『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

勢力均衡について出来るだけ詳しく教えてください

A 回答 (3件)

戦闘機、爆撃機をアメリカ、イギリス、10 日本7の割合で製造する条約ですよ

    • good
    • 0

集団安全保障の考え方ということで良いでしょうか?



勢力均衡とは、ヨーロッパのの国際秩序を維持するために、それぞれの国の軍事力に等質性を与えることにより、突出した脅威が生み出されることを抑制し、紛争の誘因を低下させることを目的として考案されたバランス型の秩序モデルのことです。

勢力均衡の基礎となったのは、三十年戦争の講和条約であるヴェストファーレン条約によりもたらされたヴェストファーレン体制です。
    • good
    • 0

勢力が均衡している状態。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第一次世界大戦時の中東戦線関連の質問です。

第一次世界大戦時オスマン帝国はドイツ側につき、ガリポリの戦いなど重要な戦いではいくつか勝利を収めるものの劣勢の色は次第に濃くなっていきましたが、1917年3月にドイツが3B政策の一つに掲げていたバグダードがイギリス軍によって陥落しましたが、バグダードの陥落というのはオスマン帝国にとってはかなり痛手だったのでしょうか?イギリスは当時、ロレンスを派遣してアラブ人の反乱を計画したり、フサイン=マクマホン協定、サイクスピコ協定などオスマン帝国領土を分割しようとしていましたが、イギリス軍にとってバグダードはやはり重要な戦略拠点であったのでしょうか?

Aベストアンサー

イギリスのテロリストロレンスがオスマントルコ内で世界初の列車爆破や全てのテロに絡んだイギリスフランス主導の戦争バグダッドはチグリスユーフラテス川のおかげで水の確保と水運に適し、食料確保には抑えておきたい。

Q歴史を知るということについて

なぜ、人々は教育などで学んだもの、TVなどで観たもの、説得力のある偉い人から聞いたことなどを真に受けるのでしょうか⁉
過去の質問文にも書きましたが、習った、TVで観た,知った、偉い人から聞いた、記念館で詳しく知ったとか言う人とか色んな人がいますが、なぜ・・・簡単に信じてしまうのでしょうか・・・
私達が学ぶ知る歴史が真実とも限らないのに・・・・
嘘とも限らないけど、歴史学者が口伝や記録資料などを基に解釈と推測と調べ上げた結果などでしょう。(そういうのが参考書や教科書や本に書かれている・・・)
その中に嘘が混じってないとも限らない。(証拠があっても偽ものかもしれなかったりとか色々とあるのにね・・・)
だから、私は歴史を知ることについてはそれが真実とも嘘とも思いません。
それに私は政府を信用することについても似たような感覚を持っています。
歴史に関しては目の前で知ったからとか偉い立場の人がエリートが言ったからと言っても私は信じません。(歴史学者が調べ上げて解釈したものなのでね・・・)
当時人と現代人が両方いたとして、大体は両方の言うことが当たっていても、少しばかり色々食い違うのが見えてくるから・・・
でも、世界中の人々は正しいと言わんばかりに自分が知った歴史などが真実とも限らないのに信じている。謎で仕方ないです。
だから、複雑な気持ちになります。
(私は歴史を知ることについて半信半疑です。私からしたら歴史はファンタジーです。真実と嘘が混在していたり、それに歴史については真実か嘘か分かりかねるからです。)



そこで質問なんですけど
人々は歴史を知ることについて、なぜ、信じやすいのでしょうか?疑わないのでしょうか?
(国が教えてくれた歴史や学校などで学んだ歴史やTVの歴史関連の番組などで知った人学んだ人とか
信じ切ってるものだから疑問に思いました。)





質問ばかりですいません。
意味不明だったり、色々ありましたら指摘して下さって構いません。
今の時間は時間が空いたので質問しました。

なぜ、人々は教育などで学んだもの、TVなどで観たもの、説得力のある偉い人から聞いたことなどを真に受けるのでしょうか⁉
過去の質問文にも書きましたが、習った、TVで観た,知った、偉い人から聞いた、記念館で詳しく知ったとか言う人とか色んな人がいますが、なぜ・・・簡単に信じてしまうのでしょうか・・・
私達が学ぶ知る歴史が真実とも限らないのに・・・・
嘘とも限らないけど、歴史学者が口伝や記録資料などを基に解釈と推測と調べ上げた結果などでしょう。(そういうのが参考書や教科書や本に書かれて...続きを読む

Aベストアンサー

人間が知的に発達するのは、見聞きし、さわり、運動し、などの経験を基盤にしています。
英単語のスペルをみて、発音を先生に教わって、こう読むのだというのも、漢字、熟語でも同じです。
天気予報や潮の干満でも、あるいは、現在時刻を確認するのでも、世界の地理でも、日本の政治体制や国会での審議状況でも、北朝鮮のミサイル発射情報でも、新聞広告の商品の価格でも、ニューヨークや東京の株価状況でも、景気や雇用情報でも、火災や地震の被害状況などでも、交通路の渋滞情報でも、単純なやり方で得た情報をとりあえずor長期にor絶対の確信をもって、現在時点での正確な情報として信じます。
歴史だけを信じやすいのではないです。
> なぜ、信じやすいのでしょうか?疑わないのでしょうか?
疑ってるままよりは、とりあえず信じて扱う方が効率が良く、体系的に情報を整合させて理解したり行動する上で、より確実だからです。
サッカーをやっている最中でも、敵味方の選手の動き、ボールの飛び方を疑っているよりは、どれもこれも「こうなってああなって」と確定させることで、判断が可能になります。「こうなってああなって」と確定させたことと、次の瞬間に見えた動きが不一致だったら、そのことで必要な組立直しをするのが一番確実です。
考古学でも、歴史学でも、経済学でも、天体観測でも、航空機や船舶の自動操縦でも、家庭の電子レンジでも、これまでの調査や検討で、だいたいこうすれば大きな誤りにはならないという判断で、一般に提供されています。
そうしたものを受け取って、人生を生き、社会で生活しているのですから、その個人の経験で、ほぼ間違いがないと扱うのが、一番妥当なことを、信じて疑わないのです。
新しい事実の発見等で、そうした情報に誤りがあったことが一般的に報じられれば、「そうなのか」「そうだったのか」と部分修正するので済ませるのです。

> (国が教えてくれた歴史や学校などで学んだ歴史やTVの歴史関連の番組などで知った人学んだ人とか、信じ切ってるものだから疑問に思いました。)
自分で調べ検証するような能力も時間も方法ももってないのが普通です。 研究者であっても、自分でやれることはホンのわずかしかないです。 それは歴史だけでなく、通信技術でも、化学や生物でも、薬学の関係でも同じです。 自動車が走り回る道路を平気で歩けるのも、ぶつかっては来ない、暴走はしない、とりあえず信じているからです。 自動車を運転しているときでも、前を走る車が突然止まる危険はない信じているのです。 前車が突然止まったりしたら、多くの運転者は前車にぶつかります。
私なぞ、古文書を見せられても読めない、フランス語、英語、ギリシャ語、いや現代中国語の活字印刷物でも、読めない。 読めたとしても、周辺事情も知らないのに、判断など自分では出来ないです。
タマタマ見聞きした情報を信じることを基本的なやり方にするしかないです。
この「教えて!goo」の質問や回答が、どうして、上手く表示されるのか、書いたままが出ているのか、誤字を書いても、誰かが直してくれているのかさえも、わからないけれど、たぶん▲◆▽◇なのだろうという思い込み、信じ込みで済ませて、それで済んでいる間は、それを信じていくのです。

人間が知的に発達するのは、見聞きし、さわり、運動し、などの経験を基盤にしています。
英単語のスペルをみて、発音を先生に教わって、こう読むのだというのも、漢字、熟語でも同じです。
天気予報や潮の干満でも、あるいは、現在時刻を確認するのでも、世界の地理でも、日本の政治体制や国会での審議状況でも、北朝鮮のミサイル発射情報でも、新聞広告の商品の価格でも、ニューヨークや東京の株価状況でも、景気や雇用情報でも、火災や地震の被害状況などでも、交通路の渋滞情報でも、単純なやり方で得た情報を...続きを読む

Q今、安倍政権が「森友問題」「加計問題」「稲田問題」などで、様々なメディアや自民党内部からも倒閣に向け

今、安倍政権が「森友問題」「加計問題」「稲田問題」などで、様々なメディアや自民党内部からも倒閣に向けた動きが活発化しています。この件について、一部のメディアや有識者から、北朝鮮や中国の工作員が日本国内で安倍政権打倒のために暗躍しており、これらの問題も、彼らが仕組んだものだとの意見を聞いた事があります。この件については様々な見解があると思います。皆さんの意見をお聞かせ頂ければと思います。

Aベストアンサー

今までも政府が何度も丁寧に説明してもそこは放送せず、記事がワザと怒らす様な質問を繰り返し失言したとこを何度も放送するして問題を長期化させ政権を弱体化させる。
日本も国営放送を作り政府としての正しい考え、説明をする必要があると思います。

Q歴史について

幕府独裁と雄藩連合の関係性を教えて欲しいです。
宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

関係性で言えば、幕藩体制(≒幕府独裁体制?)と雄藩連合は、相反的ですね。
江戸時代の末期、幕藩体制が弱まると共に、「雄藩」と呼ばれた開明的な諸藩が台頭するワケだから。

かつての雄藩は、単に所領や石高が大きいことを指しましたが、江戸時代の末期のベリー来航を機に、諸外国との交流を持ったり、人材登用や軍事力の強化を図った諸藩(例:宇和島藩など)も、雄藩に名を連ねることになります。

最終的には明治維新を経て、「薩長土肥」が政権の中枢を担いますが、それ以前の江戸末期にも、いくつかの雄藩が、幕府,朝廷と共に、「参預会議」「四侯会議」などに参画。
それまでの政治は、幕府の中枢である「幕閣」で決められていたものが、公式ではないものの、幕府,朝廷と雄藩が加わる合議制で、話し合われました。

これらの会議には、討幕派や勤皇派だけではなく、佐幕派や攘夷派の雄藩も集う会議体が設けられています。
たとえば参預会議においては、後の戊辰戦争で死闘を繰り広げる、会津藩と薩摩藩,土佐藩が同席するなど、呉越同舟の会議体であって、意見がまとまるワケもなく、これらの会議体は短命に終るのですが、各雄藩の政策の決定や、公武合体とか大政奉還などにも繋がって行きます。

関係性で言えば、幕藩体制(≒幕府独裁体制?)と雄藩連合は、相反的ですね。
江戸時代の末期、幕藩体制が弱まると共に、「雄藩」と呼ばれた開明的な諸藩が台頭するワケだから。

かつての雄藩は、単に所領や石高が大きいことを指しましたが、江戸時代の末期のベリー来航を機に、諸外国との交流を持ったり、人材登用や軍事力の強化を図った諸藩(例:宇和島藩など)も、雄藩に名を連ねることになります。

最終的には明治維新を経て、「薩長土肥」が政権の中枢を担いますが、それ以前の江戸末期にも、いくつかの雄...続きを読む

Q子どもなどに銃を触らせたら何故駄目なのでしょう?

https://news.goo.ne.jp/article/nhknews/nation/nhknews-10010968041_20170501.html
米軍担当者が子どもなどに銃触らせる 厚木基地の交流行事で

>厚木基地によりますと、訪れた人からの要望を受けて、現場の担当者の判断で触ることを認めましたが、地元の自治体からの指摘を受けて取りやめたということです。銃弾は取り外されていて、発砲できない状態だったということですが、アメリカ海軍厚木基地は「子どもたちに銃を触らせたのは適切ではなかった」としています。

>神奈川県内では4年前にも、アメリカ海軍横須賀基地で行われた行事で、見学に訪れた子どもに銃を持たせていたことがわかり、市民団体が「教育上、重大な問題がある」として、アメリカ軍に抗議しています。

銃弾が取り外されていたのに駄目とは不思議です。一体何が悪かったのでしょうか?

Aベストアンサー

>一体何が悪かったのでしょうか?
市民団体の過剰反応。
彫刻刀やカッターナイフ、場合によってはハサミ等も危険だから
子供には使わせようとしないのだから、銃などはもってのほか。

Q護衛艦いずもは、今回の防護で、ヘリコプターを搭載しているのでしょうか?

護衛艦いずもが、米海軍の補給艦の防護をしています。
ところで。今回、いずもは、ヘリコプターを搭載しているのでしょうか?  
(私は、記事でも写真でも、搭載の確認がでこません。

Aベストアンサー

ヘリが搭載されているかという質問でしたね。

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017050102000250.html?ref=rank

搭載していますよ。

Q北朝鮮のミサイルが落ちる場所

注意:これは冗談の質問ではありません。

米国が韓国に爆撃機を配備したようです。
今回、夜中のミサイルは北海道積丹半島150キロ、
北海道の景色を映していたNHKカメラには飛翔体が映っていたようです。
このまま事態が進み北朝鮮がミサイルを米韓日のどれかの本土に撃ちこむとしたら
どの国と思いますか?核弾頭がついているかもしれません。

まず私の考えですが、

私は金 正恩からしたら撃ち込みやすい国は日本本土(北海道含む)だと思います。
というのも米国に撃ち込むのは怖くて撃てないし届くか否か。
韓国には撃ち込まないだろう、朝鮮戦争の記憶あるし。

その点、日本に撃ち込むならば、日本からはいつもよりきつい厳重抗議程度で済む。
日本は平和憲法の国なので日本が軍事的仕返しをすることはないと思うから一番撃ちこみやすい。

どの国と思いますか?

Aベストアンサー

>米国が韓国に爆撃機を配備したようです
 ⇒してません(既出)。アメリカはできるだけ自国の兵士の損耗を防ごうとしていますので、基本は長距離爆撃機や艦船からの巡航ミサイル攻撃が主になるはずです。

 本題ですが、今回飛ばしたのはICBMです。ICBMのターゲットはアメリカ。ただ、アメリカに撃ちこみでもしようもんなら数千倍のミサイルの報復を受けます。よっぽどキムさんが自暴自棄にならない限りはやらないはず。日韓だと近すぎてもったいない。特に韓国に至っては、ミサイルじゃなくて国境近くにゴマンと配備している長距離砲を使ったほうが手っ取り早いし効果も大きい。
 日本については一応日米安保がありますし、在日米軍もありますし…。アメリカは基本的に自国に利があるときだけ動きますんで、そうじゃない場合は様子見。だからよっぽどキムさんが自暴自棄にならない限り在日米軍に関わるような地域には撃ちこまないだろうと思います。あるとしたら微妙な地域。辺境の島とかそういう場所かな。

ところで
>日本は平和憲法の国なので日本が軍事的仕返しをすることはないと思うから一番撃ちこみやすい。
 ⇒おそらく勘違いされているんじゃないかと思いますが、平和憲法って世界中のほとんどの国が持ってますし、多くの国はその憲法のなかで侵略戦争を否定しています。平和国家は別に日本の専売特許じゃありません。日本国憲法の特異性はその中の「戦力の不保持」だけなんですが、それはご存じのように有名無実化していますので、「日本の平和憲法がー!」なんて言ってるのは一部の日本人だけだと思いますよ。世界から見たら「は?」ってところじゃないでしょうか。
 ちなみに現憲法下でも侵略を受けた際の反撃は可能とされています。問題はその手段(前方投射能力、といいます)をほとんど持っていないことですね。

 とはいえ、腹も減ってにっちもさっちもいかなくなったキム君が自暴自棄になったら何をするかわかりません。滅亡覚悟で日本に核弾頭を撃ちこむとしたら、比較的防空体制の脆弱な地方都市部じゃないですかね。

>米国が韓国に爆撃機を配備したようです
 ⇒してません(既出)。アメリカはできるだけ自国の兵士の損耗を防ごうとしていますので、基本は長距離爆撃機や艦船からの巡航ミサイル攻撃が主になるはずです。

 本題ですが、今回飛ばしたのはICBMです。ICBMのターゲットはアメリカ。ただ、アメリカに撃ちこみでもしようもんなら数千倍のミサイルの報復を受けます。よっぽどキムさんが自暴自棄にならない限りはやらないはず。日韓だと近すぎてもったいない。特に韓国に至っては、ミサイルじゃなくて国境近く...続きを読む

Q80年代、90年代の邦楽はどうしてあんなにすごかったんでしょうか? バンドだけでなくアイドルも凄いで

80年代、90年代の邦楽はどうしてあんなにすごかったんでしょうか?
バンドだけでなくアイドルも凄いですよね。
しかも邦楽だけでなく洋楽も、、。
今の邦楽を否定する気はありません。でもどうしてでしょうか?センスのある人たちが一斉に出てきただけですか?

Aベストアンサー

一つの要因としてまだCD一強の時代で今みたいに音楽配信が珍しい時代でしたから
売上という解りやすいものさしがあり、凄さがわかりやすかったのかも知れませんね。
確かにあの時代の音楽業界は凄かったですものね。

Q鉄と穀物の同盟って何ですか? 世界史ですから

鉄と穀物の同盟って何ですか?
世界史ですから

Aベストアンサー

ビスマルクが統一した「ドイツ帝国」時代の話でしょうか。歴史や社会科学には、通称「○○の△△」というのがいろいろあって、何を指すのかをきちんと示さないと、似たような別な話をすることになりかねないので。

1871年に、普仏戦争(ビスマルク率いるプロイセンとフランスとの戦争)に勝利したプロイセンは、ドイツを代表して「統一ドイツ」を宣言します。ビスマルクは、その後1890年までドイツ帝国首相の地位にあります。
ただし、それまでドイツは小国に分裂して併存する体制でしたから、地方ごとに異なった政策をとっており、ドイツ帝国として統一的な政策をとることに反対するいろいろな「抵抗勢力」が存在しました。

その一つが、国内産業を保護するため「保護主義」を求める産業資本家たちと、農産物特に穀物を自由に輸出したい「自由主義」の地主農民たちとの対立でした。今のトランプ政権のアメリカのようですね。「アメリカ第一」の「保護主義」と、これまでグローバル化を推進してきた「自由主義」の対立。
当時の19世紀後半のドイツでは、「保護主義」の産業資本家たち(それを代表するのが工業の「鉄」)、「自由主義」の地主農民たち(それを代表するのが農業の「穀物」)の対立だったわけです。

そんな中、急速な近代化・工業化を進めたいロシアは、ヨーロッパ向けに穀物を安く輸出して外貨を稼ごうとします。これによる安い穀物の流入を食い止めるため、「自由主義」の地主農民たちも「保護主義」側にまわり、ビスマルクの政策も「保護主義」で国民各層の支持を得ることになります。
この、産業資本家たち(鉄)と、地主農民たち(穀物)の一致協力したドイツ帝国政権に対する支持を、「鉄と穀物の同盟」というのではないかな?

ビスマルクが統一した「ドイツ帝国」時代の話でしょうか。歴史や社会科学には、通称「○○の△△」というのがいろいろあって、何を指すのかをきちんと示さないと、似たような別な話をすることになりかねないので。

1871年に、普仏戦争(ビスマルク率いるプロイセンとフランスとの戦争)に勝利したプロイセンは、ドイツを代表して「統一ドイツ」を宣言します。ビスマルクは、その後1890年までドイツ帝国首相の地位にあります。
ただし、それまでドイツは小国に分裂して併存する体制でしたから、地方ごとに異なった政策...続きを読む

Qテロ支援国家と取引している理由は何でしょうか?

日本はテロ支援国家であるイランやカタールと貿易を行っています。イランからは石油を、カタールからは天然ガスを輸入しています。

日本がイランやカタールと取引するというのは、間接的にテロリストへ援助している事を意味しています。

どうして、日本はテロ支援国家との取引を辞めないのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカのたわごとイランとカタールは日本は貿易相手国です。イランは、イスラム国に警戒してます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング