痔になりやすい生活習慣とは?

水の水質調査の実験で塩化物イオンの定量を行い、比較のためにか水道水などと水質基準と比較しようと思ったのですが、どこの水質も残留塩素と記されており塩素イオンの含有量は、掲載されていませんでした。

そこで残留塩素と塩素イオンの違いを教えてください。
また換算方法などありましたら教えてください
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

残留塩素と塩化物イオンは性質が異なる物です



ここに書いてありますよ

参考URL:http://www.meisui.com/files/contaminants.htm#塩素
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。。。
助かりました

お礼日時:2004/09/03 16:17

水道水の基準として、塩素イオン濃度200mg/l以下、というのがあります。



残留塩素と塩素イオンは#1さんの回答にあるとおり「別モノ」です。
いつでもどこでも使える正しい換算方法はありません。

飲料水の塩素イオン濃度が高いと、異味の原因になるようです。
井戸水、河川水どちらにもある程度含まれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
参考になりました

お礼日時:2004/09/19 11:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心電図について教えて下さい。よろしくお願いします。

いきなり、質問ですが心電計についてですが、2つあります。

1つは、
心電計の時定数と心電図の波形とはどのような係わりをもっているのですか。

2つめは、
ハムフィルタの原理と役割について
是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

時定数が大きいと、低い周波数領域まで捉えることができます。逆にいうと、時定数が小さいと、低い周波数、ゆっくりとした波形は捕らえられないということです。
実際の心電図の波形では、T波やU波が一番ゆっくりとした波形といえます。大体1Hz位まででしょうかね。

さらにゆっくりとした波形でよく見られるものには、呼吸性の基線変動があります。これはどんなでも大体0.5Hz以下でしょう。こちらの方は臨床的な意義はまずないですよね。

ですから、時定数を小さくしていくと、まず最初に影響を受けるのはT波やU波です。これらは平坦化して検出しずらくなります。

ハムフィルタの原理は、必要以上に高い周波数をカットしてしまうものです。心電図で、一番高い周波数成分を含むのは、QRSの部分でしょう。その継続時間から見て、20~30Hz程度と考えられます。対して電源ハムは50Hzですから、40~45Hzあたりから遮断する特性をもったフィルタを入れれば心電図に影響を与えずに電源ハムを除去できることになります。
実際には、心電図も全く高周波成分がないわけではないので、多少の影響を受けます。具体的には、立ち上がりや立下りの急峻さが少し落ちます。細かいノッチなどは隠れてしまうこともあります。

時定数が大きいと、低い周波数領域まで捉えることができます。逆にいうと、時定数が小さいと、低い周波数、ゆっくりとした波形は捕らえられないということです。
実際の心電図の波形では、T波やU波が一番ゆっくりとした波形といえます。大体1Hz位まででしょうかね。

さらにゆっくりとした波形でよく見られるものには、呼吸性の基線変動があります。これはどんなでも大体0.5Hz以下でしょう。こちらの方は臨床的な意義はまずないですよね。

ですから、時定数を小さくしていくと、まず最初に影響を...続きを読む

Q残留血漿

残留血漿量の意味がわかりません。ご存知の方がいらっしゃったらよろしくお願いします!

Aベストアンサー

これのことですかね?10ページ、11ページに”残留血漿量”という単語が出てきます。
単語そのものの説明ではないですが、要するに血液成分の分画製剤中に残存する血漿の量、と言うことなんでしょうか。

参考URL:http://www.bpro.or.jp/publication/pdf_jptrans/fr/fr200012jp.pdf

Qハムフィルタについて

ハムフィルタの役割や、周波数特性は分かるのでるのですが、原理がなんて説明したらいいのかわかりません。
なぜ、50~60Hzの周波数成分のみをカットするのですか?
ハムフィルタの原理を教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

おや、ご指名なのかな・・・?ふたたび myeyesonly です。またまた、でしゃばりました。m(__)m

さて、marimo_cx さんが、大体答えてらっしゃるので、フィルタの原理をわかる範囲で・・・

心電計の時定数は、基本的にコンデンサーと抵抗でできています。この回路は、電子回路としては、ハイバスフィルター(HPF)、もしくはローカットフィルタ(LCF)と呼ばれる回路の基本形なのです。ですから、心電計の入力回路には、「あまり低い周波数をカットするフィルタが入ってる」ということになります。

さて、この回路のコンデンサーをコイルに入れ替えたものも時定数といわれるのですが、高い周波数をカットする性質になります。実際にはコイルを使うとノイズを拾ったり、ある程度の大きさが必要になるので、小型化できないなどの不便を生じるので、ICを使った電子回路でやってます。

