ちょっとした自作問題。

たかし君とよしこちゃんは板チョコを二つに分けました
たかし君の板チョコをおなじ数ずつのブロックに分けようとすると1つずつ分ける方法しかありません
よしこちゃんも同じように1つずつ分ける方法しかありません
もとの板チョコのブロックの個数が4以上のとき、このような状況になるのは何通りあるでしょう 。

A 回答 (2件)

問題の意味が解りません。



「おなじ数ずつのブロックに分けようとすると1つずつ分ける方法しかありません」と云う事は、
たかし君の板チョコのブロック数は、1 以外の約数が無いと云う事ですね。つまり、素数だと云う事。
良子ちゃんの板チョコも同じですから、お互いに素数個のブロックの板チョコを持っていると云う事。

現実的であるナシを問わなければ、答えは無数にあります。

せめて、「板チョコのブロックの個数が4以上のとき」ではなく、
「板チョコのブロックの個数が4以上30以下のとき」だったら、小学校の算数の問題には成ったでしょうに。
    • good
    • 0

問題の意味合いがわかりません。



4以上の自然数で、二つの素数の和で表されるものは何個あるか

という問題と解釈してよろしいのでしょうか?

(そうだったら無限にありそうですが)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング