何故、世の中はずる賢い人が幸せになり、正直な素直な人間が不幸になるんですか?
悲しいです。本当に世の中というものが、わかりません。

A 回答 (5件)

世の中、質問のような理不尽なこともあるし


そうでない場合もあります。

ケースバイケースです。

「正直で素直」は時として損かもしれませんが、

人に信頼されますので結果としては
あまり不幸にならないのでは。


だからあまり悲観することはないと思いますよ。
見ている人は見ているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答有難うございます。
励まされました。

お礼日時:2017/07/12 20:32

人間の生き方は真実の探求と目標は愛(アガペー)を体現することです。


聖書をよんだほうがいい。

無料のオンライン聖書はここで拾える。
http://bible.salterrae.net/
http://bible.salterrae.net/sinkaiyaku/html/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
人間だからこそある愛ですね。
詳しく有難うございました。

お礼日時:2017/07/13 10:04

全て因果応報です。

ずる賢い人は幸せになっても後で地獄を見ます。その地獄は逃れられず約束されています。そのことで悔しがる必要はありません。素直で正直な人が今不幸なのは、過去の行いのせいです。でも、後で幸福になります。その幸福は他の誰かが壊せるものではないです。人は完璧ではないので、いつでも素直で正直で善人でいられないでしょう。ある時、何かのきっかけで悪に走ってしまうこともあるのです。致し方のないような状況で。それでも自分の行為の結果ですから、それは受けなくてはなりません。

りんごのタネを蒔いたら、りんごを収穫しなくてはなりません。他の果物がなるように求めても無理なんです。その特別な果物が欲しいなら、そのタネを蒔く必要があり、また長いこと待つ必要があります。

この世は100%因果応報で成り立っているので、不幸や気に入らないことを神や他人のせいにすることは一切できないのです。たとえ自分が覚えていないことでも正確に戻っきます。いいことも悪いことも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
確かに人間は、完璧な人はいませんね。いつの間にか相手に完璧を求め責めてみたり、憎しんでみたり。
因果応報あるかもしれませんね。
今は、幸せでも…。

お礼日時:2017/07/12 20:29

暗い暗いと嘆くより、


進んで灯りを点けましょう。




屈原は、追放されて湘江の淵や岸をさまよい、沢のほとりで歌を口ずさんでいました。
顔はやつれて、その姿は痩せ衰えています。ある年老いた漁師が彼に尋ねました。

「あなたは三閭大夫さまではありませんか。どうしてこんな(
落ちぶれた)お姿になってしまわれたのですか。」と。

屈原は言いました。

「世の中の人々すべて(の心)が濁っている中で、私一人だけが清らかです。
そして人々がみな酔っている中で、私一人だけが醒めています。
だから追放されたのです。」と。

漁師は言いました。

「聖人というものは、物事にこだわらずに世の中と一緒に移り変わります。
世の中の人々(の心)が濁っているならば、どうして一緒にその泥をかき混ぜて、
波を立てないのですか。
人々が酔っているならば、どうしてその酒かすを口にして、
その薄い酒を飲もうとしないのですか。
どういった理由で深く考え、お高くとまって、自分から追放されるような
ことをしたのですか。」と。


屈原は言いました。

「私はこういうことを聞いたことがあります。『髪を洗ったばかりの者は必ず(冠についた)よごれを払い、入浴したばかりの者は、必ず衣服のほこりをふるってはらう』と。どうして清廉潔白なこの身に、(世俗の)汚れたものを受け入れることができましょうか、いやできません。むしろ湘江に行って魚のエサになろうとも、どうして清廉潔白なこの身を世俗の埃の中にまみれされることができましょうか、いやできません。」と。


漁師はにっこりと笑って、(出航するために)船の縁を叩いて行ってしまった。
そしてそのとき、次のような歌を詠んだ。

滄浪の水が澄んでいるのなら、私の冠の紐を洗おう。
滄浪の水が濁っているのなら、私の足を洗おう。

とうとうそのまま去ってしまい、2人はもう2度と語り合うことが
ありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
なるほど。深く考えさせられました。

お礼日時:2017/07/12 20:31

全ての人が等しく、ずる賢い部分と正直で素直な部分を併せ持っていると思いますよ。



その混ざり度合いも量もそれほど変わらないはずです。



誰かが幸せに成ったときは、一緒に喜んであげれば良く、

その人のずる賢い部分を探して嘆くのは宜しくありません。

また、

正直で素直な人が困っていれば、自分が助けてあげれば良く、

その人の不幸に同情することで免罪符(自分は善良である)を得ようとするのは、

逆にずる賢いと思いませんか?



ズルと言う言葉は、結果として損をするもの、そういう流れや法則にあてます。

結果として損をしなければ、ずる賢いのではなく、賢いのでしょう。

私たちは、誰かのアイデアに対して、リスクの有無を考えて、助言することが出来ます。

賢い人は、こうした意見を多く募り、物臭をせずに対策をしています。

この中には、社会性や道徳の規範、関係者への配慮も含まれます。

一般に考える以上に努力家が結果を残していると思いますよ。


とはいえ、

昨今、身内を強く叱りすぎてしまい、これが露呈して失脚した政治家がいましたよね。

これには考えさせられました。

私にも似たような経験がありますし、

他の人と話をしますと、やはり同じような経験があるらしいです。



自分が自分ではなくなり、

ふわふわとしてしまい、周囲の人への配慮が粗くなるんですよ。

とても怖い状態です。

そして、そういう事が誰にでも起こるんです。


他人との競争に勝ち抜いても、自分の心との戦いに勝てるわけではありません。

競争は合理性で結果を出すことが出来ますが、

幸福の維持は、その人の度量(=性根や根性)の勝負になります。

ここが善に向くように鍛えていませんと、あっという間に何もかもをなくします。


最近、悪という概念、定義について調べてみました。

国や文化、歴史が違うのに、各国に共通してこの概念があるのが不思議ですよね。

日本ではもともと”突出して強い”人にも使用したそうです。

全体を統制指揮する側が、その個人が指揮を無視する可能性を危惧し、禍の一つとしたそうです。

実際にその様になりやすいですね。さきほどの自分が自分で無くなる状態です。

キリスト教やユダヤ教では社会から隔絶して孤立した状態を悪としていたそうです。


大筋で言える事は、

「自分のもつ能力や資質を全体のために活かし、世に従う気持ち」

が無ければ、それを悪と定義できそうですね。


なので私たちが普段使う、

「何も悪い事をしていないのに・・・」

と言うのは正しくないのかもしれません。

「全体の対して自分を捧げ、その維持に自らを使用してもらいたい。」

この衝動が常にある状態を正常(=善)とし、

その感覚をなくした状態が異常(=悪)であり、

(さきほども述べましたが)これが自らの身を滅ぼすのだと思います。


悪と言う状態になりますと、自分では判別がつかないそうです。

大儀を語り、自らを騙し、他人を騙し、自己を正当化し続けるそうです。

これは本当でして、自分では分りません。

しかし、他人が同じ状態になると分ります。

私が経験した話です。

三人ほどのチームで仕事をしていました。

その中の二人から苦情がきまして、もう一人と話したことがあります。

「AとBから、君が自分の仕事を押し付けて来ると苦情が来たよ。」

すると、

「なんでそう考えるかな。少しは皆のためにやりたいとか思わないのかな?」

とCは反論します。

「その発想は正しいけど、その皆と言うのを人名であげてごらん。

 A、B、そしてC君、三人で全てのはずだよ。

 つまり皆のために仕事をしていないのは君の方なんだ。」

彼は、それでも納得していませんでした。

自分の苦労や心配事、あるべき姿を語り、他の人と比較して自分はマシであり、

自分が糾弾される方が不条理だというのです。


この人(=C君)もその後、正常に戻り、

「なんであんなこと言ってたんだろう。」

と自分を振り返り驚いています。

「自分は大丈夫だと思っていました。どうしたら、アレを避けられるんですか?」

「それは俺も知りたいよ。」

と話したことがあります。



こんな例を出したのは、

善や悪という概念は、行為や人の性質に使うのではなく、

その人の状態を表現するものだと述べたかったんです。

C君はそのあと苦労をしましたし、当人しか分からない悔しさの中で悶えました。

彼は自分が不幸だと感じたでしょう。

しかし、何の関係もない人にとっては、当たり前のなりゆきであり、

世の中の誰かが悪いわけではありません。

そして冒頭に述べましたが、誰もが等しく同じ性能をもっており、つくりが同じです。

こんな事が沢山起きているだけであって、本人が分らないだけであると思いますよ。

そして悪の状態に長くいると、何もかもが上手く行かず、苦痛が増していきます。

悪の状態にあると気がついたら、早く脱出することが大事です。

そうしませんと耐え切れず、本当に犯罪まで発展することがあります。


もうお分かりだと思いますが、

C君がやったように、正論を使って論理の正しさを検証してはいけないんです。

自分以外の誰かを心配する気持ち、幸せになってほしいと願う小さな気持ち。

これが今の自分に無くなっているか?

そういう状態になっていまいか?

と考えて落ち着くことです。



また、誰かを攻撃したくなっていないか?

誰かの幸せが自分にとって苦しいと感じていないか?

少しでもあれば、悪の状態にあると言うことです。


冒頭にも述べましたが、

ずる賢いことをして幸せに成った人がいたら、

「過程は納得できないが、とりあえず良かったじゃないか。

 とはいえ、足元をすくわれたら意味が無いぞ。

 あれ(=ズル)は運が良かっただけだから、今からは正したまえ。」

と考え、心配してあげるのが普通でしょう。

正直で素直な人がいたら、

「悪人に騙されれば、悪人の悪を助長してしまい、

 止めるべき初期の段階で戒めることが出来ないんだぞ。

 『その程度はバレるから辞めときなさい。』

 と教えるためにも、賢く強くあることが、私たち全ての大人が背負う暗黙の義務なんだよ。」

と諭してあげるべきでしょう。


また前提にある、幸福や不幸についてですが、

私自身については幸福になる必要性がないと思っています。

幸福を感じるときが少しでもあれば、得ではあると思っています。

私以外の、それぞれの個々人に対して、同じように当てはまると思います。

自分の不幸を基ネタにして、あたかも必要が満たされていないように他人を糾弾することは、

最初から出来ないんですよ。


困っていることがあれば、助けてくれと頼めるんです。

それを選べず、誰かを攻撃したくなると言う事は、

元ネタ以前に、自分の状態(体調とかメンタルの様な病気の可能性)が悪いと言う事です。

天候や気温、ストレスや過労、病気や怪我などで、簡単にそういう状態になります。

ここで、人類や世界を語って話を大きくすると引っ込みがつかなくなり、

その後で恥をかきます。


「そういう状態なんだ。大人しくしていよう。」


とするのが賢いと思っています。


質問者さんが、

人間全ての生き方について疑問を感じて答えを出さなくても良いはずです。

人間全てを指導する立場になったとき、悩みましょう。


まずは、ご自身の健康を考え、心の状態を吟味し、

「自分ひとりの体の面倒は見れている」とする。

それで胸を張って良いというのが、大人の考え方です。



以上、ご参考になれば。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニートや無職は人間のゴミクズで生きる価値はなく、労働者はまともな人間で生きる価値のある人ですよね?

ニートや無職は人間のゴミクズで生きる価値はなく、労働者はまともな人間で生きる価値のある人ですよね?

だから、労働者たちはニートたちを軽蔑したり、「お前も働け!」と怒るのですよね?

税金も払わないわけで。ニートは。

Aベストアンサー

3年寝太郎という昔ばなしを、ご存知かの(。´・ω・)?

皆がみんながむしゃらに働いてたら、いまだに原始時代だと思うの。

働きながら、勉強できるの? 働きながら、仕事以外の事に100%集中できるの?

すこしは、ボケーとして何の役に立たないような人間を生かしておくことで、意外とその中の一人が、とんでもないことをしでかすかもしれないの。

みんなが同じだったらいいの?

一人ひとりが自由に生きて考えることで、人間は進歩していくと思うの(`・ω・´)

なんで、封建制度があって、皆が週末すらなく奴隷のように働いてた時代よりも、現代の方が便利なものが発明されているの? 生活が豊かになったの?

勤勉さに関しては日本が世界一だと思うの、でも日本は世界一の経済大国じゃないの、、、こんなに働いているのに?

それは、怠けもののアメリカの方が、いろいろアイディアをだしてiphoneだのWindowsだと作ったからじゃないの?

ただ、がむしゃらに働いているだけじゃ、絶対に1番になれないと思うの(´;ω;`)

Aベストアンサー

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているとは言えない」ということになります。(もちろん、その例が荒唐無稽なら別ですが。)
逆に、貴方の質問の回答として「賛同した」と言うには、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているという根拠を示す必要がある」のです。もしくは、「賛同していない例は存在しない」ということを示すのでも良いでしょう。

また、あくまでも「可能性」であって、事実とは限らない、というご指摘かと思いますが、何しろ、私は「しかるべき反論や批判を行わなかった人」本人ではありませんので、可能性以外を指摘しようがありません。
「事実」以外不要、とのことでしたら、ご質問文に「私の過去質問に回答をした人、または、回答しないまでも見たことのある人限定で」と書くべきでしたね。

貴方の求める回答は何でしょうか?
互いに意見を戦わせ、議論をしたいのだと受け取りましたが、貴方の態度はそれと正反対に感じられます。
もしも、過去質問においてもそのようなやり取りしかないのであれば、回答者様たちは、それを不毛に感じて「しかるべき反論や批判」をする意欲を失ったのでは・・・と思いました。
まあ、過去質問を拝見してませんので、単なる感想です。

この回答にどのような返信をいただいても、私はもう回答はいたしません。
さすがに少々疲れました。
ご了承ください。

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判...続きを読む

Q観覧注意。 怖いの苦手な人は読まないでください。 自己責任でお願いします。すみません。 似たような質

観覧注意。
怖いの苦手な人は読まないでください。
自己責任でお願いします。すみません。

似たような質問何回かしてます。
でも釣りじゃなくて本当に困ってます。

あと、広めることもやめてください
私みたいに怖がる人がいるといけないので...
すみませんお願いします。







































ネットの記事で、人間は死んだら脳の意識が苦しいままとまり永遠に死んだ時の苦痛を味わうというのを見てしまいました。それに合わせて色々考えていたらなんだか辻褄が合うような気がしてきてしまい信じてしまっています。
だって、無になれる保証も天国へ行ける保証もなくないですか...?
苦しみ→機能が止まる→無ってなれるでしょうか、脳がなくなっても、苦しみのところに意識が置いてかれるようなきがしてとても怖いです。
神様は人間に超えられない試練は与えないと言いますが、神様はいると信じたいですが、もしいなかったと仮定した場合、苦しみに歯止めをかけてくれる人がいないじゃないですか?
って考えてるんですけどどう思いますか?


ほんとに怖くて
こんなことばっかり考えて本当に辛いです。
高校生なのになんでこんな事考えてるのかもわかりません。

あと、怖くて何回か質問してるんですけど、
これを見た人に私の死の見解を広めて怖がらせていたら死後罪に問われるかとかも考えていて、今回は上に注意を沢山書きました。
今まで質問したぶん、罪に問われると思いますか?

