ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

人間の歴史に、神は必要ですか?神は希望ですか?

質問者からの補足コメント

  • 宗教学でも、お願いします。

      補足日時:2017/07/14 22:00

A 回答 (8件)

神という考え方は


歴史の未熟な時期に人間性の現れとして萌芽せざるをえなかった必然の概念だと思います。
そしてそれは人為を超えることに対する希望であったし
これからもそうだと思います。

どこまで行っても逃げ水のように広がる
人間の認識能力を超える部分の拠り所として
これからも大事な希望であり続けるのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

人間歴史創世記から人間性の要が、希望(神)が、高すぎると、近づいても逃げる蜃気楼

お礼日時:2017/07/15 11:10

過去の歴史において神の概念必要であったのは間違いないでしょう。


しかし、現代においてそれは有害以外の何物でもありません。


かつて人類において奴隷制や階級制が必要とされた時代がありました。
人を差別するその制度は、しかし社会の発展に一定の寄与をしました。
しかしながら、人を生まれで差別するその制度は、
最終的に社会全体の力を奪うものであって
現代において有害であり、積極的に否定すべきものです。


同様に神や宗教が必要とされた時代がありました。
人を階級の底辺に置き否定するその思想は、社会の階級制と結びつき
社会の発展に一定の秩序をもたらしたことも事実です。
しかしながら、人の尊厳と思考を奪うその体系は
現代において有害であり、これからの我々は精神の依存を断ち切り、
自らの足で立つことを選ぶべきなのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに神の下には人間平等と言いますが、その実カーストの成立。クリスチャンの黒人奴隷貿易。しかし死を待つ病人や回りの人々には必要では?

お礼日時:2017/07/16 06:27

希望です。

 瀕死ですが、、、
    • good
    • 1
この回答へのお礼

他の方は、神は希望と言っていますね。絶望の果てに明るい希望がある。(神がいる)と
皆さん感じているのでは?

お礼日時:2017/07/15 13:50

自己チューな人間を、社会生命的な自覚をさせる事なく


他律的に社会化する上で、金や出世といったアメや
法規や宗教といったムチは発達した。
しかし所詮、神は現実世界に証拠や痕跡がなく、それに
依存する事は、批判に耐えず破綻するリスクがある。
いわば必要悪(嘘も方便)でしかない。
「希望」は、そんな嘘で補完せねばならぬ自己チューな
人間の欠陥を、認識の深まりによる社会生命的自覚=
愛による自律的社会行動(お金をもらう為にイヤイヤ
働くのではなく助け合う喜び)に代える事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

神は、実在せず人間の悪しき行動を縛るムチ。しかしこれも破綻して法律的罰
神は希望人と人を結ぶ愛「助け合い」

お礼日時:2017/07/15 11:04

人間の歴史に神が必要かとはどういうことでしょう。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

シバ神を頂点とする。3億以上の神がいるインド。対する全知全能の神のキリスト教、イスラム教、ユダヤ教、これらと現実社会や人間のライフスタイルとの関わり、無神教と言われる仏教等の関係も?

お礼日時:2017/07/15 10:56

まづ 赤ちゃんなら 誰に対しても警戒心がないです。



母親にあたかも絶対の信頼を寄せています。自覚はなくでしょうが。

何ものかへの甘えであり これは 聖なる甘えと言ってよいのでは?



では ものごころが着いてからは どうか?

赤ん坊のときでも 相手がヘンだと感じたら 警戒心を示したりし
ていました。

ものごころが付くと わたしという自覚が生じ ここからは 自分
とほかの人との違いを知ります。

信頼関係をうたがうようにさえなります。甘えは 理屈抜きではな
くなります。

甘えを続けているにしても 自覚を持ち ときにはハカラヒを持っ
て意図的におこないます。聖なるではなくなります。

ここで おそらく自覚なしにでも聖なる甘えにあこがれるなら――
つまりは 甘えの対象としての何ものかにあこがれるなら―― 人
はおそらく きよらかなおそれに気づくものと思います。

きよらかなは 聖なると同じでしょうが おそれというのは もの
ごころが付き わたしという意識がともなっているので これも甘
えと同じようでありながら あこがれのような思いを どこかおそ
れをいだいて感じているといったことでしょう。

なぜなら わたしたちは もし自分の心にさからって何かをしよう
と思うと 胸は高鳴り顔は赤らみ舌はしどろもどろになります。

これを やましさ反応と呼んでいますが この反応は 自分がそう
しようと思ってそうするのではない。おのづからそう成る。ですか
ら ほとんど証明無しでこれは一般に 良心とも呼ばれています。



良心・やましさ反応 あるいは きよらかなおそれ はたまた聖な
る甘え――このようなハタラキが 人間の生まれつきの自然本性に
そなわっているというとき それは 人の《神とわれとの関係》に
おいて生じるのか?

そして もし天与のものではなく 神と言うのをきらう場合には
本能と呼んだり 良心にいたっては 小心で卑怯な心が必要とする
んだと説いたりします。

つまり 端折りますが 神とよぶ何ものかをきらう場合には 神な
どは無いという反応において――つまりは 《無い神》という神を
いだくというかたちにおいて―― 神とわれとの関係を持っている。
のだと考えられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

聖と言う言葉を50年ぶりに聞き感じました。賛美歌に聖なるイエスは・・・と出てきます。
貴方の場合神は人の心に内包されていない。神が、いる場合、神と我々、又神と呼ぶことを嫌う人は無神。その前段で、子供の行動様式を例として神と人間の聖なる甘えを対比していますが、大人のトラブルで、本性出したなと言うばわい心とは悪で、あり神聖とは見なしていませんね。

お礼日時:2017/07/15 10:48

必要だと思います


神といい表すのはみんな共通認識をもっててわかりやすいし、何に対しても当てはめれるからです
神は希望です!それは自分の中で、自分達の中で作り上げた唯一崇められるものだから!
自分の中の絶対的正しいものとゆうのを創るのもそれが芯になっていいんじゃないかな
    • good
    • 1
この回答へのお礼

絶対的に正しいものの前に自分の中のと、ありますが光があり影がある、神にも全知全能宇宙まで作った唯一神、日本では八百万の神々、インドでは破壊と創造のシバ神を頂点に3億以上の神がいる。本来は、貴方のように、個人個人のモラルが、神かも知れませんね。

お礼日時:2017/07/15 10:30

神の上は、仏教的には仏なのですが、


天皇の上か?という話になると微妙になるわけです。

同じでしょう。ということで解決するなら
ヤクザとカルトが同じということになって

女性や子供に人気があればそれでいいのか?
とかは底辺ユーチューバーの意見なのでしょう。

ではでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

単純なんだけど、分からない。

お礼日時:2017/07/15 10:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間は、失敗作だと思いますか。

人間は、失敗作だと思いますか。

Aベストアンサー

人間は70億人を突破して世界で一番強い動物になりました。生態系の頂点です

万物の霊長かどうかは分かりませんが 問題は未来に理想的な存在状態を作り上げる事ができるかどうかです。

それが出来れば成功作です 人間はよくやって来ました。その営為は大変なものです。

しかし未来に廃墟を作ってしまったら失敗作です。何の為に繁栄したのか分からなくなります。

Q勇気を与える思想

真の思想は、叡智よりも勇気を与える思想。

このような事を聞いた事があります。


勇気を与える思想というと能動的ニヒリズムが思いつきます。

他に何かありますか。

Aベストアンサー

人は歩く時には前を見、足元を見る。
世界をより深く知り、そこに自らの行く途を描く事が思想だ。
勇気など要らない。より正確に途を見る。

Q結局哲学って役に立つの? 巷の人に何を知ってほしいか?

私は大学を選ぶとき「哲学科」に行きたいと思い 父に言ったら却下されました。

そんなお金にならない所に行かせられないということでした。

哲学をすると死にたくなる とか 難しいばかりで訳が分からないとか

巷では不人気です。

巷の人に知って欲しい哲学の言葉というか知恵とはどんなことでしょう?

これだけはみんなに知ってほしいという哲学の智慧の言葉はなんでしょうか?

あなたは何を知ってほしいですか?書いて教えてください どうか短文で。

Aベストアンサー

科学だけでは解決しないもっと根源的な問はないでしょうか?
  ↑
科学で解明出来ていない部分に、存在価値が
あると思います。
それも時間の問題だと思いますが。




例えば「性質」とは何かを科学は考えません。
科学は測って仮説を立てて実験して証明するだけです
   ↑
性質ってなんですか?
言葉の問題じゃないですか。



人間とは何か?という問いはあまり問いません。
  ↑
そんなことはありません。
脳科学は、魂の問題にまで入り込んでいます。
人間が他の動物とどこが違うのか、という点なども
科学は答えてくれます。



人生の意味は存在することにあります。
   ↑
それは科学と一致します。
生命体はまず存在することを第一義としており
人間もその例外ではありません。
遺伝子研究などもそれを示しています。

何のために存在するのか、という部分に
哲学の意義があるのではないですか。
つまり、人生の指針です。

Q哲学では、何が正解なのですか? どうやって、正解を求めるのですか? そもそも、正解はないのですか?

自然科学では、言い分が対立した場合、“実験をやろう”、“予測をしよう”、“論理の精密な積み上げをやろう”ということになり、正解が独りでに決まってしまいます。
哲学では、何が正解なのか分りません。各人が、勝手に言っていうだけ、と感じます。
百家繚乱とは言えず、百家争鳴のような気がします。

以下質問です。
哲学では、何が正解なのですか?
どうやって、正解を求めるのですか?
声が大きい(多い)方が正解なのですか?
そもそも、正解はないのですか?

Aベストアンサー

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
 (4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
   める。
 (5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
 (5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
   のかもしれない。
 ということですが、(0)(1)(2)(3)までで終わればまだ「科学」の
 体をなしていない。
 (0)(1)(2)(3)(4)まででもまだ中途半端。
 (0)(1)(2)(4)(5b)というのは、しばしば勘違いの誤謬を含む。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5a)となれば、これは立派な「科学」で、失敗報
 告という論文が書けます。既にある理論に対立する理論を構築
 し、検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5b)の場合、形而上学的に(1)を認めちゃうという
 短絡をやらかすと「科学」ではなくなるし、哲学としてもお遊
 びレベル。この場合(1)は「一応の仮説」として提言されるべき
 で、何度も(2)~(5b)のサイクルを回った上でようやく「一応最
 もらしい学説」に昇格する。でも反例が一つ出たら瓦解します
 。だから、哲学としては(0)を追加するなり、(1)を精密化するな
 り、(2)のバリエーションを作るなりして一層深い研究を進める
 べきです。
 かくて、(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間と
 コストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築すると
 ころまでは間違いなく哲学で、ことに(5a)(5b)の次のサイクルを
 方向付ける、(0)(1)(2)(3)こそ哲学の仕事です。その指針として(
 検証不可能であるところの)形而上学があったって、それは構わ
 ない。どの仮説から手を付けようかサイコロ振って決めるというの
 よりも、人間の洞察力を信じたいですね。(しかし何度か旨く行
 った形而上学が、だからといって信仰に化けてしまうのは感心いた
 しません。)

まとめ。科学は哲学の一分野である。テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べる。
(0)観察をする。
(1)仮説を立てる。
(2)仮説から演繹される予想を立てる。
(3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
(4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
  める。
(5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
(5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
  のかもしれない。
科学は(0)(1)(2)(3)(4)(5a)と(0)(1)(2)(3)(4)(5b)をたくさん集める。(5a)のとき失敗報告という論文が書ける。既にある理論に対立する理論を構築し検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。(5b)のとき、類似したたくさんの(5a)とあわせて科学。でも反例が一つ出たら瓦解する。
哲学は(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間とコストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築するところまで。次のサイクルを方向付ける。指針として検証不可能である部分を持つ。

リンク先の質問とno.1~no.83を読んでみると、哲学で意見が対立する場合、範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名、現象から推測される予測が異なってくるのだと思う。予測が否定されると、自身の信条が否定されたと強く感じてしまうと、自身の予測に矛盾があるのが自身で認められなかったり、自身の予測の反例となる現象が認められなかったりする。範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名が同意できなくなる。論争になる。正解が見つからない感じになる。

声が大きい(多い)方が正解というのは誤り。リンク先のno.2の説明が良い説明だというのはno.20の直感。どうして良いのかは説明できない。✕百家繚乱〇百花繚乱。

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。...続きを読む

Q世界の正義を求めるとしたら どういうものでしょう?

昔は子供たちは正義の味方に憧れて、いじめや悪いことを嫌いました。

しかし今はアメリカの正義とISの正義と北朝鮮の正義、中国の正義は違います。

正義が違えばそこで起こった問題や戦争は誰が悪いのか分からなくなる。

私の正義の定義は みんなで存在することが正義です。

ここでみんなと言うのは世界中の人を勘定に入れてと言う事です。

そんな正義を見出したくないですか?

