MAL-5135SBKU3と言うクローンHDDスタンドを購入しました。これ、容量が小さなHDDから大きなHDDではクーロンができるのですが大きなHDD(2TB)から容量240MBのSSDにはできません。
HDD(2TB)が使用領域は99.8でSSD(240MB)の半分しかないのにできません。別に良い方法がありませんでしょうか?EaseUS todo Backup free 10.5をインストールしています。

A 回答 (3件)

>容量が小さなHDDから大きなHDDではクーロンができるのですが大きなHDD(2TB)から容量240MBのSSDにはできません。


当然でしょう。
北海道と沖縄にデータが点在している(HDD)ものを、本州の入れ物(SSD)に「配置も保存して」書き込む(クローン)ことはできません。無理に入れようとすると、データをコピーできても、データの配置(位置関係)がこわれてしまいます。そもそもデータの配置も合わせてコピーしたいから、クローンコピーするのでしょ?
まずは、本州の入れ物に入るように点在しているデータを北海道に集中させなければだめですよね。

>別に良い方法がありませんでしょうか?
SSDに入る容量のパーティションを作り、そのパーティションのクローンをSSDにコピーすればよいと思います。

>HDD(2TB)が使用領域は99.8でSSD(240MB)の半分しかない
単位あってますか? 本当に240MBですか? という突っ込みはさておいて
EaseUS Partition Master
http://forest.watch.impress.co.jp/library/softwa …
をインストールして、現在のCドライブの容量を、SSDに入る容量に縮小します。
この縮小作業で、点在してたデータの移動が行われます。

後は、EaseUS todo Backup free 10.5でクローンをつかってSSDにコピーすればよいと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ベストアンサーに選ばせてもらいました。
お礼のしかたこれで良かったのでしょうか?

お礼日時:2017/07/15 21:10

クローンを作るには、同じ容量かそれ以上の大きなHDD/SSDが必用になります。



>HDD(2TB)が使用領域は99.8でSSD(240MB)の半分しかないのにできません。

現在のOSって、GBでの表示が多いので、約100GBは、240MBより圧倒的に大きいので、240MBのSSDに入りませんよ。
2TB>>100GB>>>240MBですので
100GBを入れるのは、100GB以上のHDD/SSDが必用になります。

240GBのSSDなら、100GBなら入れることが出来ます。

今のパーティション変更ソフトは、OSの一部だけをSSDにコピーする機能があります。
また、EaseUS todo Backupなりを使ってもクローンを作ることが出来ます。
    • good
    • 0

HDD 2TB を SSD 240GB にクローンするのは、EaseUS todo Backup free 10.5 を使って自動で使っても、各パーティションが 1/4 になってしまうので、恐らく無理でしょう。

これが、HDD 500GB を SSD 240GB なら何とかクローンできたかも知れません。それでも、各パーティションが 1/2 のサイズになるため、不具合が出る可能性もあります。

容量は違いますが、実際 EaseUS todo Backup で SSD 256GB を SSD 128GB にクローンはできました。

ハードウェアでクローンを行う場合、有効なセクタをそのままコピーしますので、大きなな容量のものを小さな容量には最初から入りませんね。できたとしても、ソフトのように前に移動してコピーしてくれませんので、240GB で終了して不完全なものが出来上がってしまいます。もし、240GB 以降にデータ等があった場合、ほぼ使えないでしょう。

HDD 2TB にデータが 99.8GB であるならば、パーティションを縮小して 240GB にするべきです。先ず C:ドライブをデフラグして、前にデータを詰めます。これによりパーティションを縮小した場合のデータ移動が少なくなり、速く終了します。デフラグの時間は掛かっても、HDD 内部がすっきりしますので効果はあります。
http://freesoft-100.com/review/defraggler.php ← Defraggler
※HDD は長年使っていると、書き込み削除の繰り返しで、ファイルの配置が断片的(フラグメンテーション)になります。これが顕著になると、アクセスに時間が掛かるようになり、重く感じるようになります。これらの断片化を、ファイルの再配置で修正するのがデフラグです。

次に、パーティションを操作するソフトをインストールします。ここでは、何時も使っている AOMEI を紹介しておきます。EaseUS でも同様のことができます。これらは、本来危険な操作になりますので、事前にバックアップを取っておいた方が安全です。私などは、構わずそのまま操作していますが、普段からバックアップを取っているので、失敗してもある程度は復元できます。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software … ← AOMEI Partition Assistant

C:ドライブの縮小の仕方。
http://www.disk-partition.com/jp/articles/shrink …

Windows10 の場合、C:ドライブのまえに "システム予約領域" と後ろに "回復パーティション" があると思います。一応、システムとしてはこれらも含める形になりますので、これらを入れて 240GB にまとめて下さい。240GB 以外の領域は未割当てとなります。これで、SSD へのクローンが可能になります。ここまでやれば、クローンはハードウェアでもソフトウェアでもできますので、お好きな方でどうぞ。

それと、メーカーの表記している容量は 1GB=1000Byte で計算しており、実際のフォーマット容量はもう少し小さくなります。240GB では 223GB 程度になりますね。
http://www.pc-take.com/reference/tips_1367325952 …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング