「教えて!ピックアップ」リリース!

教えて下さい。
水素の原子核は電子雲に覆われ、その電子雲の中で1個の電子が動き回っているそーですね。
その電子は電子雲の中でどれくらいのスピードで動いていますか。

A 回答 (3件)

>水素の原子核は電子雲に覆われ、その電子雲の中で1個の電子が動き回っているそーですね。



まったく違います。量子論を勉強すればわかりますが、電子は粒子というより、むしろ波というかエネルギーの塊です。他の素粒子との相互作用がなく、空間を単独で飛び交うときは粒のように見えますが、原子の中においては、まったく違います。観測するまでは、どこに存在するかは確率的な記述しかできません。観測すると、実態がわかりますが、それでも位置と運動量を、同時に確定することが出来ません。波であることを考えるとわかりますね。位置を決めると、一定時間たたないと1周期のふるまいがわからない。逆に波長を捉えようとすると、空間的に広がりが必要・・・と同じことです。したがって、粒子の速度・・・というような、マクロの物理量はありません。また、電子が軌道をもってぐるぐる原子のまわりを回っているイメージは、捨て去る必要があります。

電子雲というのは、上記のイメージを、まるで雲のように、原子核のまわりに存在する・・・という、言わば比喩です。あまり使いませんね。
    • good
    • 1

>1個の電子が動き回っているそーですね。


はい間違い。電子も核も大きさを持たず、核にも電子にも角運動量があるが「電子に速度は無い」電子に速度があると最初のボーアモデルになってしまい、電子は核に落下する。
    • good
    • 0

量子力学により、電子の位置と運動量は同時に測定できません。


したがって、実際にどのような速度で運動している(電子雲の中に確率的に存在しているので、運動していると言えるかどうかは不明です)かは、測定不可能です。
ボーア理論による、原子軌道と量子条件から算出される水素原子の電子の速度は2.18×10^6m/s程度となりますが、あまり意味はありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング