ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

英語で AはBより500円くらい高い といった表現をするにはどうすればいいでしょうか

A 回答 (5件)

A is costly than B around YEN 500.

    • good
    • 1

A is about 500 yens more expensive than B.



A costs about 500 yens more than B.
    • good
    • 0

A costs (around) 500 yen more than B.

    • good
    • 0

The price of A is 500 yen higher than that of B.

    • good
    • 0

A's cost is about 500 yen higher than B's.

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語力って映画や音楽を解読してたら少なからず身につきますか? 洋画などが好きなので、好きなことで覚え

英語力って映画や音楽を解読してたら少なからず身につきますか? 洋画などが好きなので、好きなことで覚えれたら良いなと思ったので質問させてもらいました!

Aベストアンサー

英語が話せるようになった人は誰もがしていることなので、孫にはなりません。

ただ聞いていて自然に英語が身に付くわけではないので、それなりに工夫が必要です。
まず、内容を理解する意味から、最初は日本語字幕か日本語吹き替えで見てください。

何回もみると内容はわかるようになります。

次に、DVDなら英語字幕にして、英語で聞く。 DVDの良いところはリピートできることです。
何回もみてください。

そして、同時に、それとは別に、日ごろから、あなたが思っていることや考えていることを英語で言う(独り言)をできるだけしてください。 言えない独り言は、英語ではどういうのか、務めて調べることをお勧めします。

英語で独り言をいうのは、国際同時通訳をしているようなプロの人でも、日ごろやっている「鍛え方」です。

言語を習得するのは、スポーツや楽器を習得するのと似ていて、忍耐強い努力が必要です。 常に英語をきき、英語でできるだけ話すようにして、疑問におもったことは本やネットで調べる。 日記は英語で書くようにして、日記を書くときは、辞書や文法書はみないようにする。 そして、半年後に、さいど自身が書いた日記を読むと間違いに気づくようになります。

文法書は、楽しく読んでください。 文法を少々間違えても英語は通じます。 ネイティヴではないので、間違いを気にしないこと。

そして、可能なら外国人の友達を探してください。 現在は、ネットでいくらでも外国人の友達が探せます。

問い合わせ電話を、英語など外国語の窓口にするのもよいかもしれません。 ただし、この場合は日本人たとばれないぐらい英語がよくないと無理かもしれませんが、「この人、日本人かもしれない。でも、断じる自身がない」と思うくらい、日本語は片言しかわからないといった具合にするとよいかもしれません。

これはけっこう便利で、混んでいてまったくつながらない問い合わせ電話(日本国内)でも、英語には簡単につながります。 ただ、わたしがかけた例では、英語窓口の人は、日本の窓口に内線接続して、介在して通訳する会社が多かったです。 なかには、ソフトバンクのように、はじめから英語で回答してくれるところもあります。

すこし度胸がいりますが、アメリカやイギリスの会社に問い合わせ電話をするのもよいです。 現在はIP電話技術で、国際電話も(特にアメリカ)は、日本国内に電話するより安いです。 わたしの例では、わたしが話す英語は、相手には完全にわかるようですが、先方がしゃべる英語は、早口で発音に癖があったりして聞き取りにくいことはよくありました。

頑張ってください。

英語が話せるようになった人は誰もがしていることなので、孫にはなりません。

ただ聞いていて自然に英語が身に付くわけではないので、それなりに工夫が必要です。
まず、内容を理解する意味から、最初は日本語字幕か日本語吹き替えで見てください。

何回もみると内容はわかるようになります。

次に、DVDなら英語字幕にして、英語で聞く。 DVDの良いところはリピートできることです。
何回もみてください。

そして、同時に、それとは別に、日ごろから、あなたが思っていることや考えていることを英語で言う(独...続きを読む

Q英語の意味を教えて下さい

This morning in Boston, the temperature dropped to fifteen below.

気温のこと言っていますが、何度のことなんでしょう。

Aベストアンサー

fifteen below は fifteen below the freezing point (氷点下15度)のことです。 アメリカではこの the freezing point は普通省略されます。

もちろんアメリカの気温表示は華氏なので氷点(摂氏0度)は華氏32度に相当します。ですから fifteen below(氷点下15度)とは華氏32度より15度低い華氏17度のことで、これは約摂氏ー8度に相当します。

Q英語の世界での「教えてgoo」、「okwave」のようなサイト

日本語と英語を勉強中の中国人です。英語の世界での「教えてgoo」、「okwave」のようなサイトをもしご存知でしたら、教えていただけませんか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

検索をしてみました。

Comparison of Q&A sites
https://en.wikipedia.org/wiki/Comparison_of_Q%26A_sites

QI have no money to buy the book with ∅. → money wi

I have no money to buy the book with ∅.


money with witch to buy the book.

∅がwitchになり withとwhitchがtoがまとめる句の先頭に移動したということですよね。

money to buy the book with と同じことですよね?

英語英語 英語英英英語英語 英語英英

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1311034.html

こちらは私がここで回答し始めたころのぎこちない回答です。
学生時代から理解していることをそのままだらだらと説明したような気がします。

その後、このパターンは十数回は答えてきています。

おっしゃるような、不定詞の形容詞的用法に前置詞がついたパターンで、
前置詞を前に出すと、
まるで前置詞+関係代名詞のように、関係代名詞 which が登場します。

本来、関係代名詞がくれば、その後は節構造にならないといけないわけですが、
例外的に不定詞が続き、節にはなりません。

前置詞だけ前に出して
with to ともいかず、
クッションとして which を置くしかないのでしょう。

辞書にも載っていますし、実際、ここで何度も回答してきているように、
出てくるには違いありませんが、非常にかたくるしい表現です。

Qnow that と once という接続詞について

once も now も元は副詞ですが、両方とも接続詞としても使われます。しかし、どうして、now のときには、that がついているのに、once のときは後に文が来ても that はつかないのでしょうか?

Aベストアンサー

接続詞としての once は、もともと、
If/When you once understand this rule, you will have no further difficulty.
のように、あくまでも副詞で、別の接続詞 if/when/as soon as などがあったものを、
once を接続詞に出世させたようなものです。

だから、基本、副詞の once がそのまま使われます。

一方、now の方は
the next time (that) SV
every time (that) SV
のような、本来、先行詞 time をつなぐ関係副詞 that があったのと同じように、
now と後の SV をつなぐ接続詞が必要なのでしょう。
むろん、省略されることが多いわけですが。

QI can run faster than Taro.比較級の強調に、much, still, ev

I can run faster than Taro.比較級の強調に、much, still, even, a lotなどを使うとき、どれもずっとと訳せばいいのですか?あるいはそれぞれ訳しわけや使い方や使う状況に違いがあるのですか?どれも相互互換可能ですか?

Aベストアンサー

比較級自体、日本語にないものです。
「より」というのは than の意味であり、
「~より」でなく、いきなり「より速く」なんていうのはもともと日本語にあったものか、
英語を無理やり訳したものかわかりません。

「もっと」というのはその比較級自体の訳の代わりになり、
特に強調した意味は入っていません。
(使う人の気持ち次第ですが)

much = a lot は「大いに」という強調で、
昔から比較級の強めの場合に「ずっと」と訳すように習ってきたものです。
まあ、「大いに」をくだけた感じにしたもので、妥当なものなんでしょう。

far は「はるかに」がぴったりです。
もともと距離に関するものを比ゆ的に程度に用いたもので、
「はるか」という日本語もまさしくそうです。
これも、日本では単純に、比較級の強めとして much と同じみたいな感じで、
「ずっと」と訳すように言われることも多いです。

even は「いっそう、さらに」

Q二行目thisについて in this way と同じような意味と書いてあったのですが、このthis

二行目thisについて in this way と同じような意味と書いてあったのですが、このthis副詞なのですか?



英語英語英語

Aベストアンサー

こういう動詞の名詞形+ of ~は主格的意味、あるいは目的格意味を表します。

ここは後者で ... recognition of ~で「~の認識、~を認識すること」

つまり、recognize O という動詞表現を名詞化したものが
... recognition of ~
ということになります。

... としたのは通常、of ~とあるので、the になるのですが、
ここは this となっています。

この this により、「~のこの認識」とは、
「このように~を認識すること」

前に書いている recognized that ~を指しているわけです。

つまり「このように」の部分が this なわけですが、
あくまでも「この認識」とあるのであって、
名詞的表現を動詞的に展開した場合に in this way「このように」となるだけのことです。

なるほど、「この認識」とは確かに「このように認識すること」なんでしょうが、
英語そのものとしてこの this が in this way の意味だというのは飛躍しているように思います。

Q英語で、「清掃の仕事はどうですか?」はなんと言いますか?

求職者に、清掃の仕事は、希望するか、希望しないか、と、確認をとるニュアンスです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ホテルのハウスキーピングや家政婦のような意味での清掃の仕事でしたら、housekeeping jobsですが、例えばビルや建物内の清掃を受け持つ仕事でしたらjanitorial workと言います。
清掃の仕事といっても職種によって使う英語はかわりますので、ご注意ください。

仕事を希望を聞くとき一番一般的なのはAre you interested in ○〇?です。
Are you interested in janitorial work jobs?
「清掃員の仕事に興味ありますか?」
働いてもよければ、Yesと答えますし、そうでなければNoと答えるはずです。

QHow far とかHow much、How manyはどうなるんですか? また、longやfar

How far とかHow much、How manyはどうなるんですか?
また、longやfar manyは名詞ですか

昔の名残で副詞や形容詞的な性質があると聞いたことがあります

英語英語英語英

Aベストアンサー

how many などは、how は「どれくらい」という意味の副詞で、
many などを修飾しています。

単独で「どうやって」とは別といえば別ですが、
同じ疑問副詞というくくりです。

long, far は形容詞にも副詞にもなります。

for long という表現などの場合に、for の後だから名詞と英和辞典ではしているものもありますが、
あくまでも副詞とも言えます。
さらに、the long のような、完全に名詞としか言えないものへと発展していきますが、
普通には名詞用法は無視していいです。

for long で「長い間」だけ覚えておけばいいです。

many/much は不定代名詞なのですが、
「多い」という意味と+名詞の場合に、
日本人的には形容詞とすることが多いです。
比較級になることからも。

much は「大いに」と副詞用法も発達しています。

QHe has more books than I do.で、many (たくさんの)の比較級はmor

He has more books than I do.で、many (たくさんの)の比較級はmoreで名詞について比較級をつくっているけど、この文とHe has many more books than I do.の違いは何ですか?なぜmanyがついているのですか?

Aベストアンサー

この many は、比較級を強める much と錯覚しやすいものです。

one more book で「もう1つの本、あと1つ多い本」
two more books で「もう2冊多い本」
many more books で「多い数さらなる本」

のように、どれだけよりたくさん持っているかを表す many です。

I drink much more coffee than you do.
この much こそ、比較級の強めのようで、
同じように、どれだけ more かを、不可算名詞 coffee について用いたものです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報