人間に正義を取り戻そうではありませんか。世界の正義とはどういうものでしょうか?

Aベストアンサー

それは話を聞いてあげる事からですね。
話をするところから関係が始まりますね。
それが難しいのでみな苦労するのですね。
話を聞く方にも、絶対の正義があるわけではないですから、共感もできるし自省も起こるのですね。
北朝鮮に言わせたら、あんたらだって核兵器持ってるじゃんってことになりますね。
連合国に言わせたら、お前ら国民もろくに食わせてないじゃないか、となりますね。
まぁ、世界は色々あるので、色んな人々の力がそれぞれの問題に必要なのですね。
決して統一してしまう事が良いわけではないのです。大切なのは調和ですね。赤と水色は対立しますが、一つの絵の中で調和しますね。色んな主義主張が、世界において調和して居れば良いのです。

Q日本では真実をいうことを嫌う人が多いですね。何故でしょうか?

日本では真実をいうことを嫌う人が多いですね。何故でしょうか?

もちろん、個人のプライバシーは別です。

Aベストアンサー

真実ですか。
私は真実を知りませんが、日本人の多くは真実を知った上で黙っているのでしょうか。真実を開示するのに相応しい時と場所、相手とがあるのかもしれない。

私が真実を知らないのは悟って無いからだと思いますが、ここで言う真実とは違う意味のようにも思います。
本当のことを言わない、と言うくらいの意味だと思い回答すると、それは、日本では普通が尊ばれるのであり、それから外れると本当の事でも嫌われてしまうからだと思います。はっきり言って私には生きにくい社会ですが、良い面、悪い面あります。本当のことを隠す良い面とは、次のような事です。
例えば人生の背景は人それぞれですよね。中には過酷な背景を持っておる人もいます。その様な人でも表面上は普通として振る舞い接する事で、平均的に生きる事ができます。
一方悪い面とは、そう言う過酷な人生の背景を背負うと言う事がどう言うことか十分に理解しなくても、普通にやって行けると言うことです。これは、いざという時に、底の浅さが露呈しその場を解決できない様な人を図らずも育ててしまう社会態度であると思います。

私としては、本当のことを言える社会であって欲しいですね。誰も自分の人生を恥じる事なく生きて行ける社会であって欲しいです。普通なんてものに囚われる必要は無いと思うのですが、大多数の人はそうでは無いんですよね、日本では。
この普通が尊重され、普通で無いことが排他されがちな背景は何かと言うことですが、多様性によって繁栄すると言う経験をした事がないからではないかと思いました。
画一的な民は支配しやすいですからね。
もっと言えば、日本の支配層に、多様性を理解し受容出来るだけの能力が無いのだと思います。コントロールではない、自由と言うものに到達していないのでしょう。

真実ですか。
私は真実を知りませんが、日本人の多くは真実を知った上で黙っているのでしょうか。真実を開示するのに相応しい時と場所、相手とがあるのかもしれない。

私が真実を知らないのは悟って無いからだと思いますが、ここで言う真実とは違う意味のようにも思います。
本当のことを言わない、と言うくらいの意味だと思い回答すると、それは、日本では普通が尊ばれるのであり、それから外れると本当の事でも嫌われてしまうからだと思います。はっきり言って私には生きにくい社会ですが、良い面、悪い面...続きを読む

Q動物と人間の違いについて哲学的に教えてください

動物と人間の違いについて哲学的に教えてください

Aベストアンサー

人間は 神を知った。

やがて この神を知れと言って他人(ひと)におしえる商売が興った。

人びとが このシュウキョウとやらから自由な《われ》に立ち還った

ときには おそらく

動物たちの行動に変化が起きる。

肉食が草食になる。食物連鎖に変化が起きる。

幼な子が蝮を手で捕まえても 平気なようになる。

――とか。どうかなぁ。

Q例外のない法則はあるか? これは真理と言い切れるものはあるか?

例外のない法則はない とよく言われますが 本当に例外のない法則はないのでしょうか?

例外のない法則 真理と言い切れるものはあるでしょうか?

もしあれば一つでもいいから教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普遍的な宇宙の大法則(摂理)を想像すると、例外というものは存在しないように
思えますが、変化・成長があるということを考えますと、完全ではなく、「例外」
と呼べるものがあるはずだと思います。

またそれは、現在の人間の認識方法によるもので、宇宙の普遍性から見たときに
「正しい」とは全く限らないわけです。
そのあたりを、現代物理学が解明しつつあるように思えます。

もう少し言えば、なぜ変化・成長があるかと言えば、それは個別化された生命に
自由があり、その自由な能動的な創造という行為が変化・成長を産む、と。
その全体から見ればわずかな「歪み」が「例外的存在」となり、それを因として
全体が変化をする、と。

まあ、こんなことを考えて楽しんでいる私です。(^^♪

Q人権感覚

https://youtu.be/qWamxYjbUbg

歌の歌詞の解釈に正解というものはないのですが、私の解釈によれば
あまりにも酷い男ということになります。

このように、「こいつは低い人間だ」と思うやいなや、態度をコロッ
と変え、平然と酷いことをする人が多いと思います、日本人には。

違う民族とか、全くの赤の他人ならばまだしも、同じ日本人で、会社の
同僚に、友人に、婚約した相手に、家族に…

私には、全く理解できません。

皆さんの周囲でもこのようなことはあったと思います。
どう理解すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

いや、仔細を省かせてもらいますが、自分が今まで目撃した中で、最悪のいじめを思い出しました。
結論だけ書きますが、なんというか、他人をおもちゃにすることで、自分が超人の立場に立ったと思う人がいるんですね。この高揚感は麻薬みたいなものです。そして一旦、この感覚がおかしくなると、「それくらい、いいじゃん?」と言い出すんです。ちょうど中毒者が、意味不明なことを言ってでも、依存しているものを手に入れるのと同じことです。

こうなった人とは、もう話はかみ合いません。「傷つけたらごめんね、あははのは」っていう感じになります。テキトーに謝り、テキトーに叙情的な話を一席やれば、相手は感激して、ころっと騙されるだろうなんて考えます。

流行りの手口は、お金を払って合法的に、相手にうんと言わせるものです。『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』って映画がありますが、株屋たちが、美しいブロンドの女の人のほっぺを札束で叩いて、頭を丸刈りにします。元は他人の美を汚したいという欲求です。しかしサディストよりも卑劣です。自分は一切、リスクをおかしません。お金で相手の合意を取り付けているんです。
つまり相手の心の隙に付け入り、弄ぶわけです。

しかし、加害者側が満足するってことは決してありません。超人になったような感覚は一瞬だけで、やはり当人は凡庸な人間だからです。だから次の快楽を求めて、悪事を繰り返します。
格差の拡大を背景に、こういういじめが、世の中多いです。

いや、仔細を省かせてもらいますが、自分が今まで目撃した中で、最悪のいじめを思い出しました。
結論だけ書きますが、なんというか、他人をおもちゃにすることで、自分が超人の立場に立ったと思う人がいるんですね。この高揚感は麻薬みたいなものです。そして一旦、この感覚がおかしくなると、「それくらい、いいじゃん?」と言い出すんです。ちょうど中毒者が、意味不明なことを言ってでも、依存しているものを手に入れるのと同じことです。

こうなった人とは、もう話はかみ合いません。「傷つけたらごめんね、...続きを読む

Q教育哲学

教育の本質ということで「教育哲学」という言葉を思いついたのですが、
すでに学問の領域として存在していたことを知りました。

現代の日本において教育は、実利のみを動機とし、目的としていると思い
ます。これは、教育が欲望達成のための道具に成り下がっているというこ
とで、あるべき姿ではないと考えます。

教育の本質、つまり、社会は個々の人間に何をおしえるべきであるのか?
また、広く教育についてのお考えをお聞かせ願えれば幸いです。

Aベストアンサー

>教育の本質、つまり、社会は個々の人間に何をおしえるべきであるのか?

食糧の調達と保存と加工方法、それに栄養学、あとは哲学を教えるべきです。
上記を無償の義務教育として、それ以外は有料の選択科目とすればよいでしょう。

>また、広く教育についてのお考えをお聞かせ願えれば幸いです。

教師の収入・生活を確保するための議論は排除して、個人が自由に教育を買えるようにすることが重要です。
教育を買うだけのカネがない人達には、食糧の調達と保存と加工方法、栄養学、哲学だけは無料で(税金んで)教えるようにしましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報