アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

友達がひげになる。は人間はひげという物質に変われないので、おかしいと思いました。
「たかしが赤ちゃん言葉になる。」→たかしの言葉が赤ちゃん言葉になる。「言葉が」の部分がなくなって、の格がは格になったものだと解釈しました。

友達がひげ顔になる。たかしは会社員になった。は良いと言うと(ひげ顔という日本語はないですよね。ひげの生えた顔と言えばよかったです。すみません)、なぜそれがよくて、ひげがだめなんだと言われました。

たぶん、「友達の顔がひげ顔になる。」「たかしの職業が会社員になる。」が格がなくなって、の格が主題になったと思ったのですが。。

どなたか詳しい方教えていただけますか。

A 回答 (5件)

「たかしが赤ちゃん言葉になる」「友達がひげ面になる」の文法的な解釈は、その通りだと思います。



「友達がひげになる」がどうしても成り立たないのは、以下の理由かと思います。
これらの「なる」は、「既にあるものが、何かに変わる」という意味で使われていますよね。
ひげは「無いところから生まれる」ものなので、「なる」が成り立ちにくいのだと思います。「たかしの○○がひげになる」の「○○」に当たるものが存在しないのです。
このことは「たかしが白髪になる」は成り立つことからも伺えます。白髪は元々黒髪だったものが、白く変わっていってしまうと一般的に認識します。「たかしの髪が白髪になる」です。ですから挙げられている各例文と同じように「たかしが白髪になる」とも言えるのだと思います。

「友達がひげになる」に違和感があるのは、そういうことだと思います。「なる」がそもそも、ひげが生えることを表すのに使いにくいんだと思います。(もしかしたら「無いところから生まれる」場ものであっても例外もあるかもしれませんが。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

この説明をそのまま使わせていただきます!ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/16 06:44

ひげでも、ひげ面でも、何も問題は無いように思います。

ひげについては「友達がひげになる」というSF的な突飛な表現について行けなかっただけのことです。「になる」はAがBに変化する意味以外に、「AがBの性質属性を持つようになる」意味にも使います、「友達が大人になる」「信号が青になる」などです。ですから、特に○○の省略と考える必要もありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どちらでも問題はないんですね。ネイティブに不自然に聞こえるというだけですね。ありがとうございます。

お礼日時:2017/07/16 06:43

「になる」は、変化した、ことを表します。

なので、
「〇の〇が〇になる」と言う言い方で良いです。

以下は表現言葉が二重なので、一方を省略できます。
「たかしの言葉が赤ちゃん言葉になる。」
  →「たかしが赤ちゃん言葉になる。」、「たかしの言葉が赤ちゃんなる。」
「友達の顔がひげ顔になる。」→「友達がひげ顔になる。」
「たかしの職業が会社員になる。」→「たかしが会社員になる。」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

〇の〇が〇になる という形で表される文章が「~が~になる」という文章を作るんですね。納得しました。ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/16 06:45

身なりを表す「なる」です



成るでは有りません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/07/16 06:45

「友達がひげになる」は日常ではあり得ませんが、


小説などではあり得ます。たとえばSFやファンタジー系なら
使うこともあるでしょう。
「ひげ顔」ではなく「ひげ面(づら)」と言います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ニュアンスに対する感覚ですね。ネイティブに不自然ということがわかりました。ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/16 06:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西弁について 「There is a dog」の状況を、関西では「犬がおる」と言うそうですが、丁寧

関西弁について
「There is a dog」の状況を、関西では「犬がおる」と言うそうですが、丁寧語では何と言うのでしょうか。例えば、先生に対して「先生、犬が…」その後は何て言うのでしょうか。
「います」?「おります」?「おます」?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

犬に対して丁寧語を使う必要はないので、先生に対して丁寧に言うなら「犬がいます(おります)」でしょうか。

関西風にいうなら「犬がおるんですわ~」

Q次の問題の回答は「3」ですが、どうしてその回答が導き出されるのでしょうか。

問題の出典は、「1日10分で脳が若返り! ボケない人になるドリル」(児玉光雄・著)です。

Aベストアンサー

#7です。

>しかし、「これを・・・に基づいて積み重ねる。その後、・・・」がすんなりとは理解できません。
別の説明をするとしたらどうなるでしょうか。

たしかに、蛇足でしたね。
ピラミッドの形にこだわりすぎました。
法則としては、

「一段跳びの垂直線上には同じ数字が来る」

だけで十分と思いなおしました。

Q「ぎょうにんべん」について

「行」の部首は、「彳(ぎょうにんべん)」では無く、「行(ぎょうがまえ、ゆきがまえ)」であることが、このサイトの過去問にありました。
 漢字の部首は、その元となった字で表されることがしばしばあり、「氵(さんずい)」は「水」、「忄(りっしんべん)」は「心」、「犭(けものへん)」は「犬」という具合です。
(例:「池」の部首は「水」と表記されている書物が多くあります)
この考え方から行くと、「彳(ぎょうにんべん)」は「行」の字が元になったと思いましたが、「彳(ぎょうにんべん)」と「行(ぎょうがまえ、ゆきがまえ)」は別の部首という扱いを受けていて、「役」「後」「待」などの部首は「ぎょうにんべん」、「行」の他「術」「街」などは「ぎょうがまえ」になっています。
 ということは、「ぎょうにんべん」と「ぎょうがまえ」の間には、直接関係が無く、別々の部首だということでしょうか。

Aベストアンサー

「行人偏(ぎょうにんべん)」と「行構え(ぎょうがまえ)」とは別扱いです。しかし、「行人偏」は「行」の字由来ということで間違いありません。しかし、「行」の字そのものは「行構え」の最初に配置されています(「漢字源」による)。過去の辞書でも取り扱いに困ったことでしょう。

Qかつては一年「と」生きられなかった

外国人に日本語を教えているものです。

「30年前には大腸がんのステージ4の方は1年と生きられなかった。」

という文章の「と」は文法的にどのように解釈すればよいのでしょうか。
「一年も」「一年しか」などと言い換えられるのでしょうか。
辞書にはこのような助詞「と」の使い方はありますでしょうか。

教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

助詞の話はむずかしくて、辞書をひいてもわからない特殊な用法も多いようです。
 ただ、ご質問の「ト」は比較的一般的なので、フツーの国語辞典に出ていると思いますが。
https://kotobank.jp/word/%E3%81%A8-579147
===========引用開始
デジタル大辞泉の解説
と[格助・接助・並助]
6 (数量を表す語に付き、打消しの表現を伴って)その範囲以上には出ない意を表す。…までも。「全部で一〇〇円―かからない」「一〇〇キロ―走らなかった」 
===========引用終了

===========引用開始
大辞林 第三版の解説


( 格助 )
⑥量的な限度を表す。少ない量をあげて、打ち消しの形をとる。 「この食料では三日-もつまい」 「五分-待てない」 
===========引用終了

 ちなみに当方がトの特殊用法と考えているのは下記あたりです。
【助詞の話10「ト」の特殊用法── 小学校中学校と 十五、十六、十七と】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1488.html

 トかニか迷うのは下記のようなケースです。
【日本語アレコレ──「自然に」と「自然と」の違い1】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-305.html

【自然に、と 自然と、 の違い】
【「意外に」「意外と」】
【○○{ト/ニ}似ている】

 スッキリとした説明があったら教えてください。

助詞の話はむずかしくて、辞書をひいてもわからない特殊な用法も多いようです。
 ただ、ご質問の「ト」は比較的一般的なので、フツーの国語辞典に出ていると思いますが。
https://kotobank.jp/word/%E3%81%A8-579147
===========引用開始
デジタル大辞泉の解説
と[格助・接助・並助]
6 (数量を表す語に付き、打消しの表現を伴って)その範囲以上には出ない意を表す。…までも。「全部で一〇〇円―かからない」「一〇〇キロ―走らなかった」 
===========引用終了

==========...続きを読む

QT字路は、丁字路として誤用されがちのようですが、本来の使い方は何でしょうか?

T字路は、丁字路として誤用されがちのようですが、本来の使い方は何でしょうか?

Aベストアンサー

「誤用がそのまま許容されている」と判断するのが妥当なように思います。
つまり、「本来の使い方」というものは存在しないのではないか、と。
「丁」にしても角度を変えればY字路を表現することは可能でしょうし、どうしても「T字路」という語彙が必要とも思われません。
ただ、「T」の形そのままの箇所は多いわけで、その場合には「T字路」と呼ぶほうがむしろ便利であり、それは間違いだと目くじらを立てるほどのことではない、といったことじゃないでしょうか。

ただ、ウィキによると、
法律ではなく命令であれば、省令の 「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」の別表において「T形道路交差点」という用語が用いられている例がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%81%E5%AD%97%E8%B7%AF
とのこと。

Q接続詞の用法について

閲覧ありがとうございます。
自分が文章を書くときの癖のようなものなのですが、文法的に正しいかがどうしても分からないため質問させていただきました。

例えば「しかし、誰もそのことに気付かない」「そして、彼は考えを改めた」のような文章を、
自分が書く場合は「誰もそのことに、しかし気付かない」「彼は考えを、そして改めた」のようにしてしまうことがあるのですが、
このような用法は認められるのでしょうか?

