「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

電子回路についてです。

図2の小信号電圧利得Vout/Vinを求めたいです。
MOSの小信号等価回路は図3になります。
よろしくお願いします。

「電子回路についてです。 図2の小信号電圧」の質問画像

A 回答 (1件)

全体の等価回路を添付しました。


 まずバックゲートとソースが短絡されてますのでコンデンサCsbは無視できます。それと内部の電流源でバックゲート-ソース間電圧に起因する電流源gmbVbsはVbsがショートされてますので無くなります。電流源はGm*Vgsが残ります。
 上記の条件で小信号等価回路は添付した回路図のようになります。

 次に小信号電圧利得Vout/Vinを以下に求めてゆきます。
まず、VGSは入力電圧Vinに等しいので電流源 gm*Vgs は

    gm*Vgs=gm*Vin   (1)

と表されます。
 ドレインのポイントにキルヒホッフの法則を当てはめると、

    gm*Vin-Vout/R1-jωCdb*Vout=0  (2)

が成立します。この式を解いて小信号電圧利得Vout/Vinは

     Vout/Vin=gm*R1/(1+jωCdbR1)

と求まります。
「電子回路についてです。 図2の小信号電圧」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすく説明していただきありがとうございます。
明日のテストがんばってきます!

お礼日時:2017/07/30 15:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子回路についての問題です。 全くわからないので写真の問題の解説解答をお願いしたいです。 よろしくお

電子回路についての問題です。
全くわからないので写真の問題の解説解答をお願いしたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)だけですが、
 C2 = C1・( 1 + Av )  になります。

C2にはVinしか加わりませんが、C1には一端にVin、他端に Vout=-Av・Vin が加わるので、
合わせて (1+Av)・Vin が加わることになります。つまりC1は容量値の(1+Av)倍のコンデンサとして働きます。( C1は容量は小さくても大きい電圧が加わるので流れる電流は大きくなります。)
例えば C1=10pF、Av=100倍 とすると、C2=1010PF と等価になります。
この現象をミラー効果といい、わずかな容量でも高い周波数でのゲインを大きく低下させます。スイッチング回路ではスイッチングスピードを低下させるのでその分ドライブ回路を強力にせねばなりません。

Q直流モータの特性について

先日、直流モータのトルク-回転数実験を行いました。
トルクが上昇すると回転数は減少することは分かったのですが、
実験ではトルクを減少させたあと、再び始めの数値に戻るように増加させたとき、
始めの回転数の値より二回目の値のほうが大きくなりました。(添付画像)
その理由を教えてください。

Aベストアンサー

モーターの構造が詳しく書かれてませんが、このモーターがフェライトマグネット界磁型のDCモーターの場合、
 トルクを加えていって、あるトルクまで増加させてからトルクを徐々に減らして来たら回転数が最初に測定した同じトルクで上がってしまったという事より
モーターが測定開始時に対して過熱して温度が上昇してると思います。モータが発熱すると界磁マグネットも温度が上がります。
マグネットがフェライトの場合、磁束密度の温度係数は約 -0.18%/℃ です。マグネットが例えば50℃温度上昇すれば 磁束密度は

   -0.18%/℃ × 50℃ = -9% 

減少します、
ここで、モーターの回転数をN、界磁磁束をΦ、kをモーター定数、モーターの逆気電圧をeaとすると モーターの回転数をNは
 
  N=ea/(kΦ)

で表されます。この式から界磁磁束が 9% 下がれば 回転数は 逆に 9%上がるのが分かります。
結局、測定によってモーターが発熱し、界磁マグネットの温度が上がって、結果界磁磁束が減少して回転数がその分上昇したと考えられます。

Qキルヒホッフの電流則について教えて下さい この交流回路のIcを表す式は交点にキルヒホッフの法則を適用

キルヒホッフの電流則について教えて下さい

この交流回路のIcを表す式は交点にキルヒホッフの法則を適用すると流れ込む電流の総量は0より

Iac+Ibc+Ic=0

となるようですがこの意味が分かりません。なぜこのような式になるのでしょうか
感覚ではIbcとIacが上から流れてきて、それは一番電位が低いC点に流入するのでIbc+Iac=Icになりそうだと思ったのですがこの考え方はどこを間違えているのでしょうか



また、
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/kairo/kiruhi.html
の解説ですと

>電流の方向が分かっていない場合なら、I1 + I2 + I3 + I4 = 0 という式を立てて、流れ込む方向が正、と決めて(あるいは流れ出る方向が正と決めて)、各量は正の値だけでなく負の値も取りうるとすればいいです。

と書いてありますが「流れ込む方向が正と決めて」I1 + I2 + I3 + I4とするならば全ての方向から流れ込むと仮定しているという事でしょうか

Aベストアンサー

No.6です。

>では、画像の回路でどうなると「定義した方向と逆だった」のでしょうか
>画像の回路ですとある瞬間(回路の上が最高電位)の電流の流れは上から画像のように電流が流れるので向きはあるのだと思うのですが…

ある位相角を基準にすれば、「定義した方向と逆」というのは「位相が180°ずれている」ということです。
交流ですから、もともとが「電流の方向」なんてないですよ。周期的に反転しているわけですから。その「方向」を表わすのが「位相角」ですよ。「周期的な動き」の「ずれ」です。
交流のフェイザー表記は、「大きさ」と「位相」を表記するためのものです。(Phase = 位相)

Qこの定電流源の回路を重ね合わせの理で計算するときの回路の分解はA+B+Cで合ってますでしょうか 例え

この定電流源の回路を重ね合わせの理で計算するときの回路の分解はA+B+Cで合ってますでしょうか

例えば電流Iを求める時等、
回路Cの回路計算について定電流源からの分流をどう考えればいいのでしょうか

Aベストアンサー

? CのI3は 25/9 でしょ。
Cは単純に分流比からでもでます。
3個の抵抗の並列抵抗は 10/9
これを各抵抗値で割ったのが分流比で
左から
(10/9)/5=2/9
(10/9)/2=5/9
(10/9)/5=2/9

これに5を掛ければ各抵抗の電流です。

まあこんなの覚えなくても万能のキルヒホッフで充分なんですけどね。


25/9 + 70/63 + 140/63 = 25/9 + 10/9 + 20/9 = 55/9

しかしこの解方、計算が増えて面倒です。重畳の理より、やっぱりここも
キルヒホッフで

aの電位をEとすると、キルヒホッフの電流則から
(E-10)/5 + E/2 + (E-20)/5 = 5 → 0.9E - 6 = 5 → 0.9E=11 → E=110/9

とaの電位は即でるので
I3=E/2=55/9

I1=(10-E)/5, I2=(20-E)/5 です。1分で解けます。

Q電験三種の照明問題 (問8)

添付図の(b)の方の問題の解答について教えてください。
(解答については補足投稿に添付しています)

「空調機の成績係数が3」だと、なぜ青枠部分の式が成り立つのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。「補足」に書かれたことについて。

>「照明器具の2170W分の発熱量」=「空調機の(2170W×1/3)の吸熱量」
>ならそうなるのもわかる気がするのですが・・・。

いいえ。熱は熱です。

「照明器具の2170W分の発熱量」=「空調機の吸熱量(2170W)」

です。(単位がワットなので、正確には「毎秒の発熱量」「毎秒の吸熱量」ですが)

これが、

「照明器具の2170W分の発熱量」=照明器具の消費電力

「空調機の吸熱量(2170W)」=空調機が「屋内→屋外」に移動した熱量 = 空調機の消費電力の3倍(COP=3)

ということなのです。

>このあたりはどう考えればよいのでしょうか?

どう考えるもこう考えるも、「定義どおり」に考えるしかありません。「感覚的」とか「何となく」考えてはいけません。
大局的、イメージ的に現象を把握するのは大事ですが、「定量的」に評価するときには「数値の定義」に従って処理しないといけません。
ここでは、「COP」と、いわゆる「系としてのエネルギー効率」とか「省エネ性能」などを混同してはいけません。「COP」とは、あくまで「空調機」「冷却器」単体の数値ですから。

No.1です。「補足」に書かれたことについて。

>「照明器具の2170W分の発熱量」=「空調機の(2170W×1/3)の吸熱量」
>ならそうなるのもわかる気がするのですが・・・。

いいえ。熱は熱です。

「照明器具の2170W分の発熱量」=「空調機の吸熱量(2170W)」

です。(単位がワットなので、正確には「毎秒の発熱量」「毎秒の吸熱量」ですが)

これが、

「照明器具の2170W分の発熱量」=照明器具の消費電力

「空調機の吸熱量(2170W)」=空調機が「屋内→屋外」に移動した熱量 = 空調機の消費電力の3倍(COP=3)

...続きを読む

Q2接点の5vリレーの寿命って常時ONで、どれくらいですか。

リレーのコイルには常に電圧をかけてON状態で使用しています。
規定電圧の5v付近が定格です。計測してみるとコイルには70mA近く流れていました。
リレー本体は直ぐに暖かくなります。

