学校不適応問題についてのこと、参考本などがありましたら教えてください。色んな方からのアドバイスをお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

教育問題の中でも、どっちかって言うと専門的な内容なので、一般文献ってなかなかないと思います。

一般文献の中で、内容を少し扱ってるというのは読んでみないと分からないですしね。

下記のようなハンドブックか

BN0918850X 学業不振及び学校不適応問題の理解と指導編. -- 岩手県立総合..., 1993.

専門雑誌のバックナンバー
http://www.nippyo.co.jp/m_kokoro/hm087.htm

もしくは、お近くの児童相談センターに聞いてみるといいのではないでしょうか?
    • good
    • 0

もう少し具体的にどういうことを知りたいか書いていると回答し易いと思うのですが,どうでしょうか?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不登校で適応指導教室へ 出席簿は?

不登校生徒の出席簿の扱いについて教えてください。生徒が適応指導教室へ通っている場合は、指導要録上、出席扱いになるということですが、学校内での出席簿の扱いは、欠席なのでしょうか?出席とするのでしょうか?またその根拠(法的等)がわかりましたら教えてください。

Aベストアンサー

出席簿は、法律によって作成が義務づけられている「公簿」です。

いわゆる通信簿は法律上の根拠がないので、何を書こうと学校の自由ですが、公簿である出席簿は、教育委員会ごとに書き方が決められています。

したがって、「出席扱い」のものは出席簿上で出席になっているはずです。
ただし、部活動の公式戦が授業日と重なっている場合には、「公欠」という記入(出席扱い)をするところが多いようですから、類似の注意書きを記入する場合はあるかもしれません。

Q障害児教育について参考になる本

特殊学校(養護・聾・盲)で働きたいと思っています。
そこで障害児教育について参考になる本を探しています。
障害者や実際に働いている教師の視点から、日本の障害児教育の現状や傾向、問題や課題、など、障害児教育に携わる上でためになる本など、お勧めの本がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

障害児の親です。
一口に障害と言っても、知的障害と身体的障害では全然違うので、養護、聾、盲とひとくくりにされても乱暴な感じですが(笑)。
障害のあるなしにかかわらず、子供を育てるということの参考になる本として、

佐々木正美「子どもへのまなざし」「続 子どもへのまなざし」(福音館)

はお勧めしたいです。(著者は自閉症で有名な先生なので、障害児のこともきちんと書いてあります)
子どもの障害によって好ましい対応はそれぞれ違うと思いますが、子どもへの温かいまなざしがあれば、基本的にはオッケーだと思うので。頑張ってください。

Q学校の呼称について・・・小学校、中学校

日本の学校の呼称として、「小学校、中学校、高等学校、大学」と続くのですが、以前から違和感を持っています。まず、小学校=小さい学校、中学校=中ぐらいの学校、と「大きさ」で分けています。
そして、高等学校=程度の高い学校、大学=大きく学ぶ、といった具合で、一貫性がないと思われるのです。大学は学校なのに「学校」の文字が付きません。

どうしてこのような呼称を付けたのでしょうか。
英語では、初等学校、下級高等学校、上級高等学校、というように学ぶレベルで名付けているようですが・・。

Aベストアンサー

日本では小学校は初等教育
中学校は前期中等教育
高校は後期中等教育
大学は高等教育と分けられています。
小学校、中学校は基礎となることを学び
高等学校では進路に応じて高度な普通教育教育及び専門教育を学びます(学校教育法 第50条)
そして問題の大学ですが大学は深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする。(学校教育法 第83条)

ですから質問者さんが言っていた「大学=大きく学ぶ」ではなく、学んだことをより大きくしていく学校なので大学と言うんだと思います

Qなぜ小学校、中学校などの学校の先生になりたいのか

私は学校の先生になりたいと思ったことが全くありません。
なぜ教員志願者は教員になりたいと思うのでしょうか。どこで触発されたのか、給料、やりがいなど教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は教員養成系大学の教員なので、この辺りはよくアンケート結果を見ます。

1位は、自分が出会った先生が良くて、その先生のようになりたいという回答ですね。意外かもしれませんが男子に多い。「良かった」という意味は色々で
・小中学校の場合は、トラブルがあったときに助けてくれた、クラスが楽しかったなど生活面での話が多い
・中高で出会った先生だと、その教科の教え方が上手で、よく分かった、好きになったなど学習の話が多くなる(社会と理科、英語の免許を取得しようとする学生に多いかな)

2位は、教えるのが好き、子供が好き。まぁ、分からないではありません。これは初等と女子に多い。
3位は、自分に合った職業だと思う。

2位と3位は教員の子供が比較的回答する項目です。親をみていてそう思うのでしょうか。

困ったちゃんですと
・部活の指導がしたい。これは体育の免許を取得しようという学生に多い。要するに部活が指導できれば免許は何でもいいという阿呆です。
・別の大学志望だったが、落ちたので。という学生も無論います。これは理系に多い。こういう学生は教員は「滑り止め」で本音としては、大学院でどこか理系のラボにいきたいと考えている場合が多いです。

もちろん就職という話ですから、公務員としての安定性だとか賃金のことなども背景にあることは当然でしょう。特に芸術系・技能系の学生ですと、例えば「本当は音大(美大)に行きたいけれど、将来食えるかどうか不安なので」という心情はあると思います。それを「きれい」に語れば、3位の「自分に合った」という回答になるのでしょうね。

その辺は、普通の学生と変わりません。

私は教員養成系大学の教員なので、この辺りはよくアンケート結果を見ます。

1位は、自分が出会った先生が良くて、その先生のようになりたいという回答ですね。意外かもしれませんが男子に多い。「良かった」という意味は色々で
・小中学校の場合は、トラブルがあったときに助けてくれた、クラスが楽しかったなど生活面での話が多い
・中高で出会った先生だと、その教科の教え方が上手で、よく分かった、好きになったなど学習の話が多くなる(社会と理科、英語の免許を取得しようとする学生に多いかな)

2位は、...続きを読む

Q科学技術学園高等学校とはどういう学校ですか? 普通の学校とは違うように感じます

科学技術学園高等学校とはどういう学校なのですか?普通の高校ではないようなのですが非常にたくさん学習する為のコースがあるようで、一つの学校なのになんでだろうかなと思い質問しました。

Aベストアンサー

はじめまして 科学技術学園高等学校ですが、
◎登校コース(1):昔ながらの週に2回ほど通うコース
◎登校コース(2):週4回通学するコース
◎e-ラーニングコース:こちらは、登校コース(1)のインターネット版です。
インターネットを通じて、授業を受けます。定期試験時に学校に赴きます。

昔あった学年制ではなく、単位制で学年の区分がなく、3年間で74単位修得すれば、卒業となります。

>たくさん学習する為のコースがあるようで、一つの学校なのになんでだろうかなと思い

生徒さんのニーズに合わせているという点と、
少し前(7~8年前ぐらいでしょうか)、
通信制高校の勉強をサポートする通学型のサポート校が全盛期で、
数も多かったのですが
サポート校自体の料金が、私立高校全日制より割高だったりした為か
(その他にも理由はあるのですが、規約上割愛させていただきます)、減少しました。

それが、全ての要因ではありませんが、そのサポート的要素が、
現在の通信制高校には含まれております。
「maNAVI タイプ別の通信制高校」
http://stepup-school.net/step/tsushin/select.html
公立の通信制学校でも、毎日通えるところが増えてきております。
「横浜修悠館高等学校」
http://www.y-shuyukan-h.pen-kanagawa.ed.jp/tusin1.html

ちなみに、科学技術学園高等学校は、先日、瀬戸朝香さんと結婚された、井ノ原快彦さんの卒業校でもあります。
http://stepup-school.net/step/school-page/kagiko/inohara.html

参考URL:http://stepup-school.net/step/tsushin/select.html,http://stepup-school.net/step/school-page/kagiko/inohara.html

はじめまして 科学技術学園高等学校ですが、
◎登校コース(1):昔ながらの週に2回ほど通うコース
◎登校コース(2):週4回通学するコース
◎e-ラーニングコース:こちらは、登校コース(1)のインターネット版です。
インターネットを通じて、授業を受けます。定期試験時に学校に赴きます。

昔あった学年制ではなく、単位制で学年の区分がなく、3年間で74単位修得すれば、卒業となります。

>たくさん学習する為のコースがあるようで、一つの学校なのになんでだろうかなと思い

生徒さんのニ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報