これらの回路の基本的な働きは、
コンデンサーと抵抗を直列につなぐと、コンデンサーは周波数の低い交流程、通しにくいので直列回路の両端にかかる電圧を分割する割合は、コンデンサーの方が大きく抵抗の方は小さな電圧になります。逆に高い周波数では、コンデンサーは通し安くなるので、抵抗にかかる電圧が大きくなります。

ですから、抵抗の両端から、電圧を取り出すと、周波数が高いほど、高い電圧が得られます。

この反対に、コイルを使った場合は、コイルは、高い周波数ほど通しにくくなるので、全く逆に、周波数が高いほど、抵抗にかかる電圧は低くなります。

この仕掛けを組み合わせると、一定の周波数幅を通さないとか、一定の周波数幅しか通さないという回路を作ることができ、それぞれ、ノッチフィルタ、バンドパスフィルタと呼ばれます。

なお、通常使用されているスタイラス(熱ペン)による心電計では、スタイラス自体が、そんな超高速では動かないので、記録計の部分自体がある程度時定数を持っています。

ハムフィルタは、その用途によって形状が大きく異なります。心電計では、スタイラスで書けないような高周波領域は必要ないので、前に書いたように、45Hz位から上をカットする回路をさっき述べたように計算して入れます。

逆に、高い周波数が必要な、場合、例えば、ラジオや電話などの簡易的なオーディオ等では、一定の周波数より高い周波数しか通さない回路を使います。

また、本式の?オーディオ等、全部いるけど、ハムだけ取りたいときは、これらの回路をいくつもかさねて、特定の幅だけ除去するノッチフィルタを使います。

こんなところでいかがでしょう?

それから marimo_cx さんご指摘のシールドですが、病院では、通常、心電図はシールドされた部屋でとります。また、心電計の電極端子から心電計本体まで、シールドされており、電力は、ACからとりますが、アースを共通にすることで、同相ノイズとなり、差動入力により除去されます。実際、シールドルームでは、ハムフィルタが必要になるのは、皮膚がかさかさになってる人(水分が少ないので、信号源インピーダンスが高くなる)などごくわずかです。

しかし病室ではそうはいかず、ACはやらずにバッテリーで駆動しますが、アースをとっても同相ノイズにならない場合が多く、ハムフィルタのお世話になることがよくあります。

あと邪道なのですが筋電図混入をどうしても防げない場合もハムフィルタであるていど軽減できます。

おや、ご指名なのかな・・・?ふたたび myeyesonly です。またまた、でしゃばりました。m(__)m

さて、marimo_cx さんが、大体答えてらっしゃるので、フィルタの原理をわかる範囲で・・・

心電計の時定数は、基本的にコンデンサーと抵抗でできています。この回路は、電子回路としては、ハイバスフィルター(HPF)、もしくはローカットフィルタ(LCF)と呼ばれる回路の基本形なのです。ですから、心電計の入力回路には、「あまり低い周波数をカットするフィルタが入ってる」ということになります。

...続きを読む

QCODとBOD

海水や淡水の汚染指標として用いられるCODとBODって何ですか?またその2つの違いは何ですか?教えてください。

Aベストアンサー

簡単に説明します。だいたいご理解いただけたら、詳細はまた調べてみてください(ネット上にたくさん情報はあります)

COD - 化学的酸素要求量
BOD - 生物化学的酸素要求量

ともに水質の「汚れ」を表す基準として使われます。
では、「汚れ」とは何かと言えば、いわゆる有機物が該当します。
有機物は酸素と結合すると、水や二酸化炭素になって、汚れではなくなります。
つまり、汚れを浄化するのにどれだけの酸素が必要か、これを調べることで、
汚れの量を把握しているわけです。

****

さて、CODとBODの違いです。
CODは汚れの成分をあくまで化学的に捉え、必要な酸素量を算定するものです。
酸素を消費する無機質も数値に入ってくる場合があります。

一方のBOD。実際に水を浄化するのは、水の中の微生物です。
この微生物が汚れを浄化するのに使う酸素を計るのがBODです。

一般に、BODは河川で使われ、CODは湖沼で使われます。
また、BODとCODの値が近いときは微生物による処理がしやすく、
BODが小さくCODが大きいときは微生物による処理が困難ということもわかります。

簡単に説明します。だいたいご理解いただけたら、詳細はまた調べてみてください(ネット上にたくさん情報はあります)

COD - 化学的酸素要求量
BOD - 生物化学的酸素要求量

ともに水質の「汚れ」を表す基準として使われます。
では、「汚れ」とは何かと言えば、いわゆる有機物が該当します。
有機物は酸素と結合すると、水や二酸化炭素になって、汚れではなくなります。
つまり、汚れを浄化するのにどれだけの酸素が必要か、これを調べることで、
汚れの量を把握しているわけです。

****

さて、CO...続きを読む

Q吸光度と透過率

 早速質問させていただきたいのですが、吸光度と透過率にはどのような関係があるのでしょうか?ランベルトベールの法則を利用すると言うのはわかるのですが、吸光度は透過度の逆対数であると理解しているのですが、どう関係しているか分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

私も時々分らなくなることがあります。苦手のひとつですね。分光計で考える良いと思います。試料溶液と溶媒単独を同じ光源からのそれぞれ通過させ、溶媒単独と通過してきた光の強さ(光電管の電圧)I0 と試料溶液を通過してきた光の強さ(光電管の電圧)Iとして、縦軸に光学密度(吸光度とも称されます)log(I0/I)又は透過率(I/I0)、横軸に波長又は波数のチャートが得られます。それ故、吸光度は透過率の逆数の対数になりますね!

Q塩化物イオンを塩への換算

塩化物イオンを測定して、10mg/lの濃度の時、この塩化物イオン全てがNaClだったときのNaCl濃度の算出方法は、10mg/l × 58.45(NaCl分子量) / 35.45(Cl分子量)  = 16.48mg/l
だと思いますが。NaClではなくCaCl2の場合の計算方法はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

先ほどの homma-mon です.
# 池畑千鶴大好きです.


展開した式の検算をしておきましょう.
  分母と分子,どっちにすればいいんだったけ?
  掛け算,割り算,どちらが正しい?
と迷うことは,よくあります.そのとき,簡単な検算方法があります.

まず,単位の書き方に気をつけます.
「どの物質の量なのか」を明記するのです.

以下,塩化物イオン,化合物の順に書きます.

質量濃度は,mg-Cl/mL, mg-化/mL
モル濃度は,mmol-Cl/mL,mmol-化/mL
 # 容積の単位には,この区別は致しません.
  化合物も塩化物イオンもどちらも同じ溶液の中にあるのですから.

式量は,g-Cl/mol-Cl,g-化/mol-化
ですが,後々,質量は,mg 単位で計算することを考えて,式量の単位は,
  mg-Cl/mmol-Cl,mg-化/mmol-化
としておきましょう.

そして,「化合物 1 mol から得られる塩化物イオンの物質量」も,mmol 単位で記しましょう.
  mmol-Cl/mmol-化
となります.

すると,☆をつけた式の左辺の[化合物の質量濃度]は,いうまでもなく,
  mg-化/mL

右辺については,
  [mg-Cl/mL]/[mg-Cl/mmol-Cl] /[mmol-Cl/mmol-化] x [mg-化/mmol-化]

この分子は,mg-Cl x mmol-Cl x mmol-化 x mg-化
また分母は,mL x mg-Cl x mmol-Cl x mol-化
ですから,いろいろと,消えていって・・・
   mg-化/mL

右辺の単位が左辺と一致しました!
どうやら,計算は間違っていないようですね.


計算するときの留意点は・・・
・数値をいれるのは最後.
 式を立てて変形していく最中は,その物理量の名前(あるいは文字変数)で書いていく.
   それによって,式の変形の確認がしやすくなります.
   パソコンだったら,copy and paste でスイスイですね.

・式の変形が終わったら,単位を入れてみて,式の変形が間違っていないかチェック.
   特に,化学の場合,
     「どの物質についての量か?」
   を明記すると,間違いを避けやすくなります.
   実際,私自身,今回の計算で,
     化合物 1 mol から生成する Cl の物質量
   を掛けていました.お恥ずかしい.あわてて,訂正.

長くなりましたが,いかがでしょうか

先ほどの homma-mon です.
# 池畑千鶴大好きです.


展開した式の検算をしておきましょう.
  分母と分子,どっちにすればいいんだったけ?
  掛け算,割り算,どちらが正しい?
と迷うことは,よくあります.そのとき,簡単な検算方法があります.

まず,単位の書き方に気をつけます.
「どの物質の量なのか」を明記するのです.

以下,塩化物イオン,化合物の順に書きます.

質量濃度は,mg-Cl/mL, mg-化/mL
モル濃度は,mmol-Cl/mL,mmol-化/mL
 # 容積の単位には,この区別は致しません.
 ...続きを読む

Q塩化物イオンと鉄の錆び

食塩の濃度が3%以下なら鉄は錆びやすい
3%以上なら鉄は錆びにくいと聞きました。
3%以上のときは塩化物イオンが水に溶けて水溶液中に酸素が存在しにくくなるので鉄が酸化しにくくなるとあったのですが、なんで酸素が存在しにくくなるのですか?

また、食塩の濃度=塩化物イオンの濃度が3%以上または以下のとき、と考えてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。

> 酸素が水に溶けにくくなるってことは
> 錆びにくくなる≠腐食が止まるなので
> 鉄の電子は溶け出され続けるってことですよね?

「腐食が止まる=鉄の電子の放出が止まる」になります。
少し混乱しているかもしれませんので(ただの書き間違いでしたらすみません)、下に
整理してみます。

・鉄は、空気中で徐々に酸化しますが、条件によっては酸化物が皮膜となることで、
 それ以上の酸化(≒腐食)が防がれる場合があります。
・鉄は、水素よりもイオン化傾向が大きいので、乾燥した空気中よりも、水が共存する
 場合の方が酸化しやすくなります。
 このときも、酸化皮膜ができることで、それ以上の酸化を防ぐ場合があります。
・酸素は酸化力があるため、これが溶けた水中の鉄は、より酸化されやすくなります。
・塩化物イオンは、鉄の酸化皮膜を溶かす(水に不溶性の酸化物を、水溶性の塩化物に
 変える)働きを持つので酸化皮膜をできにくくするので、鉄を腐食しやすくします。
 (ここで塩化物イオンが溶かすのは、あくまで「(酸化された(=電子を奪われた)後の)
  酸化鉄としての鉄イオン」で、金属鉄ではないことに注意)
・一方で、塩化物イオンが存在すると、酸素分子は水に溶けにくくなるので、塩化物
 イオンがある濃度を超えると、それより薄い場合に比べて鉄は腐食しにくくなります。

これらのことから、「水・酸素・塩化物イオン」が共存できる「3%よりも薄い濃度の
食塩水中」で鉄は最もさびやすくなりますが、「飽和食塩水」に沈めた場合も、
全くさびない(或いは空気中よりもさびにくくなる)わけではありません。
(なお、「沈める」のではなく、皿のような薄い容器に、鉄が空気に触れるかどうかぐらい
 の量の食塩水を入れた場合は、たとえ液が飽和状態でも鉄と酸素が接触できるので、
 非常にさびやすくなります)

No.2です。

> 酸素が水に溶けにくくなるってことは
> 錆びにくくなる≠腐食が止まるなので
> 鉄の電子は溶け出され続けるってことですよね?

「腐食が止まる=鉄の電子の放出が止まる」になります。
少し混乱しているかもしれませんので(ただの書き間違いでしたらすみません)、下に
整理してみます。

・鉄は、空気中で徐々に酸化しますが、条件によっては酸化物が皮膜となることで、
 それ以上の酸化(≒腐食)が防がれる場合があります。
・鉄は、水素よりもイオン化傾向が大きいので、乾燥した空気...続きを読む

Q電圧増幅度の出し方

入力電圧と出力電圧があってそこからどうやって電圧増幅度を求めるんですか?
電圧増幅度を出す式を教えてください

Aベストアンサー

増幅回路内の各段のゲイン、カットオフを求めて、トータルゲイン及びF特、位相
を計算するという難しい増幅回路の設計にはあたりませんので、きわめて単純に
考えればいいですよ。

電圧利得(A)=出力電圧/入力電圧

となります。

これをデシベル(dB)で表すと

G=20LogA(常用対数)

で計算できます。

ご参考に。

Q検量線のブランクについて

実験で検量線を書くときに、「試薬ブランク」と「試料ブランク」を作りますよね。簡単にどちらも「ブランク」と呼んでしまうのですが、それぞれを区別して呼ぶときに、論文など専門的にはどのように呼ぶのでしょうか?また英語では何と呼ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

この実験でどのような機器を使用しているのか分かりませんが、試薬ブランクと試料ブランクが同じになるようにしたほうがよいと思います、この二つがちがうということは試料中のマトリクスが検出器に影響を与えているということですね、ということは、目的のサンプルによって検量線が異なり、サンプルの種類、産地などでも変わってくる可能性があるということですから、私は、通常分析するときに使用する試薬のみを添加して検出器に与える影響を試薬ブランクといいますし、添加回収試験を実施する時、マトリクスの影響を排除できない可能性がある場合、スタンダードを添加した試料と添加しない試料を比較して回収率を算出する場合試料ブランクを使います、どちらもブランクと呼びますが、使用の目的は異なります。英語はスタンダードブランク、サンプルブランクだと思いますが。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。


人気Q&Aランキング