人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

二次関数のグラフの頂点と軸を求め、そのグラフをかけ。という問題なのですが解き方がわかりません。教えてください!

「二次関数のグラフの頂点と軸を求め、そのグ」の質問画像

A 回答 (5件)

教科書を読めばわかります。


教科書は神と思って10回以上読めば自力でとけます。
    • good
    • 0

y=2(x+2)^2 ですか?これは、


y=2x^2 をx軸方向にー2 つまり 左方向に2移動したものですから、
軸も頂点も左に2移動するから、
頂点( ー2,0) 軸 x=ー2
の下向きのグラフです。y切片は、2(0+2)^2=8 です。
定義域は実数、値域は0以上
    • good
    • 0

#2です。

1カ所訂正
誤 二次関数は係数aを使って a(x-s)^2-t と表せます。
正 二次関数は係数aを使って a(x-s)^2+t と表せます。
    • good
    • 0

平方完成するだけのことです。


xの二次関数の頂点を(s,t)とすると、その二次関数は係数aを使って a(x-s)^2-t と表せます。またこの逆も言えます。
二次関数の軸は x=s の直線です。
    • good
    • 0

y=2(x+2)^2


既に基本形になっているので、頂点は(-2,0) 軸はx=-2
y=2x^2をx軸方向に-2平行移動したグラフです。
x^2の項に係数2が付いているので、計算して(x,y)の点を求める時に注意すること。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の問題で質問があります。(2)の問題でどうして焦点が3/8と出るのでしょうかどうして8/3ではな

数学の問題で質問があります。(2)の問題でどうして焦点が3/8と出るのでしょうかどうして8/3ではないのでしょうか?詳しい説明お願いします。

Aベストアンサー

点(X,Y) と準線の距離は,|X+p|
焦点との距離は,√{(X−p)^2+Y^2 }
これらが等しいことの必要十分条件は,
(X+p)^2=(X−p)^2+Y^2
である。これを整理すると,
Y^2=4pX となる。

pは、焦点で、この関数では、x座標になるから、y^2=(3/2)x から
4p=3/2 ∴ p=(3/2)/4=3/(2・4)=3/8

放物線の定義から、焦点、準線を理解してくださいね!
できたら、y=あx^2+いx+う
と、x^2=4py
と比較しながら、理解を深めて欲しい!

Q弧度法で弧の長さと面積をだす公式が腑に落ちません

弧度法で弧の長さと面積をだす公式が腑に落ちません

弧の長さは、半径 x 中心角(ラジアン)

面積は、半径 x この長さ x 1/2


とのことですが、なぜ上記の公式で、弧の長さと、面積を求めることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

π:円周率

中心角(ラジアン) =2π × 中心角(°) /360°
ということを知っていれば、

弧の長さ:半径 × 中心角(ラジアン) =半径 × 2π × 中心角(°) /360°
     =直径 × π × 中心角(°) /360°
この式から、弧の長さは
「直径 × 円周率」に中心角の割合を掛け合わせたものだとわかります。

そして、
扇形の面積:半径 × 弧の長さ × 1/2 =半径 × 半径 × 2π × 中心角(°) /360° × 1/2
      =π × 半径 × 半径 × 中心角(°) /360°
と計算式を変形すれば、ここから
「円周率 × 半径 × 半径」に中心角の割合を掛け合わせたものだとわかります。

よって、このようにすると
「直径 × 円周率」が円の円周の長さ、
「円周率 × 半径 × 半径」が円の面積であることはすでに習っているはずなので
計算式上で理解しやすいはずです。


さて、ではなぜラジアンを使うのでしょうかという問いですが、
実は半径1の円において、円周の長さが2π(ラジアン)であることに関係しています。
半径1の円の弧の長さ
=円周の長さ × 中心角の割合 =2π × 中心角の割合
=中心角(ラジアン)
ここから、弧の長さ=半径×中心角(ラジアン)が導かれるのです。
きちんと理解ができていれば、ラジアンを使ったほうが簡単だったというだけですね。


扇形の面積に関しては、計算式から求めても構わないのですが、
直感的には、No.4のかたの言うように、三角形に細分化したものを考えます。

同じ扇形を二つ用意して、これを小さな扇形にカットしたものを想像してください。
そしてそれを交互に組み合わせていきます。
 ~~~~
/    /
~~~~
カットの仕方が大きいと上の図のようになりますが、
より微細にカットしたものを使うことによって、
| ̄ ̄ ̄|
|   |
  ̄ ̄ ̄
というように、だんだん長方形に近づいていきます。
このとき、底辺が弧の長さ、高さが半径に近づいていきます。
こうすることによって、
扇形の面積(の2個分)は弧の長さ × 半径 と表されるのです。
すなわち、
扇形の面積=弧の長さ × 半径 ÷2
という式が導かれるわけです。

この作業をしているのが積分なのですが、それは割愛します。

π:円周率

中心角(ラジアン) =2π × 中心角(°) /360°
ということを知っていれば、

弧の長さ:半径 × 中心角(ラジアン) =半径 × 2π × 中心角(°) /360°
     =直径 × π × 中心角(°) /360°
この式から、弧の長さは
「直径 × 円周率」に中心角の割合を掛け合わせたものだとわかります。

そして、
扇形の面積:半径 × 弧の長さ × 1/2 =半径 × 半径 × 2π × 中心角(°) /360° × 1/2
      =π × 半径 × 半径 × 中心角(°) /360°
と計算式を変形すれば、ここから
「円周率 × 半径 × 半径」に中心角...続きを読む

Qルートのはずし方(高校1年生の数学)

ルートを外す場合、添付した画像になる理由をできるだけわかりやすく教えていただけないでしょうか?

宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>できるだけわかりやすく
a= -3 の場合を考えていてください。
√(-3)² = √9 = 3 ですよね。
3 はこの場合 -a だから。

Q算数の問題です アルコールが1Lあります。水が1Lあります。合わせて何Lですか? という問題があった

算数の問題です
アルコールが1Lあります。水が1Lあります。合わせて何Lですか?
という問題があったとします。
答えは
2Lですか?
わかりません。ですか?
それとも原子密度と分子間力を厳密に計算し、1.9…Lですか?

Aベストアンサー

算数の問題ですか。
ならば、結論的に云えば、不適切な問題です。

物理(又は化学)の問題ならば、
水とアルコールを混ぜれば、容積が減る事は習った筈。

Qa-bが6の倍数の時 aとbを6で割ったときの余りは等しい というのが書いてあったのですが どのよう

a-bが6の倍数の時
aとbを6で割ったときの余りは等しい

というのが書いてあったのですが
どのように証明できますか?

Aベストアンサー

文字変数が表しているのは全て整数です。
a-bが6の倍数ですから
a-b=6n (1)
と表せます。

bを6で割った余りをrとすると
b=6q+r (2)
と表せます。

(1)から
a=b+6n
この式に(2)を代入すると
a=6q+r+6n=6(n+q)+r
となり、これはaを6で割るとn+qで余りがrであることを意味します。

Q数学のイコールの揃え方 中学三年生です。数学の先生に、 ○=△=□ と ○ =△ =□ という書き方

数学のイコールの揃え方
中学三年生です。数学の先生に、
○=△=□ 

 ○
=△
=□
という書き方は正解で、
○=△
 =□
という書き方をしてはいけないと教わりました。
これは本当でしょうか?今まで聞いたことのないことなのでよくわかりません。
また、その理由も教えてください。
分かりにくくすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公的な研究機関の研究者です。
純粋数学の研究ではないのですが、数学をかなり使います。

数学的には、あなたが完全に正しいです。
数学的には、先生が完全に間違っています。
(一切の余地なくです)

「=」の記号は方程式を意味し、方程式は「両辺が等しいこと」以外の意味は一切持ちません。
「段落の使い方」や「幅」や「改行」によって、異なる意味を持たせるなどというルールは
ありません。
(「=」の記号を、世間の定義とは別に新たに定義すれば別です。)

ですが、そういう先生は、自分の間違いを認めません。
表面的でいいですから、間違いを受け入れましょう。
別の先生に言ったところで、その先生のプライドを傷つけて、目をつけられるだけです。

数学は、「正しいこと」が理解できていれば十分です。
テストの点数なんてどうでもいいじゃないですか。
数学なんですから、正しければそれでいいんです。
テストの紙に「×」って書いてあっても、正しいものは正しいです。
入試とかじゃないのならば、それでいいじゃないですか。

「大嫌いなあの先生に一泡吹かせる」
が目的ならば、追求すればいいですが、
「何が正しいのかを知りたい」
のであれば、あなたが100%正しいので、安心して、次の問題に取り組んでください。

ただ、「慣例」というものがあって、
「数学的には完全に正しいけど、記述方法として好ましくない」
というものはあります。

たとえば、文章題で、回答のはじめに
「"+"記号とは引き算を意味すると定義する」
として、「+」記号を引き算の記号「ー」のように使うことは数学的には
完全に正しいですが、好ましくありません。
ある程度、
「みんなで同じ定義や記述方法をそろえておく」
というのは、コミュニケーションの上では結構重要です。
みんなバラバラの定義を使ったら大変ですよね。

○=△
 =□
確かにこのような書き方は、
「3つの式が等しい」
ことを意味するよりも、
「○を変形したら□になりました」
とか
「○にある変数を代入したら□になりました」
みたいな印象を与えます。
そういう意味で、
「正しいけれど、慣例に従ったほうが良い」
として間違いにしたのならば、少し理解できます。
が、やはり数学的には正しいので、数学の問題である以上
「間違い」には出来ないと思います。

公的な研究機関の研究者です。
純粋数学の研究ではないのですが、数学をかなり使います。

数学的には、あなたが完全に正しいです。
数学的には、先生が完全に間違っています。
(一切の余地なくです)

「=」の記号は方程式を意味し、方程式は「両辺が等しいこと」以外の意味は一切持ちません。
「段落の使い方」や「幅」や「改行」によって、異なる意味を持たせるなどというルールは
ありません。
(「=」の記号を、世間の定義とは別に新たに定義すれば別です。)

ですが、そういう先生は、自分の間違いを認...続きを読む

Q数学Ⅱの三角関数について質問です

数学Ⅱの三角関数について質問です。

参考書に、以下のように描かれています。

cos(-495°)=cos495° ・・・・・①

これが腑に落ちません。

第四象限の時はコサインはプラスになり、

cos(-θ)=cosθになるとのは腑に落ちるのですが、
-495°は第3象限だと思います。

よって、①式が腑に落ちません。

なぜ①式のようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=三角関数+公式+覚え方

三角関数の基本公式に代入しているだけでしょう!
cos(-θ)=cosθ
確かに、 ー495の余弦の場合
cos(-495)は、第3象限で
cos495は、第2象限だが、
どちらも、マイナスで共通しているので、同じ値ということで、イコールとなっているのでしょう!

Q数学の実数の問題です。

こんばんは、ただいま数学の先生からの難題に頭を抱えています。
その答えを見つけるにあたり下記の解、またその証明方法が知りたいです。
中学生でもわかる証明法だといいです。

[2,3]と[2,10]において、どちらの区間がより多い実数を有しているか。

どちらも無限に続くので参っています。
ヒントだけでもよろしいので教えて下さいませんか。

*自分なりに一応考えてみました。
[2,3]の実数をx(∞)とする(仮定)       ・・・①
[2,10]の実数は[2,3]の8倍なので8x      ・・・②
①と②より、  x<8x
故に [2,3]<[2,10]
はじめはこれが正解だと思っていたのですが、見直したところ、どうにも安直な証明法なのでここに質問することにしました。

Aベストアンサー

濃度という意味で言えば同じですね。

小数点以下の桁数が限られていればあなたが考えた通りなのですが、
実際には桁数も無限なので、無限の実数を含むことになります。
無限なのだから当然個数で比較することはできません。
ですので、別の考え方が必要でしょう。


区間 [2,3] から、実数xを一つ取ります。
ここで変換式 8(x-2)+2 を適用すると
どんなxに対しても区間 [2,10] の実数になります。

逆に、区間 [2,10] から、実数yを一つ取り
変換式 (1/8)(y-2)+2 を適用すると
どんなyに対しても区間 [2,3] の実数になります。

つまり、二つの区間内の実数が一対一で変換できるので、
個数は同じだけある。
というのが答えになります。

大学数学ではこれを濃度が同じとしています。
イメージとしては「長さが違ったとしても同じ一本の線(の区間)」
なので一対一に対応できるのは当たり前、といったところでしょうか。

Q80番の(2)で答えには常用対数使ってましたが、自然対数でも良いのですか? そして、なぜ常用対数をつ

80番の(2)で答えには常用対数使ってましたが、自然対数でも良いのですか?
そして、なぜ常用対数をつかってるのでしょうか。

Aベストアンサー

(1)より、はさみうちの定理よりlim【n→∞】Xn=b
どちらの対数でもOkなので、こだわらなくていいです。
解答例を載せましょう!

Qこの問題の途中式を教えてください。 答えは x=3±√2 だそうです。 式 2(x-3)²=4

この問題の途中式を教えてください。
答えは
x=3±√2
だそうです。


2(x-3)²=4

Aベストアンサー

まず、両辺を2で割って、
(x-3)^2=2
これから、
x-3=±√2
となり、
x=3±√2


人気Q&Aランキング