主観という言葉について、どのように解釈をすれば良いのか悩んでおります。
辞書いわく「その人ひとりのものの見方。」とありますが、これだけでは解釈の仕方に次のパターンが生まれてきます。

1・他には同じ見方の人はおらず、その人のみしかその見方をする人がいない。
2・他にも同じ見方の人がいることもあるが、ひとまずは1人の見方を参照しただけである。
3・上記どちらの意味も兼ねている。
4・そこまで明確な定義はない。
5・そもそも語学的な定義と呼べるものは存在しない。個人の解釈による。辞書はその一端を記しているだけである。

この5パターン。
私としましては、この場合「の」=所有を表す格助詞であり、何も「1人しかいない物の見方」と限定されているわけではないため1番上は無いのかなあと思いました。
ですが、あくまでウェブ辞書の『goo辞書』さんの説明を見ての考えですので、goo辞書が表記を誤っているかもしれないし、私がトンチンカンな思い違いをしているのかもと考えるとイマイチ自信がないので皆さんに協力を仰がせていただきました。


※補足
・もしも明確な答えがわからない場合はあなたがどのように解釈しているのか教えていただけると助かります。
・パターン「5」について。たとえ定義があろうとなかろうと、「個人の解釈による」ことには変わりがないのでその点はスルーしていただいて、語学的、文法的、法律的に定義づけがどのようになされているのか、そもそも定義づけがされているのかという観点からご意見ください。
・質問文に不備があればご指摘ください。

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (6件)

「その人ひとりのものの見方。


この語釈表現が曖昧ですね。
辞書編纂者としては、「ひとり」は限定ではなく「複数ではない」ことを意図するために使われたのでしょう。
個人的には、
「ある人ひとりのものの見方。」
のようにすることを推奨したいところ。
「その」が、ある特定の人物を想起しやすい連体詞であるため「その人ひとりだけのものの見方」という表現を連想させやすいのに対し、「ある」は不特定の人物を表わすため「ある人ひとりだけのものの見方。」という限定表現が連想しづらいように思うから。

いずれにせよ、
2・他にも同じ見方の人がいることもあるが、ひとまずは1人の見方を参照しただけである。
このパターンになると思います。
従って、必然的に他の解釈にもならない。
    • good
    • 0

見る、目で見るを例にとれば、その人の脳がそれをどの様に認識するか。


それを他人が、抽象的なままで表現したのが主観(実態は本しかわかりません、いや本にも気づいていないかも)。
外部に表現された、言葉等をもって、その人の主観ではないだろうか、と推測はあり得ます。
    • good
    • 0

主観とは脳の機能です。

これに対立するのが客観で、現実の世界は主観とは無関係に存在します。

主観の成立により、それとの関係において客観という規定を受けとることになります。現実の世界それ自体が主観との関係において客観とよばれるので、これを客観的実在と理解することになります。

主観と客観とは不可分関係にあると同時に、現実の世界それ自体は主観から独立して存在しているという矛盾した関係にあります。

これは、子供をもたない夫婦を親とは呼べないように、子供を持つことにより初めて親という規定を受けとるので、親と子の関係は不可分です。しかし、この不可分関係は、子供が生まれたときそれと同時に親と呼ばれる人間それ自体が無から現れてきたことを意味するものではありません。

主観と客観の関係も論理的にこれと同じです。

「その人ひとりのものの見方。」というのは、主観的な見方ということで、主観事体の定義、説明ではありません。

言語表現は話者の認識の表現で当然主観的なもので、その内容が主観的か客観的かは事実との関係によります。

言語事体は話者の表現で客観的存在です。

格助詞「の」は関係認識の表現で、その対象のあり方により、所有・所在・所属・行為者などの関係となります。■
    • good
    • 0

大きく別けて、2通りかと思います。



一つは、客観性を排除した、ものの見方が主観。
もう一つは、あらゆるものの見方も、主観と言えます。

たとえば、「最も高い山は?」と言う質問に対して。

まず客観性を排除すれば、「個人的には、北アルプスの槍ヶ岳。なぜなら、富士山は何度も登頂したが、槍ヶ岳は一度も登頂に成功したことがなく、登頂難易度で言えば、富士山より高いと言える。」みたいな話です。

これに対し、「それはキミの主観に過ぎない。日本で最高峰と言えば富士山に決まっている!」と言うのが、日本人と言う立ち位置からの主観で、「日本で最高峰」と言う客観性も備えています。

ただ、これがなぜ主観か?と言いますと、別の客観性を備えた主観もあるから。
すなわち「何を言ってるの?『質問は最も高い山』なんだから、エベレストだろう?」と言う、日本人の枠を超えた主観であり、同時に客観性も増します。

更には、「おいおい、質問は海抜からの高さじゃないだろ?地殻からの高さで言えば、マウナケア山の方がエベレストより高いよ。」とか。
「いやいや、地球の山とは言ってない。現在、確認されている中では、火星のオリンポス山が宇宙一高い山だ!」まで。

一方では、登山家の中では、最初の「槍ヶ岳」に「ナルホド!」と言う人だっているでしょうから、これでも完全な主観とは言い切れませんし。
また学術的な客観性があるとは言え、マウナケアとかオリンポスまで挙げたところで、「そんなことを言い出せばキリがない」など、反論も受けやすく、「最も客観的なものの見方」は、恐らくエベレストでしょう。

言い換えますと、主観の中にも客観性が混じっている場合も多く、逆に客観も、客観性を広げれば良いと言うものではなくて、結局のところ多数決的な共感とか、中立性なども求められます。

さすがに「出不精のオレにとっては、近所の〇〇山が一番高い!」くらいになると、かなり主観的と言えるでしょうけど・・。
マウナケアとかオリンポスも、「それはキミの主観が強すぎる!」と言われかねませんし。
逆にそれらを主張する立場からは、「エベレストでも客観性が乏しい」と言われかないので、エベレストと言う回答でさえ、まずは主観とも言えるワケです。

余談ながら、そう言う意味では、最も客観的なものの見方は、「『最も高い山は?』と言う質問が、抽象的だ。」と言うことになるかも知れません。
    • good
    • 0

言葉の意味としては3ですが、実際には1の意味として使われます。



主観というのは、そもそも1の「他には同じ見方の人はおらず、その人のみしかその見方をする人がいない」ということを意味します。しかし、世間を見回してみれば、同じ見方・考えを持つ人もいる可能性はあります。

そういう人を見つければこれは主観だけではなく、他人の意見も含めた客観性を有することにもつながっていきます。ですから3の意味も含まれるわけです。

しかし「主観的」とか「それはあなたの主観だよね」と発言する場合、基本的に「その見方はあなたしかしない」ということをニュアンスとして伝えることになります。ですから、言葉として使われる場合にはほとんど1の意味であることが多いです。

では「客観」というのはどういうことを言うのでしょう。その見方を主張する人が一人でも「客観的」ということはありえるのでしょうか。

ありえます。なぜなら、その主張の裏側にデータや論文などの情報が含まれているときには、個人の見方を超えた、普遍的なもののあり方がそこにある可能性があるからです。

ですから「あなたの意見は主観的」と言っている人のほうが主観的にそれを判断していて、データを読んでいないとか読み取る能力がない、ということもありえるわけです。

ということで、主観、と言う言葉そのものの概念が、実は「主観的」であるということもいえるでしょう。この言葉は非常に相対的なのです。

法律的な定義はありませんが、語学というか語用としては1の意味がほとんどで、実際には3も含まれる、というところでしょう。
    • good
    • 0

語学的な点はお調べになったようですので、法律的には


http://blog.goo.ne.jp/higaishablog/e/9ff9f0692d2 …

>この場合「の」=所有を表す格助詞であり、
主格と考えて見てはどうですか。動詞的な名詞「見方->見る」ですので。

主観客観は左右などと同様、相対的です。左が無い世界で右は存在しません。そのことも考えてみる必要があると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報