カスパースの「包越者」について教えてください。

A 回答 (1件)

カスパース? ヤスパースではなくて?



ヤスパースの包越者なら、ようするに私たちが「こうあることができる」世界、「こうなることができる」存在、のことですが…。

それともカスパースという人が別にいるのでしょうか? 補足お願いします。

#しばらく前に公開していた映画「ペイ・フォワード―可能の王国―」は、まさに包越的存在ってこういうモノ、というような内容でした。

この回答への補足

質問に答えていただきどうもありがとうございました。ご指摘のとおりヤスパースの間違いです。もう少し詳しくヤスパースについて知りたいです。よろしくお願いします。

補足日時:2001/07/04 01:42
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QChloe★バッグで5万以下のライン??

Chloeのバッグで5万以下のものってありますよね??
でも、Chloeのショップでは見かけたことがありません。
百貨店等のバッグコーナーに置いてあるのしか見かけないのですが、
これはどういった理由なのでしょうか??
もしや私が言っているのはChloeではないのでしょうか???

詳しい方、よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

百貨店のバッグ売り場や小物売り場で販売されてるクロエは
ライセンス契約をしている会社が製造、販売している物です。
だから違法な偽者ではありませんし
クロエの商品と言って間違えないです。
ただ、ライセンス商品なので
クロエのショップの商品とは異なってますし
価格も手ごろだと思います。

たとえばセリーヌの傘やハンカチが
百貨店でたくさん売られてますよね?
でもセリーヌのショップには同じものは売られてませんよね。
ショップで売ってる商品はセリーヌのもので
百貨店の売り場の物はライセンス商品です。
結構高級ブランドのライセンスの商品ってありますよ。
参考程度になれば嬉しいです。

Q皆様は「人形として生きる者」と「苦悩して生きる者」とでは、どちらを選択して生きていきますか?

皆様は「人形として生きる者」と「苦悩して生きる者」とでは、どちらを選択して生きていきますか?

Aベストアンサー

「人形として生きる者」とは、他人に所有され他人の意思で他人の思うように生きる、「苦悩して生きる者」とは、自分の意思で自分の思うように自分で険しい道を切り開きながら生きて行く事だと解釈します。

人形の持ち主にもよりますが、どちらか選べと言われたら、「人形として生きる者」を選ぶかもしれません。
20代で人生の半分も生ききっていない若輩ですが、これまでの道がかなり険しかったもので、これからは楽に生きたいです。
例え誰かに所有されるとしても、穏やかで安定した気持ちで生活を送れるのなら、将来は人形も良いかもしれません。

ですが、独身一人暮らし、今の自分は「苦悩して生きる者」に近いです。

Qchloe イタリア

イタリアでchloeを扱っているお店をご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて頂きたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

イタリア在住ですが、そういえば見たことがないと思ってオフィシャルサイトを調べてみました。

www.chloe.com

しかしイタリアに直営店はないようですね。
ロシアにもブラジルにもあるのに…。

でもネットを通して購入が可能なようなので、
よろしければこちらをご覧ください。

http://www.net-a-porter.com/cgi-bin/NETAPORTER.storefront/EN/searchmask?story=1653

Q「心」「意識」「精神」の類似点、差異点を教えてください。

ご存知の方、宜しくお願いします。

「心」「意識」「精神」の類似点、差異点を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
「意識」とは「状態」
「心」とは「構造」
「精神」とは「心の構造によって形作られるもの」
ということになると思います。

この三つの共通点といいますと、それはこれらが全て「神経系の働き」を指すものだということですね。この内、「意識」といいますのは神経系、厳密には大脳皮質での情報処理過程で発生する「現象」であり、他の二つとはその定義が全く異なります。それは「有意識」という「特定の状態」を指すものであり、これによってどのような情報や結果が扱われるかということは一切の関係がありません。大脳皮質の意識に上る対象がなければそれは発生しませんし、大脳皮質を介さない情報処理や、自覚の成されない結果選択は「無意識行動」と分類されることになります。
このように「意識」といいますのは「状態」です。そして、これは神経系の情報処理過程やその結果を示すものではありませんので、他の二つとは全くの別物です。

では、「心」と「精神」の違いとは何かということになるわけですが、「精神」といいますのは元々心理現象や生理構造を科学的に分類したものではありませんので、その定義は極めてあいまいです。これに対しまして近年では、長い間謎とされていた我々の「心の構造」に就いてたいへん多くのことが解明されるようになりましたので、この辺りはもはや哲学の力を借りる必要がそれ程ありません。
心理現象とは「知覚入力―結果出力」という神経系の情報処理によって発生するものです。そして、我々の脳内では知覚入力に対して価値判断を下し、結果を出力するための中枢系が以下のように三系統に分かれています。
「生命中枢:無条件反射(本能行動)」
「大脳辺縁系:情動反応(情動行動)」
「大脳皮質:認知・思考(理性行動)」
この内、本能行動を司る「生命中枢の無条件反射」といいますのは、それは遺伝子にプログラムされた全人類に共通の反応規準であり、幾ら学習体験を積み重ねてもこれが変更されるということは生涯に渡って絶対にありません。ですから、如何なる場合であろうとも結果は予め定められているわけですから、これを「心の動き」とすることはできません。
これに対しまして、与えられた状況に応じて我々の脳内に様々な「心の動き」を発生させているのは「大脳辺縁系の情動反応」であります。大脳辺縁系には身体内外のあらゆる知覚情報が入力されており、ここではそれに対する「利益・不利益の価値判断」が行われることによって「情動反応」が発生します。この知覚入力に対する価値判断を行うための反応規準を「情動記憶」といい、これは生後体験に基づいて大脳辺縁系に獲得された「学習記憶」です。大脳辺縁系では何の入力に対してどのような反応を発生させたのかという結果が随時記録されますので、それは我々の「価値観」として成長してゆくことになります。そして、この価値観によって形作られるものが、そのひとに宿った「精神」です。

通常、我々が「学習記憶」と呼んでいるのは大脳辺縁系の情動記憶ではありませんよね。それは大脳辺縁系の「YES・NO」のように単純な結果ではなく、何時何処で何をしたといった具体的なものであり、個人の思い出から数学計算の技術、成功・失敗の結果からその社会の法律・道徳に至るまで、生後の実体験や教育によって大脳皮質に獲得されたありとあらゆる情報であります。大脳皮質はこの記憶情報を駆使し、知覚情報からは得ることのできない「未来の結果」を予測します。従いまして、大脳皮質の司る理性行動といいますのは、その全てが未来予測による「計画行動」であり、原因と結果の自覚された「意識行動」ということになります。
ところが、大脳皮質の導き出した結果が如何に高度で理性的であろうとも、実際に心が動かなければそれが実行に移されることはありません。つまり、大脳皮質の役割とは未来の結果を予測してより価値の高い計画行動を立案することであり、それに対して最終的な決定を行うのは「心の動き」を司る大脳辺縁系であります。ですから、大脳辺縁系に何の情動反応も発生しなければ、我々は一切の行動を選択することができません。
「ここは理性的な行動を執るべきだ」、与えられた状況に対して大脳皮質が判断を下し、それに対して大脳辺縁系が「賛成・YES」と反応することによって、それは初めて実行に移されます。

上記の中枢・三系統における機能分類を「脳の三位一体説」といい、現在では我々の「心の構造」というものがここまで判明しています。
ならばこれに基づき、
「大脳辺縁系の情動反応=心」
「大脳皮質の理性行動=精神」
とできるならば、生理学的にも解剖学的にもたいへん明解なのですが、基本的に「精神の定義」というのが元々あいまいであるため、これでは一般に扱われている概念とはどうしても一致しません。
このため、
「心とは構造」
「精神とはその構造によって形作られるもの」
ということになります。
我々の「心の動き」といいますのは、喜怒哀楽などの直接的な情動表出から高度に論理的な意思決定まで、その全てが大脳辺縁系の情動反応を中核として行われています。これが「心の構造」です。そして、大脳辺縁系にどのような価値観が獲得され、大脳皮質にどれだけの知識を持っているかによってその結果が異なります。従いまして、「道徳な精神」や「ひとを愛する気持ち」あるいは「目的に対する不屈の精神」などといったものは、みなそのひとの「心の構造」によって形作られているということになります。
また、価値判断を行う中枢系も、そのときの覚醒状態によっては反応の結果が異なります。ですから、精神といいますのはあれやこれやと極めて広範囲な概念ではありますが、これまでのような解釈を行うならば、このようなものを「精神状態」と呼ぶこともまた可能となります。

こんにちは。
「意識」とは「状態」
「心」とは「構造」
「精神」とは「心の構造によって形作られるもの」
ということになると思います。

この三つの共通点といいますと、それはこれらが全て「神経系の働き」を指すものだということですね。この内、「意識」といいますのは神経系、厳密には大脳皮質での情報処理過程で発生する「現象」であり、他の二つとはその定義が全く異なります。それは「有意識」という「特定の状態」を指すものであり、これによってどのような情報や結果が扱われるかということは一...続きを読む

Q「chloe」と「miu miu」

東京都内で「chloe」と「miu miu」の
品揃えが一番多いお店ってどこでしょうか?
特にバックの品揃えが豊富な店舗を教えてください!
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

表参道の路面店はいかがですか?
どちらも近所なので周りやすいかと…
 

Q「聞く」「考える」「カンガエル」「考える」「発話」

言葉を通して考える事について。

「聞く」
誰かの発話を空気の振動を経由し聴覚神経を経て
(あるいは何かの本を読んで)
「考える」
発話された意味を言葉に翻訳して理解する、
「カンガエル」
発話による刺激と、脳の中の記憶により、信号に変換
01.01.01.・・・又は、同じ、違う、同じ、違う・・・
この繰り返しの結果
「考える」
脳の中の信号の結果を、言葉に再度翻訳して、
「発話」
『言語のない世界に生きた男』の話は本当ですか?

大変大雑把な図式ですが、
質問は、「カンガエル」と言う部分が、
カントの言葉を借りれば「物自体」にあたり、
感性的な理解は不可能であり、結果として、
思考に言語が必要かどうかを問う事は、断念せざるを得ない。

皆さん、どう思われますか。

Aベストアンサー

関係ない話ですみません。
だって意味がよくわからないものですから。(;;)

でも犬を飼っていると、このあたりの事情がなんとなくわかります。
ノンバーバルコミュニケーションというか、動物との意思疎通というのは
なんとなくありそうな気がします。

犬は考えていないかというと、結構考えているのです。
行動を選択しその結果を喜んだり、落胆したりします。

主人の行動を観察して、「散歩かな?散歩に連れていってくれるかな?」
と目をきょろきょろ、おちつかないそぶりを見せます。
台所でカンッという、皿のふれあう音がすれば「条件反射」で駆け寄って
餌を催促するように吠え続けます。

この条件反射なるものが、実は「カンガエル」の原型であるかのように
思うのです。
記号論的に言えば、意味作用とでもいうのでしょうか、
事象やモノに意味を付与する(意味を選択する)行為が、
「思考」の実体であると思えます。

次に記憶ということがあげられます。
学習といいかえてもいいです。
条件反射は記憶による学習ですが、そこに言語は介在しません。
嗅覚と音などがおりなす気配が、次のおこりうる事象を予感させる
から、犬は吠えたり、そわそわしたりします。

ただ、そこに、いわゆる人間の言語は介在しないのは間違いない
けど、犬は犬なりに一連の気配を、グーとがガルルとか◎$)(’&%$
とか名前はないにしろ感性的に識別してる可能性はあるかもしれない

しかし、一方でそういう行動を観察する人間が「ゴン太。ごはんよ」
とか「ポチ。散歩だよ」と「発話」することで、音を聞き取って、この
僥倖は「ごはん」という発話でもって確定するという学習をしている
という可能性があります。
おそらく、感性的な思考はあると思います。
記憶と密接にむすびついていて瞬間的に一定の結論を導きだします。
それが未来の記憶(デジャヴュや潜在意識)であったりするから
不思議で楽しいのでしょうね。

なんか的外れで恥ずかしいなぁ(^^;

関係ない話ですみません。
だって意味がよくわからないものですから。(;;)

でも犬を飼っていると、このあたりの事情がなんとなくわかります。
ノンバーバルコミュニケーションというか、動物との意思疎通というのは
なんとなくありそうな気がします。

犬は考えていないかというと、結構考えているのです。
行動を選択しその結果を喜んだり、落胆したりします。

主人の行動を観察して、「散歩かな?散歩に連れていってくれるかな?」
と目をきょろきょろ、おちつかないそぶりを見せます。
台所...続きを読む

Qmiss chloe(ミス クロエ)

miss chloeという婦人服のブランドがありましたが、どこの百貨店をしらべてもありません。 どこにいってしまったのでしょうか?ちなみに、クロエというお店はあるようですが、それとは違うのです。大阪でさがしています。
どなたがご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

