酸化数について質問します

「Cについては、Cの電気陰性度がHより大きいため-4から4まですべての酸化数をとりうる点が他の元素(文脈的に他の14属の元素)と特に異なっている。」

とあったのですが、どうしてHの電気陰性度が関係あるのでしょうか?

よろしくお願いします

A 回答 (4件)

酸化数は対象の原子(この場合、炭素C)が単体の時と比べてどれくらい電子密度が変化したのかを簡便に知るための目安ですね。


電気陰性度は原子が電子を引き付ける相対的な強さの目安です。

他の14族元素と炭素の電気陰性度は、
炭素C 2.55
ケイ素Si 1.90
ゲルマニウムGe 2.01
錫Sn 1.96
鉛Pb 2.33

これに対して水素の電気陰性度は、
水素H 2.20
です。

14族では、炭素と鉛が水素よりも電気陰性度が大きく、水素化物、炭素ならメタンCH4では、
水素から電子を炭素に引きつけてくることができるので、-4の酸化数を取ることができます。
調べてみたらPbH4もあるのですが、どうも安定な物質ではなく性質がまだよくわからないようです。

それに対してケイ素,ゲルマニウム,錫は電気陰性度が水素よりも小さく、SiH4やGeH4,SnH4 は電子が中心の14族原子ではなく水素側に電子が集まる傾向にあるので、
この3種の14族元素の水素化物は、酸化数として+4を持つことになります。

14族の元素の中では、炭素が結合している水素から電子を取ることができるので、”-4から4までの酸化数を取ることが出来る”、という記述をしたのだと考えます。
炭素や水素の電気陰性度だけの記述しかなかったら、14族の中での炭素の違いが出てこないような感じがしました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
具体的な数値まで載せていただいてよくわかりました!!

お礼日時:2017/07/12 21:37

問題の全文が掲載されていないので正確な意味は解りませんが、おそらく14族の他の元素は水素と結合した時に電気陰性度が水素よりも小さいために酸化数がマイナスにならないと言うことではないでしょうか。



水素化物PbH₄の酸化数は-4ですが、鉛は金属ですから陽イオンになり易く、炭素のように共有結合を作ることはないのでその他のマイナス値をとるとは考えられません。

水素と結合して安定な物質を形成し、尚且つ水素よりも電気陰性度が高い(酸化数がマイナスになる)物質は炭素のみと言うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました!
わざわざ調べてくださりありがとうございました!

お礼日時:2017/07/12 21:36

関係ありませんね。


深く考えずに書いてしまったんでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/07/12 21:33

有機を意識しているような気もするけど正確なところはその文章を書いた人に聞くのがよかろう.

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、やはりCとHの間についての話だったようですね

お礼日時:2017/07/12 21:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング