歯医者の通院回数が多すぎることについて。

昨年の12月から現在まで虫歯治療(奥歯一本)で同じ歯医者に通っています。
もう8ヶ月も通っていること、また現在まで通算して13回も一本の虫歯のために通わされていることが点数稼ぎ?のように感じてしまいます。

私が女子大生ということで、舐められているのでしょうか?
先生(女性)は、私が席に着くなりすぐに治療を始めて、今日はどんな治療をするのかなどの説明を全くしてくれません。
先生に嫌われているような気もします。
それに現在やっと最終段階に入ったようですが、何故か歯の型取りを2回連続でやられました。

文句を言いたいのですが、医療に関する知識も無く、あまり物言い出来ずにモヤモヤしています。。
重い虫歯だったのでしょうが(神経を取られました)13回以上の通院、通算2万円を超える治療費などこれはおかしいのでは?と思うようになりました。
皆様の意見をお聞きしたいです。
よろしくお願い致します。

A 回答 (12件中1~10件)

お口の中を拝見していないので参考ていどにしてください。


歯科医ではありませんので、
また、治療の内容が判りませんので、一般論で回答します。
(マジレスなので長くなります)


歯科には様々な処置があり、中には通院回数が多くなるものや
期間が長くなるものがあります。
例えば、抜歯やインプラントの処置後の治癒待ちや、
歯周病の経過観察などでは長期の経過をたどります。
今回は、歯の根の中が汚染されているものをきれいにする
感染根管処置(神経を取る抜髄は後述)で回答しますが、
これも長期でかつ回数が多くなることがあります。
この点では問題ないと言えます。

問題は治療間隔です。
8か月で13回なら、治療間隔は2週間に一度程度でしょうか。
これでは貼薬しても意味がありません。
例えば、内服のジスロマックは7日間有効とされています。
3MIX-MPは調合した軟膏は原則として当日しか使えません。
もし、絆創膏を2週間もそのままにしていたら、
浸出液で残念なことになるはずです。
余程良好な経過をたどらないと回数が増えるだけで、
治療の効果か自然治癒か判りません。

今回は神経を取られたということなので、
抜髄という処置になります。
抜髄でも、むし歯で細菌感染がひどい場合などで
感染根管と同様の経過をたどることがありますが、
通常は数回で薬を詰めます。
ある地方では、抜髄で5回以上貼薬すると査定されるそうですが、
実際には側枝といわれる機械的清掃ができないところや
貼薬の際の薬の刺激などで長期の経過をたどることもあり、
一概に言えませんが、抜髄で10回は多い方だと思います。
もっとも2週間に一度の通院では、
感染根管化するのもあたりまえかもしれません。

これらは、本来は担当医が説明するべきことです。
歯科医の中にはほとんど説明しない方もおられますが、
もし、最初のころに管理料で100点の算定があるなら
歯科医のお仕事です。
仮に算定が無くても、療養担当規則には説明をすることを
規則化しています。
もし、納得がいかない処置ならば、遠慮せずに聞きましょう。
答えないとか、衛生士に答えさせるのはダメな歯科医です。

余談ですが、3MIX-MP法は日本歯科保存学会からも
 「3Mix-MP法を保存領域の治療に用いた場合の安全性と
  有効性に関する高いレベルの科学的根拠が示されていない」
 「現状では 3Mix-MP法を保存領域の治療技術として
  容認することは難しい」
http://www.hozon.or.jp/member/statement/file/3mi …
(日本歯科保存学会 2009.3.31) 
といわれるくらいの治療法です。
効果の有無は一概に言えませんが、確実に自費治療なので
それ以後は自費治療になり、高額請求されます。
(保険診療で行うと混合診療で違法です)
お受けになる場合はよく検討してください。
(個人的に、あまり予後が良くないのでお勧めしません)

それと、マナー違反ですが大臼歯(3根管以上)の貼薬は
46点(460円)ですが、感染根管処置は432点(4320円)。
歯の根の中を拡大する(根管拡大)はこちらで算定します。
(何十年も前は根管拡大を別途算定していたそうです)
総額2万円なら、13回の通院で一回あたり1500円。
根貼は保険診療で3割負担なら140円です。
初再診や感染根管処置、根充、コア形成、支台築造でも
総額2万円はすこしお高いかと思いますので、
自費診療か、他の保険の処置を行っているかと思われます。
一度、担当医に説明してもらうことをお勧めします。

ちなみに、いまのところ印象(型どり)まで進んでいるなら、
もし転院しても未来院請求できるので歯科医院は困りません。

おだいじになさってください。
    • good
    • 1

↓抜歯して差し歯を作ってるんじゃないの?

    • good
    • 0

よほど酷い虫歯だったんじゃないですか。


酷いと治療も長引くしお金もかかるって事です。
    • good
    • 0

普通でしょう。

むしろ少ない方だと・・・・・・・ ほとんどの人が勘違いされているようです。おそらく神経はすでに無い・あってもかなり進んでしまった状態だったのでしょう。
専門的には「感染根管処置」と呼びますが、簡単な物でも7~8回は通院しないと どうにもならないでしょう。神経を取ったと記述されていますが、その場合はかなり早く治療が進むのが普通です。しかし 単純にそうだとは言い切れず、神経が残っていても根の先端部にまで感染が及んでいると 腐った神経や感染した歯の内部組織を徹底して削っていきますが、この課程がとても長いのです。特に奥歯の場合は 根が2~3本有りますので 前歯の場合よりもはるかに大変です。感染根管処置の場合 神経が腐って細菌による感染が周囲の骨にまで波及しています。単なる虫歯の治療ではありません。周囲の骨・特に内部に広がった感染を治療する事なんです。神経を取って ハイ、終わりとは行きません。長い場合は2~3年続くことも 決して珍しい事では無いのです。さらに 難治性歯根膜炎にまでリンナすると、通常の治療では改善されず、先制鎮痛法・ステロイドによる疼痛管理・3Mix等の抗菌剤の応用・レーザー高周波治療・ニューロパーシー性疼痛に対する心療内科的アプローチ・マイクロスコープによる根管治療・・・・等々、大学病院や根管治療の専門家を紹介する場合すらあるんです。
まぁ、13回を長いという人は あっさりと抜いてしまう選択をしがちなんです・・・・・どんなに時間や回数を費やしても 徹底的に治療する。それが最近の歯科医療です。一昔前なら とっとと抜いて・・・・最近でも抜いてインプラントと言うのが 最も儲かるんですがねぇ~(ーー;)
ちなみに この針で削っていく治療って 幾らになると思いますか?準備や消毒 その他まとめて、460円・・・・・人件費や材料薬剤を考えれば再診料を入れても赤字です。1時間かけても金額は変わりません。やればやるほど損をするのがこの治療。アメリカでは1回5万円以上です。だからアメリカでは3時間以上治療して ほんの数回で終わりにしますが、1本当たりで20~30万円ですね。
日本では この治療をやりたがる歯科医師はかなり少ないと言えます。13回で2万円ですか・・・・・まぁ、それを安いと取るか高いと取るか。良く歯科医師の間で言われるギャグは、この治療をするならば コンビニでバイトした方がマシ・・・・・と言うわけで あなたが通っている歯医者さんは、我々歯科医師から見ると 13回分物損失を出しながらも納得できるまで徹底した治療をしている なんて良心的な・・・・となります。 

まっ 考え方なんですがねぇ~ 1~2回で終わる治療と13回の治療と・・・・・どちらが良いかというと13回の方を私なら・プロなら選択するでしょう。前歯で簡単な場合でも 最低数回は治療して欲しいですねぇ~その方が良い治療である事を知ってますし。

