私の祖母が私を保険に入れたいとしています
私はお金を払う必要がなく、支払いは祖母が
そしてお祝い金を祖母がもらう代わりに怪我などの保険金は両親がもらうことになっています
祖母は自分の貯金のためといい九年後に還元された分を自分のものとしています
年末の保健の控除の際これは父の仕事で証明を提出するとしているのですが良いのでしょうか
とても疑問です
私は高校生です

A 回答 (2件)

>年末の保健の控除の際これは父の仕事で証明を提出…



まだ高校生ではちょっとむつかしい話かも知れませんが、父は「生命保険料控除」を受けて今年分所得税と来年分住民税を安くしたいのですね。
しかし、

>支払いは祖母が…

生命保険料控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受けられるだけです。
祖母が払ったものを父が申告すること、およびその逆は原則としてできません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族 (ご質問の事例では父) が代わりに払ったと主張することもできます。

祖母の預金から振り替えられたり、祖母のカードで決済されているような場合は、父にはまったく関係ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
では控除をうけられないのですね
疑問が解決しました

お礼日時:2017/07/14 15:36

>父の仕事で証明を提出するとしているのですが良いのでしょうか


だめです。
祖母が払うものを父が払っていたとしてはいけません。

9年後に満期金か何か分かりませんが、
祖母がそれを受け取ると、父が保険料を
負担していたものを、祖母が受けること
になり、『贈与』となってしまいます。

でも実際は祖母が払って、祖母が受け取る
のだから、税金がかかっても
満期保険金-保険料の差額分だけのはずです。

税務署からはそうは見えず、父が保険料を
払って、祖母が満期保険金を受け取ったと
見えてしまうことになります。

父のわずかな生命保険料控除の申告で、
後々誤解を受けるような申告は慎むべきです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報