アンケートの内容:


●前置き(0):

(アンケート”簡易版”)か、(アンケート”長文版”)か、お好きな方をお選びください。

<<<こちらは、 『長文を嫌う人』とを切り分け、『コミュニケーション能力が
   優れている人』や、『長文の読解力のある人』、向けの、アンケート、枠です。>>>

======
======
●前置き(1):

皆様へ、アンケートです。

<<<皆様は、「発達障害」を誤解されていませんか?>>>


・・・・・

皆様が、偽善者(代理ミュンヒハウゼン症候群の方々)が、ねつ造した情報で洗脳され、
そのことを、全く気が付かず、誤解されている訳ですが、理由は、簡単です。


そもそも、日本の医療界(医師免許を与える国家試験)で、[代理ミュンヒハウゼン症候群]
の人材を、仕分けし、免許を与えていないからです。


では、公務員はどうか?
同様に、日本の公務員(公務員資格を与える国家試験)で、[代理ミュンヒハウゼン症候群]
の人材を、仕分けし、免許を与えていないからです。


<<<そして、弁護士は、どうか?>>>

<<<ならば、テレビ局、新聞社、雑誌社の社員は、どうか?>>>

::::::
::::::


(世の中の多くの皆様は、精神の発達が遅れている、人たちが、物質的に頭が良いだけで、
 職権を与えられ、
 肝心な、スピリチュアル的な健康度合いを、WHO(世界保健機構)が、声を上げているが、
 正式に、スピリチュアル的な健康度合いを、理解できない人が、認めず、公式になって
 いない。
 かつ、
 日本の公務員、医師の多くは、心が、脳で作られていると、勘違いされているのかも、
 しれませんが、そこを、伝えないのではないでしょうか?)

<<<
  根拠は、スピリチュアル的な健康度合いを、気づかない人があまりにも多いからです。
>>>

::::::
::::::

10年ほど前の、NHKクローズアップ現代、のスタッフは、「発達障害」を
当時正しく、ご理解されていませんでしたか?

そして、
NHKクローズアップ現代、のスタッフは、「発達障害」を被っている者(発達被障害者)
が、
精神疾患でないのに、
精神科の医師によって、処方された薬物で、麻痺が出て、親御さんが声を上げたが。
それを、支援しようとされる医師が、見つからず、
関西で、大学病院を嫌い、四国で治療を行う、全国から救いを求める患者によって、
慕われる精神科の1人の医師が、ささやかな情報提供だけで、終わってしまった。

(((但し、真実が、報道される方向性だった。ところが。)))

・・・・・

その後の日本の社会の報道は、
「発達障害」を被っている者(発達被障害者)の、現実を報道せず。

「(能動的に障害を生み出す)真の障害者」の「代理ミュンヒハウゼン症候群」の方々に、
よって、ねつ造された、
架空の、

・コミュニケーション能力が無く、
・空気が読めない、
・こだわりの強い
・社会性が無い、

などの、社会不適合者として、祭り上げられてしまった。

その因果:

霊格の低い(フンベツの無い)、
精神の発達が遅れている、
「(能動的に障害を生み出す)真の障害者」の「代理ミュンヒハウゼン症候群」の方々は、
ご本人たちの、不徳、悪行、犯罪を隠蔽する為に、
カムフラージュの為に、
・公文章を偽造し、
・医療記録を偽造し、
・非人道的な活動を展開し、
・嘘八百を、公言し、
偽善者活動が、活発化。

結果的に、被害者側の、罪の無い、精神障害では無い、「発達被障害者」へ、難癖をつけて、
そのねつ造された情報を、NHKまでが、報道するようになってしまった。

・・・・・

●前置き(2):

前回も、TBS「金スマ」「発達障害」がありましたが、多くの点で、事実誤認されている
情報が報道され、TBSにも、お知らせしましたが、まだ、ご理解されていないようです。


さらに、goo事務局においても、複数の大学の教授のお名前を出し、連名で、
事実の公表と、誤解されている人への、適切なアドバイスを行っていることを、伝えまし
たが、残念ながら、ご理解されておりません。

goo事務局側が、利用規約を守っておらず、goo事務局側が、根も葉もない理由を羅列し、
理不尽な削除を行った行為が判明しており。

今回も、事の本質をうやむやにし、『多数派の偏見論』を基に、また、
・『フェイク情報』のほうを、まるで、誠の様に、扱い、
・『真実』のほうを、まるで、削除対象のことがらだ、とされる可能性があり、危惧されて
  います。

(・『利己愛』が強く、『利他愛』の愛が欠落されている人、
 ・『向上欲』が強く、『向上心』が欠落されている人、
 ・『トーク術は長けている』が、『コミュニケーション能力』が欠如されている人、
 には、
 ・『(相手の成長を促すように、利他愛で)叱る事』と
  『(利己愛で)当たり散らす(怒る)』
 の違いが、ご理解いただけず。)

goo事務局においては、比喩で申し上げると、
憲法違反をされていても、ご自覚のない(自己中心的な)、安倍内閣総理大臣と同様で、

安倍内閣総理大臣にとって、都合の悪い人を、『こんな人たち』と認知されており、
誰がトラブルメーカーなのか、全くお気付きでない、のと類似している状況であり。

と申し上げて、前置きを、ここまでにしておきたいとおもいます。

=======
=======

<<本題>>

●アンケート(質問):

TBS「金スマ」「発達障害」の特集が、報道されましたが、どう思われましたか?


・・・栗原類君は、

  『精神的には、優れていて、魂の道具である身体が、操り難い、一次的な被障害者』
  なのか?
  そして、
  周囲に存在する、
   『精神性の、真の障害者(代理ミュンヒハウゼン症候群」の方々』が生み出す、
   『二次的な障害』を被っている人、の魂なのか?



・・・発達障害!?らしい??、、、と言われている、出演されたピアニストについて、
   テレビ局(TBS、金スマ)が、まだ、独自の論理で、啓蒙を始めている。

   つまり、発達障害の特徴ではないことを、発達障害の特徴として、明示している。

   具体的には、
    「発達障害の特徴:
     顔の違いが分からない、画像認識できない等、
     日常生活に支障がある           」

   と、前回の(TBS、金スマ)のデマ情報に、加えて、またも、事実誤認も甚だしい、
   啓蒙が、誠であるかのように、報道をされ続けた。

   世の中に、
    「顔の違いが分からない、画像認識できない等、
     日常生活に支障が生じてしまい、苦しんでいる人」

   が、存在します。
   
   しかし、その方々と、『発達被障害者』の特徴は、真逆です。
   

   『発達被障害者』の方々は、スナップショットの様に、画像認識し、頭の中で、
   映像で、処理しています。

   但し、その処理に、手間がかかる。
   つまり、ひと手間、ふた手間、手段をブレークダウンして、結果(アウトプット)を
   しなければならない。

   逆に、『社会の多数派』が、棚ぼたで、無意識下で、自然に与えられている人には、
   想像もできない、
   ・・・・・ 比喩で言えば、料理の下ごしらえ、みたいな
   手間が、『発達被障害者』の表現に至るまでに、かかっていますが、
   周囲の人は気づきません。。

   ・・・・・

   彼女の場合は、『高次脳機能障害』、の人などにも、見られる症状の可能性があります。

======

●**:キーポイント(1):

・『被障害者(障害を被っている人)』と、
  真逆の『真の障害者(能動的に障害を生み出す人)』

を、立て分けて、取り上げているか?

●**:キーポイント(2):

・『コミュニケーション能力』が優れているが、生まれつき、
 まるで、脳溢血、脳こうそくの人の様に、精神状態が正常でも、
 魂の心(幽霊の想念、心)で、魂の道具である身体を、操ろうとしても、
 ・声が出ない、
 ・身体が動かない、
 という、『一次的な障害』を”被っている”人たちのこと。((『発達被障害者』))

 ”とは(真逆で) ”、
 (((『一次的な障害』を”被っている”人たち)))の周囲には、・・・・・。
 

 <<社会には、上記の『被障害者』と違い、真逆の、
   『代理ミュンヒハウゼン症候群』の方々のような、
   ((精神の発達が遅れている、人達。))
 
   魂の道具である身体が、恵まれていても、その道具である身体を扱う、
   魂(精神)が劣っている人が存在し、その人たちの場合、

  ・『コミュニケーション能力』が”欠如”されていても、『トーク術が長けている』為
   に、
  ・さらに、多数派に属している
   (親バカごっこを繰り返しされている、霊格の低い、守護霊の支配下にあり甘やかさ
    れている)
   為に、
  『コミュニケーション能力が、有ると、”錯覚”されている』

  人たちの存在のこと。
  ((『被障害者』へ、『二次的な障害』を生み出している、人たち))  >>

 の社会的な相関性を、立て分けて、取り上げているか?

=========
=========

アンケートへのご協力をお願い申し上げます。
アンケートにご協力下さった皆様、有難う御座いました。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    ●**:キーポイント(3):


    『空気を読める』(スピリチュアル的な、以心伝心、という他者の気持ちを感じ取れる)
    能力が、有る人と、

    ”真逆で”、

    (スピリチュアル的な、以心伝心、という他者の気持ちを感じ取れる)能力など、
    在る訳が無い、
    と、根拠もない、妄想で、拘り続け、連呼される人の場合、

    『多数派に属しているから、ご自身は、空気が読めている、だろうと、錯覚されている』
    人と、


    の社会的な相関性を、立て分けて、取り上げているか?

      補足日時:2017/08/13 07:58
  • どう思う?

    ●**:キーポイント(4):


    上記でも、触れているが、

    (スピリチュアル的な、以心伝心、という他者の気持ちを感じ取れる)能力など、
    在る訳が無い、
    と、根拠もない、妄想で、精神的な(霊格の低さの)因果で、『拘り続け』、
    連呼される人。

    例えば、

    ・(スピリチュアル的な、以心伝心、という他者の気持ちを感じ取れる)能力を、
     統合失調症の症状
     として、誤診していても、その、「代理ミュンヒハウゼン症候群」らしい医師の方々
     の場合、

    は、

    ご自身を基準にして、「他者が、もっと、”こだわり”が強いのだろう」と、
    都合よく解釈されていて、

    物事の、因果、本質を気が付いていない、から。

    ・・・・・

    『誰が、本当に、こだわりが強い、のか』を、混同されていて、

    ・・・・・

      補足日時:2017/08/13 08:00
  • どう思う?

    上記の、

    「代理ミュンヒハウゼン症候群」らしい医師の方々の場合、

    は、生まれつき、思えば(魂の心、精神、で思えば)、脳が知らず知らず、感知して
    くれて、

    (守護霊が、必要な、根回しをしてくれていて、
     パソコンの世界で言えば、PCの周辺機器を、接続して使う為に、
     『ドライバ・ソフト(ハードウェアの特性を、OS、へ知らせて、互換性を保つ情報)』、
     を、インストールする必要がある場合があるが、
     事前にOS(オペレーティングシステム)に、その『ドライバ』に当たる情報が含まれ、
     PCのユーザーが、意識せずに、周辺機器を接続したら、すぐに使える。)

    みたいなことが、
    当然で、棚ぼたな生き様が当たり前で!?((社会の、多数派の方々の価値観!?))


    ”その真逆で”、
     
    ***************************

      補足日時:2017/08/13 08:01
  • どう思う?

    ・『コミュニケーション能力』が優れているが、生まれつき、
     まるで、脳溢血、脳こうそくの人の様に、精神状態が正常でも、
     魂の心(幽霊の想念、心)で、魂の道具である身体を、操ろうとしても、
     ・声が出ない、
     ・身体が動かない、
     という、『一次的な障害』を”被っている”人たち((『発達被障害者』))は、

     まるで、『ロボットの開発をする研究者の様な思い』で、
     ・声を出すにはどうすれば良い、
     ・箸を持つには、どの指のどの関節を、どのぐらい曲げて、
      人差し指と、中指との間隔を、どのぐらいに保って、親指をどの方向から、
      押さえればよいのか、そしてその時、それぞれの力が、どのぐらいがいいのか、
     など、
     試行錯誤しながら、パイオニア精神で、自助努力されている。


     **********************


    そのことを、ご理解されていない人が、社会の中の、多数派に居る。

      補足日時:2017/08/13 08:02
  • どう思う?

    つまり、社会の、多数派の中には、自己中心的でも、そのことを気づかず。
    そのことを気が付かない、物質的に頭が良くても、霊格が低いからフンベツが無い、
    トーク術が長けているけれど、コミュニケーション能力が欠如している、
    以心伝心を、気が付かない、多数派に属して、安心しているような、、空気を読めない、
    かつ、
    こだわりの激しい人たち
     
    つまり、

    「代理ミュンヒハウゼン症候群」らしい
    ・医師、看護師、医療従事者など
    ・公務員
     (教師、保健所職員、精神保健センターの職員、
      発達障害者支援センターの職員、
      警察官、裁判官、刑務官、医師、看護師、
      厚生労働省の職員、法務省の職員など)
    ・マスメディア(新聞社、テレビ局、雑誌社の社員など)
    ・弁護士
    ・被障害者の親御さん
    など、

    の方々の存在、

    および、『その人たちが、 捏造する、”架空のターゲット”』としての、、
    「障害者」

      補足日時:2017/08/13 08:03
  • どう思う?

    こだわりの激しい人たち
     
    つまり、

    「代理ミュンヒハウゼン症候群」らしい
    ・医師、看護師、医療従事者など
    ・公務員
     (教師、保健所職員、精神保健センターの職員、
      発達障害者支援センターの職員、
      警察官、裁判官、刑務官、医師、看護師、
      厚生労働省の職員、法務省の職員など)
    ・マスメディア(新聞社、テレビ局、雑誌社の社員など)
    ・弁護士
    ・被障害者の親御さん
    など、

    の方々の存在、

    および、『その人たちが、 捏造する、”架空のターゲット”』としての、、
    「障害者」
    という、存在への『架空の意味づけ、定義』。



    その社会的な位置づけ。

     <<「代理ミュンヒハウゼン症候群」らしい自己中心的な、方々が、想像(妄想)されて
       いる、その ・・・  世界観。>>


    相関性を、立て分けて、取り上げているか?

      補足日時:2017/08/13 08:04
  • うれしい

    最後まで、ご覧いただき、有難う御座いました。
    アンケートへのご協力をお願い致します。

    アンケートにご協力下さった皆様、ありがとうございました。

      補足日時:2017/08/13 08:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報