痔になりやすい生活習慣とは?

ご回答いただければ幸いです。

数年前に会社員をやめて以降、フリーランスで働いています。
会社員時代は厚生年金でしたが、フリーになってからは国民年金に未加入のままでした。

先日、年金事務所から「国民年金第1号被保険者に該当するものとして資格取得処理を行った」
という手紙があり、納付書と年金手帳が届きました。
(今までの加入歴は把握していなかったらしく、20歳から一切の年金に入ったことがないものとされていました)

納付書は、今年度分と過去2年分があります。

以下2点、ご存じのものだけでも教えていただけると幸いです。

◆年金事務所に行き、「過去2年分の納付は、任意ではなく義務ですか?」と聞いたところ、
そうだ義務だと言われました。これは本当ですか?
(ネットで色々調べると、多くのサイトで「過去2年分までなら遡って支払える」と、
あくまでも被保険者の“恩恵(救済措置)”のように書かれていますが…)

◆ひとまず会社員時代の年金番号と統合し、さらに減免できるか調べていただくことにしたのですが、統合が完了するまで2.3カ月かかるそうです。それまで納付は待つよう言われました。

しかしその間に、古い月の納付分から順次2年が過ぎ「時候」を迎えていくと思いますが、
そうなった分は支払わなくてもよいのでしょうか?
(ちなみに、資格取得の通知は7月下旬付けで来たのに、
過去の納付書は2年前の6月分(=2年1か月前)から始まっています)

A 回答 (7件)

> ◆年金事務所に行き、「過去2年分の納付は、任意ではなく義務ですか?」と


> 聞いたところ、そうだ義務だと言われました。これは本当ですか?
本当です。
国民年金法により、「第2号被保険者(厚生年金等に加入)」「第3号被保険者」「適用除外に該当する者」に該当しない『20歳以上60歳未満の日本居住者』は強制加入なのです。
これは当人が手続きを取ったかどうかは関係ありません。
 ⇒手続きを取ると、年金側は「この人は国民年金保険料を請求して良い人だ」と確認できるだけ。


> (ネットで色々調べると、多くのサイトで「過去2年分までなら遡って支払える」と、
> あくまでも被保険者の“恩恵(救済措置)”のように書かれていますが…)
はい、確かにそれは救済制度ですね。
法の本来の規定では保険料は「2年で時効」となっておりますので、滞納(免除されていたのとは違う)文は最大で2年前までしか納める事が出来ません。
しかし、其れでは色々と不都合な状態になってきたので、期限付きで『後納制度』が施行されております。
 ⇒当初は10年遡及でしたが、現時点では5年遡及です。
  https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenry …


> しかしその間に、古い月の納付分から順次2年が過ぎ「時候」を迎えていくと思いますが、
> そうなった分は支払わなくてもよいのでしょうか?
上に書きました「後納制度」を利用することで2年の時効にかかった分も納めることは可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

>これは当人が手続きを取ったかどうかは関係ありません。

この説明で大変よくわかりました。

お忙しいところありがとうございました!!

お礼日時:2017/07/28 19:26

義務ですが罰則はありませんから払わなくても監獄に行くことはありません。


ただし資産があれば差し押さえになりますし将来の年金が減額される応報があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました!
たしかに監獄にはいきませんねw
ありがとうございます(^^♪

お礼日時:2017/07/28 19:24

>義務だと言われました。


>これは本当ですか?
本当です。
年金の保険料を払うのは義務です。
拒否していれば、差し押さえとなることも
あります。

>そうなった分は支払わなくてもよい
>のでしょうか?
時効にはなりますが、後納制度があります。
http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo …

過去5年分を納めることができます。

未納の期間分は将来の基礎年金は0です。
受給条件である加入期間も加算されません。
免除申請をしていれば、全免でも半分の
年金が受給できたのです。

この8月から加入期間が10年あれば、
老齢基礎年金の受給権が得られるようには
なります。(これまでは25年が条件)
老後に年金受給額が少ないと嘆いても、
あとの祭りですよ。

ぜひ後納制度を利用してください。
また年金の制度も正しく理解して下さい。

参考
http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20 …
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenk …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございました!!
URLまでありがとうございます(^^♪

お礼日時:2017/07/28 19:23

半強制です。


支払い年数が足りないと、相当に減額されます。
*1年分が3年分の様な感じです。
まとめ払いも可能ですが、支払い期間が済むと支払いたくても支払いは不能となります。
低収入で年金料が払えないときは、免除されるように申請も必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!半強制というとわかりやすいですね!
ご親切にありがとうございました!

お礼日時:2017/07/28 19:21

ところであんさん、これの意味は何でっか?


>「時候」
教えておくんなはれ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

盛夏の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
おおきに(^_-)-☆

お礼日時:2017/07/28 19:20

義務ですが、一定期間すぎると支払えなくなります。


二度と支払うことは出来ません。
その分、支給額にも影響を及ぼしますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところご親切にありがとうございました!!

お礼日時:2017/07/28 19:18

一応義務なんですが将来貰える金額が下がるだけなんで


任意と同じですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!私も個人的にはそう思います。ありがとうございました!

お礼日時:2017/07/28 19:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(定年)退職後の年金生活

こんにちは。53歳♂です。年金について、見込額通知が届き、約65,000円/月となっています。この金額で衣食住全てを賄うという事でしょうか?それとも死ぬまで働けって事でしょうか?日本には社会保障制度はないのでしょうか?海外帰国者で無知の為、ご教示何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。
老後の備えができていないなら、それは国や人のせいにはできません。
今まで どうやってきましたか?
53歳なんですね、
通常はいろいろ備えをしているものです。
なんらかの備えはしてるのですよね?

年金だけで暮らせるとは限りません、
また、そういった約束なんて聞いたことがありません。
みんなは年金だけでは心配だから、大抵はなんらかの備えをしています、
たとえば 住むところは確保しているとか貯蓄はしているとか、長く働くとかでしょう。
あるいは 生活費を少なくするのも一方法です。

自分の人生設計は(老後)は自身ですることです。

Q年金の全額免除申請をしたのに「納付猶予」の通知がきました。

納付猶予は全額免除とは違うんですか?

一年ほど全く仕事をしていなくて税金年金保険金消費者金融あらゆる支払いを溜めています。
後から払ってねと言われても貯金何か1円もありません。
働いても働いても自分の欲しいものが買えないなら労働意欲もわきません。
この前まで月収5万円稼いでいましたが日々の生活日で全部消えて支払いにまで回せません。
コネで乗った正社員のレールから脱線して以来生活がボロボロです。
ミスと遅刻が多くてどこに行っても務まりません。
寝坊せずに勤務するという高校生でも出来そうな事が出来ないんです、だらしない責任感が無いと怒られても出来ない事は出来ません。病気なのかも知れません。
もう私は社会人としておしまいですか?、生きて行く事はできないんでしょうか?
私を養っている親が死んだら私も後を追うしかないと思います。
数少ない知り合いに相談すると「死ね」と言われました、何度も何度も「死ね」と言われました、鬱になって働けなくなりました、相手が許せません。

Aベストアンサー

納付猶予は全額免除とは違います。
所得(収入)の基準は、全額免除も納付猶予も同じです。

しかし、全額免除は、本人・配偶者・世帯主の誰もが、前年所得が基準以下でなければダメです。
一方、納付猶予は、本人・配偶者の誰もが、前年所得が基準以下でなければダメですが、世帯主は見ません。

あなたは、未婚で配偶者はいないのでしょう?
だとすると、全額免除は、あなたと世帯主のどっちとも、前年所得が基準以下でなければダメです。
けれども、納付猶予だと、あなたの前年所得が基準以下であればOKです。世帯主の所得は見ませんから。

親御さんが世帯主になっているでしょう?
親御さんの前年所得が基準を超えているから、全額免除は受けられなかったんですよ。
全額免除がダメなときは、次に、納付猶予ができるかどうかを審査することになっています。
その審査をしたら、納付猶予だったらあなたの前年所得だけをみるので、OKになったわけです。

納付猶予も全額免除も、年金をもらうために年金制度に加入していなければならない期間にカウントします。
全額免除のときは、将来の年金額に反映されます。半分にはなりますが、受けられます。
ところが、納付猶予は、将来の年金額には反映されません。あとから保険料を納めなければ、ゼロです。
猶予というのは、年金の保険料を納めることが先延ばしにされているだけですから。

ここまでの説明、理解できますか?
正直、あなたの過去の質問を見ていると、重度の発達障害か知的障害、または精神障害を強く疑います。
あまりにもとんちんかんだからです。
おそらく、説明してもわからないんじゃないでしょうか?
病院へ行ったほうが良いですね。Q&Aサイトで質問を繰り返している場合ではないような気がします。

納付猶予は全額免除とは違います。
所得(収入)の基準は、全額免除も納付猶予も同じです。

しかし、全額免除は、本人・配偶者・世帯主の誰もが、前年所得が基準以下でなければダメです。
一方、納付猶予は、本人・配偶者の誰もが、前年所得が基準以下でなければダメですが、世帯主は見ません。

あなたは、未婚で配偶者はいないのでしょう?
だとすると、全額免除は、あなたと世帯主のどっちとも、前年所得が基準以下でなければダメです。
けれども、納付猶予だと、あなたの前年所得が基準以下であればOKです...続きを読む

Q年金の事ですが

前にも年金の事で出した事があります。
内容は娘が国民年金を納めてないので 年金事務所に連絡して納付書が届きましたので
収めたいと思いますが
最近テレビでやっています 年金が25年から10年に短縮されたのですが
10年だと毎月14000円しか貰う事が出来ないようですが?本当でしょうか
前の25年は毎月40000円貰えるようですが

Aベストアンサー

>10年だと毎月14000円しか貰う事が出来ないようですが?本当でしょうか
前の25年は毎月40000円貰えるようですが

そのようですね。国民年金は40年払って、月7万少しです。

Q今後、年金支給が終身ではなくなり、20年間限定支給となり、65歳から受け取り始めて85歳で支給終了と

今後、年金支給が終身ではなくなり、20年間限定支給となり、65歳から受け取り始めて85歳で支給終了となる、と聞きました。本当ですか?

Aベストアンサー

年金基金(企業年金)で終身支給なんて、今時珍しいです。
しかも、変更で20年なんて、平均寿命をはるかに超えて
いるじゃないですか!
終身よりも得する人もいるということです。
20年に前に亡くなった場合、どうなるのですか?
よく確認された方がよいですよ。

解散して一時金支給で終わりっていう年金基金も多い
ですよ。それほど運用が杜撰だったのです。

そういった会社なら、年収も多いでしょうし、
公的年金もそれなりに受給できるはずです。

で、老齢基礎年金、老齢厚生年金はいつから、
いくら支給されるのですか?
あなたはいくら支給されるのですか?
加給年金は受給できるのですか?

定年間近ということなら、年金がいつから
いくら受給できるか、把握していますか?

きちんと理解して、老後の方向性、対策、備えを
しっかりして下さい。

Q何で、国民年金保険料を導入したの。払うのが、ばかばかしい。高すぎる!将来、もらえるかが気になる。皆さ

何で、国民年金保険料を導入したの。払うのが、ばかばかしい。高すぎる!将来、もらえるかが気になる。皆さんは、どう思いますか?

Aベストアンサー

高すぎる。お金持ちだから払わなくていいわけではないからね。必ず清算して送ってくる。払わなかったら財産差し押さえだとかいってるし いつまで生存しているかわからないのに。でも払わない人ってなるのも嫌ではないですか?

