文科省の作成者不明の怪文書が、世間を騒がせています。

文科省の誰が書いたのでしょうか?

 この人らしい、と言うのは有っても、
「私が書いたので、文責は私にあります。」と言う人はいない。

誰も責任を持たない怪文書に、世間様は盛り上がり、その内容を
妄信している。

責任を持たなくていいなら、私も、荒唐無稽の夢物語を作成できる。

その怪文書が真実だと、妄信していますが、証拠も、客観的な論拠も
一切、無い。

まるで、「オレオレ詐欺」に引っかかる善男善女のようだ。

マスコミや民進党の「あおり」に載せられ、妄信する。

具体的な証拠も無しに、雰囲気だけで信じてしまう。

「消防署の方から来ました。」

「会社の金を落として」

「オレオレ詐欺」の撲滅が難しいのも、解るような気がします。

この理屈からすると、今回の「オレオレ詐欺」を仕掛けたのは、
前川氏、民進党、マスコミ、と言う事になるのでしょうか?

詳しい方、お教えください。

A 回答 (2件)

怪文書リークした反逆者は今度の人事で田舎暮らしさせる!!名簿は鞄の中

「文科省問題とオレオレ詐欺」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有難うございます。

お礼日時:2017/07/13 05:20

菅さんが「怪文書」と言ってしまったことは失敗だっだと言っていましたけど、やっぱり「怪文書」なのですか。

このような「怪文書」攻撃に対抗する手段(オレオレ詐欺対策)が内閣にはあります。行政が適正に行われたという事実を記録した公文書を国民に示せばいいだけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、有難うございます。

お礼日時:2017/07/13 05:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報