電気集塵装置についてわかることがあったら、なんでもいいので教えてください。できれば、ほかの集塵装置との違いなども、教えてもらえるとありがたいです。

A 回答 (2件)

電気集塵器の原理だけ



待機中の粉塵の多くはマイナスに帯電しています。電気集塵器は.この電荷を抜き取ります。その結果.マイナス電荷を多く持つ粒子とマイナス電荷が少なくなった(なくなったので見かけ上プラスの電荷となる)が存在することになります。二種類の電荷を持つ粒子が静電引力の原理でくっつきます。その結果大きな粒子になります。この大きな粒子を電気集塵器以外の集塵機の方法で除去します。

つまり電気集塵器と他の集塵機の互いは.埃に対してマイナス電荷を抜き取るような機械がついているかいないかだけのちがいです。特性としては.1ミクロン以下の粒子を除きうる集塵機は.電気集塵器ぐらいで.他の集塵機ではこの特性は出せません。
    • good
    • 0

電気集塵装置のメリット・デメリット。



・電気集塵装置の方が運転時の音が静か。
・電気集塵装置は風を起こさないのでほこりが舞いにくい。

・電気集塵装置は風を起こさないのでカバーできる範囲が狭い。
・電気集塵装置本体から放射状に床や壁にほこりがたまっていく。
・空気清浄機としてみたとき、臭いや有害物質の除去能力、殺菌の能力が他のものより劣っている。

といったところでしょうか。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油圧装置で発電できますか?床に油圧装置を施して人が歩くたびに少しずつエ

油圧装置で発電できますか?床に油圧装置を施して人が歩くたびに少しずつエネルギーを溜めそれを発電に利用する案を得ました。

Aベストアンサー

電動モータで油圧ポンプを働かせるのが一般的ですが
当然逆も真なりで、油圧モーターで発電機を回せばいいのです。
ただ、せこいことはやめておいたほうがいいような。
神が作った人類(哺乳類でも、その他の生物でもいいのですが、)の熱効率は半端ではないです。
そこまでの効率を使って歩いているのに
そのエネルギーの大半を搾取するアイデアはまず人道に反しています。
献金、献身は1割が限度です。ヘレンケラーは資産があったのです。
地球を救ったドラゴンボールの孫悟空の、
元気玉のようなわけにはいきません。
効率が極めて良い油圧装置みたいなものを考案されるほうが
先決のような気もします。
(せっかくのアイデアに水を差してごめんなさい。
ここまで考えられるのだからもう一歩です。
期待させていただきます。
現在のLEDなんて、エジソンの日本の竹、
その前の放電による発光から考えれば、
とんでもない進化です。)

Q日本で製作した装置(ファンで静圧をかける装置)を中国に輸出したところ必要な静圧が得られません

インバータで0.75kWのシロッコファンを駆動する装置を日本で製作し、試運転の後に中国へ輸出したところ必要な静圧が得られませんでした。中国の動力電源は380Vを220V(50Hz)に落として使用しています。インバータの出力端子をテスターで当たると、日本では線間で120V、対地で120Vであったのに対し、中国では線間で80V、対地で160Vとなりました。何か考えられる原因はないでしょうか? 小生、電気にはあまり詳しくありませんので、ご教授ください。

Aベストアンサー

インバータ機能の設定内容や出力周波数の調整方法や変圧器容量などに
問題があるような気がします。
現状の詳細を調べる必要があると思いますが、国内のインバータメーカ
の大半が中国に進出しており、サービス拠点もありますので、使用して
いるインバータのサービス拠点等に直接連絡して、現地での電源状態や
インバータの設定内容を調査し、対応してもらうと良いと思います。

Q電気自動車の電気を家の電気として使える???

電気自動車のバッテリーの電気を家の電気の電源に使えないか?と考えたのですが…

前提:ソーラーパネルをつけたので現在の電気料金TYPEは「エコノミーナイト【時間帯別電灯】」(中国電力)です
1.帰宅後車のバッテリーで「夜間電力」まで自宅の電気を賄う
2.「夜間電力」の時間になったら自宅への給電Stop、車への充電Start

某M自動車に問い合わせたら
充電装置と配電装置が別々に発売されていますがこれを一つにした装置はまだ出来ていないそうです
それに、配電装置はそこまでダイナミックでなく基本、ドライブ行って「お茶沸かす」レベルのようです

どなたか、上記SYSTEMに対応できる装置について御存じの方おられたら連絡ください

Aベストアンサー

すでにありますよ。

リーフtohomeというものです。
http://ev.nissan.co.jp/LEAFTOHOME/

Q過負荷保護装置と短絡保護専用遮断器を組み合わせた装置とは

内線規定を読んでいて
1360-4
「過負荷保護装置と短絡保護専用遮断器又は短絡保護専用ヒューズとを組み合わせた装置」
とは具体的にどの様な装置なのでしょうか?
モータ保護兼用サーキットブレーカなどの
事かなと思ったのですが、違う様なので
御存知の方いましたら教えて頂けませんでしょうか。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

多分、サーキット プロテクターと称される製品ではないかと思いますよ。

ネットで検索すれば、色々なタイプがあります。

Q集塵機の風量制御について

既設集塵機のインバーターを利用して安価な方法での風量制御を考えています。
現在、集塵機には静圧測定器は無く、インバーターの出力は100%(60Hz)で吸気側配管にハンディタイプの風速計を差し込んで風量を手計算してダンパーを調整しています。(1年に1度)
これを自動化し、ついでに集塵フィルターの目詰まりによる風量ダウンも解消したいとの客先要望がありました。

これをインバーター二次側にCTを付け運転電流を計り、横河製調節計でPID制御して調節計出力をインバーターの周波数入力に接続して運転したいのですが、うまくいくでしょうか?
インバーターの出力変動に対する電流値の変化がわからず不安です。
集塵機は24時間運転で通常は風量を変えられないので電流値の変化が確認できません。

・既設集塵機仕様
  A社製/3.7kw-200V インバーター駆動 
     風量0~14m3/min 制圧-13.8~1.97kPa
     吸気ダクト100A、排気ダクト150A

・制御ループ案
  インバーター2次側CT(AC0-5V) → CT変換器(DC1-5V) → 指示調節計(横河製:UT321)(DC4-20mA) → インバーター周波数設定入力

なお、インバーターは4~20mA入力可能でパラメーター変更すれば外部設定入力可能です。

以上、よろしくお願い致します。

既設集塵機のインバーターを利用して安価な方法での風量制御を考えています。
現在、集塵機には静圧測定器は無く、インバーターの出力は100%(60Hz)で吸気側配管にハンディタイプの風速計を差し込んで風量を手計算してダンパーを調整しています。(1年に1度)
これを自動化し、ついでに集塵フィルターの目詰まりによる風量ダウンも解消したいとの客先要望がありました。

これをインバーター二次側にCTを付け運転電流を計り、横河製調節計でPID制御して調節計出力をインバーターの周波数入力に接続して運転...続きを読む

Aベストアンサー

制御は難しいと思います。
例えば 風量10m3/minに一定制御をしたい、フィルターを取り替えた直後はインバーターが70%であったと仮定、詰まってくると電流が減少する為に自動制御し、回転数が上昇し、電流を維持する、この時風量10m3/minに出来るでしょうか、電流の上昇分には回転数の上昇による排風機のロスが増え分と風量を元へ戻そうとする分があり、10m3/minに達しない可能性があります。
極端に説明すると、排風機の油切れで回転が重たくなり、電流が増加し、風量が増えていないのに、増えたと勘違いしますね。
客先要望とあり、駄目でしたでは信用失墜です。

何らかの方法で電流でなく、風量を反映する方法が必要です。排気の風の力を検出(風板でも良い)して風の量を一定にするなど
但し 現在は1年に1回の手動調整でOKで有るが、自動化は費用がかかりますね、3.7kw程度で投資回収は可能でしょうか


 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報