アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

画像の定理3.1のところからw_r+1のところまで簡単で良いので訳の方本当にお願いします。自分でもやったのですが、subspaceあたりから内容が取れません。出来ればその部分辺りは詳しく書いていただけると助かります。本当に困ってます。どうかお願いします。

「数学に関する英文の訳をお願いします」の質問画像

A 回答 (2件)

まず, こちら ↓ のサイトは, 添付できる画像サイズが小さく判読不可能なので, 文字をすべて入力する覚悟が必要でしょう.


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/questio …

数学の専門書(洋書)で使われる英文は非常に簡単だ, などと豪語する数学科学生(や教員)が多数いますが, 完全な勘違いでしょう.
彼らの英語力は低すぎて, 正確な英文解釈は絶対に無理ですが, 数学の知識を頼りに, 大雑把な意味は把握できているようです.
よって, 貴方の場合も, 線型代数学の知識が十分に備わっていれば, 今回の質問はしなくて済んでいたと思われます.
教科書が日本語で書かれた線型代数学の専門書なら, この定理をすんなり理解できていたでしょうか.

最初の関門ですが, <w_1, v_2, ..., v_m> = V となることは, 理解できましたか.
w_1 が v_2, ..., v_m の線型結合として表される場合, どのような作業が要求されるか, そこは大事です.
そこまでを理解しているなら, 流れを変えないことです.
つまり, w_2 ∈ <v_1, v_2, ..., v_m> と考えるのではなく, w_2 ∈ <w_1, v_2, ..., v_m> と考えましょう.
それによって, 今度は <w_1, w_2, v_3, ..., v_m> = V が導けます.

これを繰り返すことにより, <w_1, w_2, ..., w_(m-1), v_m> = V までたどり着けるので,
これまでと同様に <w_1, w_2, ..., w_(m-1), w_m> = V を示して, ほぼ終了です.
m + 1 ≦ n であることから, w_(m+1) ∈ <w_1, w_2, ..., w_(m-1), w_m> がいえますが,
このことは, 証明の最初で宣言した
Assume that w1, ..., w_n are linearly independent.
と, 明らかに矛盾します.

何か疑問があれば, 遠慮なく質問してください.
内容は数学と英語, どちらでも構いません.
なるべく丁寧にお答えします.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

質問したいことがあり、質問したので申し訳ないですが回答お願い致します

お礼日時:2017/07/16 14:00

始めにお断り・・!



当方、英語大っ嫌い人間! (何10年も前の当方の学生当時の英語の成績は「下」!!)
である事を質問者が了解の上、
当方の奇妙な訳でよければ、下記参に考されたい。
(印刷が不鮮明で判読出来ないところあり、サフィックスも(nなのかmなのか)曖昧な部分有り・・!)
間違いがあれば質問者の側で適当に修正してほしい・・!
---------------------------------------------
定理3.1
Vを体K上のベクトル空間とせよ。
{v_1,…,v_m}をKにおけるVの基底とせよ。
w_1,…,w_mをVの要素とし、n>mを仮定せよ。
その時
w_1,…,w_n
は線形従属となる。

証明
w_1,…,w_nは線形従属であると仮定する。
それ故、{v_1,…,v_m}は基底となり、
w_1 = a_1v_1+…+a_mv_m
となるような
a_1,…,a_m∊K
が存在する。

仮定により、w_1≠O,従ってa_1≠0
v_1,…,v_mの数え直しの後、必要ならば一般性を失うことなく
a_1≠0 を仮定して良い。
この時我々はv_1に対し
a_1v_1 = w_1-a_2v_2-…-a_mv_m
v_1 = a_1^(-1)w_1-a_1^(-1)a_2v_2-…-a_1^(-1)a_mv_m
を得る。

w_1,v_2,…,v_mにより生成されるVの部分空間はv_1を含み、このため全てのVがそれ故に
v_1,v_2,…,v_mがVを生成しなければならない。
この考えは直ちに、連続して全ての要素v_1,…,v_mが網羅されるまで、w_2,w_3,…によって置き換えるために我々の手続きを続けるためのものであり、w_1,…w_mがVを生成する。
さて、帰納法により或る適当なv_1,…,v_mの数え直しの後、要素w_1,…,w_m,v_1…,v_mがVを生成する様な1≦r<mを満たす整数rが存在すると仮定せよ。

w_r+1 = b_1w_1+…+b_rw_r+c_r+1v_r+1+…+c_mv_m
となる様な体Kの要素
b_1,…,b_r,c_r+1,…,c_m
が存在する。
-----------------------------------
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校の数学の複素数平面って存在価値あるのですか? 別に習わなくても良くね?

高校の数学の複素数平面って存在価値あるのですか?
別に習わなくても良くね?

Aベストアンサー

複素数平面以外は、存在価値を見て解ているのですか?

三角関数、指数関数、対数なんかも同じでしょ。
ましてや、微分、積分なんて、いつ使う?

何にもしないあなたには、宝の持ちぐされです。

Q数学の問題 かなり難しいですよ

(2^n+1)/n^2が自然数となるnを求めよ。

Aベストアンサー

これは数学オリンピックの過去問ですね。
n=3がOKということはすぐに判りますが、n=3しかないことを示すのはかなり大変。
証明(n=3しかない)は、書店で数学オリンピックの本を探して下さい。そこに載っています。

Q微分の問題

以下の問題ですが、解法が分からず、解説もなく、周りに質問できる人もいないので、解説を教えていただけませんか?

問、次の関数を微分せよ

cos(-x^2)

Aベストアンサー

合成関数の微分ですね。
yをxで微分した結果をdy/dxと書きます
一般に
y=f(t),t=g(x)があるとき
dy/dx=(dy/dt)・(dt/dx)となります。
証明できますが、上級者向けかもしれませんので割愛します。
今回の問題では
y=cost,t=-x^2となります。
よって
y'
=dy/dx
=(dy/dt)・(dt/dx)
=-sint・(-2x)
=2xsin(-x^2)
(t=-x^2を代入した。)
となります。
最初は慣れないと思いますが頑張ってくださいね。

Q数学1の三角比について質問です。sinの値が90度を超えると、直角三角形は作れないと思うのですが

数学1の三角比について質問です。

sinの値が90度を超えると、直角三角形は作れないと思うのですが、

例えば、sin135度=sin45度となるようです。

sin135度ということは、三角形の一つの角の大きさが、135度ということですが、

135度という角度を含む三角形は、そもそも直角三角形にはならないので、なぜsin45度と同じになるのか、理解できません。

Aベストアンサー

解り易い様に直角3角形を使うのだけれど、実際には直角三角形では無く、角度に対して決めたもの。

下の図の左で、赤(y)/青(斜辺)をsinθ、緑(x)/青(斜辺)をcosθと決めた。
それを解り易く直角3角形で置き換えると、右の図。

青(斜辺)は絶対値で正。x,yは正負の符号が付く。
130度の場合はy/青(斜辺)でyは正。
45の場合もy/青(斜辺)でyは正。

どちらも、y/青(斜辺)は同じ値になるでしょう?

Q弧度法で弧の長さと面積をだす公式が腑に落ちません

弧度法で弧の長さと面積をだす公式が腑に落ちません

弧の長さは、半径 x 中心角(ラジアン)

面積は、半径 x この長さ x 1/2


とのことですが、なぜ上記の公式で、弧の長さと、面積を求めることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

π:円周率

中心角(ラジアン) =2π × 中心角(°) /360°
ということを知っていれば、

弧の長さ:半径 × 中心角(ラジアン) =半径 × 2π × 中心角(°) /360°
     =直径 × π × 中心角(°) /360°
この式から、弧の長さは
「直径 × 円周率」に中心角の割合を掛け合わせたものだとわかります。

そして、
扇形の面積:半径 × 弧の長さ × 1/2 =半径 × 半径 × 2π × 中心角(°) /360° × 1/2
      =π × 半径 × 半径 × 中心角(°) /360°
と計算式を変形すれば、ここから
「円周率 × 半径 × 半径」に中心角の割合を掛け合わせたものだとわかります。

よって、このようにすると
「直径 × 円周率」が円の円周の長さ、
「円周率 × 半径 × 半径」が円の面積であることはすでに習っているはずなので
計算式上で理解しやすいはずです。


さて、ではなぜラジアンを使うのでしょうかという問いですが、
実は半径1の円において、円周の長さが2π(ラジアン)であることに関係しています。
半径1の円の弧の長さ
=円周の長さ × 中心角の割合 =2π × 中心角の割合
=中心角(ラジアン)
ここから、弧の長さ=半径×中心角(ラジアン)が導かれるのです。
きちんと理解ができていれば、ラジアンを使ったほうが簡単だったというだけですね。


扇形の面積に関しては、計算式から求めても構わないのですが、
直感的には、No.4のかたの言うように、三角形に細分化したものを考えます。

同じ扇形を二つ用意して、これを小さな扇形にカットしたものを想像してください。
そしてそれを交互に組み合わせていきます。
 ~~~~
/    /
~~~~
カットの仕方が大きいと上の図のようになりますが、
より微細にカットしたものを使うことによって、
| ̄ ̄ ̄|
|   |
  ̄ ̄ ̄
というように、だんだん長方形に近づいていきます。
このとき、底辺が弧の長さ、高さが半径に近づいていきます。
こうすることによって、
扇形の面積(の2個分)は弧の長さ × 半径 と表されるのです。
すなわち、
扇形の面積=弧の長さ × 半径 ÷2
という式が導かれるわけです。

この作業をしているのが積分なのですが、それは割愛します。

π:円周率

中心角(ラジアン) =2π × 中心角(°) /360°
ということを知っていれば、

弧の長さ:半径 × 中心角(ラジアン) =半径 × 2π × 中心角(°) /360°
     =直径 × π × 中心角(°) /360°
この式から、弧の長さは
「直径 × 円周率」に中心角の割合を掛け合わせたものだとわかります。

そして、
扇形の面積:半径 × 弧の長さ × 1/2 =半径 × 半径 × 2π × 中心角(°) /360° × 1/2
      =π × 半径 × 半径 × 中心角(°) /360°
と計算式を変形すれば、ここから
「円周率 × 半径 × 半径」に中心角...続きを読む

Q誰かこの数学の問題、わかる方いらっしゃいませんか…? 全く理解出来なくて…((

誰かこの数学の問題、わかる方いらっしゃいませんか…?
全く理解出来なくて…((

Aベストアンサー

(1) x-3y=4
(2) a-3b=5
(3) x-y=-4
(4) 3000-7a=-b

Q高校数学整数問題 至急

xの2次方程式 x^2-mnx+m+n=0 (m,nは自然数) で2つの解がともに整数となるのはいくつあるか

Aベストアンサー

整数解をx=a,bとする。但し、a≦bと仮定。

解と係数の関係から
a+b=mn …①
ab=m+n …②

m,nが自然数なので
ab≧2 …③

ここでトリッキーだけど、(m-1)(n-1)=mn-(m+n)+1=a+b-ab+1
=-(a-1)(b-1)+2 …④

m,nは自然数なので、m-1≧0かつn-1≧0。

∴0≦(m-1)(n-1)=-(a-1)(b-1)+2

∴(a-1)(b-1)≦2 …⑤

③かつ⑤を解く。

1.a>0(の整数)の場合
a≧1なので、③よりb≧2/a 。
従って、⑤を満たす(a,b)は下記i~iiiのいずれか。

i (a=1)かつ(b≧2)
ii (a=2)かつ(3≧b≧1)
iii (a=3)かつ(2≧b≧1)

iの場合、④より(m-1)(n-1)=2となるので、
(m,n)=(3,2)(2,3)となるけど、①②より
1+b=mn=6
b=m+n=5
となるので、b=5に決まり。

iiの場合、
a≦bを満たす解は(a,b)=(2,2)(2,3)。
(a,b)=(2,2)の時、④より(m-1)(n-1)=1となるので、
(m,n)=(2,2)。

一方、(a,b)=(2,3)の時、④より(m-1)(n-1)=0となるので
m=1またはn=1。
また、①②より
5=mn
6=m+n
なので、(m,n)=(5,1)(1,5)。

iiiの場合、
a≦bを満たす解は無し。

2.a=0の場合
③を満たさないので不適。

3.a<0(の整数)の場合
a≦-1(a-1≦-2)なので、③よりb≦2/a <0。
∴b-1 <-1。
∴(a-1)(b-1)>2
これは⑤を満たさないので不適。

以上より、
(m,n)=(5,1)(3,2)(2,2)(2,3)(1,5)

整数解をx=a,bとする。但し、a≦bと仮定。

解と係数の関係から
a+b=mn …①
ab=m+n …②

m,nが自然数なので
ab≧2 …③

ここでトリッキーだけど、(m-1)(n-1)=mn-(m+n)+1=a+b-ab+1
=-(a-1)(b-1)+2 …④

m,nは自然数なので、m-1≧0かつn-1≧0。

∴0≦(m-1)(n-1)=-(a-1)(b-1)+2

∴(a-1)(b-1)≦2 …⑤

③かつ⑤を解く。

1.a>0(の整数)の場合
a≧1なので、③よりb≧2/a 。
従って、⑤を満たす(a,b)は下記i~iiiのいずれか。

i (a=1)かつ(b≧2)
ii (a=2)かつ(3≧b≧1)
iii (a=3)かつ(2≧b≧1)

iの場合、④より(m-1)(n-1)=2となるので...続きを読む

Q大学数学 代数学の問題

代数学の問題の質問です。

解説をお願いします。

次は正しいか?正しくなければその理由を述べよ。正しければ証明せよ。

(1) {f(x) ∈ Q[x] | f(1) = 0} はQ[x] のイデアルである。
(2) {f(x) ∈ Q[x] | f(1) = 1} はQ[x] のイデアルである。
(3) I, J が環R のイデアルのときI + J = {i + j | i ∈ I, j ∈ J} はR のイデアルである。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イデアルかどうかに関しては, 3 つとも正しく答えられています.
(2) がイデアルでない理由も, 適切といえます.

Q√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-6 この計算のどこがおかしいですか?

今高校数学2 複素数と二次方程式 の範囲を勉強しているのですが、
√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-√6  
この式のどこが間違っているのか分かりません!教えて下さい!
ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

質問者は、多分、複素関数の話をしたいのではないと思います。
-----------------------------------------------
>素数という概念内では根号の中身が負になってもいいのかなと
>思っていたのですが、違うのですか?ご回答宜しくお願いします!

複素数まできちんと学んでいますね?
根号の中身は負で大丈夫です。自信をもってください。
これまでは根号の中身が負の数はNGでした。
これからは、根号の中身が負であってもOKです。
-------------------------------------------------
でも「負の数の根号」とがOKなことと
「負の数の根号」×「負の数の根号」の“計算”が
今まで通りOKなことは違うということです。

つまり、根号の中身が負のときには
√a × √b = √ab 
とは計算してはいけないということ。

数学Ⅰの教科書を見てください。
性質★ a>0 b>0 のとき √a × √b = √ab
と書いてありますよね!

√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-√6 

の計算式では左から2つめの=が誤っていて、それ以外の=は正しいです。
--------------------------------------------------

No4の回答について

> √(ー2)(ー3)=√(ー1)√(2)√(ー1)√(3)=√(ー1)²√2√3=√2√3=√6 だから。 ☆

2つ目の=と3つ目の=が計算の性質★に違反しています。

>この部分を√(ー1)√(2)√(ー1)√(3)=i√(2)i√(3)としてはダメな理由を教えて頂けませんか?
ダメでなく、正しいです。(これは自信を持ってください!)
でも数式☆では2つめの=がNGだから、√6とは等しくありませんね!

質問者は、多分、複素関数の話をしたいのではないと思います。
-----------------------------------------------
>素数という概念内では根号の中身が負になってもいいのかなと
>思っていたのですが、違うのですか?ご回答宜しくお願いします!

複素数まできちんと学んでいますね?
根号の中身は負で大丈夫です。自信をもってください。
これまでは根号の中身が負の数はNGでした。
これからは、根号の中身が負であってもOKです。
-------------------------------------------------
でも「負の数の根号」と...続きを読む

Qなぜ1m+1m=2mなのですか? そう定義したからですか?

なぜ1m+1m=2mなのですか?
そう定義したからですか?

Aベストアンサー

どうも、先の回答は、「有名・著名な原理や法則といえども証明できるものではない」という狭い意味にとらえられてしまうかもしれませんが、文意は「有名・著名なものからごく身近なものまで、すべて原理・法則というものは証明の対象ではない」というものです。

実際、エネルギと質量の交換が行われる局面ではエネルギ保存則、質量保存の法則はそれぞれ単独では成り立たず双方を考慮した修正が行われます。
万有引力の法則も、引力が大きくなると修正(誤差を許容できなくなる)が必要です。

3時間前に時速4kmで出発した弟を、お兄さんが時速16kmの自転車で追いかけるときの追いつく時刻についても、単純な引き算・割り算「ex4×3÷(16-4)」だけでなく、観測者がだれなのかといった視点も含め一般相対論による修正が厳密には必要でしょう。


付言するならば、「算数」という教科は、この世の「自然に受け入れられている身の回りの法則・原理について学ぶ(つべこべ言わずに覚える)教科」であり、「数学」はこの世の法則にとどまらず、厳密な意味での「数の体系」についても学ぶ(厳密性を追求し、証明を求める)教科です。

どうも、先の回答は、「有名・著名な原理や法則といえども証明できるものではない」という狭い意味にとらえられてしまうかもしれませんが、文意は「有名・著名なものからごく身近なものまで、すべて原理・法則というものは証明の対象ではない」というものです。

実際、エネルギと質量の交換が行われる局面ではエネルギ保存則、質量保存の法則はそれぞれ単独では成り立たず双方を考慮した修正が行われます。
万有引力の法則も、引力が大きくなると修正(誤差を許容できなくなる)が必要です。

3時間前に時速4k...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報