プラトンの「イデア」について教えて下さい

A 回答 (2件)

たとえば綺麗なお姉さんがいたとします(笑)。


何も知らない人から見ればそのお姉さんはただ綺麗なだけですが、実は心にドス黒いモノを持っているかもしれない。
また、気のおけない家族や友人は、そのお姉さんが抱えている内面的な問題や葛藤をいろいろ知ってたりもするでしょう。
さらに、審美観が異なる人から見れば、「あんなのどこが綺麗なのかわからない」となるかもしれません。
つまり実世界の具体的事物は、見方を変えれば(お互いに矛盾する)色々な姿を持っているわけです(多姿性という)。
それに対しイデアは、そういう感覚事物のある特定の属性を取り出し、普遍化したものです(単姿性という)。
たとえば「綺麗」とか「優しい」とか「好き」とかいう抽象概念ですね。
これはある単一の、矛盾しない属性しか持たない観念的な存在です。
たとえば「美」という概念がじつは心にドス黒いモノを持っていたり(笑)、人目を盗んで鼻毛を抜いてたりする、ということはあり得ません。
このように、プラトンは私たちが実際に目で触れる事物の裏側には、普遍的で抽象的な純粋概念があるのではないか、と考えました。
それがイデアです。
    • good
    • 1
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報