細胞の生死を判定する方法の1つにMTT法と呼ばれるものがあるそうですが、それはどのような測定法なのでしょうか?実験の進め方などもあわせて教えていただけるとたいへんありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

rei00さんの文献紹介がありますが、以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?


============================
新アポトーシス実験法 基本操作と最先端の解析法  辻本賀英,刀祢重信,山田武∥編
出版地 :東京
出版者 :羊土社
出版年月:1999.8
資料形態:307p  26cm  5800円
シリーズ名: 実験医学別冊  バイオマニュアルupシリーズ  
注記  : 「最新アポトーシス実験法」(1995年刊)の改訂第2版
======================================
この中にMTT法の記載もあるようです。

in vitroで癌細胞を用いての抗腫瘍剤の評価等でも使用されますね?

ご参考まで。
    • good
    • 0

詳細は文献を御覧になった方が良いと思いますので,簡単に原理だけ。



生きている細胞は,ミトコンドリア中で種々の還元反応を行なっています。ですので,3-(4,5-dimethylthiazol-2-yl)-2,5-diphenyl-2H-tetrazolium bromide (MTT) を加えた時,細胞が生きていれば MTT は還元されて MTT formazan と呼ばれる化合物になります。この生じた MTT formazan の量を 550 nm の吸光度を測定して求める方法が MTT 法です。

ここで生じる MTT formazan は水に難溶性のため,水可溶性の formazan を生じる XTT や WST を用いる方法も最近ではあります。

MTT 法の実験の進め方ついては,Rubinstein L.V. et al., J. Nat. Cancer Inst., 82: 1113-1118 (1990). を参照下さい。

ところで,文献検索はされましたか。上記の文献は基本的な方法で,実際に行なう時にはそれぞれ少しづつ変えていると思います。そのあたりの実際の方法は,最近の細胞毒性を報告している文献を見られた方が確かだと思います。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なにぶん、方法まで詳しく載っている文献が見つからなかったため、困っておりました。
基本的なこととはいえ、大変勉強になりました。
特に文献まで教えていただけたのは本当に助かりました。
これから文献を取り寄せて、参考にさせていただきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/02 16:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原形質分離の実験・細胞の浸透圧測定

みなさんこんにちは。学校で、ユキノシタの葉による原形質分離の実験・細胞の浸透圧測定をやったんですけど、考察が分からないところがあるので誰か分かる方早目に教えてください。月曜日にレポート提出なんですけど、試験勉強とかあって早めに質問できませんでした。

1.原形質分離と、原形質復帰との変化に要した時間に差はあったか。あったとすれば、何が原因か。
 >原形質復帰の方が断然に早かったんですけど、なぜと聞かれても分かりません…。植物の枯死と原形質分離は関係があるとどこかで聞いたような気もするのですが…。確かに植物は水あげるとすぐ元気になりますよねぇ。……あれ、全く関係ないかも。分かりやすく教えてください!!

2.原形質分離の状態において細胞質と細胞壁の間はどのようであるか。
 >スクロース溶液が入っているんですよね…。

3.浸透圧の測定のP(浸透圧)=nRT(等張液の濃度×気体定数×絶対温度)のnで、先生は50%原形質分離を起こしてたやつが等張液だって説明してくれて、一応分かったつもりでいるんですけど、今考えてみるとなんでかよく分かりません。このままでは納得いかないので、なぜ50%原形質分離を起こしてたやつが等張液なんですか?

4.その他原形質分離の実験・細胞の浸透圧測定についてレポートに書いたらいいぞってやつがあったら裏(?)情報を教えてください。

よろしくお願いします。

みなさんこんにちは。学校で、ユキノシタの葉による原形質分離の実験・細胞の浸透圧測定をやったんですけど、考察が分からないところがあるので誰か分かる方早目に教えてください。月曜日にレポート提出なんですけど、試験勉強とかあって早めに質問できませんでした。

1.原形質分離と、原形質復帰との変化に要した時間に差はあったか。あったとすれば、何が原因か。
 >原形質復帰の方が断然に早かったんですけど、なぜと聞かれても分かりません…。植物の枯死と原形質分離は関係があるとどこかで聞いたよう...続きを読む

Aベストアンサー

 もうレポートは提出済だと思いますが,勉強のために若干のアドバイスを。

 「Google」(↓)等の検索エンジンで「原形質分離」,「原形質復帰」,「原形質分離 原形質復帰」等で検索しても多数ヒットします。

 中には,実験の様子を書いたレポート的なページもありますよ。

 頑張って!!(って,遅いか)

参考URL:http://www.google.co.jp/

Q浮遊細胞のMTT assay

浮遊細胞のMTT assayをやり始めました(HL60細胞株です)。
ある論文を参考に、細胞をまいてから24h放置し、試薬の添加を行うのですが、この24hの細胞増殖の速さが毎回まちまちで再現性のあるデータがなかなか取れず困っています。
この24h放置というのは付着細胞にしか必要ない気がするのですが、実際はどうなのでしょうか?
また、実際同じようなことを行っている方がいらっしゃれば、どのように行っているのか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HL60って細胞同士がくっつきませんか?
くっついたままだとバラツキの原因になります
96wellのような小さなスケールでやる時は特に注意が必要です

QMTT法のMTTの構造式が知りたいんですが・・・

細胞の生死を判定するMTT法に用いるMTT[3-(4,5-dimethylthyazol-2-yl)-2,5-diphenyl-2H-tetrazolium bromide]
の構造式が知りたいんですが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 「Chemical Abstract」や「Medline」で文献検索はされましたか? 大元の文献には構造式もキチンと出ています。

 「ChemFinder」という化合物デ-タの検索が出きるサイトをご紹介しますので,ご自分で「MTT」を検索して下さい。構造式他さまざまな情報が得られます。

参考URL:http://chemfinder.cambridgesoft.com/

Q論文を読んでいて、細胞を用いる実験で、グルコースの濃度をふって実験をい

論文を読んでいて、細胞を用いる実験で、グルコースの濃度をふって実験をいているデータが載っているのですが、何の目的なのでしょうか。
ごく一般的な手法なのか、理由は書かれていなかったので、どなたかご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グルコースの濃度を振るのは一般的ではないので、その理由は論文中に(直接的ではなくとも)記述してあるでしょう。

Q細胞増殖アッセイ MTT ASSAYなど

よろしくお願いします。薬剤による細胞増殖の違いを見るアッセイを行いたいのですが、コラーゲンゲル内で培養している細胞なので困っています。最終的にASSAYの最終段階ではコラゲナーゼなどで溶かして細胞を単離したりするのは問題ないですが薬剤を効かせる段階ではゲルの中で行いたいのですが。MTT ASSAYをはじめとして他にどのような系があるか教えていただきたいのですがよろしくお願いします、。

Aベストアンサー

おそらく、細胞をはがさなければいけないところが問題、ということですね?

MTTとほぼ同じ原理で、WST-1という試薬があります。この試薬はMTTと違い、細胞を溶解させる必要がありません。細胞を培養している100uLの培地にこの試薬を10uL加えて1時間程度まって、吸光度を測定するだけです。「加えて、待って、測定」だけです。
メリットは浮遊細胞でも容易にできるし、takkun35さんのように、特殊な環境でも使用できることです。
デメリットは、試薬がやや高めと言うことです。確か、ROCHEのもので、2500well分で2万から3万円の間だった気がします。自分でMTTの粉を溶かすよりは高いですが、MTTのキットに比べれば、それほどでもないと思います。

結果もMTTに比べ、細胞を溶解するところでのぶれがなくなるためか、 WST-1の方がかなり安定します。

なお、WST-1と似たもので、同仁(和光で取り扱い)からWST-8という試薬もでています。私の経験ではWST-1よりさらに安定した結果がでます。

takkun35さんの系は試薬を付加している時間を長めにとった方がよいかもしれません。

おそらく、細胞をはがさなければいけないところが問題、ということですね?

MTTとほぼ同じ原理で、WST-1という試薬があります。この試薬はMTTと違い、細胞を溶解させる必要がありません。細胞を培養している100uLの培地にこの試薬を10uL加えて1時間程度まって、吸光度を測定するだけです。「加えて、待って、測定」だけです。
メリットは浮遊細胞でも容易にできるし、takkun35さんのように、特殊な環境でも使用できることです。
デメリットは、試薬がやや高めと言うことです。確か、ROCHEのもので、2500well...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報