そりゃ日本の会社が衰退するよねって話。感想をお願いします。反論も歓迎です。

人工知能のAIやロボットで24時間365日稼働させて休みなく生産を続けて大量生産したら消費が追いつかなくなる。

現に製造業で大量生産して在庫余剰が発生して24時間稼働できる工場でわざとラインを停止させて生産調整している。

効率化を目指した結末がライン停止である。

そして製造業だけでなくサービス業も人工知能のAIやロボットを使い始めたら生産性は上がるが肝心の消費者がいなくなって経営者に富が集まらなくなって資本主義は終わる。

人工知能のAIとロボットによって富の集中も無くなる。

だから富裕層である経営者は人工知能のAIやロボットを導入して効率化を図れば図るほど消費者がいなくなっている。

効率化と引き換えに消費者がいなくなっていることに早く気付くべき。

要するに自分たちで手作りで作った物を自分の会社の従業員たちが消費していたのだ。自分たちが関わっていない商品なら日本製でも中国製でもアメリカ製でもドイツ製でも性能が良ければ買うし、安ければ買う。

性能が悪くて、高くても日本製を買ってたのは自分たちが作った製品だったから。

人工知能のAIやロボットは生産しても消費はしない。

会社は人工知能のAIやロボットに自社製品を買ってもらう事は出来ないのだ。

そりゃ会社が衰退するよねって話です。

感想をお願いします。反論も歓迎です。

A 回答 (1件)

こんばんわ。



私はフルオートメーション化の生産現場は拝見したことはありませんが、そんなに普及しているものなのでしょうか?

まだまだ手作業に頼る現場は多い様な気がします。

産業機械に関しましては、動きっぱなしという訳にも行かず、部品交換を伴うメンテナンスや突発的な故障、プログラミング等

マンパワー頼りの面は沢山あると思います。精度が高く、品質の良い製品を生産するには、製造機械にもそれなりの精度が要求される

訳でして、それを造り上げるのもやはり人間。

質問者様の仰る、消費が減るよる先に雇用の減少が考えられると思います。

過剰生産については農業、漁業ともにそんなニュースは目にしますね。採れ過ぎで廃棄処理とか...需要と供給のバランスですね。

供給が間に合わず、無理な生産活動をするよりは余裕のある時に停止させられるくらいの余裕があったほうが、突発的な需要の増加に対応できますよね?

フルオートメーション化技術が進むとまたその上の技術と、どんどん進んでいきそこにはやはり人間の力が必要だと思うのです。

私個人の意見ですが、製造業に関しまして、派遣社員としての雇用の増加が製品の信頼性低下につながっていると思います。

派遣でいつ切られるか判らない。時給制、ボーナス無し、社会的信用度も低い。そんな中でも会社のために尽くせる人はまれではないでしょうか?

派遣さん、結構適当ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/07/12 08:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報