アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

私は大学を選ぶとき「哲学科」に行きたいと思い 父に言ったら却下されました。

そんなお金にならない所に行かせられないということでした。

哲学をすると死にたくなる とか 難しいばかりで訳が分からないとか

巷では不人気です。

巷の人に知って欲しい哲学の言葉というか知恵とはどんなことでしょう?

これだけはみんなに知ってほしいという哲学の智慧の言葉はなんでしょうか?

あなたは何を知ってほしいですか?書いて教えてください どうか短文で。

A 回答 (15件中11~15件)

今の人は実利的ですから。

実益が出てハッピーになれてこそ行動する意味があると。

No.1 の方の仰るように、哲学といえば、過去の哲学者の思想を解明する研究家と、自然発生する疑問に対して解答を紡ごうとする探求者と、二つの方向がありますね。

私は頭が悪いので、哲学に限らず他の学問もそうですが、人の述べる難しい言葉が理解できないと悔しくて
世界の真理が そんなこんがらがった数式や よくわからない学術用語で書かれている筈がない、
動物やゼロ歳児にも隔てなく与えられている世界こそが真であるなどと 娑婆から逃げたくもなります。
きっと専門家にそんなことを訴えても、サルにはわからないよどうせ、と疎外されるでしょうね。

総ての学問の起源は哲学です。それは世界を解明することでしょう。
純粋な知的好奇心である why? が、より快適に恣に不可抗力を改良するための how? に結びつくのは自然です。
この世は、人間みたいに複雑な生き物が偶然まかせで進化できたほどに、変化が少なく調和し安定しているため、ある程度確実な蓋然性を突き止め、知識を蓄えれば意のままに物事を操作することも可能ですが、
どうしてこうなのか、どのようにしてこうなっているのか、との問いに究極の答えはついに出ないかもしれません。だから未だに神が求められるし、この先どうなるか100%確かな予知はできません。

でも、直接役に立たなそうな研究に資金が出ていることからみても、何が役に立つかは分からず、因果関係の明らかな実用に走るだけでなく、幅広い視野が必要で、未来を予測し 恒久の自由を得るという功利のためにも、全ては何から始まっているのか、その根源の解明こそ必須であると 皆無意識でわかっているのではないでしょうか。

回答になっていなくてすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

皆無意識で分かっているのですかね?それが余りに学校の勉強で訳が分からなくなる為に

嫌気がさして探さなくなったのでしょうか?自分なりには分かってるのでしょうか?

もうそろそろ答えが出てきても良さそうな気がしますが。まだですかねえ?

お礼日時:2017/07/13 16:05

>これだけはみんなに知ってほしいという哲学の智慧の言葉はなんでしょうか?



正しいことを知る喜びと本当に正しいことを知ることはできないという絶望
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

