先月末に下痢になり、風邪からくる胃腸炎と診断され、弱い抗生物質と胃腸の薬を処方されました。薬を飲んでも下痢症状はおさまらず、3日後には38.5度の熱が出て、強い下痢症状と午後から38度を超える熱が出て朝には平熱に下がるという日が10日続き、その間に抗生物質も強いものに変更になりました。熱が出て4日目に測ったCRPが4.2、白血球数正常、単球細胞比率3.3、顆粒球比率77.1で「様子みましょう。」と言う事でした。その時に抗生物質をグレースビット錠に変更し、その後1週間続いた高熱も、ようやく熱が高くても37度台前半迄下がり、下痢の回数も減ってきました。昨日は近くの内科医院で腸の動きが大分良くなっていると言うことでしたが、CRP検査はしませんでした。同じ抗生物質と整腸剤が4日分処方されましたが、CRP検査をしなくても腸炎が良くなっているので大丈夫という判断で宜しいでしょうか?

A 回答 (1件)

CRPは炎症反応が起こると上昇する数値です。

医師はまず風邪と診断するために採血をしてCRPや白血球(WBC)、また他の数値も見たのだと思います。

医師はあなたの症状からCRPも下がっていると判断しているのだと思います。確かにCRPを見ることで治ったと判断することができるのですが、症状が軽快しているのならば、採血をしてCRPを測らなくても大丈夫だと思いますよ。なので質問者様の考えで間違いないと思います。採血をすればお金も無駄にかかってしまいますし、医師はそのことも考慮してくれたのだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報