日にタバコ3本はそんなに体に悪いですか?
記事を見ると日に一箱吸った計算のものが多く
あまりやめたメリットを感じられません。
喫煙の際は外の喫煙所で吸いますし、
家に帰る際は喫煙から1時間以上たってから
帰宅するようにしています。
禁煙ブームなのはわかりますが、
ホッと一息つくのがそんなにダメでしょうか。
(それがニコチン依存のせいだとしても)

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (7件)

たったの3本だと、日本の税収に貢献していません。


もっと吸って下さい。

今日から2箱いきましょうよ。
頑張れ。
    • good
    • 0

分かりやすいように基準を1日一箱単位としているだけで


実際は1本でもダメです!
    • good
    • 0

逆に質問です。

1日2本は大丈夫でしょうか?
    • good
    • 0

人前で吸わず、吸ってしばらく誰にも近寄らなければ自己責任なので何の問題もないと思います。

    • good
    • 0

「バカの壁」を書いた医学博士は医者なのに喫煙者で、当時講演で飛び回る著者に色々訊こうと何処かの記者が同じ新幹線に乗り込んでインタビュー決行。

乗ると直ぐに博士は喫煙可能場所に移動で一服。記者が、「あんたは医者のくせに煙草を喫うのか?」と突っ込む。曰く:「私は肺がん患者も肺に疾患を持たないで亡くなった方の肺も開けてみた事があるが現在人の肺はどちらも真っ黒。大差なし」。

だから煙草を喫って良いかには繋がらないとは思うけれど、綺麗に見えて空気は汚れていてレントゲンでは真っ白でも開けると皆真っ黒何だそうです。

健康に悪いと思いながら喫うと恐らく相当健康に悪い。不味いと思いながら物を食べると身に成らないのと一緒ではないか。

気にするなら止める。「今日も元気だ煙草が美味い!」くらいに考えて喫うのが宜しい。煙草で健康チェック。実際、ちょっと風邪気味でもタバコは不味いから。
「日にタバコ3本はそんなに体に悪いですか?」の回答画像3
    • good
    • 1

悪いでしょうねぇ


副流煙や三次喫煙まで言われているぐらいですから。

吸うなら健康に悪くても
ストレス発散での健康効果を自分は取る、ぐらいの開き直りがいるでしょうね
それで健康を害しても
「たばこ吸って、ほっと一息できて幸せだったからこれでいいんだ」って。
思えるならいいのでは。

タバコにどれぐらいの耐性があるかは
個々人で違うから、わかりません
あなたが生涯元気かもしれないし、案外あっけなく病気になるかもしれない
ただ統計で考えると、吸うよりは吸わないほうがよさそうだ。

>ホッと一息つくのがそんなにダメでしょうか。

ていうけど、たばこ以外にも方法があるでしょう?ってことでは。
それを言いだしたら、他にも
ホッと一息つくのがそんなにダメなのか?っていう
いろんな批判されるような行動が全部オッケーになりますよね。

こちらで見る限りでは一日3本程度なら
吸わない人より、肺がんになる確率は2倍程度と思ったらいいのでは
http://www.menet-hiroshima.jp/kin-en/Illness/Gan …

心筋梗塞は1本~14本で3.8倍。だそうですが
まあちょっと本数に幅があるのではっきりとはいえませんが
吸わないよりは上がるでしょう。

動脈硬化、という意味だとほかにも脳卒中などの可能性もあがります

肺気腫、喘息…。

少しずつでも病気になりやすくなると
若くて健康なうちはいいですが年を取ってくるときついというのはあるでしょうね

父の主治医はたばこはいいですよ。でもお酒や食べ過ぎは控えましょう
って言ってました。

「だってみてごらんなさい、肺がんなら○○病院入ってだいたい数か月でしょ
糖尿の合併症は苦しい思いと制限しながら20年とか生きますからね」
だって。

まあそういいながら父は肺気腫と、心筋梗塞、喘息になりましたが。
今は軽度ですが将来もっと高齢化したときに
排痰とかで苦しむんだろうなーと思いますし
開腹手術をした後も、痰のからみと咳で傷口に響いて苦労していました

毎日1箱吸っていても80まで元気な人もいれば
10本でも50代で肺がんになる人もいるのでは?
ただ、あなたがどちらかわからないし
病気になってから後悔しても遅いから
辞められるならやめたほうがいいのでは?ってしか思えない。
    • good
    • 0

たばこ吸う人はそんな事は気にしちゃだめでしょ

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報