それは言えてますね。絶望と捉えるより無知の知として謙虚になる事がいいのかと思いますが。

正しさとはみんなが認めるもの、正義とはみんなで存在すること だと考えています。

お礼日時:2017/07/13 15:56

『少年アシベ』(しょうねんアシベ)は森下裕美による日本の漫画作品、および、それを原作としたアニメ作品。


1988年から1994年まで『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載、単行本全8巻。1990年にはOVAが製作、1991年にはテレビアニメ『少年アシベ』、1992年には『少年アシベ2』が放送。2000年から2004年にかけて、続編に当たる『COMAGOMA』(コマゴマ)が連載。2011年から2012年まで『まんがタウン』(双葉社)にて、『少年アシベセレクション』刊行に合わせた『少年アシベ』より抜き再掲が、4色カラーに改稿したうえで行なわれた。2016年より23年ぶりに新作のテレビアニメが放映されている[1]。また、2017年7月より『月刊アクション』(双葉社)にて高校1年生になったアシベ達を描く続編『青少年アシベ』を連載開始予定[2]。原作は森下が担当するが作画は森下自ら指名したBL漫画家・笑平が担当する[3]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/少年アシベ


~~~~~~~~~~~~~~~~


何がしたいのかよくわからないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

確かに 何が言いたいのかよく分かりませんねえ。

お礼日時:2017/07/13 15:52

生きるために考えること、そう言って不必要だと思う人はいないと思います。



だけど、厳密さが必要だったりして、用語があまりに多いと、覚えるのに時間と労力がいるので敬遠したくなるかもしれません。

分かりやすくて、行いやすい哲学はあるでしょうか。

少し、話が違うかもしれませんが、ユークリッドさんは、学びに来た商人の子が、「数学を勉強して儲かるの?」と聞いて、その子に小銭を持たせて放校にしたそうです。

僕が思うに、ユークリッドさんはものすごい研究者ではあるのだけど、教育者ではないと思ってしまいます。

ホントの教育者なら、すぐに利益にならないことでも、長い目で見ればやはり役に立つ考え方はあるものと思います。

だけど、あんまり遠回りさせずにできるだけ最短距離で目的に向かいたいものですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

歴史に残る哲学を研究すること自体 時間ばかりかかって難しく それで何が良くなるのか分からない事が多いですね。

でも考えてみれば 民主主義や人権思想も元は哲学から出来て来たのではないでしょうか?

僕の人生も遠回りだったと思います。頭が悪かったのか 不連続なことを考えたのか分かりませんが

例えば「知は力なり」という言葉を覚えて知識を生かすことを得意とするとか

無知の知を知って何でも謙虚に考えてみるとかもいいと思います。そういう事も知らない人が多い。

目的は存在することです 永遠を目指すことです。

お礼日時:2017/07/13 15:51

哲学って、自分の哲学を持つものです。

他人様哲学のいろんな言葉を丸覚えするもんじゃないんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

宗教や音楽は流行ってますが、哲学はどうもあまりに低調ですねえ。

「人生は戦いだ」とか「あの世」や「来世」を信じる人が多いです。

それでいいのでしょうか?

お礼日時:2017/07/12 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学では、何が正解なのですか? どうやって、正解を求めるのですか? そもそも、正解はないのですか?

自然科学では、言い分が対立した場合、“実験をやろう”、“予測をしよう”、“論理の精密な積み上げをやろう”ということになり、正解が独りでに決まってしまいます。
哲学では、何が正解なのか分りません。各人が、勝手に言っていうだけ、と感じます。
百家繚乱とは言えず、百家争鳴のような気がします。

以下質問です。
哲学では、何が正解なのですか?
どうやって、正解を求めるのですか?
声が大きい(多い)方が正解なのですか?
そもそも、正解はないのですか?

Aベストアンサー

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
 (4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
   める。
 (5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
 (5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
   のかもしれない。
 ということですが、(0)(1)(2)(3)までで終わればまだ「科学」の
 体をなしていない。
 (0)(1)(2)(3)(4)まででもまだ中途半端。
 (0)(1)(2)(4)(5b)というのは、しばしば勘違いの誤謬を含む。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5a)となれば、これは立派な「科学」で、失敗報
 告という論文が書けます。既にある理論に対立する理論を構築