話しは変わりますが、説明が無いのはちょっと問題でしょう。どんどんと質問してみてはいかがでしょうか?なぜ型採りを2回するのかとか、そういう疑問を言ってくれると歯科医師としてもうれしいもんです。説明好きな歯科医師ならば 喜んで説明してくれます。型は2回採るんです。おそらくは メタル・コアと呼ばれる金属製の歯の土台を作ってから(金属では無い場合もあり) さらにそれを型採りして 金属の被せ物を作る事に・・・・・まっ スピード優先ならば 金属の土台をわざわざ作らないで 1度の型採りで作る事もできますが・・・・先ほどと同じように どちらか丁寧で正しい治療なのか もう解説する必要は無いと思います。ここまでは他の人も回答されているようですが、実は別の場合もあり得ます。前歯の場合でしたら 仮歯を作るための型採りになります。奥歯でも仮歯を作る事もありますから、同じ型採りを2回する場合もありますねぇ~。コアにしても仮歯にしても 本来は無くても良い物です。ただ それを手抜きせずにきちんと作っている。当然 治療回数は増えますが・・・・・あなた自身の選択肢の問題になります。その辺を含めて、治療回数を少なくして欲しい等を歯科医師に言って下さい。あなたの希望は どんどん言わないと。
    • good
    • 0

歯根治療としても 長過ぎるみたいなぷん・・

    • good
    • 0

それは酷いですねぷん・・


神経を抜いても そこまでは掛からないでしょうぷん
1回目 レントゲン 歯石取り もしや歯磨き指導とかも??
2回目 削る 薬塗り
3回目 型取り
4回目 付けて完了ぷんぶは

早ければ3回かもなぷん
    • good
    • 0

普通虫歯が痛んで飛び込むと、先ずレントゲン、状況で腕の良いDr.なら直ぐに治療に掛かります、


箇所へ麻酔をして、
痛みが出てるにもかかわらず能書きを垂れる医者は素人です、
麻酔を射つ際も患者に痛みを与えないのが良い医者です、
針を挿すにも歯茎に十分な鈍麻剤を塗布して刺さった事も解りません、

この後に歯の研削と神経のバッキョです、穴を開けた箇所を一時的に詰めて一回目は終了です、
数日で再診、箇所の消毒と掃除、これが症状で多くて2回、
次は、穴を開けた部分を整形するために「コア」と言う金属部分を造るかたどり、
1週間程度でそれの装填と整形、その後で全体に被せる所謂銀歯を造るかたどり、
又1週間程度で、銀歯の装填と調整、

これで終わりです、
普通期間は3週間プラスくらい、料金は全て保険利用なら2万円までお釣りが来ます、

何をやらかそうと8ヶ月も掛かる事はありません、13回の回数も、

そこのDr.悪意が無くて時間が掛かってるなら本物のど素人です、

尚、質問者に医学的な知識が十分でなければDr.の説明はかえってこんがらがりを生みかねませんよ、
医学用語はそれなりに難しいんです。
    • good
    • 0

そんなにかかるのは異常です。


金儲けとしか思えません。
    • good
    • 0

虫歯1本で、13回で8ヶ月というのはあまりにも多いですね。


多分仰っているように、点数稼ぎということかも知れません。
ここは違う歯医者に行って、治療がてらその話をしてみたらどうですか?
いわゆるセカンド・オピニオンです。
どの医者にかかるかは患者の自由ですから、そうしてみたらどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
昔通っていた歯医者さんにセカンドオピニオンしてみようかと思ったのですが、型取りを済ませている段階まで来たので今更と思って後悔しています。。
最近まで就活をしていてお金が無いのに本当にモヤモヤしています。。

お礼日時:2017/08/07 23:49

相当、「重症」だったのでしょうネ。


お大事に。
    • good
    • 0
  • 歯の形成・萌出の異常<歯と歯肉の病気>の症状や原因・診断と治療方法

     本来、歯の数は生まれながらにして決まっていますが、歯を形作る原基(歯胚(しはい))の数が何らかの原因で多い場合には過剰歯(かじょうし)、逆に少ない場合には欠如歯(けつじょし)が生じます。  また、歯は正常に形成されても、骨のなかにとどまって口のなかに生えてくることができない場合があり、これを埋伏歯(まいふくし)と呼びます。以下、それぞれについて解説します。 続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング