住宅財形貯蓄に関して教えて下さい。


35年ローンで住宅購入を考えていますが、住宅財形貯蓄の資金を充てる場合、支払うタイミングに制限はあるのでしょうか?
例えば、頭金に充てたり、20年後に繰上げ返済に充てたりという感じに、住宅の費用に充てる目的であれば、申請させすればいつでも可能でしょうか?


非課税となる上限の550万円とは、個人としての上限でしょうか?
例えば、200万財形貯蓄が貯まったから頭金に充てて、そこから住宅財形貯蓄を続けた場合、非課税となる金額は350万円になるか、もしくは550万円まで非課税となるのか?
後者の場合、極端な話ですが、550万円貯めて支払い非課税の恩恵を受けるサイクルを回し続けることが可能でしょうか?

A 回答 (1件)

>①


かなり制約があります。
私は面倒だし、低金利の財形でメリットが
ほとんどないので利用しませんでした。

下記が参考になります。
http://www.zaikei.taisyokukin.go.jp/service/save …

>頭金に充てたり、
これは全く問題ありません。

>20年後に繰上げ返済に充てたり
これはダメです。
最初に使いなさいってことです。
但し、購入後のリフォームには使えます。

>②
言われていることは、
550万円の枠は再使用できる枠か?
ってことですよね。
できません。
ポイントは積立てる入金総額550万以下
といったらよいですかね。

ですので、
>非課税の恩恵を受けるサイクルを
>回し続けること
は、できません。

そもそもフルの550万の非課税枠で、
例えば金利が0.02%あったとすると、
年1100円の利息がつきます。とすると
年約220円の税金が非課税となります。

これはちょっと非効率過ぎるなと思い
ました。

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に良く分かりました。
非課税は利子に対してってことでしたか。勘違いしてました。

お礼日時:2017/07/17 23:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報