アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

昨年1月に私(以下「甲」とします)は知人(以下「乙」とします)に対して、金60万円を、弁済期日平成28年12月31日と約定して貸与しました。しかし、弁済期日を過ぎても弁済がなされなかったため、甲は乙に対し、貸金返還請求書を送付しました。

しかし、それから半年以上経っても、弁済およびそれに対する返答がなかったため、
甲は簡易裁判所に貸金請求事件として訴えを提起しました。(通常訴訟です)


貸金60万円の借用書には、遅延損害金は記載しておりませんでしたが、
貸金返還請求書には ’弁済期日の翌日から以後完済するまで、年率20%の損害金を支払うようもとめる’ と記載し、訴状にも同様に記載しました。(画像参照)

また、先週の第一回口頭弁論において、
貸金返還請求書および訴状の全趣旨の事実に対しての答弁はありませんでした。

この場合、遅延損害金を約定していなくても、甲の主張通りになると思いますでしょうか

決断を下すのは裁判官ですが、その前に皆様のご意見を聞きたく存じます。

「貸金請求事件について」の質問画像

A 回答 (3件)

>この場合、遅延損害金を約定していなくても、甲の主張通りになると思いますでしょうか



なると思いますけどね。仰るとおり裁判の結果次第なんでなんともいえないですが、自分だったらおおよそ通ると思いますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

もしよろしければ
>おおよそ通る
とおっしゃっているご理由をお聞かせください(今後の為にも)

お礼日時:2017/07/14 16:43

第一回口頭弁論で被告から答弁書がなかったと言うことですが、裁判官から終結宣言はありましたか ?


あって判決期日まで指定されているならば、当該損害金も認められますが、実務では、ほとんどの場合、第一回で終結することはないです。
次回期日に本人尋問をするか、又は、主張事実の書証を提出するようにしています。
そうすれば、借用書に記載されていなに損害金は、認められないです。
    • good
    • 0

>金60万円を、弁済期日平成28年12月31日と約定して貸与しました



確約があるのであればそれは法的な証拠になりますので通ると思われます。

>>おおよそ通る
とおっしゃっているご理由をお聞かせください(今後の為にも)

何故おおよそなのか。
ネガティブ面
・まず自分がその確約書類を見ていないのでその部分に不確かな要素があると推測していること(お宅の訴訟の内容しか把握していないですからね)。
・裁判の結果次第ですが、相手側の状況が不明ですので、その点が不確かな要素であると推測していること(何らかの相手都合が裁判に響く可能性はもちろんある)

ポジティブ面
・やはり確約書類等の証拠があるのはかなり強いです。

以上の事からおおよそ通ると思われます
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸金請求事件での民事訴訟法について

昨年、知人から10万円を借りており、貸金返還請求書なども度々届いていましたが、借用書などは作成していなかったため、今まで無視してきました。

今日、簡易裁判所から訴状が届き、金十万円を支払うよう請求があり、
原告の証拠の一つに先ほどの「貸金返還請求書」がありました。

(もちろん答弁書は提出しますが、)この場合、私がその請求を無視していたので、借用書がなくても原告の請求が通ってしまうのでしょうか

民事訴訟法での回答をお願いします。

Aベストアンサー

>私がその請求を無視していた

と言うことであれば、民事訴訟法179条で借用書等はなくても原告勝訴です。
「もちろん答弁書は提出しますが」と言うことなので「無視」ではなく、明かな答弁をすべきです。(例えば、「借りていない」など)
しかし、今回は「昨年、知人から10万円を借りており」と言っておられるので裁判所を欺罔することもできないので、答弁書では「認める。」とすべきです。

Q貸金請求事件について

昨年1月に私(以下「甲」とします)は知人(以下「乙」とします)に対して、金60万円を、弁済期日平成28年12月31日と約定して貸与しました。しかし、弁済期日を過ぎても弁済がなされなかったため、甲は乙に対し、貸金返還請求書を送付しました。

しかし、それから半年以上経っても、弁済およびそれに対する返答がなかったため、
甲は簡易裁判所に貸金請求事件として訴えを提起しました。(通常訴訟です)


貸金60万円の借用書には、遅延損害金は記載しておりませんでしたが、
貸金返還請求書には ’弁済期日の翌日から以後完済するまで、年率20%の損害金を支払うようもとめる’ と記載し、訴状にも同様に記載しました。(画像参照)

また、先週の第一回口頭弁論において、
貸金返還請求書および訴状の全趣旨の事実に対しての答弁はありませんでした。

この場合、遅延損害金を約定していなくても、甲の主張通りになると思いますでしょうか

決断を下すのは裁判官ですが、その前に皆様のご意見を聞きたく存じます。

Aベストアンサー

貸金60万円の借用書には、遅延損害金は記載しておりませんでした
なら、基本はなりません。
遅延損害金は約定する必要はありませんが、年率20%取りたいなら前もって約定が必要です。
約定利率がないなら法定利率になります。
https://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC419%E6%9D%A1
まは、相手が反論せずに終結した場合、つまり請求を認める結果になった場合、20%認められるかもしれませんね。

Q裁判費用の負担について教えてください。 高裁での判決文に一審、二審ともに裁判費用は被告負担と判決に書

裁判費用の負担について教えてください。
高裁での判決文に一審、二審ともに裁判費用は被告負担と判決に書かれています。
しかし、被告は上告しました。
※私は原告になります。
その場合、裁判費用は最高裁が終わるまで被告に支払ってもらえないのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

判決が確定しないと「訴訟費用額の確定の申立」はできないです。(民事訴訟法71条)
確定し、原審に記録が戻ってきてから、原審にその申立をし、それも確定しなければ訴訟費用の取り立てはできないです。

Q裁判官に誘導尋問されました。

少額訴訟で法人を訴えました。
被告とは主張が全面的に平行線でした。
どちらも確固たる証拠もなく、口約束の契約があったか無かったかの争いでした。
弁護士に相談したところ、証拠がなくてもできる限り資料を用意して、録音書き起こしすれば、認めてくれる場合がある、と言われました。
しかし当日出廷して見ると、冒頭から裁判官が「資料が多すぎて全部分からないかも知れない」と言い、私の説明を遮って否定する尋問をされました。
「あなたの主張は単なる受け取り方の違いですよね?」「あなたの主張は民法の何条が根拠ですか?」「ぎりぎりに出した資料は信用できない」など、無茶苦茶な言い分で、私の説明を遮って判決を出されました。被告への質問はほとんど有りませんでした。裁判官の誘導尋問は禁止されているはずです。
現実の裁判はこんなものなのですか?
被告が大企業の場合、裁判官が遠慮することが有るのですか?
これから戦うために、どのような方向でいけば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

> 現実の裁判はこんなものなのですか?

少額訴訟が「こんなもの」です。


> 被告が大企業の場合、裁判官が遠慮することが有るのですか?

特に少額訴訟では、そんなことは有り得ません。


> これから戦うために、どのような方向でいけば良いのでしょうか?

より有力な状況証拠に絞って、争うことでしょうね。

そもそも少額訴訟は、複雑な事件を取り扱わない前提です。
逆に言えば、裁判するまでもなく、「明らかにお前が悪い!」と言う、簡単な事件しか扱いません。

従い、裁判官が大企業に配慮することなども無いワケですが。
一方では、簡単な事件ですから、誤審なども絶対に許されません。

すなわち「原告(or被告)の主張の方が、より事実と推認される」と言う様な判決は、まず下りません。
状況証拠で争う場合、裁判官にとって「明らかに推認される」「容易に推認される」と言うレベルじゃないと、証拠として採用されません。

当事者にとっては、深刻な事態だとは思います。
しかし、そもそも被害も軽微と言う前提の少額訴訟では、裁判官も誤審リスクなどは、一切負わない(負えない)のです。
社会全体で言えば、被害額より誤審リスクの方が、はるかに大きいと言いますか・・。

口約束などを争えば、裁判官の「推認」が求められるので、少額訴訟は最も適さない手続きとも言えそうで。
少額訴訟で行うなら、もっと有力な証拠を集めてから手続きすべきだったとも言えそうです。

> 現実の裁判はこんなものなのですか?

少額訴訟が「こんなもの」です。


> 被告が大企業の場合、裁判官が遠慮することが有るのですか?

特に少額訴訟では、そんなことは有り得ません。


> これから戦うために、どのような方向でいけば良いのでしょうか?

より有力な状況証拠に絞って、争うことでしょうね。

そもそも少額訴訟は、複雑な事件を取り扱わない前提です。
逆に言えば、裁判するまでもなく、「明らかにお前が悪い!」と言う、簡単な事件しか扱いません。

従い、裁判官が大企業に配慮することなど...続きを読む

Q検察庁から呼び出しを受けており、困っております。

内容は盗撮行為による、迷惑防止条例違反です。
警察で逮捕はされてません。
被害者は特定されてません。初犯です。
初めてのことなのでいろいろと心配です。
①電話で罰金刑か懲役なるかわからないと言われましたが、懲役になることもあるのでしょうか?
②ネットで調べましたら、
>検察官が自ら被疑者・参考人の取調べを行ったり,証拠の不十分な点について,警察を指揮して補充捜査を行わせたり・・・事実と相違がなければ,署名・押印してかまいませんが,異なる点があるのならば署名・押印してはいけません・・・
事情聴取に対し部分的に黙秘や否定、調書にサインを拒否したりした場合、再度警察による捜査が振出しに戻ったりありますか?警察では認めサインしてます。
③事情聴取について
聞かれる内容は、警察と全く同じでしょうか?
④他に注意点など教えて下さい。

Aベストアンサー

貴方が、正直に話をし、反省しており、罪を認めるなら、懲役ということは、9分9厘ないと思っていいですよ。

検察では警察の調書の内容を本人を呼び、確認するというのも大事な作業です。
ですから、万一警察で脅されて、あるいは半強制的に書かされたような内容があれば、そのことをきちんと話し、主張することもありです。

逆に、それができるからといって、嘘をついて罪を軽くしようなどど決して思わず、しないこと。
表情に出て、慣れた検察官なら見破られ、心証を悪くしますよ、、、。

二度と同じようなことをしないように、将来を向いてください。

社会人ですか?
お金をすこしかければ、安全に、もっと楽しめるのではないですか?、、、、、。

Q現状回復費用で裁判になりました

賃貸住宅を退去しました。退去後に、畳と襖の交換費用やハウスクリーニング費用として20万円弱請求されています。立会での明け渡しを拒否され、入居時からの損傷があったにも関わらず、契約書にあるから払えの一点張りで、支払えないと伝えると支払い督促が届いた次第です。ハウスクリーニングは契約書に記載はなく、退去を申し出た際に自己にて清掃を行うことを伝えてありました。敷金が5万円あり、5万円を差し引かれた金額です。(目に余るシミがあったため、入居時に写真撮影しています。)

明け渡し予定日前に残りの荷物(掃除道具)を取りに行くと、業者が入り修繕していました。また、都合が悪くなったと明け渡しを拒否され、カギはポストへ入れておくよう指示されました。敷金の返還は難しいと思い諦めていましたが、大きな損傷がないにも関わらず畳と襖の全てを新品に交換した費用を後日請求され納得できません。ハウスクリーニングについても事前に口頭で伝えており、納得できません。しかも、明け渡し約束日前に無断で入室も、引っ越し作業はほぼ完了しているものの違法ではないでしょうか。

務め先へ請求書を送りつけてきたり、脅しの電話をかけてくるような家主です。家主と直接契約で不動産屋はいません。敷金は諦めていますが、敷金以上の支払いはしたくありません。
訴訟となるとやはり司法書士等の専門家にお願いしたほうが良いでしょうか。答弁書は必要ないようですが、出した方が良いでしょうか。

賃貸住宅を退去しました。退去後に、畳と襖の交換費用やハウスクリーニング費用として20万円弱請求されています。立会での明け渡しを拒否され、入居時からの損傷があったにも関わらず、契約書にあるから払えの一点張りで、支払えないと伝えると支払い督促が届いた次第です。ハウスクリーニングは契約書に記載はなく、退去を申し出た際に自己にて清掃を行うことを伝えてありました。敷金が5万円あり、5万円を差し引かれた金額です。(目に余るシミがあったため、入居時に写真撮影しています。)

明け渡し予定日...続きを読む

Aベストアンサー

訴訟になってもあなたが負けることはないでしょう。契約に関してですが、書いてないものは支払う必要が無いのはもちろんですが、契約書に書いてあっても、あなたが不利になるような契約は無効になります。貸す方も借りる方も公平な契約で無ければならないのです。

確か、今年の6月3日から契約法の一部が改正されたようです。消費生活センターに相談されて、その回答をメモしたり、担当者のフルネームをお聞きになってあなたの有利になる資料を集めておきましょう。貸主の言い分は、昔の貸主の言い分そのままのようですので負けるでしょうね。

Qオークションで収入印紙を売りましたが購入相手からクレームが来ました

オークションで収入印紙を売りました。
以下が私のオークションの説明文です。

亡くなった伯父の部屋を掃除していた時に出てきた物です。
よく見ると右上角に欠けがあります(画像参照)。
詳しくは分かりませんが古い物かも知れません。
以下省略・・・

それで、購入した相手からクレームが来ました。
クレームの内容は、郵便局に使用するために提出したところ、古びており一度貼って剥がしていることから使用を拒まれました。
こちらとしては使用できると信頼して購入しましたので、返金をお願いしますと言う事でした。
それに対しての私の返事が以下の通りです。
オークションの説明にもあります様に、この収入印紙は亡くなった伯父の部屋を掃除していた時に出てきた物で、古い物かも知れませんと記載しております。
その他の詳細などは私自身分かろうはずがありません。
申し訳ございませんが宜しくお願い致します。
再度、購入した方からのクレームが来ました。
以下がその内容です。

貴方売主ですよね?売主には売買契約が有償契約であることから売主に法が特別の責任・法定責任として目的物から生じた本来の効用を妨げる瑕疵が見つかった場合、例え知らなかったとしても無過失責任という重い責任を負います。(民法570、566条)
買主としては、本来の目的を達成できない場合には売買契約の解除、損害賠償請求(信頼利益の損害)をする事ができます。裁判所のとる判例の示すところによれば、たとえ当事者間で返品不可で古いものであることに当事者間で合意が成立していたとしても、売主が売買契約締結という高度の相互信頼関係を構築し、お互いに相手方に損害を被らせない様に行動・説明する信義則上の義務(民法1条2項)を負い、売主が調べればすぐに分かる調査を怠り、漫然と瑕疵のある事実を告げずに販売した場合には合意は信義則上無効となります。
信義則は強行法規であり、私的自治の領域であっても裁判所が弱者救済・被害者救済の観点から、法が助力する必要性が生じるのです。上記はオークション取引であっても売買契約と準ずる為、適用されます。
貴方は郵便局へ行き、使えるかどうか調べることができたし、これは手元に届く前に買主が行う事ができず、使用できないものと知れば買うはずがありませんでした。
買主としては当然に履行されているであろうと信頼を抱くものです。これを貴方は怠り、私の信頼を裏切りました。
知りませんので責任は負いませんは抗弁として認められません。
こちらとしては、使用することができないという事実は客観的にみて要素の錯誤にあたるため、錯誤無効(民法95条)を主張して代金返還請求をすることもできますし、使用することができない事実を告げずに使用できるものとして販売したとして、詐欺取り消し(民法96条1項)をする事もできます。
直ちに代金の返還の対応をお願いします。返金に応じないのであれば、警察へ通報させていただきます。

この場合、私が全面的に悪く全額返金しないといけないのでしょうか?

オークションで収入印紙を売りました。
以下が私のオークションの説明文です。

亡くなった伯父の部屋を掃除していた時に出てきた物です。
よく見ると右上角に欠けがあります(画像参照)。
詳しくは分かりませんが古い物かも知れません。
以下省略・・・

それで、購入した相手からクレームが来ました。
クレームの内容は、郵便局に使用するために提出したところ、古びており一度貼って剥がしていることから使用を拒まれました。
こちらとしては使用できると信頼して購入しましたので、返金をお願いし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

あなたのオークションの説明文:

亡くなった伯父の部屋を掃除していた時に出てきた物です。
よく見ると右上角に欠けがあります(画像参照)。
詳しくは分かりませんが古い物かも知れません。
以下省略・・・

で気になった点が二つ:
①以下省略の部分に、(古い物かもしれませんので)「使用できない可能性も有る」ことまで記載してありましたか?
②また、あなたはこの古い収入印紙を買い手が実際に使用する可能性を予見しつつ売っていたかどうか?

と言う二点が気になりますね。

というのは、もし訴訟になった場合には、
①は相手方の言う「漫然と瑕疵のある事実を告げずに販売した場合には合意は信義則上無効となります。」にもろに抵触する。
②は、もしあなたが、買主はこの古い収入印紙を実際に使用すると予見するなら、当然「貴方は郵便局へ行き、使えるかどうか調べることができた」のにそこをスルーして売ってしまったということになるからです。「予見できませんでした」と言うのは簡単ですが、現実問題として、収入印紙と言うものの性質上、「買主がまさか本当に使用するとは思わなかった」という説明を万人(裁判官も含めて)に納得させるのはすごく難しいと思うのです。

結論としてこの話に関してはあなたさまの方の分はかなり悪いような気がします。
大した額でもないでしょうから返金した方がよいですよ^^。

こんにちは。

あなたのオークションの説明文:

亡くなった伯父の部屋を掃除していた時に出てきた物です。
よく見ると右上角に欠けがあります(画像参照)。
詳しくは分かりませんが古い物かも知れません。
以下省略・・・

で気になった点が二つ:
①以下省略の部分に、(古い物かもしれませんので)「使用できない可能性も有る」ことまで記載してありましたか?
②また、あなたはこの古い収入印紙を買い手が実際に使用する可能性を予見しつつ売っていたかどうか?

と言う二点が気になりますね。

というのは...続きを読む

Q最高裁の判決までについて教えてください。 私は原告で損害賠償請求をしています。 高裁で良い判決をいた

最高裁の判決までについて教えてください。
私は原告で損害賠償請求をしています。
高裁で良い判決をいただいてます。
4月半ばに高裁判決が出ました。

これに対し、被告は最高裁に上告しました。
日にち的に理由書など提出してると思いますが、記録到着通知書?という最高裁で審議する旨の書類が届きません。

代理人弁護士をたててますので、なにかしら動きがあれば連絡が来ると思いますが、未だに届いてないそうです。

上告理由書などを提出してから、どのくらいで記録到着通知書が届きますか?
また、届かずに判決が出る事があるのでしょうか?

裁判所で審議されてから判決が出るまで一般的に、どのくらい時間がかかりますか?
仮に最高裁で受理しない場合、まだ訴えられる事はありますか?

裁判が長く不安な日々です。
早く判決がでないかと悩んでおります。

色々と質問ばかりで、すみません。
どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

最高裁が上告を受理するのは、わずか数%程度です。
従い、損害賠償請求訴訟くらいで、最高裁が受理するとは、ちょっと考えられません。

更に、最高裁で高裁判決が破棄されるケースに至っては、もう一桁下がって、1%未満。
すなわち、我が国は三審制を謳ってはいますが、概ねの係争は、事実上、二審制であり、99%程度の確率で、高裁判決で結審すると考えて差し支えありません。

そこら辺りの事情は、弁護士もよく判っていますので、被告本人にも説明しているとは思います。
説明を受けて被告本人が納得し、上告が取り下げられるケースも多いです。
逆に納得しない場合でも、最高裁への上告も、弁護士費用が発生するので・・。
被告側弁護士としては、99%見込みがなくても、クライアントが要求すれば、商売と割り切って、上告手続きくらいはしても、別に不思議ではありません。

不受理の場合、半数ほどは、3ヶ月以内に通知される様です。
よほど高難度な内容ではない限り、遅くとも年内には最高裁が不受理の判断をして、高裁判決で結審すると考えて良いです。

現時点での原告側としては、私も仮執行の請求が良いと思いますが、高裁で勝訴した弁護士なら、信頼しても良いでしょうから、弁護士によく相談するのが良いかと。
言い換えれば、こんなQ&Aサイトより、弁護士にメールででも尋ねれば良い話しですよ。

最高裁が上告を受理するのは、わずか数%程度です。
従い、損害賠償請求訴訟くらいで、最高裁が受理するとは、ちょっと考えられません。

更に、最高裁で高裁判決が破棄されるケースに至っては、もう一桁下がって、1%未満。
すなわち、我が国は三審制を謳ってはいますが、概ねの係争は、事実上、二審制であり、99%程度の確率で、高裁判決で結審すると考えて差し支えありません。

そこら辺りの事情は、弁護士もよく判っていますので、被告本人にも説明しているとは思います。
説明を受けて被告本人が納得し、...続きを読む

Q私事情なんですが、ポケットWi-Fiの料金の支払いをするのを忘れてて、東京簡易裁判所からお手紙が来ま

私事情なんですが、ポケットWi-Fiの料金の支払いをするのを忘れてて、東京簡易裁判所からお手紙が来ました。異議申立書の紙があって、郵送をしようと思っています。
裁判になるとやっぱり東京簡易裁判所まで行かないと駄目なんでしょうか?
私は兵庫県に住んでいて、仕事もあるので、東京まで行くのが難しいので、どうすればいいんでしょうか?
詳しく解る方、教えていただけると有難いです。

Aベストアンサー

Wi-Fi契約している会社に連絡して、素直に料金を支払えばいかがですか。

Q先日、債権者会議で質問に対して私が分かりません、覚えていませんと言っていると、債権者側の弁護士がそう

先日、債権者会議で質問に対して私が分かりません、覚えていませんと言っていると、債権者側の弁護士がそういう態度なら「反社会的勢力として告訴するぞ」と言い、裁判長は私に「反社会的勢力と言われてあなたはどう思いますか?」と言いました。私はヤクザではありません。私に弁護士がついていないのを良いことに言いたい放題です。これは名誉毀損で訴えることは出来ますか?又、裁判長は中国人が400万円も用意出来るわけがないと暴言です。

Aベストアンサー

>法廷って何なんですかね?
 裁判官が、法に照らし合わせて判決を下すところです。

原告(貸付を返済されない被害者)への救済が優先されるのは当然。

>私はヤクザではありません。
 反社会的勢力とは、ヤクザを示す言葉ではありません。
 ヤクザも含まれるが「借りたら返す。返すために収入を得て返済をする」など
【社会人としての当たり前の行いを無視する、反社会人的な人】も該当します。

>私に弁護士がついていないのを良いことに言いたい放題です。
 相手が弁護士なら「法はもちろん、一般常識に基づいた発言」しかしないハズ。
 しかも法廷の場なら尚更だから、
 自身の常識の方がズレている、と自覚する方が良いかと。

>これは名誉毀損で訴えることは出来ますか?
 訴えることは可能だが、請求却下の判決を受けると思います。

>裁判長は中国人が400万円も用意出来るわけがないと暴言です。
 被告(質問者さん)に有利な発言に思いますが。
 任意整理して、減額したところで返済が出来なければ破産が確定する。
 ならば自己破産して、免責を付ければ返済はしなくて済む訳だし。

 原告側の質問に対して誠意を持って回答しない被告は、
 裁判官の心証が悪くなるのは当然。
 今の姿勢では「自己破産は確定、免責はなし。」になると思います。

【破産】は申告した時点で、既に確定しています。
 裁判官は、破産後の債務の扱いをどうするかを審理をしているところです。

▶返済を残すか、免責を付けて終わりにしてもらうか。
 大きな違いがありますよ。
 免責は「当然のこと」ではありませんよ。

>法廷って何なんですかね?
 裁判官が、法に照らし合わせて判決を下すところです。

原告(貸付を返済されない被害者)への救済が優先されるのは当然。

>私はヤクザではありません。
 反社会的勢力とは、ヤクザを示す言葉ではありません。
 ヤクザも含まれるが「借りたら返す。返すために収入を得て返済をする」など
【社会人としての当たり前の行いを無視する、反社会人的な人】も該当します。

>私に弁護士がついていないのを良いことに言いたい放題です。
 相手が弁護士なら「法はもちろん、一般常識に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報