 し、検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5b)の場合、形而上学的に(1)を認めちゃうという
 短絡をやらかすと「科学」ではなくなるし、哲学としてもお遊
 びレベル。この場合(1)は「一応の仮説」として提言されるべき
 で、何度も(2)~(5b)のサイクルを回った上でようやく「一応最
 もらしい学説」に昇格する。でも反例が一つ出たら瓦解します
 。だから、哲学としては(0)を追加するなり、(1)を精密化するな
 り、(2)のバリエーションを作るなりして一層深い研究を進める
 べきです。
 かくて、(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間と
 コストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築すると
 ころまでは間違いなく哲学で、ことに(5a)(5b)の次のサイクルを
 方向付ける、(0)(1)(2)(3)こそ哲学の仕事です。その指針として(
 検証不可能であるところの)形而上学があったって、それは構わ
 ない。どの仮説から手を付けようかサイコロ振って決めるというの
 よりも、人間の洞察力を信じたいですね。(しかし何度か旨く行
 った形而上学が、だからといって信仰に化けてしまうのは感心いた
 しません。)

まとめ。科学は哲学の一分野である。テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べる。
(0)観察をする。
(1)仮説を立てる。
(2)仮説から演繹される予想を立てる。
(3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
(4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
  める。
(5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
(5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
  のかもしれない。
科学は(0)(1)(2)(3)(4)(5a)と(0)(1)(2)(3)(4)(5b)をたくさん集める。(5a)のとき失敗報告という論文が書ける。既にある理論に対立する理論を構築し検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。(5b)のとき、類似したたくさんの(5a)とあわせて科学。でも反例が一つ出たら瓦解する。
哲学は(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間とコストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築するところまで。次のサイクルを方向付ける。指針として検証不可能である部分を持つ。

リンク先の質問とno.1~no.83を読んでみると、哲学で意見が対立する場合、範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名、現象から推測される予測が異なってくるのだと思う。予測が否定されると、自身の信条が否定されたと強く感じてしまうと、自身の予測に矛盾があるのが自身で認められなかったり、自身の予測の反例となる現象が認められなかったりする。範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名が同意できなくなる。論争になる。正解が見つからない感じになる。

声が大きい(多い)方が正解というのは誤り。リンク先のno.2の説明が良い説明だというのはno.20の直感。どうして良いのかは説明できない。✕百家繚乱〇百花繚乱。

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。...続きを読む

Q世界の正義を求めるとしたら どういうものでしょう?

昔は子供たちは正義の味方に憧れて、いじめや悪いことを嫌いました。

しかし今はアメリカの正義とISの正義と北朝鮮の正義、中国の正義は違います。

正義が違えばそこで起こった問題や戦争は誰が悪いのか分からなくなる。

私の正義の定義は みんなで存在することが正義です。

ここでみんなと言うのは世界中の人を勘定に入れてと言う事です。

そんな正義を見出したくないですか?

人間に正義を取り戻そうではありませんか。世界の正義とはどういうものでしょうか?

Aベストアンサー

それは話を聞いてあげる事からですね。
話をするところから関係が始まりますね。
それが難しいのでみな苦労するのですね。
話を聞く方にも、絶対の正義があるわけではないですから、共感もできるし自省も起こるのですね。
北朝鮮に言わせたら、あんたらだって核兵器持ってるじゃんってことになりますね。
連合国に言わせたら、お前ら国民もろくに食わせてないじゃないか、となりますね。
まぁ、世界は色々あるので、色んな人々の力がそれぞれの問題に必要なのですね。
決して統一してしまう事が良いわけではないのです。大切なのは調和ですね。赤と水色は対立しますが、一つの絵の中で調和しますね。色んな主義主張が、世界において調和して居れば良いのです。

Q高学歴、高学力を教養という人がいますね

高学歴(高偏差値)や学力(学校の成績がいい)を教養という人がいますね。

確かに、戦前の旧制中学、旧制高等学校では、単に学問に止まらず、理系の学生でも文学書、哲学書を読むなど人格形成を怠りませんでした。

しかし、現代では高学力(高偏差値)が教養があるとはいいきれませんね。
何故ならば、受験塾にみられるように詰め込み教育による受験技術が進んでいるからです。

単に、難しい漢字、言葉を知っている、高等数学が解けるだけでは教養があるとはいえませんね。

Wikipediaによれば「教養ある人間、すなわち、教養人が相応の尊敬を得るのは、単に知識が豊富な状態(博識)に留まらず、人間性という実を伴うためである。仮に、現状の知識が乏しいからといって、その状況は非難される性質ではない。知識を求めて学ぶことで品位と人格を高めようとする心構えが重要と考えられる」とあります。

皆さんはいかがお感じでしょうか?

Aベストアンサー

知恵と知識とは違うものです。
偏差値の高い教育機関に入り、さらに高度な大学院の各課程に入ったり、海外に渡って学ぶのは主に知識です。

知恵というのは、おばあちゃんの知恵袋みたいに学歴も家柄も関係なく、それまでに身をもって体験し取得した生存の為のノウハウです。冠婚葬祭のしきたりもその中に含まれているでしょう。
こちらの方が教養に近いと感じます。

Q人間は、失敗作だと思いますか。

人間は、失敗作だと思いますか。

Aベストアンサー

人間は70億人を突破して世界で一番強い動物になりました。生態系の頂点です

万物の霊長かどうかは分かりませんが 問題は未来に理想的な存在状態を作り上げる事ができるかどうかです。

それが出来れば成功作です 人間はよくやって来ました。その営為は大変なものです。

しかし未来に廃墟を作ってしまったら失敗作です。何の為に繁栄したのか分からなくなります。

Q動物と人間の違いについて哲学的に教えてください

動物と人間の違いについて哲学的に教えてください

Aベストアンサー

人間は 神を知った。

やがて この神を知れと言って他人(ひと)におしえる商売が興った。

人びとが このシュウキョウとやらから自由な《われ》に立ち還った

ときには おそらく

動物たちの行動に変化が起きる。

肉食が草食になる。食物連鎖に変化が起きる。

幼な子が蝮を手で捕まえても 平気なようになる。

――とか。どうかなぁ。

Q観覧注意。 怖いの苦手な人は読まないでください。 自己責任でお願いします。すみません。 似たような質

観覧注意。
怖いの苦手な人は読まないでください。
自己責任でお願いします。すみません。

似たような質問何回かしてます。
でも釣りじゃなくて本当に困ってます。

あと、広めることもやめてください
私みたいに怖がる人がいるといけないので...
すみませんお願いします。







































ネットの記事で、人間は死んだら脳の意識が苦しいままとまり永遠に死んだ時の苦痛を味わうというのを見てしまいました。それに合わせて色々考えていたらなんだか辻褄が合うような気がしてきてしまい信じてしまっています。
だって、無になれる保証も天国へ行ける保証もなくないですか...?
苦しみ→機能が止まる→無ってなれるでしょうか、脳がなくなっても、苦しみのところに意識が置いてかれるようなきがしてとても怖いです。
神様は人間に超えられない試練は与えないと言いますが、神様はいると信じたいですが、もしいなかったと仮定した場合、苦しみに歯止めをかけてくれる人がいないじゃないですか?
って考えてるんですけどどう思いますか?


ほんとに怖くて
こんなことばっかり考えて本当に辛いです。
高校生なのになんでこんな事考えてるのかもわかりません。

あと、怖くて何回か質問してるんですけど、
これを見た人に私の死の見解を広めて怖がらせていたら死後罪に問われるかとかも考えていて、今回は上に注意を沢山書きました。
今まで質問したぶん、罪に問われると思いますか?

正直な意見を聞かせてください。お願いします。

観覧注意。
怖いの苦手な人は読まないでください。
自己責任でお願いします。すみません。

似たような質問何回かしてます。
でも釣りじゃなくて本当に困ってます。

あと、広めることもやめてください
私みたいに怖がる人がいるといけないので...
すみませんお願いします。







































ネットの記事で、人間は死んだら脳の意識が苦しいままとまり永遠に死んだ時の苦痛を味わうというのを見てしまいました。それに合わせて色々考えていたらなんだか辻褄が合うような気がしてきてしま...続きを読む

Aベストアンサー

喜怒哀楽

人間の五感は、人間が生きるためにあります。
苦痛や恐怖は、人間が生きている証拠なのですよ。
苦痛は、そこを治療してね。の信号ですし、恐怖は、危ないよ。です。
死んだら、それらは必要なくなくなります。

Q「哲学とは・・・・・得られた独自の結論と・・・・」だそうですが、この”独自”とは、何に対してですか

このカテの最初に、哲学を説明した次の文があります。

<哲学とは世界や人、神など万人共通の普遍的・根源的なものを深く追求した結果得られた独自の結論とその結論を求める行為のことです。>

気になったのは、“独自”、という言葉です。

質問は、この独自は、何に対して、独自というのですか?
1.他の人や考え方に対して、独自、なのですか?
2.他の学問に対して、独自、なのですか?
3.その他

Aベストアンサー

「独自」と言うと、他と同じでは無いと言う事になりますが、それでは「普遍的」に該当しなくなるので、少なくとも、既定の先入観や事実に捉われずに思考を積み重ねた結果、得られた結論と言う事でしょうね。
