ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

YouTubeのウィンブルドンの公式アカウントによる試合のハイライトをよく見るのですが、ベルディヒの試合のハイライトが全然見当たりません。ベルディヒはグランドスラムの優勝経験こそないものの、一定の戦績は残しているので、ハイライトの試合に選ばれてもおかしくはないと思うのですがどうでしょうか。
それともベルディヒは運営側に嫌われているのでしょうか?(笑)確か前にもツアーファイナルズの出場選手の紹介の動画でベルディヒだけ忘れられてたような気がします。

A 回答 (2件)

ベルディヒはとても手堅いテニスをします。


気持ちの浮き沈みも大きくなく、いつでも自分のテニスができます。

それが戦績に現れています。

でも華がないのです。
スーパーショット連発で、マレーやジョコビッチに勝ってしまうような危険な選手ではないのです。

結果だけ伝えても、「ああ、やっぱりね」で内容が想像できてしまうのです。
まあ、年齢的にも今以上は無理ですし。

しょうがないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

なるほど。確かに自分より下のランキングの選手にはあまり負けていませんね。納得です。
ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/12 20:28

彼のあだ名は空気です。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウィンブルドンでのスリクソンのラケットについて

ウィンブルドンに土居選手や奈良選手がスリクソンのラケットで出場されていますが、その写真など見ていると、いつもはスリクソンのSのステンシルマークがついていますがウィンブルドンではダンロップのDになっています。なぜなんでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

普通に考えればスポンサーの意向。単発なのか、ウインブルドン以降はDに変わるのか、は全英が終われば判る、か?

Q硬式テニス フォアハンド

高校生で、小学生のころから硬式をやっています。長年の課題なのですが、フォアが球が上手く飛びません。元々、非力な方ですが、バックはしっかり打てます。何が問題なのか調べたり、考えたりしてますが、一向になおりません。原因と解決策を教えていただけますか。

Aベストアンサー

肘の使い方ポジションが甘い
のかもしれません。
体から浮いてるとか絞りが甘いとか、ボディターンに肘が付いて行ってる感覚です。
ボールを打つときに肘がリードしてターンしてグリップは軽く握ったまま、手は絶対動かさない。
練習してみて下さい。

Q鍵持ったまま

USオープン(鍵持ったまま)って打ち間違いですか?

Aベストアンサー

多分は翻訳ミス・・

Qプロテニス選手が練習で軽くラリーをしていますが。何の意味があるんですか?

中1ソフトテニスをしています。
よく、Youtubeでプロテニス選手が練習で軽くラリーをしているのを見かけているのですが。
本気で打ったりするラリーなら試合でつかえたりして強くなれそうですが
かるーくラリーをしてどういうメリットがあるのですか??
ずっと気になっていたのでどなたか詳しい方おしえてください!

Aベストアンサー

ウオーミング‐アップ(warming-up)


[名](スル)競技や試合の直前に行う軽い体操や、足慣らし・肩慣らしなどの準備運動。ウオームアップ。


ウォーミングアップは一般的に、「練習や試合でよいパフォーマンスを発揮するため」「ケガの予防」といった目的で行われます。
その他にも、「動作の予行演習」「集中力を高める」「体調を把握する」などたくさんの目的があると言われています。
たくさんの目的があるウォーミングアップですが、ウォーミングアップにおいて最も重要な事は「体温を上げる」と言う事です。

 体温上昇による効果
筋肉の柔軟性
筋肉の温度が上がると、筋肉は粘り気が少なくなります。筋肉がなめらかに滑るようになり、体が動かしやすくなります。
筋肉の温度は、歩く・軽く走るなどの運動をしなければ上がりません。静かに体を伸ばすストレッチ運動では筋肉の温度はあまり上がりません。
筋肉が温まってからは、静かに伸ばすストレッチは効果的に柔軟性を高める事ができます。

パフォーマンスの改善
体温が上昇すると、脳からの指令が素早く手足に送られるようになります。
脳からの指令が速く届くようになるという事は、体を素早く、より強く動かせるようになりパフォーマンスが向上します。
「走る」ことで神経伝導速度(脳からの指令が手足まで届く速度)を上昇させるには
心拍数が110~120回分程度の強さで15 分程度の走行が適切だと言われています。

持久力への影響
体温が高くなると、血液の中の酸素が溶けやすくなります。
体の隅々に酸素を送りやすくなり、長く繰り返して体を動かせるようになります。
いきなり、強い運動をすると息が上がるのは酸素が上手く運べないからです。

ウオーミング‐アップ(warming-up)


[名](スル)競技や試合の直前に行う軽い体操や、足慣らし・肩慣らしなどの準備運動。ウオームアップ。


ウォーミングアップは一般的に、「練習や試合でよいパフォーマンスを発揮するため」「ケガの予防」といった目的で行われます。
その他にも、「動作の予行演習」「集中力を高める」「体調を把握する」などたくさんの目的があると言われています。
たくさんの目的があるウォーミングアップですが、ウォーミングアップにおいて最も重要な事は「体温を上げる」と言う事です...続きを読む

Q50歳代のテニス

45歳で初めてラケットを持ち、2年前くらいからテニススクール週一回通っています。下肢の肉ばなれや右肘痛など生じますが通い続けています。もひとつうまくなれません。テニスは好きです。仕事はweek dayは忙しいほうで終電になることもあり週末に時間やりくりしています。昔テニスやってれば、、など思ってしまいますが辞めるつもりはありません。一皮むけてグッとうまくなるコツ! ないでしょうか
あと何年やれば試合で勝てるくらいになれるのでしょうかねぇ~

Aベストアンサー

テニスクラブに勤務していた者です。

クラブには、60歳からテニスをはじめた方、40歳からはじめて国体、全日本ベテラン優勝された方がいらっしゃいました。

準備体操、クールダウン‥水分補給をきちんとしてくださいね!

あと、コーチが合う合わないもあります。良い悪いではなく、コーチの例えがなるほど!となったり?となったりで上達にも差が出るかも知れません。

今までの運動経験なども関係してくるかも知れませんが‥

上手な方とダブルスを組んで試合をされてみてはいかがですか?勉強にもなりますよ!

基本を徹底することも大事ですが、試合慣れも大事ですよ!!

頑張ってください!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報