Q所得税が確定申告で戻ってくると聞いたのですが、その真相を教えて欲しいです。 月に7万円程の給料をもら

所得税が確定申告で戻ってくると聞いたのですが、その真相を教えて欲しいです。
月に7万円程の給料をもらっています。毎月大体2300円くらい所得税として引かれています。
扶養には入っていません。
年間103万以下の給料なら払い過ぎている毎月の所得税が確定申告?年末調整?で戻ると言われました。
戻るとはどういうことですか?払っている毎月2300円程が年末に返金されるのですか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>払っている毎月2300円程が年末に
>返金されるのですか??
はい。そのとおりです。

おっしゃられているとおり、
>確定申告?年末調整?で戻る
のです。

あなたの状況としては、推測ですが、
パートかアルバイトで、勤め先で
『扶養控除等申告書』を提出していない
状況であると思われます。

その場合、一律3.063%の所得税が
源泉徴収されます。
下記の乙の欄
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2016/data/01-07.pdf

しかし、実際は年間の給与収入が
★103万以下なら、非課税になります。
給与収入103万から
給与所得控除65万
基礎控除38万
が少なくとも引かれるため、
課税所得は0となるからです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

これは前述の
『扶養控除等申告書』を年末までに提出して
年末調整をすれば、その計算がされて、
とられ過ぎの所得税が全額返されること
になります。
同様なことは確定申告でもできます。

年末前に『扶養控除等申告書』を提出
すれば、引かれている所得税2300円も
引かれなくなります。

勤務先に『扶養控除等申告書を提出したい』
と相談してみて下さい。

それが真相です。A^^;)

>払っている毎月2300円程が年末に
>返金されるのですか??
はい。そのとおりです。

おっしゃられているとおり、
>確定申告?年末調整?で戻る
のです。

あなたの状況としては、推測ですが、
パートかアルバイトで、勤め先で
『扶養控除等申告書』を提出していない
状況であると思われます。

その場合、一律3.063%の所得税が
源泉徴収されます。
下記の乙の欄
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2016/data/01-07.pdf

しかし、実際は年間の給与収入が
★103万以下なら、非課税に...続きを読む

Q今更 国民年金って?

生まれも育ちも日本の50代在日外国人です
大学卒業後、普通に就職し、今まで中断なく厚生年金を納めてきました
ちなみに、就職時(昭和末)に国民年金の問い合わせをしたところ、永住許可はあっても外国人なので適応なしと言われました
最近、転職した際に一週間ほどの無職期間が生じました。その後、封書で国民年金の未納期間になるので不足分を払わないと将来損するかもしれないとゆー文書が届きました
1 絶対払わないといけませんか?
2 払わなかった場合、将来の損失ってどのくらいなんでしょうか

Aベストアンサー

はっきり言えば、大したことないです。

年金受給の加入期間条件は、この8月から
25年から10年になりました。
そもそも厚生年金だけでも、30年近く加入
しているんですから、受給権は間違いなく
あります。

社会保険は月末に加入している保険に
保険料を払うのが原則です。
1週間の無職期間が月末をまたいだと
いうことなんでしょうね。
そのために退職した月は、厚生年金を
脱退し、国民年金になったのですが、
保険料を納めていないので、未納となる
わけです。
その月の保険料を払い込んでいない
ということです。

国民年金保険料は、今年度月16,490円
です。
http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150313-02.html

昨年はもう少し安いです。16260円
随分前の話だと少し加算がありますが、
15,000円台だと思います。

この1ヶ月分で老齢基礎年金は、
年1,624円減ります。A^^;)
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

一応義務なので、できれば、払ってください。

いかがでしょうか?

はっきり言えば、大したことないです。

年金受給の加入期間条件は、この8月から
25年から10年になりました。
そもそも厚生年金だけでも、30年近く加入
しているんですから、受給権は間違いなく
あります。

社会保険は月末に加入している保険に
保険料を払うのが原則です。
1週間の無職期間が月末をまたいだと
いうことなんでしょうね。
そのために退職した月は、厚生年金を
脱退し、国民年金になったのですが、
保険料を納めていないので、未納となる
わけです。
その月の保険料を払い込んでいない
ということで...続きを読む

Q私も彼氏も年金を払っていません。 私の場合は水商売勤務ですので全額免除にて現在26歳、彼氏は職人で去

私も彼氏も年金を払っていません。
私の場合は水商売勤務ですので全額免除にて現在26歳、彼氏は職人で去年から社会保険に入り厚生年金をお給料から天引きされて現在28歳です。
10年間分遡って支払うことが出来ると知って猶予があるように思っていました。
たとえば私達が結婚して彼の扶養に入ることになるとそれからの私の分の年金の支払いは免除とのことですが、それはつまり今まで全額免除してもらっていた6年間分の年金を今から完済して彼の扶養に入りずっと添い遂げれば将来満額払った扱いとしての年金が貰えるという解釈で合ってますでしょうか?
彼がどうせ将来年金は貰えないのだから払う必要を感じないと言っ今までの未払いを気にしてくれません。
そんな彼と結婚し扶養に入った場合、自分の分の6年分を完済したとしても彼自身が7年分払っていなければ私も満額扱いにはならないのでしょうか?
それとも彼が満額払っていれば扶養の私は過去6年分支払っていなくても旦那と同じだけの年金が貰えるのでしょうか?
沢山の質問を読みましたがイマイチ理解が出来ず質問致しました。
よろしくお願い致します。

私も彼氏も年金を払っていません。
私の場合は水商売勤務ですので全額免除にて現在26歳、彼氏は職人で去年から社会保険に入り厚生年金をお給料から天引きされて現在28歳です。
10年間分遡って支払うことが出来ると知って猶予があるように思っていました。
たとえば私達が結婚して彼の扶養に入ることになるとそれからの私の分の年金の支払いは免除とのことですが、それはつまり今まで全額免除してもらっていた6年間分の年金を今から完済して彼の扶養に入りずっと添い遂げれば将来満額払った扱いとしての年金が貰...続きを読む

Aベストアンサー

年金もらえます。ですが、満額かどうかはこれから納める年金の額によりますので、年金を免除していた分、年金をもらえる額は人より少ないと考えられます。これからの時代は年金をもらえないから払わなくていい。そんな考えの旦那さんとは将来、お二人が老後になり働けなくなった時に…実感するのでしょう。私ならぞっとします。貴女が把握し、理解してお金の管理をしなければあとあと後悔するのはあなたでしょう。年金事務所の方は親切に教えて下さいます。年金についてまずは聞いてみてはいかがでしょう。

Q国民年金保険料が高すぎる!口座振替で、毎月16940円を払うのは、負担が大きい。せいぜい100円にし

国民年金保険料が高すぎる!口座振替で、毎月16940円を払うのは、負担が大きい。せいぜい100円にしてほしい。

Aベストアンサー

つまり限りなく自由診療(保険料をほぼ全額負担)にせよ、ってことですね。
それはそれでひとつの考え方ですから、いいんじゃないでしょうか。

Q加給年金について

私が68歳、妻58歳で、私が厚生年金受給(38年かけてました)
毎年年金機構から加給年金確認届け出の用紙が送られてきます。
3つ要項の対象にはなっているので
いつも妻の名前を記載して返送していましたが
妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると
友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。(妻は厚生年金は今年で24年目)
もちろん妻は、まだ会社勤めで、厚生年金は受給はしていません。
こういう場合、対象で良いか教えてください。

●3つの要項
要件1
厚生年金の被保険者期間が20年以上(中高齢の特例(※1)15年~19年の短縮措置あり)あること
●要件2
老齢厚生年金の受給権を取得した当時、生計を維持している65歳未満の配偶者、または18歳に達した後最初の3月31日までの子どもがいること
●要件3
その配偶者または子どもが将来にわたり、年収850万円以上の収入を得られないと認められること

Aベストアンサー

>妻が厚生年金を、会社で20年以上かけていると
友人から私の妻は加給年金対象では無いと聞きました。

これがまちがいです。
年金機構hpを見て下さい。

配偶者が老齢厚生年金(被保険者期間が20年以上または共済組合等の加入期間を除いた期間が40歳(女性の場合は35歳)以降15年以上の場合に限る)、退職共済年金(組合員期間20年以上)または障害年金を受けられる間は、配偶者加給年金額は支給停止されます。

単に妻が20年以上厚年加入で停止になるのではありません、受給してる場合です、
また、心配しなくても、配偶者の情報は機構に登録されているので、例外を除き、上記にあてはまれば、停止となります。

結論として、今受給は大丈夫、生計を維持はだしてよい、停止にかかれば自動で停止される


人気Q&Aランキング