることがあり、
それで治療回数が増えることがあります。
障がいと言っても、全身状態が不良でストレスに耐えられない、
歯科恐怖症で治療に抵抗する、過度の緊張や不随意運動で
姿勢の保持が困難、これらが重複する場合など様々な状況があります。
具体的には、筋ジスなどで呼吸筋などに問題があり、
長時間診療が困難な場合は、健常者が1回で行う処置でも
複数回かかることがあります。

うちの場合、歯科恐怖症の患者様には1回目から除石を行うことは少なく、
説明などで歯科医院に慣れてもらうことから始めます。
ある程度の理解が得られてから検査、簡単な処置と行い、
除石がすべて終わるのに数か月を要するものもあります。

どうしても一般歯科で困難な場合は、専門の障がい者歯科を
紹介することがあります。
障がい者歯科では、治療が困難な場合笑気や鎮静薬の注入などの
精神鎮静法を行うことがあります。
(行動変容や簡易な拘束で対応可能な場合もあります)
ほとんどの症例では鎮静法で対応可能ですが、
静脈内鎮静法は全身麻酔に準じた知識と準備が必要です。

あまりありませんが、それでも困難な場合に全身麻酔で行います。
ただし、全身状態の管理や麻酔計画を立てるので、
麻酔下での処置を1回にまとめるようにすることはあっても
前処置があるので1回ですべての治療をすることはありません。
余談ですが、混同される方もいますが全身麻酔と精神鎮静法は、
麻酔深度が第3期と第1期と異なるので別のものです。

通院が多くなると障がい者様本人より介助者の負担が増えるので、
「除石くらいで何回も通院するのは面倒」と思われる方があります。
治療期間が長くなる症例が多いので、紹介でも初診まで待たされます。
できるだけ余裕を持って対応してください。

うちの場合、障がいがある方の歯石とりは平均で3回くらい。
ただし、患者様の状態などの様々な状況で大きく異なりますので、
日数としては1(2)日~数か月です。
(保険診療では地域によって1日では認められない場合があるので、
 最低日数で2日を要する場合があります)



・歯石取りについて

通常でも歯周病は部位特異性という場所による差が大きいので、
健常者でも歯石取りの日数は個別の状況で大きく異なります。
例えば、歯石沈着の好発部位である下顎前歯舌側だけ付着して
他の付着がほとんどない...続きを読む

Q神経に近いところまで虫歯になりました

6月下旬に右奥歯の虫歯の治療をしました。
今は仮蓋状態です。

また4本親知らずもあり、いずれ抜くということになっています。

虫歯の件ですが
神経ギリギリまで削り詰め物をしていますが
治療後痛みが出る可能性があると
ロキソニンを処方していただきました。

最近になり、急に痛みが増し
飲みものを飲むときに痛みを感じるようになりました。
ロキソニンを飲むといくらか和らぎますが
完全に痛まないわけではありません。
またその詰め物をした歯の根元が赤黒くなっていることにも気付きました。

このまま様子をみていいのでしょうか?


また虫歯側の親知らずが智周囲炎?にもなっているようで抗生物質も飲みました。
まだ痛みが取れません。
いろいろなことが不便になって不安でいっぱいです。

なにを優先してどんな治療したらいいのでしょうか。

まとまりのない文章で申し訳ありませんが、
ご返答お待ちしています。

Aベストアンサー

すぐに歯医者へ駆け込んで下さい。そのままじゃ悪化するだけでしょう・・・・神経はすでに虫歯で感染していると推察されますが、気になるのは歯茎の赤黒い部分。断定は出来ませんが、感染が神経を通り越して根の先端部から骨の方に及んだ可能性もあります。その辺のはっきりした所は現実に診てみないと何もわかりません。可能な限り早く歯科医院に行き 原因を確認して然るべき治療を受けて下さい。痛み止めに頼っていても 一時しのぎにしかならないでしょう。
当然の事ながら、その部位の親知らずの影響の可能性も捨てきれません。どちらにしても、まずは痛みの除去が最優先になるでしょう。

Q歯の治療中です。 まだ始めたばかりですが、インプラントを勧められたらどうしようかと悩んでます。 でき

歯の治療中です。
まだ始めたばかりですが、インプラントを勧められたらどうしようかと悩んでます。
できれば金額的にやりたく無いねです。
みなさんどう思いますか?

Aベストアンサー

うーん

一生モノと言われ
やりましたが
月1のメンテナンス
5年に一度、入れ替え

見た目は、良いですが
費用は、高級外車が
買えますよね

Q私はそんなに悪い事をしたのでしょうか? 先日、家族で花火を見に行きました。 終わったのは9時です。

私はそんなに悪い事をしたのでしょうか?

先日、家族で花火を見に行きました。
終わったのは9時です。
子供達がトイレに行きたいと言うので私も行きました。
数人並んでいて10分位待ちました。
会場から駐車場まで30分位歩きました。
駐車場に到着してから子供が車の上がライトでカナブンが地面に数匹おり
踏みそうになると言うので違う場所に移動していました。
すると旦那さんが“早くのれやっ!”と言い不機嫌になりました。
子供と一緒に直ぐに乗りました。
駐車場から出口までかなり渋滞していて10分位出るのにかかりました。
出て直ぐに“今日はありがとう。お疲れ様でした。”と言うも不機嫌な感じで“ああっ”と
言う感じの返事が帰って来ました。
時間ぎ10時過ぎ位で私は少し疲れていたので眠ってしまいました。
家に到着したのが10時40分位でした。
屋台で旦那さんが色々買ってくれたので、
沢山お金を使わせてしまったと思い。
“今日はありがとう。お金沢山使わせてしまったからコレっ”とポチ袋にお金を入れて私ましたが “その辺に置いといて”と言われたので起き、後片付けを済ませてその日は終わりました。
次の日に子供の検診と検査結果を聞きにかかりつけの病院に行きました。
検査の結果が良いものではなかったので、
旦那さんに報告と相談したい事があり、
夜に旦那さんの部屋に行きました。
“何っ?”と聞かれたので、
まず、昨夜から何か不機嫌なので何か悪い事をしたのか聞くと、
昨夜は時間も遅く早く帰って子供らを早く休ませてあげたいのに、
私が早く車に乗らず遊んでるいるので、
こいつ空気読まれへんかと思い昨日からイライラしている。
今この時間で24時間俺はイライラしているのに謝りに来たのはこの時間その神経にイライラすると言われました。
駐車場を出た時に直ぐに労いの言葉はかけました。
旦那さんからすると、それは当たり前の事で
早くのれやっ!と言って
乗って直ぐに謝るのが普通と言います。
私は子供が虫を踏んだら可哀想と言うのてわどけていただけで、遊んでいた訳では無いのですが…
その事だけ言いに来たのか?と聞かれたので
子供の検査結果を話すも、
こんなイライラしている時にまともに対応出来ないから、向こうに行けとあしらわれました。
子供達を早く休ませてあげたいのはわかります。虫をどけているのは1・2分の話です。
そこまでイライラして話もしてもらえないような事でしょうか?
今日もほとんど話しをしていません。
メールしても素っ気ないメールです。
いつも疲れます。
長文ですみません。

私はそんなに悪い事をしたのでしょうか?

先日、家族で花火を見に行きました。
終わったのは9時です。
子供達がトイレに行きたいと言うので私も行きました。
数人並んでいて10分位待ちました。
会場から駐車場まで30分位歩きました。
駐車場に到着してから子供が車の上がライトでカナブンが地面に数匹おり
踏みそうになると言うので違う場所に移動していました。
すると旦那さんが“早くのれやっ!”と言い不機嫌になりました。
子供と一緒に直ぐに乗りました。
駐車場から出口までかなり渋滞していて10分位出るの...続きを読む

Aベストアンサー

私はこう思った。俺はこう思っていた。
タイミングの違いであり、感じ方の違いもあるかもしれません。
各々が自分が正しいと思っていますから。

夫に気を遣って言葉をかけたり、譲ったりしていても、夫側がそれは普通のことで気を遣っていることにならないというなら
夫側にしてみれば改まって言うことかと、恩着せがましく感じることなりますし、
これだけ気遣っても気付きもしない夫の鈍感さと思いやりのなさに虚しさを覚える妻にしてみれば
いい加減にしてよ、疲れる、となります。

『有難う』という言葉が義務的になったり忘れてしまったり、『ごめんなさい』と素直に言えなくなったり、
こういう時期を倦怠期と言います。
夫婦をしていたら大方は経験することではありませんかしら。

ご主人の思いやりのない言葉や態度はご主人だけのせいか。
妻が夫に距離を感じてきたのは妻だけのせいか。

気が付いた側が意識を変えたり、やり過ごす術を身に付けたりして行かないと道が別れて行きます。
夫婦は強さと背中合わせで脆さも持ち合わせています。

夫婦気まずい雰囲気の中、お子さんの大切な話をするときは、余計なことは付けないことです。
あれもこれも同一で物事を考えられるのは、女性の特技です。逆に大方の男性は苦手とすることでもあります。
ちょっとやり方を間違えてしまいましたね。

妻(夫)の表情や行動にいちいちつまらなさを感じているのはお互い様。
今回の一連のことは、夫婦間のわだかまりから起こる一例に過ぎないように思います。
どちらも相手を思い遣る気持ちが欠けていたように感じますが。

私はこう思った。俺はこう思っていた。
タイミングの違いであり、感じ方の違いもあるかもしれません。
各々が自分が正しいと思っていますから。

夫に気を遣って言葉をかけたり、譲ったりしていても、夫側がそれは普通のことで気を遣っていることにならないというなら
夫側にしてみれば改まって言うことかと、恩着せがましく感じることなりますし、
これだけ気遣っても気付きもしない夫の鈍感さと思いやりのなさに虚しさを覚える妻にしてみれば
いい加減にしてよ、疲れる、となります。

『有難う』という言葉が義...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報