正直な意見を聞かせてください。お願いします。

観覧注意。
怖いの苦手な人は読まないでください。
自己責任でお願いします。すみません。

似たような質問何回かしてます。
でも釣りじゃなくて本当に困ってます。

あと、広めることもやめてください
私みたいに怖がる人がいるといけないので...
すみませんお願いします。







































ネットの記事で、人間は死んだら脳の意識が苦しいままとまり永遠に死んだ時の苦痛を味わうというのを見てしまいました。それに合わせて色々考えていたらなんだか辻褄が合うような気がしてきてしま...続きを読む

Aベストアンサー

喜怒哀楽

人間の五感は、人間が生きるためにあります。
苦痛や恐怖は、人間が生きている証拠なのですよ。
苦痛は、そこを治療してね。の信号ですし、恐怖は、危ないよ。です。
死んだら、それらは必要なくなくなります。

Q哲学では、何が正解なのですか? どうやって、正解を求めるのですか? そもそも、正解はないのですか?

自然科学では、言い分が対立した場合、“実験をやろう”、“予測をしよう”、“論理の精密な積み上げをやろう”ということになり、正解が独りでに決まってしまいます。
哲学では、何が正解なのか分りません。各人が、勝手に言っていうだけ、と感じます。
百家繚乱とは言えず、百家争鳴のような気がします。

以下質問です。
哲学では、何が正解なのですか?
どうやって、正解を求めるのですか?
声が大きい(多い)方が正解なのですか?
そもそも、正解はないのですか?

Aベストアンサー

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
 (4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
   める。
 (5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
 (5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
   のかもしれない。
 ということですが、(0)(1)(2)(3)までで終わればまだ「科学」の
 体をなしていない。
 (0)(1)(2)(3)(4)まででもまだ中途半端。
 (0)(1)(2)(4)(5b)というのは、しばしば勘違いの誤謬を含む。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5a)となれば、これは立派な「科学」で、失敗報
 告という論文が書けます。既にある理論に対立する理論を構築
 し、検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5b)の場合、形而上学的に(1)を認めちゃうという
 短絡をやらかすと「科学」ではなくなるし、哲学としてもお遊
 びレベル。この場合(1)は「一応の仮説」として提言されるべき
 で、何度も(2)~(5b)のサイクルを回った上でようやく「一応最
 もらしい学説」に昇格する。でも反例が一つ出たら瓦解します
 。だから、哲学としては(0)を追加するなり、(1)を精密化するな
 り、(2)のバリエーションを作るなりして一層深い研究を進める
 べきです。
 かくて、(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間と
 コストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築すると
 ころまでは間違いなく哲学で、ことに(5a)(5b)の次のサイクルを
 方向付ける、(0)(1)(2)(3)こそ哲学の仕事です。その指針として(
 検証不可能であるところの)形而上学があったって、それは構わ
 ない。どの仮説から手を付けようかサイコロ振って決めるというの
 よりも、人間の洞察力を信じたいですね。(しかし何度か旨く行
 った形而上学が、だからといって信仰に化けてしまうのは感心いた
 しません。)

まとめ。科学は哲学の一分野である。テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べる。
(0)観察をする。
(1)仮説を立てる。
(2)仮説から演繹される予想を立てる。
(3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
(4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
  める。
(5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
(5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
  のかもしれない。
科学は(0)(1)(2)(3)(4)(5a)と(0)(1)(2)(3)(4)(5b)をたくさん集める。(5a)のとき失敗報告という論文が書ける。既にある理論に対立する理論を構築し検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。(5b)のとき、類似したたくさんの(5a)とあわせて科学。でも反例が一つ出たら瓦解する。
哲学は(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間とコストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築するところまで。次のサイクルを方向付ける。指針として検証不可能である部分を持つ。

リンク先の質問とno.1~no.83を読んでみると、哲学で意見が対立する場合、範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名、現象から推測される予測が異なってくるのだと思う。予測が否定されると、自身の信条が否定されたと強く感じてしまうと、自身の予測に矛盾があるのが自身で認められなかったり、自身の予測の反例となる現象が認められなかったりする。範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名が同意できなくなる。論争になる。正解が見つからない感じになる。

