冷却水についてお伺いします
冷却水の液って半年ぐらいで減るものなのでしょうか?半年前に、冷却水のパイプの接合不良(と、ディラーが言っていましたが)で修理に出して、この問題は解決したと思ったのですが、半年ぶりにあけてみたら、冷却水の液が減っていました。もうそろそろ、12ヶ月点検なので、そういうものかと思っていたのですが。どうなのでしょう?半年ごとに、MAXからMINまで減るものなのでしょうか?前の車はそんなこと気にしていなかったようにおもいます。よろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

こん**は


一応ですが…、
全く同じ条件下でリザーバータンクのクーラント(水)を確認されていますか?
クーラントはエンジンの温度などによって
エンジン・ラジエーター・リザーバータンク
を行ったり来たりしますので、エンジンをかける前としっかり走った後では
リザーバータンク内のクーラントの量は明かに違います

12ヶ月点検と言う事は買って1年目ですもんね
心配ならばディーラーに見てもらってほうが良いでしょう
大事に乗ってください

この回答への補足

今日ディラーへ行きました。どうやら漏れているようでした。前回は上だったのですが、今回は下側のようです。あぅ!!ということでディーラー負担で部品取り替えとなりました。「半年や1年くらいで、パイプって劣化するんですか?」と言って帰ってきました。本当にみなさんありがとうございました。

補足日時:2001/07/03 23:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。リザーバータンクのクーラントって。。。。あまり車に詳しくはないので、”あっ減ってる”、程度なのです。ここ2日、エンジンきってから数時間後に見たり、エンジンかける前にみたり、ゆさゆさ揺らしたりしていますが、減り具合は同じです。半年前にも、似たような症状でディーラーに見てもらって修理したのですが、”まだ半年じゃん”という感じです。いやいや怒ってはいけない。。。。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/03 06:03

ちょっと減るの早いですね。


何処かにピンホール状の漏れる場所があるのでしょう。
カーショップ等で、「ホルツの漏れ止め」など入れてみてはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。穴ですか。。。まだ買ってから1年アンド修理してから半年なのに!!(同じ箇所とは限らないのですが)カーショップよりディーラーにいってみます(泣)ホルツの漏れ止めって。。。今度見てみます。

お礼日時:2001/07/03 06:09

冷却水の減り方は車にもよりますし、走り方にも依存しますが、書かれている程度の減り方は良くあることだと思います。


ただ、以前はそんなに減らなかったのに減るようになったと言うのでしたら何か原因があるのでしょう。深刻な原因の場合もありますし、気にする必要がないこともあります。良くある原因としてはラジエータパイプからの漏れ(パイプそのものに穴が空いている場合やパイプの継ぎ目が緩んでいる)、エンジンがオーバーヒート気味になったことがある等ですね。
書かれている程度の減り方であれば暖かい時期はとりあえずリザーバタンクに水道水を補給しておけば良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレスありがとうございます。以前の車と比べて走り方が変わったということはないとおもうのですが、ラジェータパイプからの漏れなのでしょうか。しかし、そのあたりは半年前に修理したはず!!あぅ!!ディーラーにいってみます。

お礼日時:2001/07/03 05:51

うちの車の場合5年目ですが、


いまだに自分で冷却水を追加したことはないです。
月に2~3回ボンネットを開けて、しげしげみていますが冷却水が少なくなっていて自分で補充したこと無しです。
過去に乗った車全て(中古含む)においても自分で冷却水を補充したことはないです。

今時の車の冷却水って普通は減らないもんですよ
近々点検に出されるのでしたら、
ディラーに話しをしてキチンと見てもらったほうがよろしいでしょう。
少なくとも、何処から漏れているのか確認しないと
駐車場に冷却水が漏れた跡はないですか?
漏れた跡がなければ・・・ 何処に漏れていってるんでしょうね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレスありがとうございます。私も自分で補給などしたことないのでちょっとびっくりしています。前に乗っていた車は、兄のお下がりで、すでに7万キロ乗っていて、さらに私が3万キロ近く乗っても冷却水に関しては何もなかったのですが。今のは新車だしなぁ。。。。駐車場に漏れた跡なんか見てなかったような気がします。今となってはわかりませんが。今日ディーラーにいってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/03 05:42

確かに最近の車は減らなくなっていると思います。


でも、半年ならそんなこともあると思います。
1週間でというなら、おかしいですが、まあ、あまり気にせずにたまに補給すればいいと思いますよ。
車に完全無欠を期待すると、小さなことが気になって、だんだん腹が立ってきたりしてよくありません。(私がそうであった。)
ある時、知りあいに「車は下駄だよ。」と言われて、そうだなあ、と思うようになって、気が楽になりました。相当高度な機械(最近はセンサーとコンピュータがいろいろあるし、ハーネスだけでも数百本)だから具合は悪くなることもある。
まあ、半年にその程度でしたら故障というより、なにかのはずみかなあ、と思って補充してください。
答えにならなくて済みません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレスありがとうございます。まだそんな寛大な気持ちになれません。買って1年なので。しかし精神衛生上よくないですよね。またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/07/03 05:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車検時の冷却水の交換について

車検時の冷却水の交換について

冷却水の交換は、車検時に行う方がよいでしょうか?
費用がもったいないように感じます。
変えなければ不具合は発生しますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、

お乗りになっている車は、何処のメーカーのもので何年式の車ですか?

使用している冷却水がSLLC(スーパーロングライフクーラント)であれば、7年~11年に一回の交換で大丈夫です。

取扱説明書やボンネットの裏に貼ってある注意書きに耐久年数が書いて有ると思います。

SLLCでは無くて、普通のLLCの場合は基本としては交換が推奨されていますが、次に交換する時に寒冷地、非寒冷地に関係なく、寒冷地適合の濃い目の希釈で交換しておけば、その後は5~6年に一度の交換頻度でも支障は出ません。

Q冷却水(クーラント液)の補充はどんなものでもいいか

先日より、軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。近日中に
修理には出す予定ですが、それまでの間冷却水(クーラント液がメモリよりやや下くらいのところにあります。)補充して減り具合などみながら使用したいのですが。
今入っているのがピンク色の液なのですが、やはりおなじピンクいろのを使用
しなくてはならないのでしょうか?
(他にも緑色のとかあるようですが)

今入っているものがなんというものかわからないのですが、エンジンオイルみたいに同じ種類のものを入れなくてはならないとかあるんでしょうか?

整備に詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だと、超ロングライフクーラント(超LLC)ですね。トヨタとダイハツが採用している色です。
※トヨタ・ダイハツ以外の超LLCは、青色です。
※一般のLLCは、トヨタ・ダイハツが緑色。その他メーカーは、赤色です。
※ヨーロッパの外車は、黄色・オレンジ色。

>やはりおなじピンクいろのを使用しなくてはならないのでしょうか?

修理を前提にしているのでしたら、真水で充分です。
そうそう、超LLCもLLCも基本的に成分は同じです。
が、ピンクの色に青・緑・赤色を混ぜると・・・。性能云々よりも、腐った色になり精神的に問題です。
大手DIY店で、冷却水補充用(ピンク色)を購入した方が無難でしようね。
もし、ラジエータからの漏れだと分かっているのなら・・・。
冷却水漏れ予防・修理剤を入れるのも、一考です。
2000円程度の出費で治ると、万々歳です。^^;
もちろん、安心できる予防・修理剤を選ぶ事が実用です。

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だ...続きを読む

Q冷却水交換をオートバックスでやりたいんですけどクーラント液交換もオート

冷却水交換をオートバックスでやりたいんですけどクーラント液交換もオートバックスで一緒にやってくれますか?教えて下さい。

Aベストアンサー

冷却水とクーラントは同じ物だと思いますが?
クーラントは交換出来ますが、自分でも出来るレベルの作業ですよ。

Q冷却液について

ラジエターなどの冷却液は友達に蒸留水でいいと聞いたんですが本当ですか?それとも他のもの?ですか。教えてください。

Aベストアンサー

 ♯1さんがおっしゃるように通称LLCというクーラントを入れます。いわゆる「不凍液」です。

 これは量が多く減ったり、LLC自体を交換する場合は必ずですが、臨時に少量足す程度であれば「水道水」でも「六甲のおいしい水」でも、もちろん「蒸留水」でもOKです。

 自動車関係で「蒸留水」という単語を使う事があるのは、「バッテリー液」が減った時に足す場合ですね。これは「水道水等」は絶対入れてはいけません。必ず「蒸留水」を入れます。

 以上参考まで。

Q冷却水の交換で何度か水を注入して最後にラジエターのドレンから水を抜きま

冷却水の交換で何度か水を注入して最後にラジエターのドレンから水を抜きますよね?その際には半分くらいしか抜けないと思うのですが、普通にはこの後に、50%50%のもう混ぜた後の冷却水を入れるかと思うのですが、そうなると、水と原液の割合がわからなくなってしまうと思うのです。皆さんはどうされているのでしょうか?

Aベストアンサー

冷却液は大雑把で良いと思って自分で交換していますが、

水道水は、カルキやミネラル,その他不純物が多く含まれているので使いません。
1滴でも乾くとしっかり白い跡が残りますので、不純物の含有量はかなりのモノだと思います。

ラジエターに入れるのは、精製水と不凍液のみです。
工業用精製水は安価ですが、購入ルートが一般で無いことと購入単位が20リットルくらいとDIYには不向きなので、ちょっと敬遠します。
(だから割高でも希釈済みクーランが流通していると思っています) 

で、自分で交換する時は、コンタクトレンズ用の0.5リットル入りの精製水を使用します。 どこでもドラッグストアや薬局で入手できます。 
何本入れた?で水の量が分かりますので、希望の割合にする不凍液の量も分かります。

必要な量の不凍液=クーランを先に入れ、その後精製水をフルレベルまで足し、あとはエンジンを回して混ぜています。


まぁ、温暖な関東平野部に住んでいるで、不凍液の比率は気にしなくても良いのと、 冷却液は水が循環していれば良く、ウーロン茶でも十分と思っていますので。 
~ご参考に。 

冷却液は大雑把で良いと思って自分で交換していますが、

水道水は、カルキやミネラル,その他不純物が多く含まれているので使いません。
1滴でも乾くとしっかり白い跡が残りますので、不純物の含有量はかなりのモノだと思います。

ラジエターに入れるのは、精製水と不凍液のみです。
工業用精製水は安価ですが、購入ルートが一般で無いことと購入単位が20リットルくらいとDIYには不向きなので、ちょっと敬遠します。
(だから割高でも希釈済みクーランが流通していると思っています) 

で、自...続きを読む

Q配線の接合部分に水がかかってしまいます

車の後部バンパーにリフレクターがあるのですが、ディーラーにお願いしてマーカー(ランプ内臓)付リフレクターに交換してもらいました。
作業をしていただいて受け取った後しばらくしてバンパーの裏側を車の下に潜って覗いた見たら、配線と配線を繋いだ個所を見つけました。

しかしその接合部分に防水処理を施しておらず容易に水がかかってしまう状態でした。
6本ある配線のうち4本まではなんとか手を伸ばしてビニールテープでテーピングしたのですが、残り2本がどうしても届きません。

そのまま放っておいて半年以上たちますが、とくにショートしたりマーカーのランプに異常が出たりした形跡はないようなのです。

このまま放っておいても問題ないでしょうか?
テーピングするにはバンパーを外さなければならず、ちょっとたいへんな作業なのでディーラーにお願いしていました。
そもそも車のエンジンなどに配線が繋がっているし、雨などで鉄部分の水がかかりまくるので、配線中身の銅線に水がかかったとしても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

防水加工されるならこちらのテープ↓

http://www.nitoms.com/products/5.html

他のメーカーのものもあります。300~500円くらいです。
これを引っ張りながらぐるぐる巻きにしてください。
耐候性はあまり無いので、さらにその上から
ビニールテープを巻くのがよろしいかと思います。

ディーラーに頼んでいたのに防水してなかったというのなら遠慮無く言いましょう。
そんな高いものでもないし、ちょっとしたサービスの範囲です。
あくまで「おまけ」の範囲ですから、取付ミスとまでは言えないでしょう。

車種や部品がわからないので何とも言えませんが、
通常はカプラーをそのまま接続するだけで、
ことさら防水の必要はないと思いますよん。

Q冷却水の交換は素人では難しい?

冷却水の交換は素人では難しいでしょうか?簡単なら教えて頂けますか?

Aベストアンサー

素人でもやる気があればできますが、それを検索できないレベルの人ですと難しいと思います。
http://allabout.co.jp/auto/carmaintenance/closeup/CU20040629A/
http://www.hiluxsurf.com/mente/mente-15.html
こんな感じになります。
ちなみに交換した冷却水は有害なのでちゃんと処理しないといけません。
また、エア抜きがちゃんと出来てないとオーバーヒートで壊れる危険があります。
http://okwave.jp/qa432422.html
似たような質問があるので参考にしてください

Q冷却水について2。

先日質問させていただいたのですが、補足事項を付け加えてもう一度質問させてください。

不凍液(ディーゼル用)とオイル缶に書いてある冷却水ををガソリンエンジン車に入れてしまいました。
問題があるのでしょうか。
ディーゼル車とガソリン車では燃焼温度が違うと聞いたのですが…。

Aベストアンサー

何の問題もないのなら、わざわざディーゼル用と明記する必要が無い訳で。
つまり何かしら不具合があるから、ガソリン用とディーゼル用に区別しているんです。

昔と比べ、エンジンオイルの性能が向上し、用途も細かく枝分かれしているように、クーラントも昔より高い性能を求められるようになり、近年のエンジンではそれらの性能に依存している部分が多くなっています。
20年・30年前のエンジンが求めていたオイルの性能と、今のエンジンが求めているオイルの性能が違うのと同様、クーラントに求められている性能も違います。

これからも快適なカーライフを続けるためにも、○○用と専用明記されたものは、ちゃんと区別して使用する事(今回の場合はクーラントをガソリン用に入れ替える)をお勧めします。

Q冷却水交換の真相

エンジンをかけて暖気を完了させてから、
ドレンコックを開けて冷却水を抜くと、より多く抜けると
聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?
理由は、サーモスタットを開けて、ヒーターコア部の
冷却水も抜くためのようです。

いくら暖気が完了して水温が高くても、エンジンを切ると
サーモスタットも閉じる気がするのですが…。
エンジンをかけたまま、ドレンコックを開けて冷却水を
抜くのなら、確かに多く抜けそうですが、これだと
冷却できないので熱でエンジンが壊れますよね?
ちなみに「水道水を入れながら行う」などという方法ではなく、
単純に冷却水を抜くだけです。

ホースを突っ込んだり、水道水を入れて洗浄したりはせずに、
単純にドレンコックを開けて冷却水を抜く場合、できるだけ多くの
冷却水を抜くにはどうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

サーモスタットは水温が上がると勝手に開く様になっているんです
電動ではないのでエンジン切っても液温が上がっていれば開いていますよ
その状態でクーラント抜いてもエンジンは壊れませんよ始動させれば別ですが
熱いままのクーラントが出てくるのでやけどは気をつけてね

Q冷却水循環系統の洗浄

お世話になります。
ホンダ・テゥデイの冷却水循環系統を洗浄したいのですが
アドバイスお願い致します。
ラジエーター液の入れ替え方法も教えて下さい。

Aベストアンサー

○抜き取り
・ラジエタ-ドレンプラグ・キャップを抜く…ラジエタ-下部に有る、手で回すようになっているプラスチックのねじ
※プラグに付いているOリングは要交換(平たいパッキンかも?)
※ヒーターの切り替えを最も熱い位置にしておく(ヒ-タ-バルブの開放)

○洗浄
・ヒ-タ-ホースを抜いて、水道ホ-スを繋ぎ流す…抜いた箇所両方共(両方向)LLCの色が無くなるまで流す
・サブタンクも洗浄
※ヒ-タ-ホースは、水道ホ-スと口径が違う筈です。ビニ-ルテープを巻く等して太さを合わせて下さい。
※ヒ-タ-ホース取り外し時は、ホ-スの取り扱いに十分注意して下さい。劣化していると破損に繋がる場合が有ります。(ホ-ス・パイプ側両方共)
※ホ-スの復旧前に、キャップ・ドレンのみ付けてホ-スを口で吹き、内部の水を少しでも抜いておいた方が良いかも?LLCが入りきらない可能性有り

○注入
・この時点でエンジン内部の水が抜けていないので、冷却水全量に対して適当な量のLLCを先に入れる(サブタンクにも入れる)
※予め冷却水全量を調べておく(軽なので3~4リッタ-位?LLCは混合割合によって1~2リッタ-必要)
・その後水道水の補充
・補充後暖気運転(水が溢れるか、減るかしますので注意)
※場合によっては、エアが噛んで冷却水が循環せず、ヒ-トする場合が有ります。エンジン各部、水温計、ホ-ス等の温度に注意しながら作業して下さい。(手で温度を感じる・流れていない箇所は冷たい)
・一旦冷却、しばらく放置(冷えるまで)
・再度水を補充して暖気運転、最後は満水でキャップをする
・水温計に注意しながら走行、翌日冷間時に再度水量確認

※冷却経路のエアは以外と抜けない事が有り、オ-バ-ヒートの源因になる場合が有ります。

○抜き取り
・ラジエタ-ドレンプラグ・キャップを抜く…ラジエタ-下部に有る、手で回すようになっているプラスチックのねじ
※プラグに付いているOリングは要交換(平たいパッキンかも?)
※ヒーターの切り替えを最も熱い位置にしておく(ヒ-タ-バルブの開放)

○洗浄
・ヒ-タ-ホースを抜いて、水道ホ-スを繋ぎ流す…抜いた箇所両方共(両方向)LLCの色が無くなるまで流す
・サブタンクも洗浄
※ヒ-タ-ホースは、水道ホ-スと口径が違う筈です。ビニ-ルテープを巻く等して太さを合わせて下さい。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報