本当に普遍的であるのならば、どのような前提でも同じ結果になると言えますが、それが、単なる解釈になっては意味が無いと言う事でしょう。

Q勇気を与える思想

真の思想は、叡智よりも勇気を与える思想。

このような事を聞いた事があります。


勇気を与える思想というと能動的ニヒリズムが思いつきます。

他に何かありますか。

Aベストアンサー

人は歩く時には前を見、足元を見る。
世界をより深く知り、そこに自らの行く途を描く事が思想だ。
勇気など要らない。より正確に途を見る。

Q人間とは 何でしょうか?

そもそも人間とは何でしょうか?

実存とか精神とか 性善説とか性悪説とかありますが

人間と言う者は 一体何なんでしょうか?

Aベストアンサー

> 人間と言う者は 一体何なんでしょうか?

それを探求し続け、現時点では、その末にすべてを解明する可能性がある、宇宙で唯一の生物・・と言うところじゃないですかね?

もし仮に、「神」とか「宇宙の意思」なんてのが存在し、その意思のもと、人類が何らかの目的とか、何らかの使命を帯びて誕生した生物であれば、宇宙や生命科学の真理に到達するか?
たとえ到達せずとも、その手前くらいまでは辿り着くと思いますが。

やっぱり神などはおらず、人類は特に目的なども無い生物なら、地球と言う惑星に偶発的に発生しただけの生物であって、いずれは死滅する存在じゃないかと。
そんな生物であれば、「人間とは?」などと大上段に考察する必要もなく、多少の知性などはあるものの、本質的にはアメーバーなどと大差は無い生物ってことで良さそうです。

一方、近年の宇宙科学とかでは、「ホンマかいな?」と言う様な発見や研究が多いのですよ。
たとえば、「重力は小さすぎる」なんてのが証明されて、「その力はどこに消えてるのか?」などが研究されるたり、「未知なる『第5の力』がある!」なんてことも言い出しました。
そうなると、高名な学者が「宇宙は少なくとも5次元以上で構成されているが、人間の脳は、まだ3次元までしか感知,認識し得ない」みたいな説を唱えたりもしています。

何か「言いたい放題」みたいな感じなのですが、1つのことが判れば、謎は深まるばかりと言う様相で。
ご質問も、それこそパスカルの時代から存在しつつ、誰も明確に正解を答えられない問いですが。
結局のところ、「人類はまだ、何も判っていない」に等しい状況と言えそうです。

もう一つ、興味深い説があって、宇宙には人類以外の知的生命体がいる存在は、否定されつつあります。
これはちょっと寂しい気もする説ですが、これが事実なら、冒頭の「真理を突き止められる可能性がある、宇宙で唯一の生物」と言うことになります。

また、上でも少し触れましたが、宇宙と脳には各種の関連性が指摘されていて、まあ人類も宇宙の子ですから、関連があって当然ながら、何らか「宇宙の意思」的なものがあって、その様に作られているのかも知れません。

いずれにせよ、人類は未だ「人間とは何か?」に対し、明確な答えを得ておらず。
その答えを得るためには、まだ戦争などの愚かしい行為も繰り返しながら、もっと科学技術などを高める必要性はありそうだし。
戦争などとは無関係に、宇宙や生命科学の真理を探求できる状態になる頃には、完全なる平和なども手に入れねばならないです。

現代に生きる我々に出来ることは、我々の子孫が真理を解き明かすことを願い、我々の時代を少しでも良くする努力をすることではないか?と思います。
また、もし真理に到達すれば、それが「宇宙の意思」そのものと言えそうで。
「人類こそが、宇宙の意思であった」と言えるのかも知れません。
あるいは、人類の産物であるAIなどが、人類の意思を引き継いで、それを実現するのかも知れませんが。
出来れば、私のDNAもちょっとは受け継いだ、人類であって欲しいです。

> 人間と言う者は 一体何なんでしょうか?

それを探求し続け、現時点では、その末にすべてを解明する可能性がある、宇宙で唯一の生物・・と言うところじゃないですかね?

もし仮に、「神」とか「宇宙の意思」なんてのが存在し、その意思のもと、人類が何らかの目的とか、何らかの使命を帯びて誕生した生物であれば、宇宙や生命科学の真理に到達するか?
たとえ到達せずとも、その手前くらいまでは辿り着くと思いますが。

やっぱり神などはおらず、人類は特に目的なども無い生物なら、地球と言う惑星に偶発的に...続きを読む

Q例外のない法則はあるか? これは真理と言い切れるものはあるか?

例外のない法則はない とよく言われますが 本当に例外のない法則はないのでしょうか?

例外のない法則 真理と言い切れるものはあるでしょうか?

もしあれば一つでもいいから教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普遍的な宇宙の大法則(摂理)を想像すると、例外というものは存在しないように
思えますが、変化・成長があるということを考えますと、完全ではなく、「例外」
と呼べるものがあるはずだと思います。

またそれは、現在の人間の認識方法によるもので、宇宙の普遍性から見たときに
「正しい」とは全く限らないわけです。
そのあたりを、現代物理学が解明しつつあるように思えます。

もう少し言えば、なぜ変化・成長があるかと言えば、それは個別化された生命に
自由があり、その自由な能動的な創造という行為が変化・成長を産む、と。
その全体から見ればわずかな「歪み」が「例外的存在」となり、それを因として
全体が変化をする、と。

まあ、こんなことを考えて楽しんでいる私です。(^^♪


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報