大学受験の英語が役立つことがお仕事って、どんなものがあるでしょうか?
実際に英語を使う仕事でも、受験英語はしっかりやっていなくてもなんとかなるものもあると思います。しかしそういうものではなく、「受験英語をやっていたからこそこの仕事に就くことができた」、「今、役立っている」・・・というお仕事です。
受験英語の意味を感じられない受験生が開眼するような仕事がありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

今外国人付きの秘書をやっています。


最近取引先の日本人の方多数に英語力をあげる方法を聞かれます。TOEIC300~の方が多く、日系企業でも450以上でなくては昇進できないなど英語はどの分野においてもかなり重要な判断基準にされているようです。
このような方に私がオススメしているのが「試験に出る英単語」試験だけではなく、日常生活において必要な単語しか載せていないので。あともう一つ(今ど忘れしてしまって思い出せないのですが)やはり私が大学受験の時に使用した基礎英文法の問題集。こちらは文法だけではなく、例文も載っていてちゃんと(受験対策としてでも)勉強すれば普段の会話に活かすことができます。受験英語と外国人が・と使用される英語は違うと言いますが、かなり使えるものと認識しておいてさしつかえはありません。
ちなみに商品企画部、研究開発部、技術部、設計部他、営業、購買など多くの分野の方に聞かれます。受験英語プラスα(スピーキングとリスニング)で英語を有効に使えるレベルになると思います。

ちなみにワーホリで来ている人間が文法をわからなくても仕事できる、という点ですが、全くできない、というわけはないでしょう?文法がわかった上で仕事ができたら、より効率がいいと思います(我々も単語でしか話せない外国人より、は、が、に、を、などを使う方の方がはるかに理解しやすいし誤解が減るのと同じです)。
    • good
    • 0

ちょっと気になったので。



文法がわからなくても会話ができる人もいる、とよく言われますね。考えるに、「結構なめらかにネイティブと会話しているのに、英文法に照らすと間違いがおおい。コイツ文法を知らないのではないか?」という人のことだとおもいます。しかし実際は、

実は文法は知っているが、現場では、細かい文法チェックは無視して、とにかく思いついた単語を口に出す(技術の差により、正しい文法を選ぶかどうかのうまい、下手はある)ことで、相手の理解を確認しながら自分の意志を伝達することに集中するモードでしゃべっている。

という場合もあるのではないでしょうか?その人の状況としては、

受験英語は一応ひととおりやったが、常に正しい文法で話すことには苦労している。ここで、How to sayよりもWhat to sayが重要なのであり、とにかく相手と意思疎通をしたい!しなくてはならない!という状況(海外に行けばこればっかりですね)。

私事ですが、海外に行ったときは上のような状況です。とりあえず
「英語をまったくしゃべれない外国人。話し掛けてもムダ。」でなく
「拙い英語をしゃべる東洋人。あきらめずに辛抱強く質問、回答すれば意思疎通できる。」
にはなんとかなれていると思います。ただ、ちょっとややこしい話(お金のからむ話、交渉ごと)では急に会話力が落ちてしまうので、「教養のない人」と見られていいるのではという一抹の不安があります。専門の話だとそこそこOKなのですが,,,。
次の目標ですが、道のりは遠そうです。

以上、個人的に考えていることですが、なにか参考になれば幸いです。

この回答への補足

わたしもまったく同じ状況です。単語の羅列ではだめでしょうけど、動詞が過去形になっていないとか、複数形に-sがついていないということはしょっちゅうです。

会話というより、受験勉強で大量に増やした語彙力とか速読テクニック、文法知識などは、ビジネス文書やE-mailでのやりとりでは絶対に必要ですよね。
また、「話す」とか「聞き取れる」という、対人でのコミュニケーションで重視されることであっても、受験英語を身につけているという前提がなければ、体系的に身につけることはできないことを受験生には伝えたいと思います。
そして最終的には「話す」「聞き取れる」につながっていく重要なものであるということを話してみようと思います。
ありがとうございました!

補足日時:2001/07/06 13:40
    • good
    • 0

>そもそも職業という切り口から、モチベーションアップをさせるというのは無理があるんでしょうか。



入試でいくら点をとっても仕事には役立ちません。
仕事で役に立っているのは、結局「受験英語」ではなく、「英語」なんだと思います。
ただ、「受験英語」を通じて「英語」を勉強しているのだと思います。
文法や文字に非常に偏った「英語」ですが。

というわけで、

「英語」は職業に役立つ、受験も「英語」のいい勉強だ

と主張してみるとか、どうでしょうか?

他の方の意見も聞いてみたいですね。
    • good
    • 0

おそらく、「受験英語を勉強しても実際の社会(仕事)に関しては意味が無い」と思っているんだと思います。


結論から言うと、(業界に関係なく)社会で英語を必要とするときに、「受験英語」は役に立ちます。どういう点で役に立つかと言うと、
1.正確な文法を数多く知っている。
2.単語を多く知っている。
大きくはこの2点です。英語のレポートを読むときに文法を知らないと非常につらいですし、英語でコミュニケーションをとるときも、単語を並べるだけでも何とか通じますが、並べる単語を知らないとどうにもなりません。
私には留学経験はありませんが、受験英語が業務(法務)に役立っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
きっと英語のレポートを読むお仕事(まさに法務とか)が、有効なんですね!
そのあたりで他にないでしょうか。

お礼日時:2001/07/03 14:48

受験英語の役立つ仕事と言えば、やはり「英語の先生」ですが、


仕事に受験英語の意義を見出すよりも
コミュニケーションに英語の意義を見出すほうが「開眼」しやすいでしょう。

受験英語という枠組みにとらわれず、
英語そのものの意義を伝えられてはいかがですか?
私が英語の先生であれば、公教育であれ、私教育であれ、
英語そのものに対する動機づけをしたいと思います。
ただの中学生の時も、英語科教育法の授業でも
私はそういうふうに指導されました。

受験のためだけのモチベーションが必要なのであれば、
受験科目全体の中で英語にどれだけ配点されているかということを
説明するくらいでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
高1や高2の生徒に対してなら、英語そのものの魅力を伝えるということはとっても実行しやすいと思いました。
受験生となると、そもそも職業という切り口から、モチベーションアップをさせるというのは無理があるんでしょうか。

お礼日時:2001/07/03 14:44

まだ学生(理系)で、しかも英語はカタコト程度なので、あまりえらそうなことは言えませんが。



>大学受験の英語が役立つことがお仕事って、どんなものがあるでしょうか?

ほぼすべての仕事、といってもいいでしょう。どの仕事でも英語を使う必要があります。(もちろん、要求されるレベルはちがうと思いますが。)文法を知らなければ外国語を使えるようになるのは難しいです。また、正確さが必要なビジネス英語では、正しい文法を使えなければなりません。

大学では、いわゆる受験英語により、ある程度の英語の理解力があることは当然として、むしろ「使うための英語」を訓練します。このとき中学から6年間の蓄積が生きることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
denden keiさんは、受験英語=文法ととらえていらっしゃるのですか?
海外で出会う、ワーキングホリデーできている日本人の中には、文法がまったくわからなくても仕事をしている人もいました。。。

お礼日時:2001/07/03 14:38

ずばり。

塾の先生!! ←開眼した?

余計なお世話ですが、私は「受験英語が意味がない」なんて絶対違うと思います。
近頃留学も珍しくないので、カタコトの英語を話せる人はたくさんいます。だからこそ、単語単語で話す人ときちんと文章を作れる人との差が出てくると思います。私は留学経験があり、学生時代に詰め込んだ単語や文法は少なからず役に立ちました。ペラペラにはなりませんが、やはり勉強してて良かったと思いました。
コンピュータ系で英語ができる人って、私の推測、”受験英語”で文法しっかりやったからだと思います。ほら、マニュアルやらエラーメッセージって英語多いですよね?ソフトのインストールするときもなんだか外国のサイトに行ってしまい、わけわかんないままインストール。なんて人も多いと思います。文法わからないと文章書けないので、外国とのメールのやり取りをする際、昔の参考書をひっぱってきたりとかしますよ。^^;
と、ゆーことで、受験英語をしっかりやれば、英文が書けるようになり、将来役に何にでも立つ!と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます! 言いたいことが複雑であればるほど、文法ができていないと表現するのは難しいですよね。コンピュータ系っていうのに、なるほど!と思いました。
やはり受験英語がダイレクトにつながっているというと、やっぱり塾の先生とかなのでしょうか。受験生に対しては、もうちょっと夢があるものだといいな、と思ったりしちゃうんですが。。。うーん。

お礼日時:2001/07/02 23:19

外国と違う独特の特別な英語を役立てる場所といえば、大学受験の家庭教師から塾の先生が考えられます。



私は職業とはしなかったのですが、受験生の英語程度は見ていました。。。それと研究論文の翻訳とかには役立ちましたが

一般的に言われる英語を使う職業とは、やはり違う分野の英語と云えるでしょう。

「受験英語の意味を感じられない受験生」が開眼するような仕事というと[熟講師]以外、実際にはかなり少ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございます!
受験英語は、「外国と違う独特の特別な英語」ということになるんでしょうか?
そうなると直接受験の英語を教えてくれる塾の先生は1番ピンときて、イメージしやすいですよね。

お礼日時:2001/07/02 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q「見えぬものこそ。」を英語に訳すとどうなりますか?

