切開の出力電力は200~400Wなんですけれども、電気メスの無負荷時の出力電圧の最高値って何V以上なんですか?

A 回答 (1件)

出力電圧は高いもので7,000~10,000Vにもなります。


ちなみに一般的な外科領域で使用する場合、出力は40~50W程度で使用します。
最大出力は400W程度まで出せるものもありますが、普通に使う分にはそこまでの出力は必要ないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療用の電メスのメス先に異物がついたら

切開ボタンを押した状態のままで飛んでる昆虫などに触れたらどうなりますか?

Aベストアンサー

意図的に当てれば、焦げます。

Q保険を持ってなくて100%の額を払ったんですけれども、保険を作ったら戻ってきますか??

この前緊急で、救急車を使い病院で先生からの処置と、点滴を一本受けました。その時保険証を持っておらず、100%の額を払いました。本当なら3割負担だと認識しています。もし戻ってくるとしたら、何処に行けば戻ってくるのでしょうか??

Aベストアンサー

 あなたのこれまでの保険加入暦が書かれてないのでここでは何とも言えません。
1番確実なのがお住まいの区市役所または町村役場の国民年金課で直接具体的な内容を相談されるのがいいと思います。
 
 これからも保険に入り続ける気があるのか、そういったこともふまえて。

 ちなみに私も、医師にかかった時期に保険の更新がうまくいかなくて保険未加入になってました(後から気づいた)。役所の方に教えていただいていろいろ考えた結果、その時期は加入しないままで病院で100%支払いという結論になりました。(今は保険に入ってます。)

Q前負荷について

授業で心不全のところで前負荷と後負荷についてやっているんですが
理解できません。。
2つの定義など、分かりやすく教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前負荷とは、心室が収縮する前に与えられた仕事量で、心室の拡張末期容積にあたります。
後負荷とは収縮する時にかかる仕事量で、心室の中の圧力を動脈の圧力以上にしなければなりませんので動脈圧(血圧)が相当します。
模式的に言えば、水を土手の上にバケツで汲み上げる時、バケツの大きさが前負荷、土手の高さが後負荷となります。

参考URL:http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/shinkin/medicine/medicine-1-2-1.html

QTRH負荷テスト、血中黄体ホルモンの測定

こんにちは。
TRH負荷テスト、血中黄体ホルモンの測定
にかかった費用をそれぞれ教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

検査は行ったことはありますが、患者負担額はしりませんでしたので多少調べました。

ヒルトニン0.5mg注射液 薬価 2807円←刺激用TRH
TSH精密  130点
GH GH精密 150点
血清LH測定 150点
http://www.sky.sh/orca/kensa/ken2.htm

自己負担は3割の場合点数の3倍です
TRH負荷テストはLH-RH負荷、CRH負荷、GRH負荷と
同時に行う、いわゆる四者負荷の形で行うことも多い。LHを測定したのならLH-RHも使っていると思います。LHを測定するのならFSHも測定しそうなものです
また、一項目を5回~6回程度連続して測定しますから、その分 各検査料も倍加するかもしれません。

検査の際は静脈ルート維持(ラクテックなど)、希釈用生理食塩水なども必要になります。
また、入院費 診察料 手技料も別途かかるでしょう。
ここらへんを踏まえて医療事務さんか経験者さんの補足を待ちましょう。

参考URL:http://www.sky.sh/orca/kensa/ken2.htm

検査は行ったことはありますが、患者負担額はしりませんでしたので多少調べました。

ヒルトニン0.5mg注射液 薬価 2807円←刺激用TRH
TSH精密  130点
GH GH精密 150点
血清LH測定 150点
http://www.sky.sh/orca/kensa/ken2.htm

自己負担は3割の場合点数の3倍です
TRH負荷テストはLH-RH負荷、CRH負荷、GRH負荷と
同時に行う、いわゆる四者負荷の形で行うことも多い。LHを測定したのならLH-RHも使っていると思います。LHを測定するのならFSHも測定しそうなものです
また、一項目を5回~6...続きを読む

Q電気メスについて

電気メスと通常のメスとの使い分けを教えて下さい。
電気メスは、どういうところに使用してどういった場合に使用できないのか教えて下さい。また通常のメスとの使い分けを教えて下さい。
是非お願い致します。

Aベストアンサー

電気メスは、皮膚の切開には使いません(真皮も含めて)。これは、皮膚が凝固壊死してしまい縫合閉鎖した後に傷がくっつかなくなってしまうためです。皮膚の切開には通常のメスを使用し、その下の脂肪等を含む皮下組織や筋肉などの切開に主に使用します。腸管などの切離や胆嚢摘出に使用する先生もいます。電気メスは凝固しながら切開するという利点があるため便利なものではありますが、そのエネルギーの及ぶ範囲を厳密には設定できないため、大切なもの(神経や重要な血管など)の近くでは使用を控えます。
こんなところでよろしいでしょうか。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報