この状態で、ずっと使うとすると、リレーの寿命はどれくらいになりますか。
今、2日目ですが動いてます。
使用しているのは、SRD-05VDC-SL-C という今もっともリーズナブルに売られている品ですが、リレー全般について教えてくれますと助かります。

Aベストアンサー

期待寿命は800000回以上と考えます。
使い方をお伝えくださったので寿命は22年程度となりますが、
その製品そのものの寿命はそれ以上のことはわかりません。
コイルのリレーは原始的なもので技術もいらず大量生産されているので安価ですが
どう考えても半導体リレーのほうが将来的には安上がりに作れるはずです。
おまけに消費電流は少ないし、コイルによる逆起電力を考える必要もありません。
流す電流は5V120mAってことであれば、しかも、同電圧であれば安価なトランジスタで
リレーの代わりをさせれば消費電力も気にする必要がないと思うんですがね。
何を考えておられるのかやはりわかりません。
なお、異種電源を使うのなら、このリレーの選択は良いと思います。
多少消費電力が大きくても、安上がりってことになると思いますが、
定格負荷が小さいものを探されたらいかがでしょうか。
安価になることはなさそうですが。

Q直流機の問題(問29)

問題について教えてください。

(1)で焼損はしないのでしょうか?

(3)(4)回転速度は増加するので×

(5)開示磁束が小さくなるのはどうしてなのでしょうか?

正解は5

Aベストアンサー

>分巻きの機械的負荷(出力)減少した場合の「入力の挙動」は、
>「印可電圧変化無し、負荷電流減少、入力電力減少」
>で合ってますでしょうか?

回答>>それで合ってます。機械的負荷(出力)減少して回転数が上がり結果電機子内部に発生する逆誘起電圧も上がってその結果、負荷電流が減少します。
 結果、入力電力も減ることになります。

Qこの回路の合成抵抗を計算するには中央部分をデルタスター変換する以外にどんな方法があるでしょうか 1つ

この回路の合成抵抗を計算するには中央部分をデルタスター変換する以外にどんな方法があるでしょうか

1つの方法として、端子abに電圧Vを加えたと考え電圧降下の式によるオームの法則より求めようと考えましたが最初に分割するポイントで電流がどう分流するか分かりませんでした。
電源より流れる電流をIとすると最初の分流はどう分割するのでしょうか

また他にも考え方がありましたら教えてください

Aベストアンサー

キルヒホッフの第2法則の適用で良いと思います。
全ての閉路をに対して閉路電流を定義し、
その閉路に係わる抵抗の電圧降下と電源電圧の総和を0とする、
この方程式を解けば、ab間の電圧と電流が求まります。

なお、この回路は左右対称になっているので、
一方を求めて並列化することでも良いはずです。
左右分割点に位置する上中Rは、分割後は2Rになります。

Qチェルノブイリ原発事故後には人が周囲に住めないのに、広島の原爆の後に何故人が住めたのですか? 広島の

チェルノブイリ原発事故後には人が周囲に住めないのに、広島の原爆の後に何故人が住めたのですか?
広島の人たちが原爆と知らなかったからですか?

あと、チェルノブイリ事故後70年経ったとして、放射線の影響はあるのでしょうか?

そもそも、原爆と事故を一緒にしてはいけないのでしょうか?

どなたか詳しい方教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

原発と原爆ではパワーレベル、つまりウランの量がまるで違います。
事故を起こしたチェルノブイリ4号炉はwikiによれば電気出力1GW(100万KW)、熱出力3.2GW(320万KW)でした。
この原子炉を1日運転した場合に発生する熱出力は広島原爆の約4個分に相当します。事故の際に1年分の燃料が入っていたのであれば広島原爆1500個分の核物質が存在したことになります。原爆とは桁違いに多い核物質があったのです。ですから事故で拡散した放射能も半端な量ではないのです。
原爆は大きな街を吹っ飛ばすのでものすごいパワーと思うかもしれませんが意外に小さいのです。というか原発が大きいのです。
ちなみに地震で壊れた福島の原発も同程度の規模ですからウランの量は同じ程度ありました。それが4基あったので総量は広島原爆5000個分程度のウランがあったはずです(正確なことは確認していませんが)。
ついでに、原発は発生した熱の30%程度しか電力にできません。70%は海を温めています。

Q減衰していく波形の周波数スペクトル

下の写真のような時間が経つと振幅が減衰していく波形の周波数スペクトルがどのようになるのか教えてください。
数学初心者です。ご教示願います。

Aベストアンサー

No.2です。

数えてみると、0~5sの間に山が17個あるので、周波数は
 fn ≒ 3.2 Hz
ぐらいですね。

なので、周波数スペクトルは、下のような感じでしょうか。


人気Q&Aランキング