約2週間前に、痒みとおりものなどでカンジタと診断されます。2件目の病院…。だんだんと症状は酷くなり、黄色や緑のおりものに、痒みと痛み。一日置きに洗浄、膣剤で処置して貰い、あまりにもおかしいと思って、淋菌、クラミジア、トリコモナスの検査をして貰いました。検査結果が出ないと治療できないと、カンジタの処置だけで。明後日、検査結果ですが、一昨日より薄く出血もあり、痒みも少しありますが、痛みがひどくなり、排尿もままならず…。ここで質問しても
結果出るまで仕方ないと言われるのは百も承知ですが
今考えると先月頭になった腎盂腎炎も、もしかして
何かしらの性病で、何度も飲んだクラビットやセファムなどの抗生剤で一時おそまってたからで、
これだけ症状あったら検査には反応しますよね…。
もし何も引っかからなかったら、何科に行けば良いのか…。通販で薬を買うしかないのかと頭がおかしくなりそうで。
長文すみません。
とにかく痛い…。
1ヶ月半もこんなのが続いて…

A 回答 (1件)

今回の症状が出るより前に、腎盂腎炎で抗生剤を使用していたって事ですね!?


抗生剤を仕様すると、膣の常在菌が減るため、逆にカンジダなど真菌系には有利な環境となるそうです。そして、発症、悪化する可能性があります。
何科か?と問われれば、やはり婦人科だと思います。
排尿時に痛むのなら、尿路感染症も疑って、泌尿器科にも、かかった方が良いと思いますけど…。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

もう、痒みがある上に痛みが増して、体動の時さえ痛みます…。明日が検査結果ですが、症状悪化してるので朝一番婦人科の方に行ってきたいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2017/07/13 05:13
  • 尿路感染症<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

     尿路感染症とは、腎臓、腎盂(じんう)、尿管、膀胱(ぼうこう)、尿道、前立腺(ぜんりつせん)、精巣(せいそう)、副精巣(ふくせいそう)などの尿路の非特異的感染を総称した名称です。高齢者では、加齢に伴う膀胱の排尿機能の低下による残尿の増加と感染防御機構の減弱が根底にあり、そこにさらに、表15のような尿路の異常が合併すると、外尿道口から細菌が逆行して尿路管腔内へ侵入し、容易に感染を引き起こすようになります。  ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング