アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

私が8月から後期高齢者保険者になります。それで私の奥さんが出来ることなら国民健康保険から娘の健康保険に扶養者として入りたいのです。その時の必要書類として厚生年金改定通知書が必要なのですが、見当たりません。
厚生年金改定通知書は再発行してもらえるものでしょうか
お分かりの方がおいでになりましたら、教えて頂きたい。
宜しくお願い致します

A 回答 (2件)

>厚生年金改定通知書



通知書が再発行できるかどうかは年金事務所に直接問い合わせればいいと思いますが、奥様も厚生年金を受給しているのですか?
必要書類は奥様ご本人のものになるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

年金事務所に連絡した所再発行の運びと成りました。ありがとうございました。
然し家族3人、全員に届いていないということは年金事務所が発行忘れなのかもと
思う次第です。

お礼日時:2017/07/18 17:45

年金改定通知書には、再発行に関する記述はありませんが、


年金ネットの利用で、
〇年金の支払いに関する通知書をPC等でダウンロードできます!
という記述があります。
「年金ネット」にアクセスするか、基礎年金番号をご用意の上、
「年金ダイヤル」にお問い合わせください → 0570-05-1165
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速年金事務所に連絡を取りました。再発行してくれるそうです。
一つ覚えました。ありがとうございます

お礼日時:2017/07/18 17:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金

今日、「国民年金 受給権者所得状況届」 というのがはがきで届きました。

届見本の紙に、

現在受け取っている障害基礎年金は、所得制限が設けられております。受給者の所得額が3,604,000円を超える場合は、年金額の2分の1が停止となり、4,621,000円を超える場合には全額停止となります。(平成29年度・扶養親族がいない場合)。

と書かれています。私は、34歳、独身、母と2人暮らしです。上記の意味が分からないのですが、どういう意味なのでしょうか?

私には関係あるのでしょうか、貯金で上記の金額に達した場合、年金支給停止になるのでしょうか?

Aベストアンサー

貴方が働いていて所得があるかと聞いてきているのですよ。

Q(定年)退職後の年金生活

こんにちは。53歳♂です。年金について、見込額通知が届き、約65,000円/月となっています。この金額で衣食住全てを賄うという事でしょうか?それとも死ぬまで働けって事でしょうか?日本には社会保障制度はないのでしょうか?海外帰国者で無知の為、ご教示何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。
老後の備えができていないなら、それは国や人のせいにはできません。
今まで どうやってきましたか?
53歳なんですね、
通常はいろいろ備えをしているものです。
なんらかの備えはしてるのですよね?

年金だけで暮らせるとは限りません、
また、そういった約束なんて聞いたことがありません。
みんなは年金だけでは心配だから、大抵はなんらかの備えをしています、
たとえば 住むところは確保しているとか貯蓄はしているとか、長く働くとかでしょう。
あるいは 生活費を少なくするのも一方法です。

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。

Q厚生年金に入っていて将来年金生活が始まった時にアパート家賃(50万円)と光熱費(10万円)食費、生活

厚生年金に入っていて将来年金生活が始まった時にアパート家賃(50万円)と光熱費(10万円)食費、生活雑貨(30万円)なら年金だけで充分生活できると思うのですが間違っていますか。年金見込み額153万円で今年53歳です。

Aベストアンサー

出費に見込み違いが無ければ大丈夫でしょう。
大雑把に見積もらないで、年毎に特別出費等も盛り込んで下さい。アパートなら修理等は必要ないでしょうが、電化製品等は消耗買い替え等を考慮しておく必要があります。

Q解雇され無収入なのに市民税が一年分で5万円も…貯金も無く払えそうにありません

解雇され無収入なのに市民税が一年分で5万円も…貯金も無く払えそうにありません。
放置するしかありません、督促も再三来ていますが無い物は有りません。
差し押さえしますよ!と言われたのでじゃあしてくださいと言えば、
自主的にお願いしますと言われ…。
貯金ゼロ、無職、借金150万円どうにもなりません。
どうしたらいいですか?
これからどうなりますか?

というか、住所が有るから市民税を払わないといけないんですよね?
住所不定になったら税金を払わなくて済みますか?
住所不定のデメリットはありますか?

Aベストアンサー

払って下さい
払えるのなら

無ければ、自己破産ですね

Q【税務署の窓口対応について】(これって普通ですか?)

以前、住民税と都民税を支払いに市役所に行き、納税しました
そのときに窓口の方に、「大切なお金をありがとうございます。大切に使わせていただきます。」といわれました。
正直なところ、それまでは貧乏だから税金なんか払いたくないし何でこんなに高いんだ・・・
と思っていましたが、こういった対応をしていただいたおかげで税金に対するイメージが変わり、しっかりと納税をしようと考えるようになりました。
こういった対応って普通なのですか?

また私は市役所で納税しましたが、税務署でも同じように窓口で支払いをしたときは「ありがとうございます。大切に使います」というような事を言うのでしょうか?
あまり下手に出すぎるとなめられて滞納されてしまう気がします。税務署のように個人事業者等が税金を払っているところは税金を払うのは当たり前、義務と考え、税務署側は「ありがとう」の気持ちはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まぁそもそもにしてその窓口の人が本当に「市役所」の人かというのは疑問ですね。
民間委託されていれば、民間レベルの応対になりますからね。
委託であれば委託先、そうでなければ公務員個人の考え方でしょうね。

ただ普通に申告して、普通に払ってくれる分にはどんな役所であれ最近の対応は丁寧ですよ。
もちろん滞納であれば別問題だとは思いますが。
(下手に出たからって滞納する人は、そうでなくても最初から滞納している)

Q来春 還暦 年金がほんの僅かだけ出ますけれどぷん でも 働くとか内職とかは どの程度だと大丈夫ぷん?

よー解からんのでぷん
先ず 程良い簡単なアルバイトでも あるかどうかぷんぶは・・

Aベストアンサー

収入が有るのなら、そのまま年金を掛け続けると、わずかですが将来受け取る年金が多くなります。
また、収入が有りながら年金を受け取っても、年金が減らされることは有りません。
元気ならば、アルバイトで収入を得ても全く申告の必要も有りません。
残念ながら、現在の年金では余裕で暮してはいけません。
頑張って仕事を探してください。

Q自営業などのしてた年金生活者は安い年金で どのようにして生活してるのでしょうか?

自営業などのしてた年金生活者は安い年金で
どのようにして生活してるのでしょうか?

Aベストアンサー

ちょうどよいので、こちらに回答します。

会社での社会保険の保険料は、
厚生年金保険料も健康保険料も
個人と会社の折半となっています。

健康保険料10,770
厚生年金保険料17,936
となっていれば、
会社も同じ金額、つまり合計2倍の
保険料を
健康保険料は健康保険組合へ
厚生年金保険料は年金機構へ
納めているのです。

ですから、厚生年金は、
①国民年金にあたる老齢基礎年金に加え
②老齢基礎年金が受給でき、そのうえ、
③配偶者分の国民年金までも受給できる
ようになっているのです。

それに対して、自営業は②も③もありません。

ですから、国民年金基金、確定拠出年金、
個人年金などに加入して老後対策として
いるのです。
サラリーマンはそのあたりの意識が低い
ために、こうなった時に問題が露呈する
のです。
とか、偉そうに言ってますが、私も早期
退職したのをきっかけに知ることになり
ました。あなたと年齢はいっしょです。

国民年金は保険料が全額免除となっても、
年金は1/2支給されるのです。
保険料を払わなくても年金額が増え、
かつ遺族年金、障害年金という生命保険
の機能まであり、非常に有用性の高い
年金となっています。
他にこんな保険商品はありません。

このあたり誤解している人が多過ぎます。

問題は老齢基礎年金の受給額です。
これは老齢厚生年金を受給する人も、
実は年金だけで生活を維持できるほど
受給額がないことを認識するべきです。
といまさら言ってもしょうがないですが…

ですから、自営業も会社員も老後に向けて
生活費が足りなかったら、働くしかないの
です。

いかがでしょうか?

ちょうどよいので、こちらに回答します。

会社での社会保険の保険料は、
厚生年金保険料も健康保険料も
個人と会社の折半となっています。

健康保険料10,770
厚生年金保険料17,936
となっていれば、
会社も同じ金額、つまり合計2倍の
保険料を
健康保険料は健康保険組合へ
厚生年金保険料は年金機構へ
納めているのです。

ですから、厚生年金は、
①国民年金にあたる老齢基礎年金に加え
②老齢基礎年金が受給でき、そのうえ、
③配偶者分の国民年金までも受給できる
ようになっているのです。

それに対して、自営...続きを読む

Q会社都合で失業後、生活費抑えるために いろんなことしますが その中で 健康保険から国保に切り替えた場

会社都合で失業後、生活費抑えるために
いろんなことしますが
その中で
健康保険から国保に切り替えた場合、全顔免除されないのに、なんで厚生年金から国民年
金に切り替えたら全顔免除になるのですか?

教えてください。

Aベストアンサー

「全顔」じゃなくて「全額」ですね。

年金とは積立金みたいなものなので、過去に払った分は積み立てられて残っています。
対して、保険の方は分担金なんです。どうせ誰もが病気や怪我で病院を利用するんだから、普段健康な時から医療費を少しずつ分担しましょうねというお金です。なので、支払ったお金は残っていません。ほぼ使われてしまっています。

なので、年金は免除されても健康保険の方は免除されないのです。

Q加給年金について

私が68歳、妻58歳で、私が厚生年金受給(38年かけてました)
毎年年金機構から加給年金確認届け出の用紙が送られてきます。
3つ要項の対象にはなっているので
いつも妻の名前を記載して返送していましたが
妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると
友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。(妻は厚生年金は今年で24年目)
もちろん妻は、まだ会社勤めで、厚生年金は受給はしていません。
こういう場合、対象で良いか教えてください。

●3つの要項
要件1
厚生年金の被保険者期間が20年以上(中高齢の特例(※1)15年~19年の短縮措置あり)あること
●要件2
老齢厚生年金の受給権を取得した当時、生計を維持している65歳未満の配偶者、または18歳に達した後最初の3月31日までの子どもがいること
●要件3
その配偶者または子どもが将来にわたり、年収850万円以上の収入を得られないと認められること

Aベストアンサー

>妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると
友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。

これがまちがいです。
年金機構hpを見て下さい。

配偶者が老齢厚生年金(被保険者期間が20年以上または共済組合等の加入期間を除いた期間が40歳(女性の場合は35歳)以降15年以上の場合に限る)、退職共済年金(組合員期間20年以上)または障害年金を受けられる間は、配偶者加給年金額は支給停止されます。

単に妻が20年以上厚年加入で停止になるのではありません、受給してる場合です、
また、心配しなくても、配偶者の情報は機構に登録されているので、例外を除き、上記にあてはまれば、停止となります。

結論として、今受給は大丈夫、生計を維持はだしてよい、停止にかかれば自動で停止される

Q加給年金について教えて欲しい、、無知ですみません

加給年金についてお聞きしたいです。
私の父は、60代後半です。30歳~53歳まで18年厚生年金に加入していたそうです。(途中で仕事を何回か転職して、5年ほど失業していたそうです。)
母は、50代後半です。厚生年金はほとんど加入していたことがありません。

厚生年金に加入していたのが18年ちょっとなので、加給年金の資格がないそうです。
ちなみに調べてもらいましたが、こちら↓も私の父は当てはまらないと言われました。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/rourei/20140421-27.html

あと1年ちょっと厚生年金に加入できるところで働けばいいのですが、父はもうその気はないそうです。
また会社によっては、失業した1年間くらいは、厚生年金に加入させてくれる(?)ところもあるそうですが、父は断ったそうです。

ただ、何回か年金相談窓口に電話して聞いたときに、「失業した時に、特例(?)で、加給年金の受給資格期間だけが付く人もいる」とおっしゃった人がいたのですが(私の聞き方が悪かったのか、解釈を間違えた可能性もあります)その特例とはどういう人なのでしょうか?
後でその可能性を掘り下げようとして、何回も電話して聞いてみたのですが、「う~ん、ちょっと・・・。」と濁されたり、「厚生年金に加入する以外、方法はありません(もしくは共済組合等の加入期間)」など言われたりしてしまいました。

「失業した時に、特例(?)で、加給年金の時給資格だけが付く」とおっしゃった人の担当者の名前も忘れてしまいました。覚えておけばよかったです・・・。

何か知ってる方がいれば教えてもらえませんでしょうか。
よろしくお願いします。

加給年金についてお聞きしたいです。
私の父は、60代後半です。30歳~53歳まで18年厚生年金に加入していたそうです。(途中で仕事を何回か転職して、5年ほど失業していたそうです。)
母は、50代後半です。厚生年金はほとんど加入していたことがありません。

厚生年金に加入していたのが18年ちょっとなので、加給年金の資格がないそうです。
ちなみに調べてもらいましたが、こちら↓も私の父は当てはまらないと言われました。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/rourei/20140421-27.html

...続きを読む

Aベストアンサー

おそらくそれは「厚生年金第4種被保険者」のことかと思われます。
現在は、厚生年金は失業している人は絶対に被保険者になることはできません。会社が厚生年金の適用事業所でない場合、単独で加入できる制度などはありますが働いていないと無理です。
健康保険は、退職後も在職中の健康保険制度を引き続き使用できる「任意継続被保険者」という制度がありますが、これと同様の厚生年金での制度が第4種被保険者となります。
こちらは、いくつかの条件を満たす人が対象になりますが、基本的には昭和16年4月1日以前に生まれた方が対象です。
残念ですが、お父様は対象にはなりません。

http://www.nenkin-tisiki.com/category14/entry117.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報