アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

「悪い事ばかり考えないで、楽しい事を考えようよ。」とは簡単に言われても、

良い事、楽しい事があった時でもそれは泡沫夢幻の如く、ですし、
「良い事があれば、それこそ悪い事の始まりだ。」
と考えてしまうので仕方がありませんね。
要するに、所詮は悪い事ばかりと言う事です。

楽しい事や嬉しい事があっても、喜ぶだけ喜んだなら、その分、また嫌な事や辛い事、理不尽や不可解な事などがあった時のダメージは大きくなると言う事ですよね。
なので、喜ぶのも程々にしています。
熱くなればなる程、冷めた時のダメージは大きいですね。

楽しい事や嬉しい事があっても、また、褒められても、今ではどうも、単純に喜ぶ事は出来ません。

褒められたとしても、
「褒められる事がまた叱られる事の始まりだ。」
と言う風に考えてしまいます。(苦笑)(汗)

皆さんはどうですか?

A 回答 (3件)

「悪い事ばかり考えないで、楽しい事を考えようよ。


では無くて、「まずは行動しようよ」です。
賢い人は行動する前に先を読むので行動しなくなります。
1を聞いて10を知る人は1もやりたくないと。
でも10やってみないとわからないことが殆どです。
「ウサギとカメ」とにかくやってみよう。
宝くじも買わなければ当たる確率はゼロです。買えば当たるかも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。皆さん、有り難う御座います。

お礼日時:2017/07/18 15:33

「喜ぶのも程々にしています。

熱くなればなる程、冷めた時のダメージは大きいですね」
⇒そうですね。

「楽しい事や嬉しい事があっても、また、褒められても、今ではどうも、単純に喜ぶ事は出来ません」
⇒私の場合は、もう年齢的に世の中を理解してしまっているので、幻想は追いかけませんね。
若い頃と違って、多くの人から好かれようとは思わないし、自分と同じ価値観をもった人たちと楽しく付き合えば十分ですね~。
    • good
    • 1

自分はその逆で、良い事があった時は連鎖してさらに良い事が重なる。


悪い事があった時も連鎖してさらに悪い事が重なる。
と言う風に思っています。

なので、良い事があればあっただけいいと考えます。
良い事を少しでも増やしていく、多くすると考えていけば恐れることはありません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「最近の若者は・・・」「老害ジジイ達が・・・」

中年や高齢者が「最近の若者は・・・」と、ネガティブな話をすることは昔からよくあると思います。
その反面、子供や若者が「古い奴らは・・・」と、中年や高齢者に対してネガティブな話をすることも同じようによくあります。


つまり、「今の若者はダメだ」と「今の大人はダメだ」がいつの時代も常に同時に存在しているのです。

なぜこのような社会的心理の矛盾が生まれてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

それぞれの立場で批判している。両方合って入るけど客観性はない。
老害の人は自分の生きた時代の良いところだけ対象として若い人の悪いところだけ批判する。
若い人はその逆です。
「最近の若者」を育てたのは「今の中年や高齢者」ですから。
いいとこ取りして次に繋げるのが文化というもの。

Q派遣の仕事紹介で金融系に多いと思うのですが複数名同時募集というのがあります。 4,5名~10,20名

派遣の仕事紹介で金融系に多いと思うのですが複数名同時募集というのがあります。
4,5名~10,20名とか色々ですが新規立ち上げはともかくそうでない既存の部署で複数名同時募集というのは辞める人が多いのでしょうか?
長年勤めてたまたま数人辞めたということもあるかもしれませんが定着率がよくないのでしょうか?
私の知人アラフィフは金融系で複数名同時募集で決まったそうです。
派遣会社から紹介があって先方へ行き仕事説明を聞いただけで決まったそうです。
次は複数名同時募集にしようかなと考えているので参考までにどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

少人数を何回も募集するよりも 一定の人数をまとめて募集するほうが 手間や経費か省けるからじゃない

Q哲学では、何が正解なのですか? どうやって、正解を求めるのですか? そもそも、正解はないのですか?

自然科学では、言い分が対立した場合、“実験をやろう”、“予測をしよう”、“論理の精密な積み上げをやろう”ということになり、正解が独りでに決まってしまいます。
哲学では、何が正解なのか分りません。各人が、勝手に言っていうだけ、と感じます。
百家繚乱とは言えず、百家争鳴のような気がします。

以下質問です。
哲学では、何が正解なのですか?
どうやって、正解を求めるのですか?
声が大きい(多い)方が正解なのですか?
そもそも、正解はないのですか?

Aベストアンサー

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
 (4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
   める。
 (5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
 (5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
   のかもしれない。
 ということですが、(0)(1)(2)(3)までで終わればまだ「科学」の
 体をなしていない。
 (0)(1)(2)(3)(4)まででもまだ中途半端。
 (0)(1)(2)(4)(5b)というのは、しばしば勘違いの誤謬を含む。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5a)となれば、これは立派な「科学」で、失敗報
 告という論文が書けます。既にある理論に対立する理論を構築
 し、検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5b)の場合、形而上学的に(1)を認めちゃうという
 短絡をやらかすと「科学」ではなくなるし、哲学としてもお遊
 びレベル。この場合(1)は「一応の仮説」として提言されるべき
 で、何度も(2)~(5b)のサイクルを回った上でようやく「一応最
 もらしい学説」に昇格する。でも反例が一つ出たら瓦解します
 。だから、哲学としては(0)を追加するなり、(1)を精密化するな
 り、(2)のバリエーションを作るなりして一層深い研究を進める
 べきです。
 かくて、(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間と
 コストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築すると
 ころまでは間違いなく哲学で、ことに(5a)(5b)の次のサイクルを
 方向付ける、(0)(1)(2)(3)こそ哲学の仕事です。その指針として(
 検証不可能であるところの)形而上学があったって、それは構わ
 ない。どの仮説から手を付けようかサイコロ振って決めるというの
 よりも、人間の洞察力を信じたいですね。(しかし何度か旨く行
 った形而上学が、だからといって信仰に化けてしまうのは感心いた
 しません。)

まとめ。科学は哲学の一分野である。テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べる。
(0)観察をする。
(1)仮説を立てる。
(2)仮説から演繹される予想を立てる。
(3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
(4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
  める。
(5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
(5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
  のかもしれない。
科学は(0)(1)(2)(3)(4)(5a)と(0)(1)(2)(3)(4)(5b)をたくさん集める。(5a)のとき失敗報告という論文が書ける。既にある理論に対立する理論を構築し検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。(5b)のとき、類似したたくさんの(5a)とあわせて科学。でも反例が一つ出たら瓦解する。
哲学は(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間とコストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築するところまで。次のサイクルを方向付ける。指針として検証不可能である部分を持つ。

リンク先の質問とno.1~no.83を読んでみると、哲学で意見が対立する場合、範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名、現象から推測される予測が異なってくるのだと思う。予測が否定されると、自身の信条が否定されたと強く感じてしまうと、自身の予測に矛盾があるのが自身で認められなかったり、自身の予測の反例となる現象が認められなかったりする。範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名が同意できなくなる。論争になる。正解が見つからない感じになる。

声が大きい(多い)方が正解というのは誤り。リンク先のno.2の説明が良い説明だというのはno.20の直感。どうして良いのかは説明できない。✕百家繚乱〇百花繚乱。

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。...続きを読む

Q法律・規制って本当の事を言ってはいけないって事ですか?

世の中には、本当の事を言ってはいけない規制って多いですよね。

その代わり嘘はフリーパスと云う物が多いですよね。

それは先生と呼ばれる人が模範を示しているからですか?

Aベストアンサー

政治家と官僚、あるいは知能エリートは自己のことしか考えていない。
行為もそうなる。
本当のことを述べたら政治家と官僚、あるいは知能エリートのイメージとかけ離れているので、
先に障害となる。まずいじゃないか。
(企業・事業主も自己のことしか考えていない)。
豊洲もばれても造ってしまったらこっちのものと算段をしている。
予期せぬ登場者の小池もその算段どおりに動いている。
算段どおりでもなくても本当のことを言ったらまずいでしょ。

Q最近、心理学の本にこっています。 あなたが読んだ心理学の本の中で、面白かったもの、共感したもの、役に

最近、心理学の本にこっています。
あなたが読んだ心理学の本の中で、面白かったもの、共感したもの、役に立ったものなどあれば教えてください。(^_^)

Aベストアンサー

私も8ヶ月前から独学してます。漫画みたいな本から専門書まで。
専門家は先人の論文を学んで自己主張します。
私にはその辺のおじさん、おばさんの実体験に基づく説教(教え)の方が良く理解できます。
机の上で学んで書いた本より経験に基づく本が核心を突いています。
情報化の現在、時代と共に人の考え方、思想は変化してます。
昔の学者のことは通用しないこともあります。
現世界では最新の心理学が必要ですね。
できれば図書館に行って自分でいろいろ探してみると良い本と出会いますよ。
本の世界と現実の世界は違います。

Q私の父は歳のせいか耳が遠く、テレビの音を下げてと言っても無理と言いますそのせいで耳が悪くなるのも嫌で

私の父は歳のせいか耳が遠く、テレビの音を下げてと言っても無理と言いますそのせいで耳が悪くなるのも嫌です。何をすればいいですか?

Aベストアンサー

説得するしかないでしょう。

耳が悪くなるから音量あげすぎないで

と。

またこういうとよいでしょう。 

大音量は難聴を悪化させますよ

と。

Q私はおかしいでしょうか?

私の実家は田舎で村中に噂がすぐ広まります。

今回妊娠いたしまして、その事を母親が村中に話して周り、私はすごく嫌でした。
嬉しいのはわかりますが、私はとても迷惑で、
嫌だからやめて!といったら
お前はやっぱりおかしい!と母親に言われました。

私は以前、噂の的になり、少しノイローゼになりまして、鬱病を患いました。
そのトラウマもあり、本当にやめて欲しいのですが、やめてもらえるでしょうか?

それから噂の的になるのを嫌がる私はおかしいでしょうか?

Aベストアンサー

御質問から、お母様の時代はそのようなことが普通であったと思われます。「お子様が・・それはよかったね等」
しかし、最近はご承知の通り「個人情報」の悪用等が後を絶たないのでご質問者様の感覚は普通と思います。

お母様に、最近のご時世についてお話しし、「やめて欲しい」ことを理解していただくのが良いと思います。
ご質問者さんのお気持ちは、現代感覚としてごく普通と思います。

ご参考まで。

Q世界の正義を求めるとしたら どういうものでしょう?

昔は子供たちは正義の味方に憧れて、いじめや悪いことを嫌いました。

しかし今はアメリカの正義とISの正義と北朝鮮の正義、中国の正義は違います。

正義が違えばそこで起こった問題や戦争は誰が悪いのか分からなくなる。

私の正義の定義は みんなで存在することが正義です。

ここでみんなと言うのは世界中の人を勘定に入れてと言う事です。

そんな正義を見出したくないですか?

人間に正義を取り戻そうではありませんか。世界の正義とはどういうものでしょうか?

Aベストアンサー

それは話を聞いてあげる事からですね。
話をするところから関係が始まりますね。
それが難しいのでみな苦労するのですね。
話を聞く方にも、絶対の正義があるわけではないですから、共感もできるし自省も起こるのですね。
北朝鮮に言わせたら、あんたらだって核兵器持ってるじゃんってことになりますね。
連合国に言わせたら、お前ら国民もろくに食わせてないじゃないか、となりますね。
まぁ、世界は色々あるので、色んな人々の力がそれぞれの問題に必要なのですね。
決して統一してしまう事が良いわけではないのです。大切なのは調和ですね。赤と水色は対立しますが、一つの絵の中で調和しますね。色んな主義主張が、世界において調和して居れば良いのです。

Q死ぬ権利はなぜ認められないのでしょうか?

例えば、治る見込みがない病気で日々激痛に苦しむ人には死ぬという選択肢があってもよいと思うのですが、なぜいけないのでしょうか。特に本人が希望
し、家族も了承、治療にかかる精神的、金銭的負担も厳しいといった方々には必要だと思います。
その延長線上として、経済的もしくは精神的に生活するのが厳しいが、心情的に生活保護は受けたくない、よって将来に希望が持てないので生きていたくない、といった方々にも死ぬという選択肢を選ぶ権利があってもよいと思います。法律に「生きる権利」があることは知っていますが、「死ぬ権利」もあっていいのではないでしょうか

Aベストアンサー

>確かスイスだと思いますが西欧の国では制度上認められていて
>他国から入国して安楽死という手段を選んでいる
>人もいると聞いています。


スイスのディグニタスという自殺ほう助団体ですね・・。

おっしゃるとおり安楽死の条件は

>治る見込みがない病気で日々激痛に苦しむ人

となっています。


ディグニタスとて地元で反発され、一時は施設を追い出され
クルマで安楽死を実行したこともあります。

また安楽死には必ず殺人事件の捜査が入るのです・・。


海外とてこの状況。日本ではまだまだタブー視が
根強いのではないでしょうか?

Q嫌味言う人はなんで嫌味言うんですか?

嫌味言う人はなんで嫌味言うんですか?

Aベストアンサー

この「教えて!goo」にもいるでしょう。
質問しては最後に回答者に嫌みを言って締める人。
八つ当たりする相手がいないのです。
現実世界では嫌みを言うと嫌われるとわかっているのに何故言うの?
自分の立場が上だと自覚する人だからです。
会社では上司から部下、学校ではイジメ側からいじめられ側、
我が家では奥さんから私に・・・です。
反論されないという安心感からです。
逆に嫌がられ、軽蔑されているという自覚が無いのです。
寂しい人ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報