声が大きい(多い)方が正解というのは誤り。リンク先のno.2の説明が良い説明だというのはno.20の直感。どうして良いのかは説明できない。✕百家繚乱〇百花繚乱。

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。...続きを読む

Q「哲学とは・・・・・得られた独自の結論と・・・・」だそうですが、この”独自”とは、何に対してですか

このカテの最初に、哲学を説明した次の文があります。

<哲学とは世界や人、神など万人共通の普遍的・根源的なものを深く追求した結果得られた独自の結論とその結論を求める行為のことです。>

気になったのは、“独自”、という言葉です。

質問は、この独自は、何に対して、独自というのですか?
1.他の人や考え方に対して、独自、なのですか?
2.他の学問に対して、独自、なのですか?
3.その他

Aベストアンサー

「独自」と言うと、他と同じでは無いと言う事になりますが、それでは「普遍的」に該当しなくなるので、少なくとも、既定の先入観や事実に捉われずに思考を積み重ねた結果、得られた結論と言う事でしょうね。
本当に普遍的であるのならば、どのような前提でも同じ結果になると言えますが、それが、単なる解釈になっては意味が無いと言う事でしょう。

Q日本では真実をいうことを嫌う人が多いですね。何故でしょうか?

日本では真実をいうことを嫌う人が多いですね。何故でしょうか?

もちろん、個人のプライバシーは別です。

Aベストアンサー

真実ですか。
私は真実を知りませんが、日本人の多くは真実を知った上で黙っているのでしょうか。真実を開示するのに相応しい時と場所、相手とがあるのかもしれない。

私が真実を知らないのは悟って無いからだと思いますが、ここで言う真実とは違う意味のようにも思います。
本当のことを言わない、と言うくらいの意味だと思い回答すると、それは、日本では普通が尊ばれるのであり、それから外れると本当の事でも嫌われてしまうからだと思います。はっきり言って私には生きにくい社会ですが、良い面、悪い面あります。本当のことを隠す良い面とは、次のような事です。
例えば人生の背景は人それぞれですよね。中には過酷な背景を持っておる人もいます。その様な人でも表面上は普通として振る舞い接する事で、平均的に生きる事ができます。
一方悪い面とは、そう言う過酷な人生の背景を背負うと言う事がどう言うことか十分に理解しなくても、普通にやって行けると言うことです。これは、いざという時に、底の浅さが露呈しその場を解決できない様な人を図らずも育ててしまう社会態度であると思います。

私としては、本当のことを言える社会であって欲しいですね。誰も自分の人生を恥じる事なく生きて行ける社会であって欲しいです。普通なんてものに囚われる必要は無いと思うのですが、大多数の人はそうでは無いんですよね、日本では。
この普通が尊重され、普通で無いことが排他されがちな背景は何かと言うことですが、多様性によって繁栄すると言う経験をした事がないからではないかと思いました。
画一的な民は支配しやすいですからね。
もっと言えば、日本の支配層に、多様性を理解し受容出来るだけの能力が無いのだと思います。コントロールではない、自由と言うものに到達していないのでしょう。

真実ですか。
私は真実を知りませんが、日本人の多くは真実を知った上で黙っているのでしょうか。真実を開示するのに相応しい時と場所、相手とがあるのかもしれない。

私が真実を知らないのは悟って無いからだと思いますが、ここで言う真実とは違う意味のようにも思います。
本当のことを言わない、と言うくらいの意味だと思い回答すると、それは、日本では普通が尊ばれるのであり、それから外れると本当の事でも嫌われてしまうからだと思います。はっきり言って私には生きにくい社会ですが、良い面、悪い面...続きを読む

Q結局哲学って役に立つの? 巷の人に何を知ってほしいか?

私は大学を選ぶとき「哲学科」に行きたいと思い 父に言ったら却下されました。

そんなお金にならない所に行かせられないということでした。

哲学をすると死にたくなる とか 難しいばかりで訳が分からないとか

巷では不人気です。

巷の人に知って欲しい哲学の言葉というか知恵とはどんなことでしょう?

これだけはみんなに知ってほしいという哲学の智慧の言葉はなんでしょうか?

あなたは何を知ってほしいですか?書いて教えてください どうか短文で。

Aベストアンサー

科学だけでは解決しないもっと根源的な問はないでしょうか?
  ↑
科学で解明出来ていない部分に、存在価値が
あると思います。
それも時間の問題だと思いますが。




例えば「性質」とは何かを科学は考えません。
科学は測って仮説を立てて実験して証明するだけです
   ↑
性質ってなんですか?
言葉の問題じゃないですか。



人間とは何か?という問いはあまり問いません。
  ↑
そんなことはありません。
脳科学は、魂の問題にまで入り込んでいます。
人間が他の動物とどこが違うのか、という点なども
科学は答えてくれます。



人生の意味は存在することにあります。
   ↑
それは科学と一致します。
生命体はまず存在することを第一義としており
人間もその例外ではありません。
遺伝子研究などもそれを示しています。

何のために存在するのか、という部分に
哲学の意義があるのではないですか。
つまり、人生の指針です。

Q悪人の願い

ご存知の方もおられるかもしれません。
ドラゴンボールと言う漫画があります。
孫悟空が、なんでも願いを一つ叶えてくれるという龍を呼び出す七つの玉を集めるために、世界を旅するという冒険譚です。
この物語に登場する悪の親玉に、ピッコロ大魔王というのがおりまして、この悪人の願いが、「永遠の若さを手に入れる」と言うものでした。
私は、この、生存に固く執着する欲望、願いを悪人の親玉が抱くことについて、とても合点が行くのですが、これ系の願いを自分がかつてまったく抱かなかったか?と言われると、素直にうなづけません。
さすがに永遠に生きたいとまでは思いませんが、長く若くいたいくらいには思います。
この、生存の執著は誰しも持っているであろうものですが、これが昂じて悪人の願うところの様になってしまった時、彼は何かを見失っている様にも思えます。生にかじりつくあまり、人として大切な何かを見失ってるのではないか?
逆に言えば、老いや死がもたらす大切なものは何か?
と言う事でもあります。

この悪人の願いとその盲点について、思うところがあればどうぞよろしくお願いします。
お気軽にどうぞ。

ご存知の方もおられるかもしれません。
ドラゴンボールと言う漫画があります。
孫悟空が、なんでも願いを一つ叶えてくれるという龍を呼び出す七つの玉を集めるために、世界を旅するという冒険譚です。
この物語に登場する悪の親玉に、ピッコロ大魔王というのがおりまして、この悪人の願いが、「永遠の若さを手に入れる」と言うものでした。
私は、この、生存に固く執着する欲望、願いを悪人の親玉が抱くことについて、とても合点が行くのですが、これ系の願いを自分がかつてまったく抱かなかったか?と言われ...続きを読む

Aベストアンサー

永遠の命をさずかったら
たぶんだれも勉強をしないだろう
恋愛というものもなくなるだろう
食料もいらなくなり、地には木も植えなくなるだろう
貿易もする必要もなくなり、海の外への興味もなくなるだろう
現在のような世界ではなくなるだろう
なにもない世界になるだろう

永遠の命のなかで
人は今、なにかをしようとは思わないだろう
なにかをしなければとは思わないだろう

今日が終わるという感覚もなくなるだろう

Q努力が報われない

こんな悲しい人生・・。

Aベストアンサー

質問サイトで愚痴っているようでは
さもありなんと思われる・・

Q時間とは何ですか?

時間とは何ですか?

Aベストアンサー

川。
流れの複雑さ、下に向かって流れるという規則性、同じ変化は二度と起きないという不可逆性、時間は川のようなものだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報