文法には明るくないので的外れかもしれませんが、強調したい部分に対して接続詞を副詞的に用いているのだと思いますが、
接続詞という本来の用途からは大きく外れている気がして……。

近しい人間に聞いたところ、ありかなしかが二分してしまったので詳しい方に伺いたく存じました。
検索をかけても英文法ばかりがヒットしてしまうため、お手数ですが解答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

その用法は伝統的日本語には余り見られないですが、どちらかと言えば英文翻訳調の近現代小説によく見られた気がします。斬新な印象があるためその文体が好まれた時期です。外国語(英語)に翻訳されて海外でも需要は多かったはずです。接続詞の位置も、それに慣れた外国人にも違和感はなかったはずで、逆に文体が近いと言うこともその需要に一役買ったのかも知れません。
言葉は生き物ですが、文体もまた同じ。認められるかどうかは、時代が決める、と思います。現に使われているので認めない訳には行きませんが、同時にいつも認められるかどうかも疑問で、お知り合いの意見が二分するのも自然な話です。
極端ですが、文体は無数に存在しうるわけです。好みのものを使うのは自由ですが、これを契機に別の文体に触れたり自ら新しい文体を模索したりして、楽しんでみられてはいかがでしょうか?

Q日本語の他動詞は目的語を取らないといけないの?

こんにちは

日本語には様々な他動詞があると思いますが、それらは目的語、もしくは暗に想定される客体と一緒に使用しなければならないのですか?
例えば、「食べる」は、卵を食べる、など目的語と共に言わなければいけないのか、もしくは、共通の話題として卵が想定されている必要があるのか。

よろしくお願い申し上げます

Aベストアンサー

質問者には申し訳ないが、行きがかり上、No.9の方に答えさせてください。
 わたしは、かなり常識的なことを申しあげただけです。日本語には、自動詞の受動態(受身形)があるのはよく知られています。
「赤ん坊に一晩中<泣かれ>て困った」「わたしは雨に<降られ>た」「母親に<死なれ>た」などがそうです。これは「迷惑の受身」と呼ばれますが、はっきりした「能動文」がないことが特徴です。(「雨がわたしに降った」は言えません)
 したがって、受動態の存在が他動詞を証明することには、なりません。「わたしが富士山に登った」→「富士山がわたしに登られた」これは後者が不自然です。普通は言わない言い方。

>それでもなお「登る」を他動詞として扱うつもりならば、日本語独自の明瞭な基準を作る必要性が出てくる。
 
 「他動詞」は「自動詞」の間違いでしょうが、わたしは日本語の明確な基準を作る立ち場ではありません。
なお、疑問があれば、おっしゃってください。外の方々がお答えくださると思います。

Q現在の日本人は旧字体の漢字もだいたい全部知っているんですか?

私は韓国人ですが、韓国では日常で漢字をあまり使わないというものの、中学・高校で2000字ぐらいのいわゆる「旧字体」の漢字を習いました。韓国では基本的に旧字体を使いますが、大分の日本の「新字体」も「略字」として時々使います。

日本のアニメーションなどを見たら、クレジットに旧字体が時々見られました。例えば声優の「花澤香菜」さんの「澤」とか、主題歌の作曲の「芹澤廣明」さんの「廣」、それに「英國戀物語エマ」という作品の名前には「國」と「戀」が入っていました。それに時々「學」も見たような気がします。

日本人なら高校生でも私より漢字の知識が豊かなのに違いないと思いますが、現在の一般の日本人は、使わないだけで、「旧字体」を知っているんですか? つまり、大体の旧字体をみたら読めるんですか?

Aベストアンサー

いいえ、多くの日本人は旧字体を読めないと考えてもらったほうがいいです。特に若い人であれば読めない人は多いです。

Qなんなら

「なんなら、私がやりましょうか。」

この「なんなら」の文法的な説明をお願いします。

Aベストアンサー

「なん」(「なに」の変化)「指示代名詞」の不定称(普通は「どれ」なんですが、「何」も似たように使います。)。「なら」は「断定」の助動詞「だ」の仮定形で、文字通り「仮定条件」を表します。「そんなら」(それならの変化)と同じように、相手の気持ちを前提として、わたしは次のような行動を取ります。という気持ちです。「それ」は条件がはっきりしていますが、「何」は「不定称」ですから、あまりよく分からないけれど、と言うことで、相手の気持ちを尋ねている状態です。
「何だったら」も似たような言い方です。

Q子供の頃にやったなぞなぞについて質問です

子供の頃に「朝は四足歩行、昼はニ足歩行、夜は三足歩行の動物はなんだ」というなぞなぞがあったのですが
答えは人間で朝を子供の頃 昼を大人の頃 夜を老人と例えているらしいのです
この朝昼夜を熟語で表すと
朝=子供=誕生、出生
夜=老人=死亡、退化(?)
になると思うですが、昼は何になると思いますか?

説明下手ですみません!!どうがよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

朝 = 赤ちゃん     = 誕生(生誕),出生,生育
昼 = 子供~大人(成人)= 成長,活動,活発,活躍
夜 = 老人       = 衰退,老化,死亡


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報