タバコは体に悪いものだと思ってますが、
悪くないという人がいました。
その人に何も言えませんでしたが、
タバコは体に悪いですよね?

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (10件)

1日3箱吸ってて、病院で死にますよって言われた。


コホコホしたので吸うのやめたら、調子良いのなんのって…
飯が美味いし、寝つきが良くなった。
体から匂いも消えたしね。
もう、臭くて吸えなくなりました!
    • good
    • 0

悪いですよ。


でなけりゃタバコ原因での病気など出てきません。
副流煙での問題のデータも出てましたよね。
医者だって警告だすんですから。
病気になってからやめようとしても「なかなかやめられない」って喫煙者皆言うじゃないですか。
逆にどうして「害はない」と言えるのか。
だからタバコ擁護者は嫌われるのです。
    • good
    • 1

愛煙家の者です。



タバコは体に悪いです。
が、ニコチンには脳の神経伝達物質の分泌を促すとかニューロンの働きを活発にするらしいです。

確か、喫煙者はアルツハイマー病のリスクが低いとか。
うろ覚えですが、実際にアルツハイマー病の治療にニコチンが使用されていると耳にしたような記憶もあります。

適量なニコチンはアルツハイマー病に限っては有効であると言えるのかもしれませんが、タバコは体に悪いです。
    • good
    • 0

私事、42年くらいまえ(20才)から約5年間くらい喫煙しました。



よく、「害はあっても良いところはない」みたいな事柄を耳にしましたが

仕事などで「緊張し続けた」後、の、一服は「緊張して固まった身体・神経」を和らいでくれる良いものでした。

なにごとも「すぎる」は毒と「釈迦」が残した格言があります。

上手に付き合っていかれれるのであれば「あるいみ薬」だとおもいます。
    • good
    • 0

明らかに体に悪いモノです。



タバコの煙にはなんと100種類もの発がん性物質が含まれていますからね。
こんなに多種多様な毒物が含まれているのに一切規制がありません。
通常、食品や経口薬品には安全基準があるのですが、タバコには一切そういうものがないのです。
どんなに有毒でも規制されないということです。

タバコを吸い始めて5年もすると、肺の気泡が膨れてしまって収縮能力が落ちてしまいます。
やがては肺気腫(COPD)になってしまいます。

タバコが体に悪くない、というその人は愛煙家ですか。

であれば、その人のことをよく観察してごほごほ咳をしているときに、ほら体が悲鳴を上げているんだよ、と指摘しておあげなさい。
タバコを吸わない人で、そんなにわけもなく咳き込む人なんてほとんどいませんから。

ボクもその昔、タバコを吸っていて、いつも咳がコホンコホンと出続けていることに気付いて「ああ、これは体が嫌がっているんだな」と感じてタバコを止めました。
    • good
    • 0

体に悪いとは言い切れません



少々、健康に良くないぐらいでしょうか

肺がんになる可能性が非常に高い、心臓病、脳血管疾病等、リスクが有ると言うことでしょうか
どれも、「可能性が高い」ということで、「なる」とは限らないですから

1%の可能性ということを、100人に一人、病気になるのか、99人は大丈夫とみるのか。
    • good
    • 0

その方は 愛煙家か 身近に喫煙者が居るのではないでしょうか。



喫煙者が 非喫煙者に比べて 病気に罹るリスクと 死亡率が 高くなるのは 事実としてあります。
でも 喫煙者でも 健康で長生きする人も居れば、非喫煙者でも 病気に罹ったり短命の人も居るし
健康に悪影響を及ぼす要因は 喫煙習慣のみでは当然なく 他にも沢山あります。

例えば 自分がライダーで バイクに乗るのが好きで、今までに相当の金も注ぎ込んでいるといった場合、ライダーの死亡率の高さを事実として知っていても、実際 他に無事な人も居るのだし、自分だけは事故らない、上手くやれると思い込むのが人の楽観心理です。
生活習慣や行動など、利益より悪害となる可能性が大きいことが明白でも、自分がそれを好んでいて止めたくない、あるいは辞められない事情があるときは、客観的なデータより、自分の置かれている状況、嗜好する気持ちのほうが 圧倒的にインパクトが大きいものです。

煙草の箱にも、脅し文句や 国によってはグロ画像など 貼ってありますが、それでも喫煙者は中毒になっているので、煙草を止めたときに、食べ物の味が変わるとか、体調が良くなるとか、そういう現在の自分以外の立場を想像できません。煙草を吸ったときに苛立ちが落ち着き、精神の安定が保てる、その体験の鮮烈さが全てです。

確かに煙草は病気になるリスクが高いですが、生きるということはどんどん死ぬことですので、食事も呼吸も運動も全て 生きること自体が体に悪いともいえます。体に良いと云われることをしていても、次の瞬間に何が起こるかは判りません。死亡率は皆100%です。だから 寿命がちょっとくらい縮んでも、我慢するより好きなことをしたいと考える人もいます。それは個人の人生ですから自由です。
    • good
    • 1

体に悪いものです!


そして、周りにもかなり影響を与えていると思います。
    • good
    • 0

タバコは体に超悪いです


しかも、自分だけで無く
周りにも影響するので
吸う奴もタバコ自体も
ただの社会のゴミだと思います
依存して、ないとイライラする時点で
覚醒剤みたいなもんだし、
やってる時に周りの人の
健康を害しているという一点だけ見ると
覚醒剤より質悪いと思いますよ?
しかし、タバコは喫煙者本人にとっては
大切な物です。そして、タバコを
やめた奴は太ったりするみたいですよ?
それ即ち、肥満という新たな
不健康を生んでいるのです
さらに、タバコを吸えないストレスの中
ダイエットが成立するとも思えません
それにニコチンの代わりに
ストレスという、不健康要因がある
わけですから、タバコを吸うと明日死ぬ
という状況以外でなら、
タバコやめたら本当に
「健康」になれるのでしょうか?

結論としては、タバコは初めから
吸わない方が良いけどもし吸って
依存してしまったら、
周りの迷惑だからやめるとかやめろ
とかならわかりますが、
自分あるいは相手の健康のために
やめるとかやめろとかは
本当に状況が好転するのかは
疑問です
    • good
    • 0

飲み食いするものでも


体に100%悪く無いものなど
殆どありません
タバコも気持ちを落ち着かせ
リラックスするという体にいい事も
少しありますが、悪いことの方が
大きいかと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報