「見えぬものこそ。」を英語に訳すとどうなりますか?
英語に詳しい方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Wikiの英語ページにありますよ。英語わからないと探し出すの大変かもしれませんが、
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Little_Prince

下文の()内
"On ne voit bien qu'avec le cœur. L'essentiel est invisible pour les yeux." ("One sees clearly only with the heart. What is essential is invisible to the eye.")

直訳すると、
「(ひとは)心で見たときに(ものごとが)明確にみえる。肝心なものは目には見えないんだ。」

ですが、これを書いたかたもフランス語を直訳したのですかね。フランス語は私はわかりませんが。

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q大学受験英語と一般的な英語とでは違うものですか?

最近ドラゴン桜を思い出して気になったんですが
東大入試の英語は簡単だと作品中で語っていましたが
本当にそうなんでしょうか?
実際大学の赤本などを持ってるわけではないので良く分からないんですが
NHKで英語講座がありますがあれで
どの講座が理解できるレベルなら問題を解けますか?
それとも受験英語と一般的な英語とはまた違ったものなんですか?
回答お願いします

Aベストアンサー

私も詳しいことは分かりませんが、受験英語は口語的な表現を一切排除していることです。例えば He isは
普通に 「He's」というふうに短縮形になりますが、
受験英語では認められていないはずです。また 関係代名詞としての whoとwhomの使い分けも、一般的に正しいとされている用法さえも間違いにします。

それと、これはご質問の趣旨から大きく逸れて恐縮ですが、例えば 外人に 「Do you speak English?」と尋ねて その外人が英語が話せなければ、その英語の質問自体理解できない可能性が高いので、話せなくても
「No, I don't.」とは答えてくれない可能性が高いと考えられます。何とロサンゼルスのど真ん中で こういう質問をしたら「Aqui no parlan ingles.(ここでは英語は通用しません。)」とスペイン語で返事が返ってくることも珍しくないそうです。
日本人だって外国で中国人に間違えられて
「ニーシュオハンユーマ?(中国語は話しますか?)」
と聞かれても 呆気に取られるのではないでしょうか?
日本が古くからあれだけ中国の影響を受け、中国の文字である漢字を使いこなしているのに、こんな簡単な中国語も知らないのは ある意味奇妙に思われるかもしれませんね。

私も詳しいことは分かりませんが、受験英語は口語的な表現を一切排除していることです。例えば He isは
普通に 「He's」というふうに短縮形になりますが、
受験英語では認められていないはずです。また 関係代名詞としての whoとwhomの使い分けも、一般的に正しいとされている用法さえも間違いにします。

それと、これはご質問の趣旨から大きく逸れて恐縮ですが、例えば 外人に 「Do you speak English?」と尋ねて その外人が英語が話せなければ、その英語の質問自体理解できない可能性が高いので、話せなく...続きを読む

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q文部科学省制定の日本式英語(受験英語・学校英語)で恥をかかないための文法書

就職活動の大学生は面接マナーや社会人のマナーを学ぶために本を買ったり、セミナーに行ったりしますよね。学校で教えている日本式英語(受験英語)、文部科学省が教えてくれる英語で恥をかかないためには、本当の英語のマナー、本当の文法を知る必要があると思うのです(驚いたことに一流大学でもこれらの英米文法は習わないらしい。教授連は知っているはずなのに!)。
とりあえず私が知っているのがこれらの文法書なのですが、

■ クイック・リファレンスとして使える問題集。※ 本来はクラス授業用(専門家には関係のある話)。
1.Grammar in Use (Basic, Essential / Intermediate)「マーフィーのケンブリッジ英文法 初級編・中級編」

■ 教師も生徒も手元に一冊
2.Practical English Usage 「オックスフォード実例現代英語用法辞典:研究社」/ Michael Swan (英国英語だが、米語解説もあるという。著者の夫人がアメリカ人という噂)
3.Garner's Modern American Usage / Bryan A. Garner
□ 中級レベル
4.A Practical English Grammar, 日本語版「実例英文法」 / A. J. Thomson, Av Martinet
□ 会話系。
5.A Communicative Grammar of English / Geoffrey N. Leech, Jan Svartvik

■ 英語教師のバイブル
6.The Grammar Book: An Esl/Efl Teacher's Course / Marianne Celce-Murcia, Diane Larsen-Freeman

■ 文法書の王様として君臨してきた(らしい)。
7.Fowler's Modern English Usage / R. W. Burchfield, H. W. Fowler

A.使っている方の感想
B.これを忘れてはいけないという本、教材 を教えていただけますか?

就職活動の大学生は面接マナーや社会人のマナーを学ぶために本を買ったり、セミナーに行ったりしますよね。学校で教えている日本式英語(受験英語)、文部科学省が教えてくれる英語で恥をかかないためには、本当の英語のマナー、本当の文法を知る必要があると思うのです(驚いたことに一流大学でもこれらの英米文法は習わないらしい。教授連は知っているはずなのに!)。
とりあえず私が知っているのがこれらの文法書なのですが、

■ クイック・リファレンスとして使える問題集。※ 本来はクラス授業用(専門家...続きを読む

Aベストアンサー

これもいいかとおもいます。

http://www.teachyourself.co.uk/lengGr.htm

参考URL:http://www.teachyourself.co.uk/lengGr.htm

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q英語で「歴史とか科学とか難しいことが漫画で描かれていたら、そういうのに

英語で「歴史とか科学とか難しいことが漫画で描かれていたら、そういうのに興味ない人も
読んでみようと思うかもしれないし、それをきっかけにそういうのに興味をもつかもしれない」


という日本語でもちょっとまとめずらい文を英語にしたいのですが。。。。
下記のような感じでいいのでしょうか?
Manga about difficult thoings such as history and science might make someone who are not interesting in those areas read it,and also they might be interesting those areas.

Aベストアンサー

Manga describing difficult subjects like history and science might attract people who are not interested in those, and then they might get interested in those subjects (through such manga).

よくできてると思います。そのままでもほぼ大丈夫かなぁって思えましたが
ちょっといじってみました。
someoneは基本単数で誰か知らないが特定のひとっぽいイメージがあります。
のでたんにpeopleとかのほうがいいかもしれません。
どうようにthose who...とすることもありますね、ある特徴を持った人たちをしめすために。
makeはちょっと強引な使役のイメージがありますのでつかうならletのほうがいいかもしれません。
続くsomeone who are not interesting in those areasが長いのでちょっと収まりが悪くなっている
ようなきがしないでもないです(悪いということではありませんしそういう文も見かけるような
きがしますけど)。なので違う動詞を使ってみました。help .... toというのももしかしたら
使えるかもしれません。toがあることでつながりがわかり易いような気がします。

Manga describing difficult subjects like history and science might attract people who are not interested in those, and then they might get interested in those subjects (through such manga).

よくできてると思います。そのままでもほぼ大丈夫かなぁって思えましたが
ちょっといじってみました。
someoneは基本単数で誰か知らないが特定のひとっぽいイメージがあります。
のでたんにpeopleとかのほうがいいかもしれません。
どうようにthose who...とすることもありますね、ある特徴を持った人たちを...続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q東大受験の際の英語は速読がものをいうと言います。

東大受験の際の英語は速読がものをいうと言います。

私も東大を目指しているのですが、速読を鍛えるのに最適な方法というものはありますでしょうか?


あるなら、ぜひ教えてください。

今は1日1問長文問題を解く程度の学習です。

Aベストアンサー

東大の試験は数学でも英語でもぱっぱと即答する問題を多数出すのではなくて、樹海に迷い込ませるような問題を出すのだと思います。長文にへこたれない胆力が求められる感じでしょうか。諦めずに宇宙船のはやぶさを帰還させたエンジニアの執念のようなものが必要といったことでしょう。

役立つのは例えばわからない単語や言い回しが出てきた時にそこで諦めずに(辞書なしで)周囲の文章から(あるいは前後の文章を行きつ戻りつしながら)意味を大雑把に推測したりする能力ですね。大学はそこを見たいのだと思います。

そういう能力を速読力と捕えることも出来ましょうが、少し違うかなとも思います。一種の総合力だと思います。力がある人だから速読にもなるのですね。読解問題もよいですし、あるいは辞書にあまり頼らないで小説・記事の筋を追うみたいなことでやってみたら如何でしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報