がいし引き工事についてですががいし引き工事、ケーブル工事は他の工事方法では出来ない高圧屋内、低圧屋側、屋外等に使用できます

ケーブル工事はケーブルが安全性が高いという理由から納得できますが、
なぜ裸電線を使用する(危険な)がいし引き工事が他の工事方法よりも使用可能範囲が広いのでしょうか

A 回答 (1件)

がいし引き工事は、「点検できない隠ぺい場所」の工事はできず、金属管工事、合成樹脂管工事、金属可とう電線管工事、ケーブル工事は、この工事が可能です。


また、がいし引き工事は電気炉用電線などの一部の例外を除き、裸電線ではなく絶縁電線を使用しなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
よくわかりました!

お礼日時:2017/07/17 14:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報