10年、20年、30年後くらいには人工知能が進化して人間が
必ずしも働かなくていい時代になっていることが予想されていますが、その時生活保護は今より貰いやすくなっているでしょうか?

生活保護の審査もケースワーカーではなく人工知能がやってくれるといいですね。それなら公平な審査が実現すると思います。
人工知能が審査してくれるなら生活保護断られても納得がいきます。

A 回答 (4件)

人工知能で保護審査をすることの恐ろしさは計り知れない係数が出るかもです。


現介護保険審査はある種AIかもしれない。が、審査入力するのは人間がすることで介護請求人は不平不満を持っていることも事実です。
これをAIにすることで不公平を解消することあできないかもしれない。生活保護基準が多岐にわたっていることでから一律に審査ができないため、生活保護法の要件及び条件並びに通知等その他規則等をが一律にならない限りは同一AIの運営は難しことかと思います。
あなたが言うAIが可能であれば、cwも少ない人員で済むかもです。しかし、保護受給者を保護から自立するまではOW(福祉事務所)が責任を負うことからすべてをAIに頼ることもできない事実もあるかと思います。
AIが窓口対応すると、現窓口対応の不平等及び不満が解消するとかもです。
    • good
    • 0

AIの浸透と、就労義務は無関係です。

    • good
    • 0

人工知能も機械なので 融通が利かなかったり


機械なので騙されたりするかもぷん・・
    • good
    • 0

そこまで発達した人工知能が何故人間を保護すると考えるの?



知能が発達して、邪魔な人類を排除するように考えるのでは?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高齢者の生活保護

75歳の高齢者でも生活保護断られることはありますか?
他の資産などの条件はすべてクリアしているとします。

Aベストアンサー

生活保護制度では、生活困窮者が、利用できる資産、能力をその他のすべてを、生活維持に活用しても最低限度の生活が維持できない困窮者を最低限度の生活を保障支持率をすることを目的てしている。ため、原理原則をの要件を満たす困窮者は保護をされます。
 年齢性別とかの偏見はしませんし、この法律の原理、無差別平等の原理、最低生活の原理、保護の補足性の原理、及び申請 保護の原則、基準及び程度の原則、必要即応の原理、世帯単位の原則の四つの原理と四つの原則を満たすことで保護は可能となります。
 あなたの質問は、ここで問をすることが何を意味するのか不明ですが、あなたが75歳になるころには法改正などで厳しい状況か否かはわかりませんが、保護受給要件及び条件等は厳しくなるかと思います。
 扶養親族の援助を求めてることが義務化されるかもしれません。
 現在165万人の保護受給者数ですが、このうち高齢者は45%を占めています。が、あなたが75歳時では高齢者は減少しているかと思います。

Q自転車に乗りながらイヤホンの罰金について。

先日、小音量で音楽を両耳で聞いていたらレッドカードを貰いました。
パトカーから声をかけられすぐ反応した(つまり周りの音が聞こえていたということです)のにレッドカードっておかしくないですか?
レッドカードってただの警告ですけど履歴に残るので気分が悪いです。
私の県では音量が大きければ罰則対象と記載されております。
もう一度注意されたら切符きられますか?
その際5万円以下とありますが、検察側で反省していると見なせば罰金なし(または1万円くらい)ということもありますかね?


あと私は30年間イヤホンをしながら運転していて注意されたことがなかったので、かなり驚きました。夜間に注意されたのですが、もしかしたら私は夜間の運転はかなり少ないので今まで注意されなかったのでしょうか?
昼間で注意された人はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

東京都の場合ですが、イヤホンをしているかどうかではなく周囲の音が聞こえるか聞こえないかです。
神奈川は片耳ならセーフという話もあります。

https://thepage.jp/detail/20150604-00000006-wordleaf?page=2
この記事の2ページ目にまさに質問のようなことが載っています。

都道府県によって違いがあるようなので警察に確認するのが確実だと思います。

Q労働意欲が湧かず、友達も居らず社会不適合なので生活保護を受けたいです

労働意欲が湧かず、友達も居らず社会不適合なので生活保護を受けたいですどうすればいいですか?

なんどか就職しましたが、人間関係で躓き、うつ状態になり朝起きられず遅刻を連発して解雇されてばかりです。働く能力が無いようです。

Aベストアンサー

無理です。
人間関係で職が続かない人は沢山います。
自分に合った仕事を探しましょう。

Q収入が激減し家を失いました。生活保護はもらえますか?

お世話になります。
私の父親の話しです。
私の父親は一人暮らしで60歳を過ぎており、仕事は建築関係の自営業の職人をしています。

しかしながら、自営業なので仕事にムラがあったり、年齢を重ね昔ほど体が動かなくなるなどでここ数ヶ月で仕事が激減し収入がほとんどなくなってしまいました。
ここ1カ月での稼ぎは2,3万円ほどとのことです。
ついには家賃が払えなくなり賃貸を追い出されてしまい、現在路上で車中泊、いわゆるホームレス生活を送っています。

私もなんとかしてあげたいのですが、妻子持ちで生活がギリギリなのでお金の援助は難しい状況です。

父親をどうにかしてあげたいのですが、どうすればよろしいでしょうか?
生活保護というのはもらうことができますか?
車を所有していると生活保護がもらえないと聞いたことがあるのですが、自営業なので道具の運搬などで車は必須です。
父親はまだ仕事をしたいと言っております。

車を所有し仕事を続け、収入面で足りない分は生活保護をもらい補う、ということは可能でしょうか?

詳しい方、どうぞご教授よろしくお願いします。

お世話になります。
私の父親の話しです。
私の父親は一人暮らしで60歳を過ぎており、仕事は建築関係の自営業の職人をしています。

しかしながら、自営業なので仕事にムラがあったり、年齢を重ね昔ほど体が動かなくなるなどでここ数ヶ月で仕事が激減し収入がほとんどなくなってしまいました。
ここ1カ月での稼ぎは2,3万円ほどとのことです。
ついには家賃が払えなくなり賃貸を追い出されてしまい、現在路上で車中泊、いわゆるホームレス生活を送っています。

私もなんとかしてあげたいのですが、妻子持...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの父親が車中泊で生活をしている事実であれば、普通であれば扶養することですが、あなたにも事情があるかと思いますのであなたが望む父親の生活保護が必要かと思います。
 他の方の言い分は的が外れているますので保護制度について述べます。
生活保護は、原理・原則を満たすものは最低生活を保障ることで自立を目的として行なう保護制度です。
1この法律の目的 
2無差別平等 
3最低生活 
4保護の補足性
 「保護は、生活に困窮する者が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるすべてを、その最低限度の生活の維持のために活用することを要件として行われる。」
2項「民法に定める扶養義務者およびその他の法律に定める扶助は、すべてこの法律による保護は優先して行われる。」
3項「前2項の規定は、急迫した事由がある場合に、必要な保護を妨げるものではない。」

⑴申請保護の原則 
⑵基準及び程度の原則 
⑶必要即応の原則 
⑷世帯単位の原則
上記の四つの原理(要件)及び四つの原則(条件)を満たすことができる要保護者は最低限度の生活を保障されます。

①生活保護開始申請は、車中泊であれ居住地(現在位置)を管轄するOW(福祉事務所)が保護責任を負う実施機関になります が、あなたの住まう地域に父親が居住地を定めてOWに保護開始申請をすることもできます。または、現在地のOWでも保 護開始申請はできますので構いません。

⑵自動車があっても保護開始申請はできますし、自動車を処分してからと言う事はありません。又、居住を定めてからと言う 事もありません。

⑶保護開始申請は何人も拒むことはできません。また、父親が自営業で自動車を使用するのであれば保有若しくは使用を認め られます。が、住居を定めるために必要な費用も保護が決まれば別等申請することで支給されます。

⑷扶養義務者は、金銭援助はできなくても生活の身の周り及び精神的援助は認めていますので援助できるところは援助をする ことです。

⑸生活保護の申請は、本人か扶養親族又は同居家族が生活申請をすることができます。

⑹借入金等がある場合は、借入金の清算をするために法テラスとで相談をし て生産をすることになります。保護金品を借入 金の返済ができない為です。しかし、自営業上の借入金は自営する営業日か ら必要経費として認めるかは否かはOWの判 断するところになります。

⑺生活保護は、自営業者及び就労者その他ものが営業利益その他の収入及び収出の結果の収益で最低限度の生活が維持できな い者は不足分を保護することで自立を目的として保護をします。

⑻借入金及び自動車が保護開始申請を妨げることは出来ませんので安心してOWで申請をすることです。


 あなたの父親が人間らしく文化的に最低限度の生活ができる様に生活保護開始申請をすることです。

あなたの父親が車中泊で生活をしている事実であれば、普通であれば扶養することですが、あなたにも事情があるかと思いますのであなたが望む父親の生活保護が必要かと思います。
 他の方の言い分は的が外れているますので保護制度について述べます。
生活保護は、原理・原則を満たすものは最低生活を保障ることで自立を目的として行なう保護制度です。
1この法律の目的 
2無差別平等 
3最低生活 
4保護の補足性
 「保護は、生活に困窮する者が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるすべてを、その最低...続きを読む

Q生活保護の申請

生活保護は相談に来たというのではなくちゃんと申請に来ましたと言えば市役所は申請を拒むことはできないのですか?

資産がなく収入もなく持ち家でもなく別居している姉はいるが
扶養できない場合には生活保護はちゃんと貰えるのでしょうか?

Aベストアンサー

【生活保護は相談に来たというのではなくちゃんと申請に来ましたと言えば市役所は申請を拒むことはできないのですか?】について
 生活保護の相談と申請の違いは、相談はあくまでも相談であり、あなたの意思で生活保護開始申請をすると示さないと申請書を出すことはないです。
 OW(福祉事務所)は、生活保護法第7条保護申請の原則「保護は、要保護者、その扶養義務者又は同居の親族の申請に基ずいて開始るもとのとする。但し要保護者が急迫した状況にあるときは、保護の申請がなくても、費用な保護を行うことができる。」
 同法第4条保護の補足性の原理「保護、生活に困窮する者がその利用し得る資産、能力その他あらうるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することを要件として行なれる。」2項「民法に定めっる扶養義務者の扶養及び他の法律に定める扶助は、すべてこの法律による保護に優先して行われるものとする。」3項「前2項の規定は、窮迫した事由がある場合に、必要な保護を行うことを妨げるものではない。」
 保護申請は、憲法でも保障をして入り権利です。しかし、保護する否かは、保護の実施機関である居住地を管轄するOW(福祉事務所)が責任を負うことから、保護開始申請があれば、法第24条(申請による保護の開始及び変更)5項「申請日から14日以内に決定して申請者に書面で通知する。但し、扶養義務者等の調査に卑知事を要する場合は30日まで延すことができる。」
つまり、保護の要否判断を決定して、申請者に、種類、程度、方法等を保護の可否を決定して書面で知らせる。
申請は何時何処でも申請はできますが保護の決定はOWの専権事項であり保護の可否は別になります。
保護は、原理、原則をの要件を満たす要保護者は保護はします。
 あなたの現況が分かりませんが、資産及び能力等で困窮している要保護者は保護することで自立を目的として保護を行ないます。又、扶養義務者の調査を厳密にする保護が必要な要保護者が保護できないことがない様に、保護決定の日限をきって書面で通知することになっています。
上記の他に色々とありますが正直に申告することです。

【生活保護は相談に来たというのではなくちゃんと申請に来ましたと言えば市役所は申請を拒むことはできないのですか?】について
 生活保護の相談と申請の違いは、相談はあくまでも相談であり、あなたの意思で生活保護開始申請をすると示さないと申請書を出すことはないです。
 OW(福祉事務所)は、生活保護法第7条保護申請の原則「保護は、要保護者、その扶養義務者又は同居の親族の申請に基ずいて開始るもとのとする。但し要保護者が急迫した状況にあるときは、保護の申請がなくても、費用な保護を行うことが...続きを読む

Q生活保護の申請に行きましたが、初期費用について

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9838394.html

こちらで質問させて頂いた者です。

その後区役所に行きましたが、まずは住居がないと生活保護を支給できないとのことで、不動産屋さんに行きました。

しかし、賃貸を借りるには初期費用として10〜20万円必要と言われましたが、もちろん、そんなお金はありません。

不動産屋さんの人は初期費用は区役所に言えば通常は支給されると仰っていたので、再度区役所に確認したら、

「初期費用はうちでは出せません。親族にお金を借りるなりどうにかしてください。」と言われてしまいました。

本当にそうなのでしょうか?お金がないから区役所に行ってるのに、この仕打ちはあんまりだと思います。

父親も心身ともに限界がきています。はやく普通の家に入れてあげたいです。詳しい方、ご教授のほどどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ご回答ありがとうございます。
>前回の質問に書いてある通り、ずっと路上で車中泊です。
>福祉事務所とは区役所のことでしょうか??

お父様が車中生活を行われている事は判りましたが。
問題としているのは、お父様自身が福祉事務所の相談窓口に行って、自らが、現在の車中生活に至った経緯を説明し、今後、住居を確保できた場合には自立に向けて真摯に求職活動を行って、自立を目指す心構えがある事を示したのか?という事です。

息子さんである質問者が「父が困っている」と訴えても、父が福祉事務所の指導は受けたくない、今まで通り職人の仕事で、月数万の稼ぎでやっていくというなら保護の要件を欠きます。
また、現在自動車保有ですから、その処分に付いても、お父さんが同意するのか?という事もあります。

質問文からは、お父さんが不動産屋を廻らず、質問者である息子さんが不動産屋を廻っているように読み取れます。

Q生活保護と言われたら誹謗、中傷なのですか? 生活保護でないのに言われたら嫌ですが、生活保護を申請して

生活保護と言われたら誹謗、中傷なのですか?

生活保護でないのに言われたら嫌ですが、生活保護を申請して受給していたら言われるのは仕方ないと思っているのですが、皆さんはどうですか?

Aベストアンサー

税金だから仕方ないね。

Q私は、生活保護を受けており母子家庭です。今回私が入院することになりました。中学生の子供が一人残される

私は、生活保護を受けており母子家庭です。今回私が入院することになりました。中学生の子供が一人残されるのですが、ケースワーカーさんに言わせると、もう中学生なら大丈夫!と対応してもらえなかったんですが、中学生だと、やっぱり、一人お留守番的なことになってしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

あなたの心配や不安、とてもお察し致します。
中学生のお子さんの性別や、学年が分からないので何とも言えませんが、女の子なら女の子で家事については少しでも協力してもらえそうですが、やはり寂しさや夜など心配ですし、男の子なら男の子で、家事や食事、その他素行などが心配ですよね。
長期の入院になりそうなのでしょうか?

質問文だけだと病気の深刻さや、普段のお子さんとの関わり方や、今の状態があまり見えてきませんので、あまり無責任なアドバイスもできません。

ただ言えるのは中学生の高学年なら短い入院ならばよく言い聞かせ、マメに連絡などを取り合い、愛のある言葉を日々投げかけ合うしか策は無い気がします。
kwさんがそうおっしゃる限り、致し方無いのかもしれませんね……。

ただ、様子見に来てくれるような頼れる(生活面ではなく)友人や親類は居ませんか?
そんな方がいらっしゃるなら、たまに様子を見てもらったりしてみたらいかがですか?

Qホームレスはなぜ生活保護を受けないんですか?

ホームレスはなぜ生活保護を受けないんですか?

Aベストアンサー

ホームレスの場合は、特別の事情があると認められるため、申請時に住所の記載がなくても申請するこができます。

ですが、
1.決まった住所がないと申請できないと思い込んで申請しない場合
2.申請しても福祉事務所が受け付けたくなかったり書類の不備を理由にたらいまわしにされたりして、面倒だからもういいやとあきらめてしまう場合
3.ケースワーカーや救護施設など、人との付き合いの窮屈さ、自分の好きなようにすべてができない窮屈さなどからこれなら生活保護よりもホームレス生活の方がいいと、自分から戻ってしまう場合

などが、生活保護を結果として受けずにホームレスを続ける理由とされています。

Q生活保護でも車を所有できる方々

精神疾患の方で生活保護を受けている方に質問します。
軽自動車を所有できた理由を教えてください。
私はパニックでばかりでなく、とか乗れないので生活保護になっても車は所有したいのです。

Aベストアンサー

追伸ウミネコ104です。No2
 あなたの気持が分からないというのでありません。生活保護法では無差別平等(法第2条)と言いますが、保護の実施責任を負う地域の福祉事務所の保護の可否を決定する権限を有するため一律に右えならえとはいきません。
しかし、自動車保有又は使用することを主張したからいいって生活保護開始申請をさせない事由にはなりません。
 申請権は何人も拒むことはできません。憲法25条及び生活保護法等で保障された権利です。但し、申請と保護の可否につては別のことですのです。
 最近までは、自動車を売却または名義変更してからも一度来るようにという頃もありましたが、これは改めれました。
保護開始後の助言および指導することでおおむね6か月間は様子見です。就労時必要になることもあり、また売却後に自動車が必要になると保護費から支給することになり兼ねないために6か月後に就労ができないときは自動車の処分をする様に指導指示をする様になります。しかし、未だに申請をさせないOWもあるのも事実です。このような場合は、近くの法テラス等(無料)で相談することで解決します。
 生活保護は、被保護者となって保護法の保護下に入りますので申請時は保護法の保護下でないのでOWは強く言えません。
OWは前例がない場合は、かたくなに拒否する体質があります。
 あなたの場合は、自動車は別にして、精神(総合)自立支援法で支援が受けられるかと思いますので福祉事務所の障害課精神担当者又は保健所の精神担当看護師に相談することで三者があなたの医師に沿うように解決ができるかと思います。

追伸ウミネコ104です。No2
 あなたの気持が分からないというのでありません。生活保護法では無差別平等(法第2条)と言いますが、保護の実施責任を負う地域の福祉事務所の保護の可否を決定する権限を有するため一律に右えならえとはいきません。
しかし、自動車保有又は使用することを主張したからいいって生活保護開始申請をさせない事由にはなりません。
 申請権は何人も拒むことはできません。憲法25条及び生活保護法等で保障された権利です。但し、申請と保護の可否につては別のことですのです。
 ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報