切開の出力電力は200~400Wなんですけれども、電気メスの無負荷時の出力電圧の最高値って何V以上なんですか?

A 回答 (1件)

出力電圧は高いもので7,000~10,000Vにもなります。


ちなみに一般的な外科領域で使用する場合、出力は40~50W程度で使用します。
最大出力は400W程度まで出せるものもありますが、普通に使う分にはそこまでの出力は必要ないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QニトロダームTTSについて。

ニトロダームTTSを貼付する位置について教えて頂きたいのですが、大腿部に貼付する事もあると聞きましたが、そのような位置でなぜ良いのか教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

経皮的な吸収の場合、毛細血管へ入り込み静脈に取り込まれ最終的に大静脈から心臓へ流れ込みます。ニトロの場合、効くのは心臓ですよね。ということで静脈につながっていない毛細血管は存在しないのであまりうるさいことは言わないのです。それよりも汗などではがれやすいとか動きによってはがれやすい場所というのを嫌うのです。
同じ経皮吸収でも抗炎症の湿布の類が病巣部分近傍でないのといけないのとは意味が違うのです。

Q医療用の電メスのメス先に異物がついたら

切開ボタンを押した状態のままで飛んでる昆虫などに触れたらどうなりますか?

Aベストアンサー

意図的に当てれば、焦げます。

Qニトロの貼り薬(ニトロダーム)について

ニトロダームというものだと思いますが、同居の義父(88才)が使っています。

二年前に心不全で倒れ、入院後回復し、現在に至っています。


昨年暮れの寒波の影響か、それまで薬で正常範囲だったのが急に上が180を超え不安定になりました。
翌日かかり付けの医師から通常の血圧の薬に加え、ニトロの貼り薬を渡されたそうです。

おかげで今は正常数値に戻り、体調も落ち着いています。
医師からもニトロの貼り薬について

「まだ必要ですか?」と聞いてくるそうです。

でも義父は三日毎に貼ってるらしく、まだ欲しいともらっているとか。


急な体調のときならともかく、ニトロを常用する(三日置きとはいえ)のは危険ではないですか?
会社の身内の方で、同じくニトロの貼り薬を医師からもらってる人がいるのですが、めったに貼らないと聞いています。

常用してよいのか、どうなのか知りたいです。

Aベストアンサー

ニトロダームは血圧が高い間だけはる人もいますが、最も一般的な使い方は、毎日一枚張り替える用法です。(狭心症予防の場合)
要は予防薬なので、三日ごとなら、舌下のニトロと違って、危険とまではいかないと思いますが、医師が必要がないと考えているのなら、自宅の血圧計で測って、180を超えた時だけ貼る、という風に指示してもらえると義父さんも控えやすいしと思います。

まったく貼る必要がなくても、お歳の方ですと、安心のためになにか薬をもらっていたい、と思う方もいるので…。

もしご自宅に血圧計がないのなら、ニトロダームの件を抜きにしても購入をお勧めします。

Q保険を持ってなくて100%の額を払ったんですけれども、保険を作ったら戻ってきますか??

この前緊急で、救急車を使い病院で先生からの処置と、点滴を一本受けました。その時保険証を持っておらず、100%の額を払いました。本当なら3割負担だと認識しています。もし戻ってくるとしたら、何処に行けば戻ってくるのでしょうか??

Aベストアンサー

 あなたのこれまでの保険加入暦が書かれてないのでここでは何とも言えません。
1番確実なのがお住まいの区市役所または町村役場の国民年金課で直接具体的な内容を相談されるのがいいと思います。
 
 これからも保険に入り続ける気があるのか、そういったこともふまえて。

 ちなみに私も、医師にかかった時期に保険の更新がうまくいかなくて保険未加入になってました(後から気づいた)。役所の方に教えていただいていろいろ考えた結果、その時期は加入しないままで病院で100%支払いという結論になりました。(今は保険に入ってます。)

Q電気メスについて

電気メスと通常のメスとの使い分けを教えて下さい。
電気メスは、どういうところに使用してどういった場合に使用できないのか教えて下さい。また通常のメスとの使い分けを教えて下さい。
是非お願い致します。

Aベストアンサー

電気メスは、皮膚の切開には使いません(真皮も含めて)。これは、皮膚が凝固壊死してしまい縫合閉鎖した後に傷がくっつかなくなってしまうためです。皮膚の切開には通常のメスを使用し、その下の脂肪等を含む皮下組織や筋肉などの切開に主に使用します。腸管などの切離や胆嚢摘出に使用する先生もいます。電気メスは凝固しながら切開するという利点があるため便利なものではありますが、そのエネルギーの及ぶ範囲を厳密には設定できないため、大切なもの(神経や重要な血管など)の近くでは使用を控えます。
こんなところでよろしいでしょうか。

Q前負荷について

授業で心不全のところで前負荷と後負荷についてやっているんですが
理解できません。。
2つの定義など、分かりやすく教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前負荷とは、心室が収縮する前に与えられた仕事量で、心室の拡張末期容積にあたります。
後負荷とは収縮する時にかかる仕事量で、心室の中の圧力を動脈の圧力以上にしなければなりませんので動脈圧(血圧)が相当します。
模式的に言えば、水を土手の上にバケツで汲み上げる時、バケツの大きさが前負荷、土手の高さが後負荷となります。

参考URL:http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/shinkin/medicine/medicine-1-2-1.html

Q電気メス

電気メスのメーカー名を教えてくっださい。
よろしければ、お勧めの電気メスがあったら教えて。
使い道は主に開腹術です。

Aベストアンサー

電気メスといえばやっぱりValleylab(取り扱いはtyco/Healthcare)って感じですか。
どこの病院でも一台くらいあるのでは?
簡単操作ですし・・・。

http://www.tycohealthcare.co.jp/index.html

でも、個人的にはERBE(取り扱いはアムコ)のが使い心地が良かったような気がします。
診療科ごとの出力設定が10個くらいメモリーできたりして・・・。

参考URL:http://www.amco.co.jp/

Q気管切開について

 橋出血、呼吸停止、腎不全でICUでCAPDとイーカム、HDをしています。
 意識不明で開眼しています。呼んでも反応がありません。上肢は除脳硬直様です。脳は回復の可能性は少ないでしょうか?現在、挿官をしているのですが、医者から気管切開を薦められています。拒否する権利はありますか?もし拒否した場合どうなりますか?透析をしながら気管切開をして余命はどれくらいでしょうか?
 

Aベストアンサー

補足の文章を拝読させていただきました。
読むにつけ現在の厳しい状況、主治医への不信感をもたれている理由などよく分かり同じ医師として悲しい気分になりました。
さて、橋出血で重篤なタイプは数日で死亡することが多く最初のCTである程度予後も判定できるのでここまでの治療をするとは思えません。出血当初は回復可能なタイプであったと思うのですが一番最近とられたCTはいつ頃の物でしょう?
出血である以上、止まってなければ更に重篤な状態になるでしょうし・・・
また、ペルジピンなどの降圧剤が持続点滴されているとは思いますがそれでも出血の患者の血圧が190~230mmHgというのは一度止まった出血でも再出血しそうな血圧なので・・・
痙攣もあるとのことですから脳圧が亢進するほどの出血にまで進展していることも考えられますし・・・橋出血でそれだとかなり厳しい状況である可能性もありますから・・・
状況が許せば再度CTをとって現在の状態を確認してみることも必要かも知れません。
一般に患者さんの状況が思わしくない場合病状の説明は担当を1人にしておいた方が複数の人から説明を受けるより細かいニュアンスの違いで家族の方が一喜一憂してしまったり、「さっきと話が違う」と必要のない不信感をもたれてしまうことが無いので望ましいとされているのですがその場合経験を積んだ主治医もしくは科長などの責任者がその任を勤めるものです。研修医に説明を任せきっているのはちょっと僕も疑問に思います。
先のアドバイスにも書きましたが主治医の先生と現在の状態、回復の可能性、これからの治療方針についてつっこんだ話し合いをするべきです。研修医では無理でしょう。
診断書についてはその病院の医師であれば誰が書いてもいいとは思いますが主治医が書くのが普通なのでどうしてもと言う場合は直接透析の先生に理由をいって頼んでみるか病院にクレームをつけてみるしかないと思います。最近はどこの病院でも患者さんの不満を聞く部署があったりアンケート用紙のような物が置いてあると思うので利用なさってはいかがでしょう?ナースセンターに抗議の手紙を置いて行かれる方もおられますよ。
このサイトに触れて思ったのですが僕は医療不信の大抵の部分は「お互いにコミュニケーションが不足していただけ」という事が多いのでそう言った意味でこの教えてgooに投稿することが多くなったのですがご質問の文章を読ませていただくとこの主治医の先生の姿勢に共感できないところがあるので単純なコミュニケーション不足だけでない根の深い物を感じました。
不信感をもたれているのはよく分かりますがあえてもう一度よく話し合って下さい。説明の内容などをメモされたりして後から調べたりされればもっと現在の状況が理解できると思います。
病状の回復をお祈り申し上げます。

補足の文章を拝読させていただきました。
読むにつけ現在の厳しい状況、主治医への不信感をもたれている理由などよく分かり同じ医師として悲しい気分になりました。
さて、橋出血で重篤なタイプは数日で死亡することが多く最初のCTである程度予後も判定できるのでここまでの治療をするとは思えません。出血当初は回復可能なタイプであったと思うのですが一番最近とられたCTはいつ頃の物でしょう?
出血である以上、止まってなければ更に重篤な状態になるでしょうし・・・
また、ペルジピンなどの降圧剤が持続...続きを読む

Q電気メスの凝固作用について

ある電気メスについての説明には「切開モードでは周囲への熱拡散が少なく血管の閉塞はない」とありました。
ということは、時間をかけて周囲へ熱を拡散させる凝固モードでは
血管が閉塞するので止血できるということでしょうか?

また、別の英語の文書では「電気メスは発生する熱を利用して組織を破壊し、cause "obliterative coagulation"」とあるのですが
文字通り訳せば「血管の閉塞による凝固」なのかなと思いますが
つまりは「止血凝固」ということなのでしょうか?

血管が閉塞するから凝固するってわけではないですよね?

Aベストアンサー

折角 英文までお調べになっているのなら今一度 外科医の出血ー>止血に対しての基本的仕組みをも考えるのも電気メスの理解の近道かと存じます。と申しますのは電気メスなどの文明の利器の無い環境状態での手術時にメスで切開して出血部にコッフェルをパッパッパッ、終わってligate と言うとえ~と言われたりする事が良く有ります。まさか と思って訪ねるとペアンとコッフェルの違い、メイヤーとクーパーの違いは当然ながら手術器具の正確な持ち方を教えないオーベンが多いと聞きます。これからの医師は器具の無い途上国でも活躍出来る様になって欲しいと望みます。

Q鈍的切開って

鈍的切開というのはどういうモノなのでしょうか?
特徴、利点について教えてください。

Aベストアンサー

メスやハサミなどの鋭利な刃物の部分で切開するのではなく、本来は血管や組織を挟むための鉗子や、指などを使って、押し広げながら切開していく方法です。メスで皮膚を切開した後に、皮下脂肪を開いたり、血管の周辺の組織を開いていくときに使われます。

組織を裂いていく感じで、血管など誤って切ったりすることが少ないため、余計な組織を傷つけたりすることや、出血が少ないのが利点です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報