人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

最近、戦国武将に興味を持ち始めたばかりの者です!
石田三成と大谷吉継の話で、有名な茶会での話がありますよね?
しかし、あれは作り話という人もいますよね?
そこで、もし茶会の話が作り話だとしたら、なぜ大谷吉継は関ヶ原の戦いでの戦いで西軍についたのでしょうか?
私は、あの茶会でのできごとがあったから吉継が三成に好感を持ち、関ヶ原でも三成のいた西軍で戦ったと本で読んだのですが(´ヮ`;)
歴史に全然詳しくなくてごめんなさい

A 回答 (3件)

茶会の話は一例で、あの手この手で、味方に引き入れたでしょう。


「馬鹿な子ほど可愛い」というように、大谷は三成に挙兵をやめるように説得してるうちに、情が移ったという描き方をしている本もあります。同情説。
当時、自分の生死より、名前を残したいという思想もあったようです。
茶会の話でわかるように、大谷はほそぼそと惨めに生き続けるより、上手に死にたいという願望がかなり強かったようです。
    • good
    • 0

大谷吉継は九州征伐では、兵站奉行石田三成の下、功績を立てた。


三成が堺奉行に任じられると、その配下として実務を担当。
つまり、常に三成の部下で、三成配下以外での活躍が無い。

大谷吉継は、三成のおかげで出世できたので、最後まで三成に従ったのは当然の結末ですが、
小説は、彼が三成より優秀というトンデモ設定で作られるから、友情物語になります。

石田三成が戦下手のレッテルを貼られた忍城の戦いでは、大谷吉継も敗走しています。
大谷吉継は、最後だけ格好良く討ち死にしたので、小説でかっこいいキャラに捏造。
実際は三成の子分で、パシリだったから最後も従ったのです。
友情なんてありません。
上司と部下で、絶対服従です。

大谷善継に何か手柄がありますか?
ありませんね。
全部、石田三成のおこぼれです。
石田三成と一緒に活躍したことになっています。
石田三成様々です。
    • good
    • 1

秀吉子飼いの中では、同じ近江出身者、同年代で官僚として両者とも「計数の才」が評価され優れていおり気も合っていた。


それゆえ、両加藤らの武門肌の武将と二人は毛色が違っていた。
吉継は他の子飼い武将からは嫌われてはいないが、三成は子飼いの武将の中で吉継以外から孤立していて、吉継しか信頼できなかった。
等があるようです。

当時の戦国武将でことさら変なことではなかったのですが、衆道の特別な関係があったという説もありますね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源義経 軍事的天才と呼ばれている理由

源義経が軍事的天才と呼ばれている理由はなんでしょうか?

わがままでもうしわけないのですが具体的にお願いします_(._.)_

Aベストアンサー

恐らく我が国では最初の、「大規模な奇襲作戦」を成功させたのが義経です。
「一の谷の戦い」がそれで、ほぼ無名だった義経を、一躍有名にしました。

木曾義仲に京都を追い出された平家ですが、それでも充分に兵力を温存し、巻き返しを図るべく福原(兵庫県神戸市)に万全の布陣。
その追討が源範頼(義経の兄)を総大将とする源氏ですが、この時点で源氏の6万に対し、平家は7万とも10万とも。

更に、西国に勢力を有す平氏は、どんどん陣容を増し、逆に源氏は兵糧の輸送などにも心配がある有様。
従い、源氏側としては、短期決戦したいものの、まともにぶつかっては勝てるかどうか。
そこで副将格の義経が、別働隊を率いて平家の後方を衝き、その混乱に乗じて範頼の主力軍が攻め込むと言う作戦を提案し、これが大成功と言う戦です。

別に平家側も油断していたワケではないのですが、まさか険しい山側から騎馬隊が攻撃してくるなどとは思ってもいなかったから、義経の狙い通りの大混乱。
これが有名な「鵯越の逆落とし」です。
おまけに義経ってば、自ら率いた逆落とし別働部隊とは別に、これも有名な武将ですが、熊谷直実に側面攻撃部隊を率いさせると言う、用意周到さです。

ちなみに、この戦で熊谷直実に討ち取られたのが、平家一門の平敦盛で、この逸話は平家物語や、能の『敦盛』や幸若舞の『敦盛』として扱われ、超有名。
織田信長がよく口にしたとされる「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」も、幸若舞『敦盛』の一節です。
この先には、那須与一が見事、弓矢で扇を射抜いた話とか、義経の八艘飛びなど、源平の戦には多くの逸話があることも、義経人気に一役買ってますね。

東西と北に敵を構えた平氏は、南側の瀬戸内海に逃げるしかありませんが、7万の軍勢が一斉に船に乗って逃げられるハズもなく、溺死者なども多く出て。
この戦で平家は大惨敗を喫し、実質、崩壊してしまいます。

追討軍の指揮は、引き続き源範頼が執るのですが。
この兄ちゃんは、ちょっと出来が悪いのか、モタモタしちゃうから、一番上の頼朝兄ちゃんが怒って、義経に「アイツはダメ。お前が討伐へ行け!」と命じ。
義経は、短気な頼朝兄ちゃんの期待に応えるべく、ちょこっとの船で、海路、平家討伐に向かい、ここでも奇策や奇襲を重ね、見事に勝利を収めます。

一方でダメ兄ちゃんの範頼も、陸路、九州あたりまで平家の残党討伐を行い・・。
平家の本体を討伐し続けた義経と合流しして、最後の決戦「壇ノ浦の戦い」で、平家を滅亡に追い込みます。

義経の軍事的な才能は、「型破り」と「スピード」でしょうか?
軍事の天才に求められるのは、「少数で大軍を撃破」みたいなエピソードかと思いますが。
義経は、それを策略などではなくて、型破りな奇襲と、それを相手どころか味方も驚く様な早さで、やってのけてます。

「やあやあ我こそは!」の時代に、思わぬところから、突如、騎馬隊が現れて、陣地に火矢を射込むなどして暴れ回ったりしたら・・。
現代で言えば、いきなり東京湾に謎の潜水艦群が浮上して、ミサイル発射・・くらいのインパクトかも知れません。

ただ義経は、危うさもあって、後白河法皇から「大将が先陣に立って戦っちゃダメ!」と叱られたりもするのですが、「コッチはハナから、死ぬ気でやってんだよ!」と逆らったりしてます。
もしかすると義経の「型破り」さは、「命懸けの強さ」とか、そんな覚悟から来る発想かも?とも感じます。

従い、後の戦国武将とかでも、上杉謙信などは義経を尊敬していましたが、武田信玄あたりは、あまり尊敬していなかったみたいで、武田家も、お家がゴタゴタしたので、最後は頼朝に殺された義経を、「出しゃばりすぎ」と見ていた様です。
しかし、謙信も信玄も、義経と同じく軍事的天才に挙げられるので、その二人に教師や反面教師とされた義経は、やはりスゴいですね。

恐らく我が国では最初の、「大規模な奇襲作戦」を成功させたのが義経です。
「一の谷の戦い」がそれで、ほぼ無名だった義経を、一躍有名にしました。

木曾義仲に京都を追い出された平家ですが、それでも充分に兵力を温存し、巻き返しを図るべく福原(兵庫県神戸市)に万全の布陣。
その追討が源範頼(義経の兄)を総大将とする源氏ですが、この時点で源氏の6万に対し、平家は7万とも10万とも。

更に、西国に勢力を有す平氏は、どんどん陣容を増し、逆に源氏は兵糧の輸送などにも心配がある有様。
従い、源氏...続きを読む

Q桶狭間の戦いの直前、義元はなにをしていたんですか?

桶狭間の戦いの直前、義元はなにをしていたんですか?

Aベストアンサー

普通に指揮を執っていたと思われます。
ただし、諸説ありますので、どれが正しいかわかりません。

よく言われる桶狭間の戦いは、圧倒的に劣勢な織田軍が
雨の中を敵中突破して、休憩中の今川軍を奇襲した。
酒を飲んで油断した義元は負けました。
という見解が多いと思います。
これは、小瀬甫庵の「信長記」からきています。
時代的には50年ほど後のもので、
後述の「信長公記」をもとにしたとされています。

信長の家臣で、太田牛一(1527-1623)が記した
「信長公記」という資料があります。
いくつかの表題があり、「信長記」「信長公記」などと
題されましたが、前述の「信長記」と区別して
「信長公記」と言われるようになりました。
信長の部下であったことから、史料としての価値は
こちらが上なので、こちらがより事実に近いとされています。

ここでは、信長と義元は「おけはざま山」で対峙して
信長は何度か突撃を試みました。
そして、機を見て全軍突撃を行ったとされています。
今川方は、精鋭を各方面に展開していたので
本陣は人数は多いけど手薄でしたので、
精鋭の信長に負けてしまいました。

普通に指揮を執っていたと思われます。
ただし、諸説ありますので、どれが正しいかわかりません。

よく言われる桶狭間の戦いは、圧倒的に劣勢な織田軍が
雨の中を敵中突破して、休憩中の今川軍を奇襲した。
酒を飲んで油断した義元は負けました。
という見解が多いと思います。
これは、小瀬甫庵の「信長記」からきています。
時代的には50年ほど後のもので、
後述の「信長公記」をもとにしたとされています。

信長の家臣で、太田牛一(1527-1623)が記した
「信長公記」という資料があります。
いくつかの表...続きを読む

Q日本史に出てくる人物で一番の卑怯者とは

日本史に出てくる人物で一番の卑怯者を挙げるなら誰を挙げますか?

Aベストアンサー

徳川慶喜。

己の命令で部下が戦っているのに、
さっさと逃げだし、大政奉還。

この時、家康以来の金扇の馬印は置き忘れたが
お気に入りの愛妾は忘れずに同伴していた。

その後は、金が無く苦しむ部下を見捨てて
趣味三昧で、天寿を全う。

Qなぜ豊臣秀吉は姫路城を捨てて大阪城を作ったんですか?

なぜ豊臣秀吉は姫路城を捨てて大阪城を作ったんですか?

Aベストアンサー

姫路城は黒田家に譲ったから

Q義経を殺すように命令したのは誰?

義経を殺すように命令したのは誰なのでしょうか?

義経が官位をもらい、それに納得しない頼朝が殺すように命令を出したのでしょうか?

Aベストアンサー

兄の源頼朝

Q第二次世界大戦の敗戦国としては、戦後処理として日本が恵まれていた理由は何ですか?

第二次世界大戦に敗戦した国としては、日本は以下の理由で恵まれていましたが、その理由は何でしょうか?

日本
①天皇制の存続
②行政機構の維持(GHQは行政機構に指示する形式をとっていた)
③一括統治
④戦後の敵国による破壊行為は僅少

一方、ドイツはこんな感じです。
①ヒトラーの戦死、戦後は極悪人として徹底糾弾
②行政機構の徹底破壊
③分断統治
④ドイツ女性への強姦
⑤文化財等の強奪

もし、日本がドイツのようになっていたら・・・考えただけで恐ろしいですね。
①天皇の処刑・極悪人として糾弾
②行政機構の徹底破壊
③分断統治(おそらく北海道と東北はソ連統治で、東京は4か国による分割占領)
④日本人女性への強姦
⑤京都、奈良等の文化財が強奪される

Aベストアンサー

日本人女性への強姦は、沢山あったと思いますよ。
・沖縄戦では連合国軍の上陸後強姦が多発した。
・沖縄で、アメリカ軍兵士のみにより強姦された女性数を10000人と推定する見解もある。
・連合国軍が日本に進駐した際、最初の10日間、神奈川県下では1336件の強姦事件が発生した。
・占領直後の性的暴行や強姦の件数については確定していないが、藤目ゆきによれば
 上陸後1ヶ月だけでも最低3500人以上の女性が連合軍兵士によって被害をうけた。

仕方ないので、防止するために1945年8月27日に大森海岸の料亭「小町園」を慰安所第一号に
指定したのを皮きりに、慰安部、特殊施設部、キャバレー部などが開設されていった。
東京都内では終戦3ヶ月以内に25箇所の慰安所が開設されている。
東京・横浜をはじめ、江ノ島・熱海・箱根などの保養地、大阪、愛知県、広島県、静岡県、
兵庫県、山形県、秋田県、岩手県など日本各地に設置されていった。

また、日本刀、鐘など、多くの文化財が、アメリカに持ち去られました。

天皇制の維持は、その方が日本を統治しやすいと判断したからだと思いますよ。
もし天皇を処刑していたら、ゲリラ的に日本国内で戦闘が続くと判断したのでしょう。

日本は、イギリス、中国との戦闘には勝っていますが、アメリカの物量に
負けたのですよね。
アメリカも予想以上の損害を被っています。

二度と日本軍とは戦いたくないとの強い思いがあったと思います。

アメリカの多大な損害と引き換えに日本を降伏させたのですから、
アメリカとしては、わざわざ分割統治して、貢献していない他国に分け前を
渡したくないでしょうし、日本の共産国化は何としても避けたかったでしょうから
ソ連との分割統治を避けたと思います。

行政機構の維持は、天皇制を継続したのが影響しているのではないでしょうか?

でも、WGIPによって、徹底的に自虐史観を植え付け、日本の国体を
破壊しました。今もその影響は、強く残っています。

ドイツは、軍隊を持っていますよ。
ドイツに戦争放棄の憲法9条はありません。

ドイツは、戦争責任を徹底的にナチスドイツ(ナチス政党)に押し付け
国としての戦争責任は認めていません。

よって、日本のような国としての謝罪はしていません。

ドイツにおける行政機構の徹底破壊がなぜ行われたのか?
私は知見がありません。
ドイツ人自身が、ナチスを徹底的に否定し、戦争責任を押し付けた
影響があるのでしょうか??? よく解りません。

日本人女性への強姦は、沢山あったと思いますよ。
・沖縄戦では連合国軍の上陸後強姦が多発した。
・沖縄で、アメリカ軍兵士のみにより強姦された女性数を10000人と推定する見解もある。
・連合国軍が日本に進駐した際、最初の10日間、神奈川県下では1336件の強姦事件が発生した。
・占領直後の性的暴行や強姦の件数については確定していないが、藤目ゆきによれば
 上陸後1ヶ月だけでも最低3500人以上の女性が連合軍兵士によって被害をうけた。

仕方ないので、防止するために1945年8月27日に大森海岸の料亭「小...続きを読む

Q平家と源氏の祖先はどうしてるのですか?

徳川家康の徳川家の末裔は現代も生きてますが、平家と源氏の末裔は生きてるのですか?

Aベストアンサー

その徳川家康が源氏の末裔ですよ。

Q伊予国をルーツとしている戦国武将を知ってるだけ教えて下さい。 戦国時代にも現地に居た武将ではなく、そ

伊予国をルーツとしている戦国武将を知ってるだけ教えて下さい。

戦国時代にも現地に居た武将ではなく、それより以前に圧迫に耐えかねて伊予国外に出た武将限定でお願いします。

Aベストアンサー

藤原純友の子孫を称する有馬氏や大村氏は伊予がルーツかもしれないけど、圧迫されたといっていいかどうか。
宇都宮豊綱は負けて伊予を追い出されたけど、戦国時代の終わりの方ですし。

Q元号は現在、天皇陛下が代わられると元号を変える事ですが、江戸時代やそれ以前の時代では、どのタイミング

元号は現在、天皇陛下が代わられると元号を変える事ですが、江戸時代やそれ以前の時代では、どのタイミングで変わっていたのでしょうかか?

Aベストアンサー

今のように、天皇の代替わりのときにだけ元号を変える制度になったのは、明治からです。その結果、天皇と年号が1対1に対応するようになりました(ということと関係があると思いますが、明治以降の天皇は、明治天皇のように年号で呼ばれています)。
それ以前は、めでたい事があった、天変地異、疫病がはやったとか、いろいろの理由で年号を変えていました。

Q世界史:「皇帝」と「王」のちがいは?

「皇帝」と「王」のちがいはなんですか?

あと、神聖ローマ帝国のオットー1世は『王』ということで良いのですよね。そうすると、皇帝は誰だったのですか?

Aベストアンサー

王の上位者が皇帝。

神聖ローマ帝国の場合は帝国を構成する各国を支配する王などから選挙で選ばれて帝国全体の統治者となったのが皇帝。

>あと、神聖ローマ帝国のオットー1世は『王』ということで良いのですよね。そうすると、皇帝は誰だったのですか?
オットー1世が東フランク王国の王でドイツ帝国の皇帝。

日本で言えば殿様(王)と徳川将軍(皇帝)の様な関係。


人気Q&Aランキング