別の方も回答されていますが、ファーストラインのクロエに対してカジュアルラインのmiss chloeは
以前はコロネット商会がライセンス生産していました。
ブランドのイメージコントロールを行う上でこのブランドはなくなり
今はsee by chloeがとって替わっています。
こちらはインポートになり、リシュモン・ジャパンが取り扱っています。
大阪ではうめだ阪急にショップがあります。

Qキリスト教者の「Coelius Secundus Curio」という人物を知っている方教えてください。

宗教関係の本で「Coelius Secundus Curio」という人物が出てきたのですが、どんな人か詳しく知っている方教えてください。調べたところ論文で「神の国の大いなる喜びについて」という題名の論文を書いたらしいのですが。それしか分りません。せめてこの人の日本語読みだけでも教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

コエリウス・セクンドゥス・クリオ(1503-1569)
中世人道主義「ルネサンス」の代表者。宗教改革家。教育理論家・弁論師。イタリア人。近世・近代宗教教育学の確立・新教派キリスト教教育学に大きな影響を与えた。トリノ(サン=キリコ)地方貴族の嫡子。1503年5月1日生まれ。ミラノで法学を修め、当時修道院・自発的信徒組織研究のエキスパートとして名をはせた。ベニスで教授として教鞭をとったが、異端者として逮捕経験があり、邪教流布の疑いで指名手配され、イタリアにいられなくなる。1542年、異端弾圧より逃れて、イタリアを脱出。その後、スイスに居を構える。バーゼル大学の弁論学教授・法学教員となり、その後、終身この大学に籍を置いた。スイス・ドイツでは、16世紀初頭より文芸が発達したが、ラテン語・ギリシャ語・ヘブライ語の専門家として中央ヨーロッパ文学の興隆に大いに貢献し、作風としては、独特のルネッサンスラテン語を広めた。女性史の中でも重要なキーパーソンであり、実の娘(当時バーゼル在住)にラテン語教育を施し、学問上実践的先駆者としても有名。
主な業績
古代原始キリスト教組織理解の先駆的研究者
主への服従を体現する組織=教会(kyriakon)にあい対する概念=集会(ekklesia)を信者の活動の場として紹介し、信者への原典教義浸透を図る。著書はヨーロッパ各地に大反響を呼び、理論的にもキリスト教教義改革の基礎を作った。

マルタ島戦争(1565)の分析も行い、在学高校生が描く「ホスピタル騎士団ってどんな人たちだった」のという疑問に答えるための資料「マルタ戦史」をも著した。

1569年11月23日死去。

コエリウス・セクンドゥス・クリオ(1503-1569)
中世人道主義「ルネサンス」の代表者。宗教改革家。教育理論家・弁論師。イタリア人。近世・近代宗教教育学の確立・新教派キリスト教教育学に大きな影響を与えた。トリノ(サン=キリコ)地方貴族の嫡子。1503年5月1日生まれ。ミラノで法学を修め、当時修道院・自発的信徒組織研究のエキスパートとして名をはせた。ベニスで教授として教鞭をとったが、異端者として逮捕経験があり、邪教流布の疑いで指名手配され、イタリアにいられなくなる。1542年、異端弾圧より逃れ...続きを読む

QChloeのファミリーセール

こんにちは。
昨年の7月頃にChloeのファミリーセールがあったと言うお話を聞きました。
もし行かれた方がいらしたら、教えていただきたくおもいます!
招待状はお店でいただけるのですか?
半年ほど前から気に入って割と頻繁にお店に行くのですが、
まだまだ好きになってから日が浅いため分からずにいます。
お暇な時に回答いただけると嬉しく思います。

Aベストアンサー

ファミリーセールは基本的に社員やその家族のために行うセールなので、
お店で招待状を頂けることは無いと思います。
しかし、社員やその家族でなくても入場できる方法があります。

詳しくは、以前私が回答した↓を参考にして下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1301315

Q「信念」と「理念」の違いについて教えてください。

「信念」と「理念」この二つの言葉は何が違うのでしょうか?
そして、個人的に指す言葉とはどちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

信念・・・自分が信じる・強く思う事や意志
     これは主観的な部分が多いので、その事が正しいかどうかは     問題ではありません
理念・・・一般的に正しいと思われているものや証明されているような
     裏打ちされた理屈が存在している事柄に基づく意志形態

個人的に差すのは「信念」のほうだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報