ちょっとわかりぬくいタイトルですが・・・
よろしくお願いします。

10年ぐらい前に会社経営しておりまして、今は休眠状態になっている
前の会社がありますのでもう1度会社経営をすることになります。

社員は最初は2~3名でやる予定です。

それで・・・


社会保険関係を使いたいと思いますが・・・

以前会社経営してた時に確か社会保険を分割で支払いしてたように思います。
それでまだその支払いができないまま会社を休眠状態にして社労士におねがいして
その処理をしてもらった経緯があります。

そこで質問なのですが・・・

もう10年も前の事なので私もあまり詳しくは覚えていないのですが・・・

社会保険事務所にお伺いするともう10年前ですから一様新規で書類は出してください!
と言われました。

こういう場合は新規での登録になるのでしょうか?

それと、前の未払金ははらわなくてよいのでしょうか?
会社の所在地と代表は変更になります。

以上よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

そんなに心配なら、別法人で会社を作ったらいかがですか?



法人の設立要件も低くなり、安く設立させようと思えば結構安くできますよ。
休眠会社の変更登記などでお金をかけるぐらいであれば、さほど変わらないかもしれません。それに、過去のしがらみがどのような形で出てくるかは状況次第ですし、相手次第でしょう。

10年であれば時効成立しているのでしょう。
ただ、絶対ではありません。法的な手続きを踏んで処理されていれば、いまだに時効成立していない可能性もあります。
税金関係も同様です。休眠でも均等割という法人住民税の一部がかかっている場合もあります。地域と手続きにより発生しないこともありますが、よほど計画的な休眠できっちりしていないと、どんなリスクがあるかもわかりません。

社会保険事務所というものはもうありません。
現在は年金事務所と協会けんぽです。
一度、社会保険の適用事業所を辞めたのであれば、当然改めて適用事業所になる必要があり、その場合に必要な手続きは新規と同じです。簡単に再開ですというわけにはいきません。労災保険や雇用保険なども同様です。
だから、休眠だからというメリットは少ないのです。

昔と違って合同義者という組織もできました。法律上は立派に法人です。

あとは、法人であれば面倒な手続きに追われますし、費用も掛かりますが、個人事業であれば、辞めるのも簡単です。
会社をたたむ(休眠も似たように使われるため)ような人が新たに事業を始めても、また続かないかもしれませんよ。個人事業で進めて、安定したら法人化という考えもあります。法人でなければならない事業でなければ、無理して法人にしなくてもよいのではありませんかね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民健康保険を分割払いしてます!督促状や差し押さえの郵便が、来ます!相談して分割払いしても無理なので

国民健康保険を分割払いしてます!督促状や差し押さえの郵便が、来ます!相談して分割払いしても無理なのですね!

Aベストアンサー

市役所等に確認しましょう。

分割払いをしているのは、既に納期が来ている分ではありませんか?
督促や差し押さえ等の通知は、分割払いが認められた保険料ではなく、その後に発生した分ではありませんかね。

こういう分割払いは、滞納未納となった者は分割で支払いつつ、新たに発生した分は、滞りなく支払うという形で進めるものでしょう。
新たに発生した分も厳しいということであれば必要な相談等をしなければならないのかもしれません。

次に既に約束している分割払いなどについて、期日を守らずに遅れるようなことがあり、そのことについて相談等をしていなければ、悪質な滞納者と同じ扱いに戻ります。

Q住民税を請求されても、お金は使ってしまって払えません、借金もあります!

住民税を請求されても、お金は使ってしまって払えません、借金もあります!
払えないものは払えない、貯金も無いし仕事をしていないから収入も無い
生きているだけでどんどんいろんな請求をされて何をどれだけ請求されているのか把握できていません。

無職の私にも年金や保険を請求されるんですか?
貯金を差し押さえると3カ月までに警告されましたがまだ実行されていないか、残高不足でできなかったんでしょうかね?

残高不足の口座を差し押さえられたら残高がマイナスになるんですか?

とにかく無いものはない、税金なんか金持ちが払えば良い。
無収入に近い俺がなんで住民税10万円も払わないといけないんだ!!

Aベストアンサー

回答No.10にもあるように、住民税は昨年の収入に対してかかるので、今年は無職・無収入であっても支払いは免れません。昨年の収入があったときに、その心づもりをしておくべきだったのに、お金の管理がルーズだったのか、金銭感覚が甘かったのか、そのツケがいま回ってきたわけ。その代りに今年が無収入なら、来年は働いてガッポガッポと儲けても住民税は来ませんよ。

どうしても住民税の支払に窮したら、市役所の市民税課あるいは福祉課に行って免除などの相談することです。

Q手持ちが無くて市民税住民税が払えません!

手持ちが無くて市民税住民税が払えません!
住民税と市民税って別の税金なの?
保険料と年金も別の請求なんですか?
無収入で贅沢も我慢しているのにガンガン請求されて全く払えません
仕方なく滞納しまくっています。
金があったら払います、払わないんじゃなくて払えないんです!
払えないなら仕方ないし恥ずかしくも無い!!非難される謂れも無い。
税金を免除されるアドバイスを下さい。
※批判的な意見は即ブロックで一生コメント出来なくなります。

一年遅れで請求されたらお金なんか使い果たしているに決まっているじゃないですか!
貯金が無いどころか自転車操業で借金まみれですよ!怒

無いものはなく、今無職で収入もありません。
このまま放置しているとどうなりますか?
スマホを差し押さえられてもこれはローンを払うまでドコモの物だと思います。

Aベストアンサー

このまま放置しておくとどうなるか、に。
時効というものがあります。つまり「取り立てする権利がなくなる」わけです。
納税しない、そして、徴収する側がほかっておいてくれたら、時効消滅で納税不要となります。
「もう、時効だから払わなくて良いんですよね」と言い出さなくても租税の場合には時効消滅してしまいます。
期間は5年です。

納税する方は「払えない」としてれば良いのです。
が、しかし、税務当局はそうは行きません。
時効消滅などさせたら、期限内に納税してる優良な納税者にも申し訳が立ちませんし、徴収職員という取り立て役は「仕事を怠けてる」と上から怒られます。

そこで、時効の中断処理をしてきます。
時効の中断をさせる税務当局の処理は
1 督促
 ただし納期限が過ぎた後に一度しか督促状は発送できません。その後に発送される「催告書」「差し押さえ予告」「最終警告」などは、この督促ではないので、時効の中断効果を持ちません。

2 差押
 滞納者の預金、動産、不動産、生命保険契約の解約返戻金請求権など。
 なにかしら探して差押します。
 1円の預金を差押えしても、時効の中断効果は発生します。
3 交付要求
 例えば国税である所得税滞納があり、住民税(市民税と同じ意味)の滞納もあるとします。
 国税(税務署)が滞納者の「なにか」を差押えしたとします。この差し押さえに対して市役所徴収職員が交付要求をします。
 「差押えたものをお金にして、滞納国税に充てて、もしもその残りがあったら、こちらにください」というものです。
 いくらもらえるのかわからなくても交付要求をすると時効が中断します。
3 捜索
 滞納者の居宅などを「なにか財産がないか」と捜索すること。徴収職員は裁判所令状なしで、滞納者の家などを捜索することができます。
 捜索だけでは時効の中断効果はありませんが、財産を差押えることを前提とした捜索で、仮に差押える財産が見つからなくても時効中断効果が発生するとされてます。これは判例。


上記のように「時効消滅だけはさせない」と言う税務当局には、色々な時効中断をする味方がいるわけです。

「金ないじゃんね」とのが今であっても、これから最低5年間は時効消滅しませんから、その間に預金をつくったりすれば「おお、発見。はい、差押」となる可能性はあります。
別に全額取り立てなどできなくても良いわけです。時効だけは避けたいのです。

ということですので、ほんまに金がなくて、払わない(払えないでしたね)状態で、財産もなし、収入もないぜと言う状態が続くと、税務当局は「やっちまえ」となり、家宅捜索をしてきますね。
これは間違いない。

そのうえで「何もなかった」としても時効中断するのですから、それから5年間「納税せんかい、われ~~」と請求ができるわけです。
その意味では逃げられないです。

なお、時効は納期限の翌日から進行して5年間経過することで完成します。
まずは督促状が発行されて、時効が中断します。それから5年間逃げ切れば良いです。
あと、少しだという時に上記の捜索がされると、そこからまた5年間後までは時効消滅しません。

がんばって逃げ切ってください。

それから
「(徴収職員が)土、日、祝日、時間もお構いなくやってきます。」というのはないです。
彼らは公務員なので、これらの日はお休みです。徴収職員という捜索して差押える権限のある人ではなく、ただの人です。勤務時間外ですね。
「加算税がついて増えていくばかり」は「延滞金が増えていくばかり」が正です。
無申告加算金とか過少申告加算金などの加算金と言われるものは「申告がされてなかった」事実につくので、一回こっきりです。払わないからと「では、もう一回加算金を付ける」ことはできません。
 滞納してて増えるのは延滞金です。
 金がないから払えないのに、延滞金がついたら余計払えなくなるじゃないかと思いますが、延滞金がつくから早く払えというのがお上の理屈なのです。

破産しても税金は免除されませんから、これは知っておいてください。
「税金が沢山溜まってしまって払えない。破産宣告する」と言っても「できません」と門前払いされます。

このまま放置しておくとどうなるか、に。
時効というものがあります。つまり「取り立てする権利がなくなる」わけです。
納税しない、そして、徴収する側がほかっておいてくれたら、時効消滅で納税不要となります。
「もう、時効だから払わなくて良いんですよね」と言い出さなくても租税の場合には時効消滅してしまいます。
期間は5年です。

納税する方は「払えない」としてれば良いのです。
が、しかし、税務当局はそうは行きません。
時効消滅などさせたら、期限内に納税してる優良な納税者にも申し訳が立ちま...続きを読む

Q非常勤講師の国民健康保険

質問失礼します。今年から大学の非常勤講師をしており、4つの大学で2〜4コマを持っていて、年収が400万前後になる予定です。4月に扶養を外れてからまだ国民健康保健への切り替えを行えていないのですが、①国民健康保健へ今から加入しても4月からの分は支払わなくてはいけないのでしょうか?②国民健康保険はとても高額と聞いているのですが、私の立場でそれ以外のオプションというのは存在するのでしょうか?③何か控除を申請するような手立ては存在するのでしょうか?交通費も出ていますし、経費と認定されるようなものはないような気がするので難しいかとは思いますが

Aベストアンサー

>非常勤講師の委嘱
規程をいくつか見てみましたが、
結局、給与とするのか報酬とするのか
学校によって分かれていますね。
給与としている学校も、
報酬としている学校も
ありました。

給与として明確に雇用契約できると、
給与所得控除というみなし経費控除が
あるために、自分で必要経費を積み上げ
なくても、大きな控除が期待できます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

これにより、国民健康保険料に大きな
影響があるのです。

そうすると青色申告で帳簿や複式簿記の
手間や必要経費を絞り出す手間をかける
必要がなくなるのです。

中には裁判をして非常勤講師の報酬は
給与だと訴えてそのとおりになった人の
例もありました。

この際、各学校と給与か報酬か明確に
してもらうしかなさそうです。
できれば給与がいいと言ってみたら、
いかがでしょうか?

Q会社を一週間前に辞めたのですが、社会保険をやめた証明書が会社から送られてきません。 ですが、様々な都

会社を一週間前に辞めたのですが、社会保険をやめた証明書が会社から送られてきません。
ですが、様々な都合があり、会社にももう連絡はしたくありません。そのような場合、年金事務所などに行けばもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

会社が資格喪失の書類を年金事務所に提出し、手続きができていれば年金事務所で資格喪失通知書の写しをもらうことができますから、それを持って国保への切り替えをすることは可能です。
ただ、年金事務所での手続きは時間がかかるので退職から1週間ならまだもらえない可能性が高いです。

離職票をもらっていれば、それでできる自治体もあります。
本来は会社に健康保険被保険者資格喪失証明書の作成を依頼しておき退職時にもらうようにしておかないといけなかったのですが、それはやってないということですか?

余談ですが、任意継続被保険者の保険証と引き換えに在職中の保険証を渡すことは協会けんぽでは無理です。
なぜなら任意継続被保険者の保険証は在職中の資格喪失を待って発行し、直接本人に送られてくるからです。
健康保険組合なら、在職中に作ってくれるとかあるんですかね?

Q退職時の国民健康保険の手続き方法は? 具体的にお願いします!!

退職時の国民健康保険の手続き方法は?

具体的にお願いします!!

Aベストアンサー

退職した会社から
『健康保険資格喪失証明書』あるいは
退職証明書や離職票などを受け取ります。
退職後、郵送されてくるのが一般的です。。

それと、
・マイナンバー通知カード
・身分証
・印鑑
・通帳等
をもってお住まいの役所へ行き、
加入手続きをすることになります。

念のため、お住まいの役所のサイトや
電話連絡で持って行くものをご確認下さい。

参考例
職場の健康保険や国保組合を辞めたとき
http://www.city.shinjuku.lg.jp/hoken/file02_02_00001.html

Q個人事業主の社会保険について

夫が2年前に開業届を出し車両車整備関連の個人事業主になりましたが赤字のため今年からフルタイムのアルバイトを始めました。アルバイト先(兼業報告済)で正社員になる話も出ていて、この場合社会保険に加入できるのでしょうか。現在、夫は妻の私の扶養に入っていますが私が3月いっぱいで病気のため退職し、今は傷病手当受給中です。社保を任意継続するのがよいか、夫が新たに社会保険に(可能なら)加入し私が扶養されるのがよいか、二人で国保か。お得な方を教えて下さい。ちなみに私の2月分の健康保険+介護保険=約1万円でした。

Aベストアンサー

結論から言うと、ご主人はアルバイト先で
社会保険に加入して、奥さんは退職したら、
その社会保険の扶養家族として加入する
のが、一番よいでしょう。

フルタイムでアルバイトするなら、
社会保険に加入できるはずですが、
現実には加入していないという所が
かなりひっかかりますが...

ご主人は今年からのアルバイトで
月収いくらでしょうか?
奥さんの社会保険に扶養家族となる
条件は、交通費込月収108,334円未満
が条件です。
その条件を超えているなら、扶養認定
は取り消されます。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html

ご主人がフルタイムでアルバイトをしても、
社会保険に加入できない状況ならば、
勤め先が個人事業主なのか、社会保険の
加入を拒んでいるか、といったケース
が考えられ、加入したくてもできない
といった状況とも考えられます。

そうなると、あと残された方法は
①奥さんは任意継続、ご主人は国保
②ご主人の収入条件が合えば、
 奥さんの任意継続にご主人が扶養家族
 で、乗り切る(?)
③奥さんもご主人も国保
といった感じでしょうか?

①の任意継続は現状の健康保険料の
 2倍の保険料になります。2万?
 ご主人は国保で昨年の所得がない
 なら、年間でも数万でしょう。
 地域により保険料がかなり違うので
 明確には言えません。

②は①の任意保険の保険料と変わりません。

③は①のご主人の保険料に奥さんの
 昨年の所得に応じた保険料が増えます。
 奥さんは昨年所得があるので、所得に
 応じた保険料となります。

ご主人、奥さんの収入の情報と、
お住まいの地域の情報がないと
保険料の比較はできません。

★また、国民年金保険料が大きな支出と
なります。
任意継続は健康保険だけの継続であって
厚生年金は脱退となるので、国民年金の
保険料はかかってきます。
そういう意味では、最初に戻って...

ご主人が社会保険に加入でき、奥さん
が、扶養家族として加入できれば、
奥さんの健康保険も国民年金も保険料は
かからなくなるので、ベストなのです。

推測の域を出ませんが、まとめると
1.ご主人が社会保険加入で
  奥さんが扶養家族

2.奥さんが任意継続で、条件が合えば
  ご主人が扶養家族(保険料は2万?)
  但し国民年金は別。

3.奥さんが任意継続で(保険料は2万?)、
  ご主人が国保(年間数万?)
  但し国民年金は別。

4.奥さんも国保(保険料は高いけど不明)、
  ご主人が国保(年間数万?)
  但し国民年金は別。

といった順になると思われます。

いかがでしょう?

結論から言うと、ご主人はアルバイト先で
社会保険に加入して、奥さんは退職したら、
その社会保険の扶養家族として加入する
のが、一番よいでしょう。

フルタイムでアルバイトするなら、
社会保険に加入できるはずですが、
現実には加入していないという所が
かなりひっかかりますが...

ご主人は今年からのアルバイトで
月収いくらでしょうか?
奥さんの社会保険に扶養家族となる
条件は、交通費込月収108,334円未満
が条件です。
その条件を超えているなら、扶養認定
は取り消されます。
http://www.nenkin...続きを読む

Q保健 控除について

私の祖母が私を保険に入れたいとしています
私はお金を払う必要がなく、支払いは祖母が
そしてお祝い金を祖母がもらう代わりに怪我などの保険金は両親がもらうことになっています
祖母は自分の貯金のためといい九年後に還元された分を自分のものとしています
年末の保健の控除の際これは父の仕事で証明を提出するとしているのですが良いのでしょうか
とても疑問です
私は高校生です

Aベストアンサー

>年末の保健の控除の際これは父の仕事で証明を提出…

まだ高校生ではちょっとむつかしい話かも知れませんが、父は「生命保険料控除」を受けて今年分所得税と来年分住民税を安くしたいのですね。
しかし、

>支払いは祖母が…

生命保険料控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受けられるだけです。
祖母が払ったものを父が申告すること、およびその逆は原則としてできません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族 (ご質問の事例では父) が代わりに払ったと主張することもできます。

祖母の預金から振り替えられたり、祖母のカードで決済されているような場合は、父にはまったく関係ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q社会保険料の負担?

就職を考えています。
職が決まったら、子供3人分を扶養として健康保険に入れてもらいたいのですが、新しく決まった会社では子供の分の負担とはどれくらいになるのでしょうか。

また、その会社が大きく負担になるようなことはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

> 新しく決まった会社では子供の分の負担とはどれくらいになるのでしょうか。
健康保険の保険料は、一定期間の給料額から決済された「標準報酬月額」によって決まり、「被扶養者(扶養している子供)の人数」は関係いたしません。
勿論、子供を扶養家族として会社に届け出ることで給料額が増加したのであれば、結果として保険料も増加いたします。


>会社は、社員の扶養家族分の保険料を負担しています。
失礼ながら↑の回答は間違い。
保険料を計算するための保険料率計算にはルールが有ります【現場から離れて長いので、記憶違いはお許しください】。
(1)ある時点(確か3月31日)での次の値を求めます
a 「被保険者」と「被扶養者」の『人数』合計[実際にはもう少し細かい集計をします]。
b 「標準報酬月額」の総額 
(2)上記人数から今後1年間の保険支出額を推測して上で、当年までの赤字補てん額を加算。
(3)上記の算出金額を「標準報酬月額」の総額で割る
(4)上記で求めた値に、「健保組合間の援助」「制度間の援助」を増減した後、厚生労働省の認可の下で保険料率が決定

と言う事で、会社が負担しているのではなく、加入している全員が負担しています。


> また、その会社が大きく負担になるようなことはあるのでしょうか。
会社は全体の保険料の半分以上を負担していますが、保険料と言うモノは扶養している人数で極端に変わるものではありません。

これは冗談ですが・・・そりゃー、すべの被保険者が「配偶者:1名」「両親:2名」「祖父母:4名」「子供(養子を含む):多数」「弟妹:多数」を『被保険者』として加入させたら、翌年度からの保険料率は跳ね上がってしまい、結果として保険料も増加ですね。


> 扶養家族がいるのといないのとでは、会社が負担する保険料は変わってくるのですか?
安心してもらうために重ねて書きます。

いつもこの手のご質問にはこのように回答させていただいております。
『被扶養者が増えようが減ろうが、それを直接の原因として保険料(本人負担、会社負担)が変更となることはありません。ですから、気にせずに被扶養者として申請手続きをするべきです』

> 新しく決まった会社では子供の分の負担とはどれくらいになるのでしょうか。
健康保険の保険料は、一定期間の給料額から決済された「標準報酬月額」によって決まり、「被扶養者(扶養している子供)の人数」は関係いたしません。
勿論、子供を扶養家族として会社に届け出ることで給料額が増加したのであれば、結果として保険料も増加いたします。


>会社は、社員の扶養家族分の保険料を負担しています。
失礼ながら↑の回答は間違い。
保険料を計算するための保険料率計算にはルールが有ります【現場から離れて...続きを読む

Q中古物件を買うメリットは何でしょうか? 中古はお買い得が多いし、消費税がかからないと聞きますが、本当

中古物件を買うメリットは何でしょうか?

中古はお買い得が多いし、消費税がかからないと聞きますが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

>中古物件を買う…

何の中古ですか。
家電品?
自動車?

>中古はお買い得が多いし…

値段さえ安ければ他人の使い古しでかまわないと思うならどうぞ。

>消費税がかからないと…

中古であることだけを理由に、消費税が非課税となることは制度としてありません。

もともとが非課税となる商品
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6201.htm
なら中古になっても非課税は非課税です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング